藤の花

田舎で過ごした小学生時代、一番の仲良しだった同級生が「藤子ちゃん」、
色白で目のぱっちりした美人さんでした。藤の咲いている頃に生まれたので
この名前になったとか・・・・隣り村のお大尽の娘さんでもありました。
大きなお屋敷に立派な家構えは村でも群を抜いて目立っていたでしょうか。

この藤子ちゃん、美空ひばりが好きで、映画が封切られると必ず街までみに行っていました。
昭和20年代の当時、田舎の子どもが街まで映画をみに行くなど大変なことだったのです。
それだけに映画の話、ストーリーをきかせてもらうのが何よりの楽しみでした。
そして、時々は主題歌のレコードもきかせてもらって、夢中になって覚えたものです。
いまでも私は美空ひばりの歌が好きですが、当時のことが原点になっているのかもしれません。

こうした藤子ちゃんの環境に較べて、我が家と私は、その正反対の状況でした。
家はトタン張りの小屋みたいなもので、暮らしも貧しかった・・・・・。
軍人だった父が終戦後やむなく身を寄せた父の郷里でしたが、戦災にもあわず、
いちおう食糧にも恵まれた当時の農村地帯では、半端な厄介者のような一家でした。
それでもひがんだりいじけたりすることなく過ごせたのは、学校生活が楽しく、
豊かな自然のなかを飛びまわり遊びまわっていたからでしょう。

ただ、小学4年生の秋に東京へ引っ越すことになったのですが・・・・・
その時に、「ここへは2度と帰らない」と思ったのをよく覚えています。
子ども心にもどこかに寂しさや哀しさをかかえていたのかもしれません。
藤の花にふと藤子ちゃんを思い浮かべながら、花の向こうに自分の原風景が透けてみえるようです。
c0051107_11222727.jpg

c0051107_11224233.jpg

c0051107_11225766.jpg

c0051107_11385135.jpg

先日、散歩道で・・・・ライラックが咲いていました。
c0051107_11275627.jpg

c0051107_11281937.jpg

近くの公園では曇り空にも関わらず大勢の人で賑わっていました。
c0051107_11304421.jpg

c0051107_11391916.jpg

昨日、駒場東大で・・・・・白い花はまだ少し早かったようです。
ただ、次に駒場に行くのは5月の半ばなので、これが見納めになるでしょうか。
c0051107_1136886.jpg

c0051107_11365686.jpg

by suirenn2 | 2014-04-23 11:41


<< いずれアヤメかカキツバタ・・・ 牡丹 咲く >>