朝顔の話

朝顔は「朝咲くから朝顔」・・・・・・単純にそう思っていましたが、
朝顔が咲くために「朝」自体は直接関係はないのですね。
むしろ、関係するのは夜の闇、暗くなることが花を咲かす必須条件とか・・・・。

朝顔の蕾は、暗さを感知するとスイッチオン、体内時計が動き始めるそうです。
そして、ちょうど10時間後に開花する・・・・・。
夏場なら夕方7時過ぎ頃にスイッチオンして、翌朝の5時頃に開花するわけですね。

ですから、翌日開きそうな蕾を、意図的に昼間の明るいうちから真っ暗な中に置けば
夜中でもちょうど10時間後には花開いて「夜顔」にもなる・・・・。
実際、夏の盛りが過ぎて秋の頃に咲いている朝顔は、朝のまだ真っ暗なうちに
花開いているようです。

この反対に、蕾に意図的に暗闇の10時間を与えないとどうなるか??
蕾はどんどん大きくなるものの花開くことはないそうです。

たったこれだけの話でも新鮮な驚きです。
鉢でも買ってきて実験してみたくなりました。

c0051107_2311376.jpg


久し振りに多摩川の土手を歩いてきました。
雨が多いせいか皮は水量が増しているようです。
c0051107_23142777.jpg

特に変わったこともなく、こんな写真が土手らしい感じです。
c0051107_23182030.jpg

帰り道の写真です。
金魚もうまく写したかったのですが・・・・・
c0051107_23202913.jpg

撮るときは夢中で気がつかないけれど、翅がもう傷んでいますね。
パソコンで開いてみて何かドキッとして・・・・胸のなかで独り言。
「私は道楽で写真を撮っているけれど、一生懸命生きているんだよね~」
c0051107_23271845.jpg

太目ながらすばしっこい・・・・・すぐ逃げる・・・
追わずに待っていたらまた元の花へ戻ってきました。
c0051107_23385813.jpg

c0051107_23403698.jpg

c0051107_2341084.jpg

c0051107_2344379.jpg

by suirenn2 | 2009-07-23 23:45


<< 折り紙ヒコーキ 日食は残念でした・・・・  >>