2006年 07月 27日 ( 2 )

ジョークです

新聞で本の広告を見ていて笑ってしまいました。初めにお断りしておきますが、これはジョークです。そのおつもりで・・・・。

● 浮気現場にて
   会社からいつもより少し早めに帰宅すると、裸の妻が見知らぬ男とベッドの上で抱き合っ
   ていた。こんな場合、各国の人々はいったいどうするだろうか?
   アメリカ人は、男を射殺した。
   ドイツ人は、男にしかるべき法的措置をとらせてもらうと言った。
   フランス人は、自分も服を脱ぎ始めた。
   日本人は? 彼は正式に紹介されるまで名刺を手にして待っていた。

c0051107_22512837.jpg
真面目な本です。(中公新書ラクレ)-中央公論社

ジョークを通して日本人は世界からどのように見られているのかを、著者の解説や見聞を添えて紹介された内容になっています。

これはこれで、外国人の目に映る日本人論でもあるでしょうか。

全体に占める割合は、アメリカ人やイギリス人、ロシア人などより少ないそうですが、それでも多種多様な日本人像が、笑いの対象になっているそうです。

短いものを少し・・・・・。笑ってください、ジョークです。

● レストランにて
   ドイツ人と日本人とイタリア人が一緒に食事に行った。食後、三人はそれぞれこう考えて
   いた。
   ドイツ人は、割り勘にするといくらか考えていた。
   日本人は、三人分払うといくらか考えていた。
   イタリア人は、おごってくれた人になんと礼を言うか考えていた。

● 早く飛び込め!
   ある豪華客船が航海の最中に沈みだした。船長は乗客たちに速やかに船から脱出して
  海に飛びこむように指示しなければならなかった。船長はそれぞれの外国人にこう言った
   アメリカ人には「飛び込めばあなたは英雄ですよ」
   イギリス人には「飛び込めばあなたは紳士です」
   ドイツ人には「飛び込むのがこの船の規則となっています」
   イタリア人には「飛び込むと女性にもてますよ」
   フランス人には「飛び込まないでください」
   日本人には「みんな飛び込んでますよ」

● パリのブランド店
   フランスはパリのとあるブランド店。その店の売り上げ一覧がこれである。
   日本への輸出・・・・・45パーセント
   日本人団体旅行者が購入・・・・・55パーセント
by suirenn2 | 2006-07-27 23:54

洗 濯 物

我が家のベランダで工事がない限り、今の段階では洗濯物を干しておくのは支障がありません。今日は絶好の洗濯日和でした。さて、干そうとして、ハタと考えてしまいました。ベランダの手摺の外を、工事の人を乗せたゴンドラが上がったり下がったりしています。女ものの肌着などが見え見えのハンガーを吊るしておいてよいものかどうか・・・・。

何ですか、恥ずかしい気がして、結局外には出しませんでした。これって、考え過ぎでしょうか。皆さんは、どう思います?

洗濯物の時間を変えることにしました。工事は夕方5時に終わるので、それにあわせて洗濯をして外に干します。朝8時半に始まるのでその前に取り込みます。夜干しですね。それでも、家の中だけで干すよりは効率的です。日常の何でもないようなことが、改めてものを考えるよい機会になっています。

c0051107_124575.jpg
c0051107_142867.jpg

by suirenn2 | 2006-07-27 01:07