肝 油

昨日脚気のことを綴りながらふと思い出したことがありました。
肝油です、小学校の給食についていて、飲まされたのか?食べさせられたのか?
ともかく、脱脂粉乳のミルクともども「不味い」記憶になっています。

恥かしい話ですが、私はあの肝油は脚気予防とばかり思い込んでいました。
脚気はビタミンB1欠乏症で、肝油のビタミンAやビタミンDの効能とは栄養素が違う・・・・
こうした栄養素について実に無知というか無頓着というか、我ながら呆れてしまう。

子ども達が小学生の頃はまだ身近に肝油があったのも思い出します。
丸い缶に入った糖衣錠の肝油ドロップ・・・・・・子ども達、好んで食べていたような?
学校で斡旋してくれてまとめて買ったこと、食べ過ぎないように注意したことなど
妙に懐かしく浮かんできます。

勿論、いまでも肝油ドロップは健在、でも、身近な栄養食品かといえば、どうでしょう?
ついつい貧しい時代を連想してしまうのですが、同時に、食べる物にしても何にしても
本当に物が豊かになったと改めてそう思います。
c0051107_1016557.jpg

梅、オンパレード・・・・
c0051107_10291584.jpg

c0051107_10294184.jpg

c0051107_10301264.jpg

c0051107_10314882.jpg

c0051107_10321356.jpg

c0051107_10323383.jpg

c0051107_10349100.jpg

c0051107_1034307.jpg

c0051107_10344916.jpg

by suirenn2 | 2011-01-29 10:36


<< サッカー優勝 ~ 奈良学講座 ヒザポン・・・・? >>