<   2009年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

散策日和 野鳥公園へ・・・・

こんな光景を間近で見るのは何十年ぶりでしょう?
確か「はざ」とか「はざがけ」という稲の干し方ですね。

c0051107_2033438.jpg

春に一面の蓮華畑だったところが稲田になり稲が植えられていたようです。
刈りとりが終わった稲田の様子も懐かしいものでした。
c0051107_20472219.jpg

好天に誘われ午後から「東京港野鳥公園」へ出かけてみました。
c0051107_2059311.jpg

やはり目につくのは木々の実です。
c0051107_2104620.jpg

c0051107_211339.jpg

c0051107_2113633.jpg

c0051107_214392.jpg

美味しそう・・・・食べられるでしょうか?
c0051107_2183590.jpg

すこし紅葉している木もありましたが、写真にとってもきれいな色が出ませんね。
c0051107_21341880.jpg

c0051107_2134384.jpg

バードウォッチングのカメラマンが5~6人観察小屋で写真を撮っていました。
他には2人ほど見かけただけ・・・・のんびりした散策になりました。

More 蜘蛛
by suirenn2 | 2009-10-15 22:14

畑 海 灯台

快晴で爽やかな秋晴れ・・・・・・・
ふと、何となく海が見たい気分で「そうだ、海を見に行こう!」
もう家を飛び出して電車に乗っていました。昨日のことです。

さて、どこの海に・・・・・?
あれこれ思い巡らせているうちに「そうだ、灯台も見よう!」
結局、着いた先は「三浦海岸」、そこからバスに乗って「剱崎」辺りの散策になりました。

灯台を見たいと思ったのには理由がありました。
今は亡き直木賞作家立原正秋に「剣ケ崎」という作品があります。
硬質の文体、身が引きしますような透徹した内容で、読んだ時の感動が
今でも鮮やかに甦ってくるようです。
剣ケ崎の灯台は小説の中で重要な舞台となっていて、読後は「行ってみたい」
「見てみたいと」一種憧れのようになっていました。
でも、長い年月のなかで記憶も薄れがちだったのですが、それが不意に脳裏を過り、
何十年振りかの夢の実現になりました。

三浦半島といえば「三浦大根」の一大生産地・・・・
市街を抜けるともう辺り一面の大根畑です。
大根はまだほんの少し葉を伸ばした程度で、保護のために
シートで覆われている畑が目立ちます。
それでも先日の台風で伸びかけた葉が折れてしまい、植え直している・・・・・
そんな畑もありました。

何でもない唯の大根畑ですが、都会で暮らす私には絶景です。
c0051107_13413092.jpg

c0051107_13421197.jpg

c0051107_13441187.jpg


穏やかに晴れ渡った海は風もなく、どこまでも青く、打ち寄せる波の音が心地よくきこえました。
この辺りの海岸は岩場続きで、「岩礁の道」としてハイキングコースになっています。
c0051107_1352477.jpg

c0051107_13523197.jpg

c0051107_13525525.jpg

c0051107_13535064.jpg

c0051107_1435187.jpg

c0051107_14353178.jpg

ススキが揺れ木々が茂った道をのぼって行くと灯台です。
そんなに大きくもなく、広くもないところにぽつんとひっそりと立っている感じでした。
上空ではトンビがヒョ~ロと鳴きながら旋回していて、真っ白な灯台ともども
吸い込まれそうな青さでした。
c0051107_1412426.jpg

c0051107_14122651.jpg

c0051107_14125598.jpg

c0051107_14131749.jpg

c0051107_1417886.jpg

by suirenn2 | 2009-10-12 14:20

金 木 犀

英語名は「Fragrant Olive」、香るオリーブだそうです。
中国名では「九里香」ともいわれ、「香りを九里離れた場所まで漂わせる」
そんな意味があるようです。
中国の一里は400~500メートルだそうですから、3000~4000メートル以上も
花の香りを飛ばすと譬えられているのですね。
ちなみに、やはり芳香を放つ春のジンチョウゲは「七里香」といわれているそうです。

この「キンモクセイ」と「ジンチョウゲ」は共に「芳香花」ですが、他にも共通点があり、
それは「種子をつけない」ことだとか・・・・・・。
どちらの木にも「雄株」「雌株」があり、「雄株には雄花」「雌株には雌花」が咲くそうですが、
日本には雌株がなくて、咲いているのはすべて雄株の雄花なのだそうです。
ですから芳しい香りに昆虫が寄ってきても、受粉することなく、実を結ばないのですね。

