はるかのひまわり

ちょっと日が過ぎてしまいましたが、東御苑でとった写真を載せておきます。
(自分にとってこれでも記録にはなりますので・・・・)

「はるかのひまわり」がまだ咲いていました。
c0051107_10295994.jpg

阪神・淡路大震災のときに神戸で「加藤はるかさん」という少女(小6)が亡くなった。
その夏、はるかさんの家があったところでヒマワリが咲いていた。地元の人たちは
それを「はるかのひまわり」と名づけ、広く知ってもらいたいと種子をとってひろめる
活動をしていた。
そして、10年後、追悼式のために神戸を訪れた天皇皇后両陛下に遺族代表の少女が
差し上げた。両陛下はその種子を御所のお庭でお育てになり、とれた種子を宮内庁に
くだされた・・・・・と、こういう謂れのあるひまわりです。
毎年、東御苑では「はるかのひまわり」として案内板も掲示され、今に伝えられて
います。

これは「ガクアジサイ」でしょうか?
色は地味ながら日陰でまだきれいに咲いていました。
c0051107_10564190.jpg

ころっと丸い蕾のようなもの、はじめ何だかわからなくて・・・・・
名札が出ていて「タマアジサイ」とわかりましたが、丸いのはやはり「蕾」、
これが割れて花開くようですね。お花が2~3輪咲いていました。
c0051107_1112925.jpg

「ツリバナ」が実をつけていました。
秋になると実は赤くなり、それが「花でも吊るしたように」みえることから
「吊り花」の名前になったとか・・・・
c0051107_1185412.jpg

「ホソバイヌビワ」、実は食べられるともいうのでうが、どんなものでしょう?
c0051107_11131466.jpg

c0051107_11173487.jpg

c0051107_11175390.jpg

珍しかったのは、これ、「蝿毒草」、初めてみました。
「蝿取草」ともいうそうですが、昔は、この根を煮詰めて蝿取り紙を作ったとか・・・・
ひとつだけ草むらに咲いていて、これでもなんとかやっと撮れた写真です。
名前は毒々しいけれど、清楚で可愛らしい花でした。
c0051107_11272015.jpg

by suirenn2 | 2017-08-17 11:31 | Comments(2)
Commented by ブルーベリー at 2017-08-23 17:08 x
ご無沙汰です。
そちらは雨が続いてたようですね。
あの台風以来晴天続きで毎日猛暑日のこちらなので羨ましいような気もします。
出かける元気もないので娘に買い物頼んでしまいました。
こちらへ来てから初めてのお願いでした^^;

このひまわりの話聞いたことありますよ。
あれからもう21年。 阪神・淡路大震災以来大きな震災があちこちで起きてるので忘れられていくような?
ちょっと思い出してPCに残してあるあの頃の写真見てしまいました。
お天気悪いと散歩も出来なくなりますね。
私はもう長い事散歩はストップしたまま。
家の中に居ても熱中症になりそうな毎日ですので。
まだ暫く暑さは続きそうでウンザリです。
Commented by suirenn2 at 2017-08-26 09:01
ブルーベリーさん
おはようございます。
すみません、お返事がすっかり遅くなりました。
ちょっとバタバタしていたものですから・・・・
そちら西日本の方はは相変わらずの猛暑続きのようですね。
テレビで気象情報をみる度にお察ししています。
こちらも雨模様のあとは急に猛暑になって、私もウンザリ、ややガックリしています。
秋が待ち遠しいですが、なんだか残暑も厳しいようで、イヤになってしまいますね。

この「はるかのひまわり」の前にもアップしているのですが・・・・
災害を忘れないためにも毎年こうして咲かせているのは貴重なことですね。
ブルーベリーさんのブログで拝見した被害の写真、私も覚えていますよ。

猛暑では散歩などとても無理、そもそも高齢者には無謀ですよ。
私も運動不足で、そのせいかちょっと腰を傷めてしまいました。
自分ではそうと思わないままに体力は衰えてきているのですね
ひとり暮らしでは家の中に気晴らし、憂さ晴らしの相手もいないので
孤独なもの、それも気持ちのストレスになるでしょうかね。
ともかく、お互い、この夏を乗り切るようにしましょうね。






名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 伊豆の方へ行ってきました 18... 蜩 >>