<   2006年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

七 五 三 な ど・・・

★「七五三」・・・・神社のそばを通りかかったのですが、それらしい姿は見当たりませんでした。明治神宮など、大きな神社ではどうだったでしょうか。3歳、5歳、7歳と子供がそこまで育つのは大変な時代があったのですね。医療や栄養が良くなり、いまでは信じられないことですが、目を世界に転じてみれば、発展途上国の乳幼児の死亡率は高いのですね。

孫達の写真を出してきて眺めていました。
c0051107_23273275.jpg


日本でも、虐待があります。傷ましい事件があります。医療や栄養が良くなり、元気に育つ筈が、子供の受難の時代です。虐待に遭わず、厭な事件に遭わず、よくぞ「七五三」・・・・そんな皮肉がまかり通るような世の中です。どうして、こんなふうになってしまったのでしょう。

c0051107_23304957.jpg

★松坂投手、60億円・・・・何の話なのかとすぐには判らないほど・・・。日本の選手が大リーガーで活躍すること、私は応援したい気持ちです。でも、「みんな、どんどん行っちゃう」「いなくなっちゃう」も正直な気持ちです。日本の球界が、大リーガーの養成所みたいになってしまわないようのに祈るばかりです。

c0051107_2344371.jpg

★テレビはずっと「津波情報」です。北海道はもう寒いでしょうに、こんな夜に避難はお気の毒ですが、何事もありませんように・・・・。
by suirenn2 | 2006-11-15 23:51

ピン ピン コロリ

「がんばらない」の著作で有名な鎌田實さんがテレビに出ていました。NHK「クイズ日本の顔」の番組でした。その中で耳にした言葉「ピン、ピン、コロリ」・・・・「これは、いい!」と・・・・。

自分の死に方を強烈に願ったならそのように死ねる・・・・と何かで読んだか聞いたかしたことがあります。まさか、そうはいかないでしょう・・・・と思いつつ、或いはあり得ることなのかな~と、半信半疑ですが、この「ピン、ピン、コロリ」はお題目のように唱えてみたい言葉です。

決して、ふざけて言っているのでありません。「ピン、ピン、コロリ」と唱えたら、何が見えてくるか・・・・?それは、取りも直さず、今のこの時を、丁寧に大事に生きるということなのですね。

多少、小太りくらいが長生きの体型とか・・・・そんな話もありました。「よし、よし!」と、「体重÷身長÷身長」など早速計算して、これまた「よし、よし!」・・・・今夜は、いい気分で眠れそうです。

♪ さざんか さざんか 咲いた道~~♪♪
c0051107_0194837.jpg
c0051107_0211497.jpg
c0051107_0253372.jpg

by suirenn2 | 2006-11-15 00:26

人の髪の毛でできた刷毛が使われている、それも、海女さんの髪が良いらしい、海女さんの髪は海水に浸って丈夫・・・・・何となくテレビを見ていてびっくりしてしまいました。土曜日でしたか、「漆の道」という番組で見たひとコマ、輪島塗の漆器の話でした。

長い髪を切ると髪結いさんで買ってくれた・・・・みたいな話を、子どもの頃聞いたことがあります。でも、実体験としてはまったくありません。それだけに、輪島塗りの刷毛が髪で出来ているとは驚きであり、知らないことでした。

長い髪を切って売る・・・・・といえば、O・へんりーの「賢者の贈り物」を思い出します。貧しい夫婦が、クリスマスがくるのにプレゼントを買うお金もない、それで、妻は自分の自慢の長い髪を売り、夫のために時計(懐中時計)の鎖を買う。夫は夫で、妻のために、何とその自慢の懐中時計を売って、妻の長い髪を想い櫛を買う・・・・。

孫娘の長い髪に、ピカピカ、サラサラで見とれたことがありました。私も長髪のときがあり、よくブラッシングをしたものでした。茶髪など思いも寄らない時代でした。髪を大事にする・・・・そんな風潮があったように思います。・・・・・と、そうはいっても、白髪には勝てず、私も染めてはいるのですが・・・・。

小鳥さん、紅葉したわけじゃないね?
c0051107_23502081.jpg

by suirenn2 | 2006-11-13 23:56

赤 く な ~ れ !

公園の樹木もそろそろ紅葉です。
c0051107_21402366.jpg
c0051107_21405236.jpg

風が強いので散ってしまうのではないか・・・・気が気ではありません。ところどころにきれいな赤色がありますが、全体としては、いまひとつというか、まぁまぁというか・・・・。

落葉樹が葉を落とすのは、寒くなり、根からの水分補給が衰えるからなのですね。幹と枝だけで寒い冬を乗り切る方が効率的、余分な葉は持たない。しかも、やがて散り落ちる葉に、老廃物や不要物を蓄えておき、落葉とともに捨ててもらうのだそうです。植物の知恵でしょうか。

c0051107_2285371.jpg
c0051107_22103735.jpg

by suirenn2 | 2006-11-12 22:21

最近のいじめや児童の自殺の問題に関連して、ヤンキー先生こと義家弘介氏の言葉が新聞に載っていました。「朝は子どもの心の声聞く」のタイトルで載っていた記事の中から・・・・。

ー「学校に行きたくない子供は、必ず行きたくない顔をしている。朝は子供の心の声を聞く時間だ」 「朝」の字を分解すると、赤ん坊が母親の胎内にいる期間を指す「十月十日」になる。「胎内の動向に細心の注意を払った妊娠中のように朝を過ごしてほしい」- 読売新聞より

「朝」の字を分解すると「十月十日」・・・・「ほぉ~」と思ったことでした。子供に限らず、誰にとっても「朝」は大事ですね。特に、家族がいる一家の主婦の朝の顔は、家族全員に影響があるでしょう。「朝」が一日に及ぼす影響は、決して小さくはない・・・・。「朝」を気持ちよく爽やかに迎える・・・・・私は大いに反省ですが、皆さんはいかがでしょう?