中公新書「都会の花と木」からの学習ですが、キンモクセイのあの香りは・・・・
種子をつけず子孫ものこせないそんな樹木の切ない香りのようにも思えてきます。

c0051107_0222624.jpg

c0051107_0224978.jpg

c0051107_023108.jpg


さて、昨日のネコちゃんですが・・・・・・
こんなふうに草むらにいたのですが、カメラを向けたら寄ってきて・・・・・
人懐こいのか可愛い声で鳴きながら近寄ってきたのです。
ところが、間には、実は私の背丈より高いフェンスがありまいた。
多分ネコちゃんは、フェンスの一番高いところを、距離感でも見据えるように
じっと睨んだのでしょう。
懐かれても困るので、私としてはフェンスがあってヤレヤレでした。
c0051107_036275.jpg

by suirenn2 | 2009-10-11 00:39

今日の散歩

今日も午後から散策・・・・・・
白い星形の「縷紅草=るこうそう」をみつけました。
何やら難しい漢字、「」には「細い糸」「細長いもののたとえ」
「くわしい、こまかい」といった意味があるそうです。

c0051107_22275320.jpg

c0051107_22281789.jpg

柿が目につきます。
c0051107_22335961.jpg

c0051107_22342193.jpg

c0051107_22354224.jpg

c0051107_22402274.jpg

小さな工場らしい建物のシャッターにこんな絵が描いてありました。
笑っちゃいますね。
c0051107_22495314.jpg

目の先には何が・・・・?
何か獲物でもいるわけではない、でも、何を見ているのか私にはわかりました。
タネあかしはまた次回にでも・・・・・。
c0051107_23115417.jpg

c0051107_23194655.jpg

by suirenn2 | 2009-10-09 23:22

台風一過

2年振りの上陸となった大型台風、皆さんの方はいかがでしたか?
家の方は朝から強風が吹き荒れ、風がゴ~ゴ~と音を立てていましたが、
暴風雨というほどでもなく、昼頃には弱まってきたのでほっとしました。

やや風があったものの、午後からはもう台風一過の抜けるような青空・・・・・
早速ひとまわり歩いてきました。
大気中の汚れも吹き飛んでしまったのか、まわりの景色が眩しいくらいでした。

星形のお花もあるようですが、これは丸形・・・・・・
江戸時代にカンボジアの方からきた朝顔という意味で「カボチャアサガオ」の別名があるそうです。
c0051107_22414319.jpg

c0051107_2242149.jpg

c0051107_22424445.jpg

陽に輝いて赤紫がきれいでした。
c0051107_2245191.jpg

墓地の一角で一つだけ咲いていました。
c0051107_22484876.jpg

赤い実はリンゴのようです。
c0051107_2251477.jpg

c0051107_22512772.jpg

雨続きで外に出られなかったものですから気持ちよい散歩になりました。
c0051107_2257726.jpg

c0051107_22574335.jpg

by suirenn2 | 2009-10-08 23:01

黄八丈

文化祭のバザーで思いがけない逸品をみつけました。

c0051107_2145441.jpg

黄八丈の敷物、50×60センチほどの大きさですが、箱入りの新品です。
これだけのものがバザーに出品されるのは珍しいこと、即ゲットしました。
700円でした。

【黄色】は、コブナグサの煎汁につけて乾かすこと十数回、最後にサカキとツバキの灰汁につけて染め上がるそうです。

【樺色】は、タブノキの生皮の煎汁つけて、乾かすことやはり十数回、最後にいろりの灰汁につけて乾かし染め上がるようです。

このつけたり乾かしたりの作業を何回も繰り返し、樺色だけでも40数回にも及ぶとか・・・・。
手間も時間もかかる草木染めなのですね。

         **************************

ハナミズキの赤い実が目につくようになりました。
c0051107_22262012.jpg

c0051107_2227180.jpg

ウメモドキも真っ赤に色づいていますね。
c0051107_22305484.jpg

この実の艶々した色もきれいです。
c0051107_22434798.jpg

c0051107_2244360.jpg

c0051107_22472159.jpg

by suirenn2 | 2009-10-05 22:48

音楽の秋でした

三日ほど連日の外出でした。
普段気ままな生活をしていて、出かけたい時にふらりと出かける・・・・・
そんなふうですから約束の時間に約束の場所へといった外出の仕方は
思いの他緊張するものです。

今日は、孫の学校の文化祭でした。
この春中学生になった孫は男子校で、男子校とはどんなものか興味があるので
出かけてみました。048.gif
何となく男っぽい感じ、男臭い感じがするのかと思っていましたが、そうでもなかったです。
いわゆる男子校の校門をくぐるのは、60有余年の人生の中でもたったの2度目・・・・
昔、昔・・・・・高校生の頃、日吉の慶応の文化祭へ行った時以来でした。
男子校へは女子校生が、女子校へは男子校生が、ウキウキ、ソワソワ気分で文化祭などに
出かけたものでしたが・・・・・・いまはどうなのでしょう?

