大人のつもりではあるけれど・・・・・

「成人の日」だったでしょうか、読売新聞に載っていた広告の一文・・・・
サントリーの広告で、「むかい風を歩くんだ」と題する伊集院静さんの文章です。
c0051107_10282636.jpg

もとより私は新成人ではない、それどころか「大人歴」も相当に長いわけですが、
何となく読みながら「これは私に向けた言葉なの?」と錯覚したほでした。
まるで自分が問われているようで、肩身が狭いような、居心地が悪いような・・・・?

それにしても、さすがに作家は素晴らしい文章を書くものです。
さりげなく綴りながら内容が濃く、真っ直ぐに一本筋が通っている。
新成人ならずとも、身が引き締まるような清々しさがあります。
「品性のある人こそが、真の大人なんだ」と言われたら、私など「アチャ~」、
それこそうろたえてしまいますが、心意気だけでも何とか持っていたいものですね。

我が家では来年また孫が成人を迎えます。
男の子で、贈る言葉として彼には相応しいように思えて新聞を切り抜いておいたのです。
この言葉を拝借、手書きにして贈り、「さあ大人にむかう君と乾杯」・・・・・
そういきたいところですが、さて、どうなりますか・・・・。
c0051107_11532577.jpg

c0051107_11572898.jpg

c0051107_11574155.jpg

c0051107_11575775.jpg

c0051107_11582993.jpg

c0051107_1158436.jpg

by suirenn2 | 2015-01-22 12:07


<< ごめんなさい トイレ事情 >>