涙ポロポロ 泣きましょう!

テレビでちょっと耳にしたこと・・・・・
「泣いてリフレッシュ」、そんな内容でした。
涙にはストレスを解消して心身をリラックスさせる効能があるようですね。
自律神経と大きく関係があって、喜怒哀楽の感情で涙を流すことはお奨めのような・・・?

怒ったり悔しかったりして感情が昂った時は「交感神経」を刺激して、ふりしぼるような涙、
量も少なめで、ナトリウムを多く含み、しょっぱい味なのだそうです。
嬉しかったり哀しかったりして感傷的な時は「副交感神経」を刺激して、とめどなく流れ
量も多く、カリウムを含んで水っぽい涙とか・・・・・。
どちらにしても、体内のストレス物質を排出するようです。
これらのことがわかりやすくここに書いてありますのでよかったらご覧ください。

私は、かなり涙もろい、新聞や本を読んでもテレビをみても涙ポロポロ・・・・・
そういうことが度々です。
家では何の不都合もなく流れるままにまかせていますが、喫茶店や電車の中での読書中に
ぐっときて涙が出てしまうとやはりまわりが気になります。
いい年をして人前で泣くのは恥ずかしい、そういう気持ちがありますから・・・
けれども、涙を流した後は不思議に爽やかで、さっぱりした心持になるものですね。

ところで、涙は何でできているか? 血液なのだそうです。
あの真っ赤な血液が毛細血管から涙線にとりこまれる時、赤血球などの大きな成分が
除かれて、液体成分だけになったもの、水分が98%で、身体から排出される物質では
もっともきれいなものとか・・・・。
「血涙」という言葉があり、血の(ような)涙を流すと言われたりしますが、なるほど、
根拠のある表現だったのですね。

さぁ~、泣きたい時は思いっきり泣きましょう!
これからの時期、桜の花の下で、越しかたのあれやこれやを思い浮かべながら・・・
辛かったこと、悲しかったこと、苦しかったこと、嬉しかったこと、楽しかったこと、
振りかえって涙を流してみるのはいかがでしょうか?

c0051107_11152698.jpg

c0051107_11154218.jpg

c0051107_1116015.jpg

c0051107_11162314.jpg

c0051107_11164556.jpg

c0051107_1117662.jpg

c0051107_11172786.jpg

c0051107_11174759.jpg

c0051107_11181254.jpg

c0051107_11183121.jpg

恋の季節? ラブラブだわね~。
c0051107_11194938.jpg

真下では、この子は、ヤキモチやいてる・・・・・?
c0051107_11205869.jpg

by suirenn2 | 2013-03-15 11:21


<< 土手の辛夷 白木蓮など・・・ >>