♪朝はどこからくるかしら あの空越えて雲超えて 光の国から来るかしら いえいえ そうではありませぬ それは希望の家庭から 朝が来る来る 朝が来る 「おはよう」「おはよう」♪

c0051107_23364841.jpg
c0051107_2337556.jpg
c0051107_233938.jpg

by suirenn2 | 2006-11-11 23:48

洗 足 池 公 園

お天気も良く時間があったので、韓国語講座の前に洗足池公園へ行ってみました。春は桜の名所、でも、秋は紅葉の名所・・・ではありません。1時間ほど池をひとめぐりしてきました。

c0051107_23143485.jpg
c0051107_23152732.jpg
c0051107_23163841.jpg

「千束の大きな池」が、日蓮上人が足を洗った・・・・とかの伝説で「洗足池」になったようです。勝海舟や西郷隆盛の故事もあるところです。
c0051107_23421298.jpg
c0051107_23471117.jpg

by suirenn2 | 2006-11-10 23:51

加賀太きゅうり

夕日がきれいでした。雪の便りも聞かれますのに、日中は暖かい毎日です。

c0051107_22284567.jpg

木曜日は「学習日」です。韓国語の宿題で悩んでしまいました。

「日本ではお刺身はお醤油をつけて食べます」
「韓国ではお刺身はサンチュに包んで食べます」
こんなテキストの文章に関連して、お料理の食べ方の違いについて調べて書いてきてくだい・・・というのです。私は、世界の料理について知らないので、困ってしまいました。

仕方がないので「加賀太きゅうり」のことを書きました。生で食べても勿論美味しいけれど、煮て食べるとまた格別に美味しい・・・・。といっても、実際に食べたことはないのです。お料理の本で見て、「煮て食べるキュウリ」が印象に残っていました。京都に「京野菜」があるように「加賀野菜」があるのですね。現在、15品目が「加賀野菜」として認定されているそうです。

「赤ずいき」「加賀つるまめ」「金沢一本太ねぎ」「金時草」「ヘタ紫なす」「打木赤皮甘栗かぼちゃ」「源助大根」・・・・・見たことも食べたこともありません。あ~、食べ物の話になってしまいました。

赤い実が目につきます。
c0051107_2334221.jpg
c0051107_2335265.jpg
c0051107_2336363.jpg
c0051107_233941.jpg

by suirenn2 | 2006-11-09 23:40

今日も散歩日和

去年の今頃はイチョウが黄葉していました。

c0051107_20103651.jpg

今年まだ青々としています。c0051107_20151885.jpg

朝夕はいくらか冷え込んできましたが、陽射しがあれば昼間は暖かい・・・・散歩で歩いていると汗ばむほどです。

ちょっと休憩がてらリサイクルショップを覗いたら面白いものが並んでいました。



c0051107_2027519.jpg

この赤い花は何でしょう?
c0051107_2029565.jpg

私の大好きなゴーヤーがなっていました。
c0051107_2032577.jpg

ヤツデ(八手)の花
c0051107_20433376.jpg

by suirenn2 | 2006-11-08 20:48

万 灯 会

「錦鯉」のお寺さん、日蓮宗長照寺で万灯会がありました。散歩でよく寄らせてもらうお寺さんです。日蓮上人が亡くなられた10月13日に、身延山久遠寺や池上本門寺で行われるお会式の万灯会は有名です。笛や太鼓を打ち鳴らし、纏を振り回しながら、お花で飾られた万灯を従えて練り歩く・・・・そんな行事です。

c0051107_23252860.jpg
c0051107_23262490.jpg
c0051107_23275925.jpg

強風が吹き荒れた一日でしたが、夕焼けがきれいでした。富士山がくっきり・・・・。
c0051107_23352720.jpg

夜、外はもう寒いです。明日の朝は冷え込むとか・・・・・温かくして、休みましょう。
by suirenn2 | 2006-11-07 23:41

無 洗 米

スーパーの入り口で友人にバッタリ、お米を買いにきたのだという・・・・。「無洗米って使ったことある?」

 私はまだ使ったことがありませんが、最近、消費を伸ばしているようですね。ある雑誌の調査では、白米55%、無洗米20%、玄米16%、発芽玄米9%・・・・こんな結果がありました。去年の調査ですから、もっと伸びているのではないでしょうか。実際、スーパーの棚をみるとよく売れているようです。

白米に比べて少し高めですが、とぐための水道代や労働力を考えると、価格は同じかむしろ経済的・・・・・こんな考えもあるそうです。、お米のとぎ汁を流さない、つまり、環境にやさしい・・・・というのも利点なのだそうです。

お米の事情も変わってきました。大体、キュッキュッととぐ・・・・と教えられたものでしたが、今は精米がよいので軽くといだ方がいいようですね。それに、何といっても炊飯器が良いので、上手に美味しく炊いてくれます。1升瓶に入れたお米を棒で突っついていた・・・・そんな時代もあったのでしたが・・・・・。

ピンクユーフォルビア
c0051107_22374178.jpg

カンガルーポケット
c0051107_22391672.jpg

by suirenn2 | 2006-11-06 22:50