2007年 11月 26日 ( 1 )

テレビドラマ

昨日今日と二晩続けてじっくりとテレビドラマを見ていました。テレビ朝日開局記念ドラマスペシャルの「点と線」、見応えがありました。ビートたけしの鬼気迫る演技、錚々たる顔ぶれの俳優さん達がそれぞれに存在感があり、引き込まれるように見ていました。

有名な「東京駅」での「空白の4分間」も、コンピューターグラフィックスのようですが違和感もなく見事に再現されていました。「特急あさかぜ」が懐かしかったです。

c0051107_026240.jpg

2005年2月28日、50年近く走り続けた「あさかぜ」は引退しました。東京駅を出る最後の列車を見送ったことを思い出しました。ブルートレインと呼ばれた青い車両がドラマの中でも見えて、13番線とか言っていましたが、この最終列車は10番線から出ていきました。

昨夜はNHKで同じ時間帯に「海峡」もありました。三夜にわたって放送されたドラマで、昨夜は最終回でした。これも、私としては珍しく何はさておいても見たいドラマ・・・録画しました。殆ど録画などしないのですが、こんなときに「録画機能」の有り難味がわかります。

松本清張の「点と線」は読んでいますが細かいところは忘れていました。時代は、昭和30年代だったのですね~。時代の雰囲気も伝わってきて印象深い作品になりました。

c0051107_117288.jpg

c0051107_118499.jpg

c0051107_118421.jpg

by suirenn2 | 2007-11-26 01:19