新聞(読売)記事から

2月9日、読売新聞から・・・
c0051107_9295538.jpg

徳川家康が築いた初期の江戸城を描いた最古級の絵図がみつかったという。
「築城当時の詳細を初めて的確に把握できる画期的な資料」とあります。
大天守と複数の小天守櫓などでつないだ「連立式天守」だったとか、敵の侵攻を
防ぐ「外枡形」の構造とか・・・・面白そうなことが書いてあります。

当時は豊臣家が大阪に健在で、家康はいずれ決着をつけることを念頭に、強固な
城を築いて盤石の態勢を敷いたのだろう・・・・ともあり、家康の深謀遠慮といった
一面もみえてくるようです。

ともかく、今回の絵図で詳細がわかったようなので、模型にして復元すとか、
立体画像にするとか・・・・・できないものでしょうかね。
読みながらそんなことを期待したのでした。

10日、読売新聞から・・・・(大阪府八尾市の東弓削遺跡調査の記事)
c0051107_10204086.jpg

これも興味深い記事でした。70㍍級七重塔跡、とは、驚きです。
塔の高さ比較で、薬師寺三重塔(東塔)が34㍍、東寺五重塔が55㍍とありますから
70㍍、その高さに圧倒されるようです。

道鏡は天平時代の僧、称徳天皇(女帝)の看病をきっかけに寵愛をうけ、法王にまで
上りつめた人物です。法王は天皇と同格とか、まさに天皇に匹敵する地位にあった
ことがわかります。
道鏡には関心があり本で読んだこともあるので興味深い記事でした。

新聞記事といれば・・・・・
c0051107_118219.jpg

このような案内があって、連載が始まっています。大好きな作家、澤田瞳子さん・・・・
夕刊が楽しみになりました。毎回切り取って保存しています。
挿絵がまた素晴らしく、読みながら、絵をみながらの至福のいっときになっています。
c0051107_1116397.gif

東御苑で・・・・

「富士見多聞」が公開されていました。
c0051107_1126288.jpg

c0051107_11395639.jpg

c0051107_11401669.jpg

c0051107_11402880.jpg

by suirenn2 | 2017-02-11 11:42


<< 船村徹さん ご逝去 心からお悔... 前回の続き・・・・ちょっと思ったこと >>