孫はクラブ活動で吹奏楽部に入り、トランペットを始めました。
音楽的素養があるとは思ってもみないことでしたが、もう楽譜がすらすら読めるようです。
10曲ほどの演奏を聴かせてもらいましたが、びっくりするほどの高度なレベルで、
体育館での音響効果が悪い会場が気の毒なくらいでした。

友人のシャンソンのコンサート、シャンソン歌手のリサイタル、そして孫の吹奏楽と
音楽漬けの三日間でしたが、ありとあらゆる楽器の美しい音色が今も・・・・・
清らかに鳴り響いているようです。

c0051107_135680.jpg

c0051107_14168.jpg

c0051107_145759.jpg

c0051107_152332.jpg

by suirenn2 | 2009-10-05 01:08

お台場(二) トンボ、バッタなど・・・・

c0051107_22133951.jpg

夜景がきれいなレインボーブリッジですが、昼間の景観も中々見応えがあります。
名称を一般公募で、約2万通の応募のうち140通が「レインボーブリッジ」だったそうです。
ただ、「レインボーブリッジ」はあくまでも通称、正式には「首都高速11号線・東京港連絡橋」・・・・
今回ネットを見ていて初めて知りました。

芸術的センスがないのか、目にする度に奇妙な印象の「自由の炎」・・・・
台座を含めて27メートルもある巨大なオブジェですが、「日本におけるフランス年」を記念して
フランスから寄贈されたものだそうです。
c0051107_2228208.jpg

コスモスはちょっと期待外れでしたが、こちらは大いに満足、出かけた甲斐がありました。

c0051107_22433034.jpg

c0051107_22445627.jpg

c0051107_22455164.jpg

保護色なので探すのに一苦労、それだけに撮れて嬉しい1枚になりました。
c0051107_22495246.jpg

何の実でしょう?名前がわかりませんが、可愛くて暫く見とれてしまいました。
c0051107_22582064.jpg

c0051107_22583828.jpg

by suirenn2 | 2009-10-03 23:01

お台場(一) コスモス

去年も出かけたのですが、今年は様子がかわっていました。
去年見た一面のコスモス畑は何やら工事中で、雑草に混じって咲いている程度・・・・・
がっかりして帰ろうかとも思ったのですが、さらに先へ行ったところにある「パンパスグラス」
それを撮ろうと足を延ばしたら、そちらの方にコスモス畑がひろがっていました。
ただ、規模としては縮小気味で、お花もまだ早かったかもしれませんん。

c0051107_23305697.jpg

c0051107_23312920.jpg

c0051107_2332328.jpg

c0051107_23333777.jpg

そうそう・・・・・いま思い出しました。
10月24日が「コスモス祭」とかで、お花を自由に摘みとれる、根から抜き取ってもよい・・・
そんな催しがあるようです。
満開までにはまだまだ日があるということですね。
行くのが早すぎたようです。
c0051107_23423122.jpg

c0051107_23425231.jpg

c0051107_2343335.jpg

キバナコスモスは満開でした。
c0051107_23474627.jpg

お台場名物?パンパスグラスです。
c0051107_23494194.jpg

雨上がりの快晴で、風があるといっても歩いていると汗だくです。
いちおう上着を羽織っていきましたが、それも邪魔なくらい・・・・・
Tシャツ1枚で快適な散策になりました。
by suirenn2 | 2009-10-02 00:02

スズメバチ・・・・??

NHKテレビ「ためにてガッテン」でスズメバチのことをやっていました。
最近街中にも巣を作り侵入してきているようです。
テレビでは大きいのと、小さい2種が紹介されていました。
その小さめの2種のうち、黒と黄色の縞模様のスズメバチ・・・・・・
「もしかして?」と思いながらギョッとしてしまいました。

先日、東御苑に行った時に遭遇している・・・・・???
「ノダケ」の写真をブログにアップしましたが、この花はスズメバチの好物のようで、
(このことはbellaさんがコメントで教えてくれました)
実際、黒と黄色の縞模様のハチが何匹か群がっていたのです。

私はハチには案外無頓着・・・・・・
刺されたこともなく、怖さを知らないせいもあるのでしょうが、
その時も写真を撮るのに夢中で、ハチのことまで気がまわりませんでした。
ただ、テレビを見ながらふと気づいたのですが、腰を落とし、屈んで撮っていた・・・・・
どうやら、この姿勢が低かったことと、白っぽい衣服であったことが幸いしたようです。
スズメバチには低姿勢と白系の衣服が有効のようなのです。

ハチのことはわからないので何とも確証はないのですが・・・・・
「知らぬが仏」とはよく言ったものです。002.gif

          ************************

c0051107_0485788.jpg

c0051107_0491152.jpg

c0051107_0492580.jpg

c0051107_0495062.jpg

c0051107_0502479.jpg

c0051107_050422.jpg

c0051107_051410.jpg

by suirenn2 | 2009-10-01 00:52