巣立ち (無事に巣立ったようです)

ツバメ達、全員巣立ったようです。残念ながら見送ることが出来ませんでした。今朝はいくつか大事な電話があり、時間をとられてしまいました。行ったときには巣は空っぽ、親鳥(父親?)が最後を見届けるように旋回しているところでした。残念でしたが、でも、こんなものでしょう。皆さんにはフィナーレをご紹介したかったのですが・・・・。

子ども達は他の子ども達と一緒になり、河原の芦原などで集団生活をするそうです。親鳥は、再び卵を産むカップルもあるようです。

c0051107_22294826.jpg
空っぽの巣をお見せしているわけではありません、巣のところの「棒」・・・・これを見ていただきたくての写真です。

ここは小さな病院の玄関口の天上です。鉄筋コンクリートの建物ですが、このようにわざわざ穴をあけて「止まり木」が作ってあるのですね。隣り側にももう1本渡してあります。

ツバメは、飛ぶのは天才的に上手な鳥ですが、止るのは不器用で、何処へでも止まることは出来ないそうです。電線くらいの太さ・・・・そんな条件があるようです。ちょうどそれくらいの止まり木を作って、ツバメのために環境を整えている・・・・この病院の配慮に驚きました。

実際、、昨夜は、もう1本の止まり木に3羽が止って休んでいたのですから・・・・。

それにしても、巣が先だったのか、棒が先だったのか・・・・・頭を悩ませているところです。なぜなら、巣は、棒にからめて作ってありますから・・・。いずれにしても、ツバメのことは、また来年のお楽しみ・・・・・私の観察日誌も終わりました。

ヒマワリ (向日葵) 鉢植えのものです。
c0051107_22583518.jpg

クロサンドラ
c0051107_2259831.jpg

カランコエ?
c0051107_22593845.jpg

ルリマツリ
c0051107_2301369.jpg

by suirenn2 | 2007-06-21 23:01


<< 諦めムード or モード? 巣立ち (一) >>