漢字力 皆さんはどうですか?

「漢字書く力 衰えた」66%・・・・・
今朝の読売新聞一面の見出し、文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で
「漢字を正確に書く力が衰えた」と感じている人が、66・5%に上り、10年前より
25・2ポイント増えたという。
掲載のグラフを見ると、なるほど、10代から60歳以上までどの世代でも、その割合が
一目瞭然です。

もうだいぶ前のことですが、私自身、お礼状ひとつでも漢字が書けなくて唖然としたことがありました。正しく書けていても「えっ、これでよかったかしら?」と思ったりして、書くこと自体に既に自信喪失なのですね。

「手で字を書くのが面倒」と感じる人も増えているそうです。
書く力の衰え、書くことが面倒、「こうした傾向はさらに広がることは確実で、子供が日本語能力を身につける上で深刻な問題だ」との文化庁の指摘はもっともなことだと思います。

一方、やはり新聞によれば、「敬語を使う」急増73%とも・・・・・。
「社会全体、気をつかう雰囲気」で、意識的に敬語をつかう傾向が高まっているようです。
時と場所を心得たきちんとした言葉遣いは必要なことですね。
もっとも、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」がある敬語は、完璧に使いこなすのは意外に難しい。
結局、文は人なり、言葉も人なり・・・・ということになるのでしょうか。
c0051107_15193852.jpg

自然教育園で撮ったものです。

「南蛮煙管=ナンバンギセル」、別名「煙管草」とも・・・・
文字通り南蛮、ポルトガルやスペインの煙管の形からの名前のようです。
c0051107_15341140.jpg

「破れ傘」、生え始めの葉の形が破れ傘のように見えるところから・・・・・
葉は10日くらいで平たくなってしまうそうです。
c0051107_1538828.jpg

「権萃=ゴンズイ」、材が用をなさないので、やはりあまり役立たない魚のゴンズイからの命名とも、また、樹皮の縞模様がその魚のゴンズイに似ているからとも・・・・
ゴンズイという魚がいるのですね。ドジョウに似たトゲのある魚とか・・・・
c0051107_1552344.jpg

c0051107_15525165.jpg

c0051107_15545349.jpg

c0051107_15552067.jpg

c0051107_15554294.jpg

アザミも何百種類もあるようですね。
名札があるのでわかるけれど、普通は「アザミ」という以外わからないですね。
c0051107_1643170.jpg

c0051107_1645491.jpg

by suirenn2 | 2012-09-21 16:05


<< 秋彼岸 自然教育園で・・・・ >>