2011年 12月 30日 ( 1 )

未来へ 絆と希望の明かり

c0051107_1024661.jpg

c0051107_10363.jpg

<地球・環境・平和>をコンセプトとした「光都東京・LIGHTOPIA」が、今年も開催されます。
こんな時だからこそ、東京から、丸の内から、日本に元気を届けたい。
光の祭典が、人と人の絆、希望、未来に、光を灯します。 - パンフレットより -

昨日の最終日、ちょっと出かけて見てきました。
東日本大震災からの復興を願って、従来の「地球・環境・平和」に加え、
今年は「絆と希望、そして未来へ」というテーマも込めた明かり絵が美しく灯っていました。
c0051107_10152084.jpg

c0051107_10155424.jpg

千代田区の小学生や有名人の人達のほかに、今年は岩手県、宮城県、福島県の小学生が描いた
明かり絵も灯されていました。
c0051107_10234418.jpg

偶然ながら、福島県から避難してきている親子(お母さんと小学生)がいらっして・・・・・
最初は「赤坂のプリンスホテル」へ、そして今は「番町小学校」の近くで過ごしているそうです。
その番町小学校へ通う子の明かり絵が展示されているので見に来たとのことでした。

番町小学校では、皇太子殿下がご臨席なされての創立140周年?とかの式典があったそうです。
式服を着てくるようにと言われ、それらしい服がないので慌ててしまいました・・・・・
お母さまはそんな話もしていました。
びっくりするほどきれいな方で、しかも明るく爽やかで、ほんのいっときでしたが心温まる出会いでした。
下の明かり絵がその子と、やはり福島県から来ているという同級生の作品です。
c0051107_1049578.jpg

山形県から運ばれてきたという啓翁桜が、会場の中心で雄々しく咲いていました。
「春の予感=復興への希望」を願ってのシンボルツリーだそうです。
c0051107_10572869.jpg

明かり絵のコーナーのほかに、花と水と光のコーナーもあり、冬の寒さに負けない花の強さ、
雪解けのせせらぎをイメージした水の流れなど、柔らかい光に彩られてきれいでした。

会場の電球はLEDを使用し、深夜電力を利用して充電した蓄電池を使っているそうです。
一部は、電気自動車の蓄電池も利用、そのための電気自動車もとまっていました。
c0051107_11194966.jpg

c0051107_11184272.jpg

今年もあと一日・・・・・
皆さまにはおつきあいいただきありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいませ。
by suirenn2 | 2011-12-30 11:28