懐かしいカセットテープ

古いカセットテープ・・・・
ボブ・ディランのノーベル賞の報にふと思い出して取りだしたのです。
「風に吹かれて」の曲が懐かしく浮かんできたからでした。
c0051107_922429.jpg

このカセットテープには私の好きな曲が収録されています。
いわば私専用のテープ、私が選曲して娘が作ってくれました。

「グリーンフィールズ」「花はどこへ行ったの」「さらばジャマイカ」「遥かなるアラモ」「パフ」
「イエスタディ」「サウンド・オブ・サイレンス」「スカボロ・フェア」「コンドルは飛んでゆく」
「明日に架ける橋」「500マイル」「カントリーロード」「風に吹かれて」など30曲近くが
収められています。在りし日の私が好んで聴いていた曲ばかり、本当によく聴いたものでした。

ただ、「風に吹かれて」は、ピーター・ポール&マリー」のものでカバーだったのですね。
ボブ・ディランの歌と知ったのはずっと、ずっと後になってからでした。

カセットテープなど全部処分してしまったのに、この1本だけは手放せずにいました。
思い出がいっぱい詰まっているようで感傷があったゆえでしょうか。
それにしても、いまさら音が出るのやら、どうなのやら・・・・・?
デッキにセットしてみたら・・・・・あら~、懐かしい曲が聴こえてきました。
というわけで、このところ毎日のように聴いています。

今なら,例えばスマホなどで好きな曲はいくらでも聴ける。
カセットテープに収録するなど、いまの若い人達には信じられないことでしょう。
古いカセットテープ1本が時代の移り変わりを教えてくれるようでもあります。
c0051107_10213277.gif

c0051107_10323059.jpg

c0051107_103357.jpg

c0051107_10332150.jpg

自然教育園で撮ったものです。
# by suirenn2 | 2016-10-16 10:34 | Comments(8)

洗濯日和

やっと晴れて洗濯日和です。
タオルケット、布団カバーなどの大物洗い。他にまだ洗いたいものもあるけれど、
干すとろが限られているので何もかも洗えばよいというわけにもいきません。

友達のところでは大物洗いはコインランドリーを利用することも多々あるという。
毛布や厚手のカーテンなどふっくら仕上がってクリーニング店に出すよりは安いとのこと。
但し持ち運びには車を使っているようです。
我が家のごく近いところにはコインランダリーはありません。
車もなしし、大きな洗濯物を抱えて出かけていくのは無理なこと、
時に便利かな?と思いつつも、結局、利用することはなさそうです。

久し振りに晴れて気持ち良いので戸を開けています。
けれども、目の前は建築工事中、ガタガタ、ゴウゴウと重機の音が喧しい。
心地良さも半減です、あ~あ・・・。
c0051107_10554787.jpg

自然教育園で・・・・

カリガネソウ(雁金草)が咲いていました。別名、ホカケソウ(帆掛草)とも・・・
色といい形といいいかにも清楚な感じで、顔を近づけてじっと見入ってしまいます。
c0051107_1143069.jpg

ツリブネソウ(釣舟草)は事前教育園では群生しています。
ナンバンギセル(南蛮煙管)が珍しいでしょうか。
c0051107_1110841.jpg

あっ、このノブドウ(野葡萄)は自然教育園でみたものではなく、隣りの白金公園、
そこのの生垣でみつけたものです。蜂がきていました。スズメバチ?
c0051107_11172420.jpg

じっと止まっていてくれたので撮れました。
c0051107_11191665.jpg

# by suirenn2 | 2016-10-12 11:20 | Comments(6)

最近のこと

9日、赤い夕陽が鮮やかでした。
黒い雲がかかっているのも迫力があるというか、赤い色をいっそう引き立ているようです。
c0051107_2227564.jpg

10月にしては暑いと思っていたら急に寒くなり、寒いと思っていたら
やや蒸し暑いようでもあり、ここ数日の天候、気温などに振りまわされています。

近所の友人は風邪気味で調子が悪いとのこと。
それでも気晴らしに茶飲み話でもということになって、何人かで茶話会でした。
葉もの野菜が高いこと、それで冷凍野菜が売れているらしいこと、豊洲のこと、
オリンピック選手のパレードのことなど、あれこれ言いたい放題言い合って
私にも大いに気晴らしになりました。

7日、月1回の病院検診日。
洗足池方面の病院へ出かけたので、診察の後は五反田→目黒経由で
「自然教育園」へ行ってきました。目黒駅からバス利用です。
目黒駅構内のコンビニでおにぎり、サラダ、お茶を買って・・・・・。

自然教育園では先ずは腹拵え・・・・
病院では今回だいぶ待たされので、とっくに昼食時間は過ぎてお腹が空いていました。
こんな時、たかがおにぎりひとつが美味しいものなのですね。

さて、カメラを取り出して行動開始、まだ何も観察していないのに気分は浮き立っています。
お友達のブログでみせていただいたばかりでしたが、ここでも「シモバシラ」が咲いていました。
c0051107_2320132.jpg

「ワレモコウ」や「フジバカマ」は当てにしていた花でしたが・・・・
フジバカマはもうやっと姿をとどめているといった感じでした。

このフジバカマ、葉は乾燥させると甘い香りがするという。
前日の新聞記事で読んだばかりでしたが、桜の葉の塩漬けおなじクマリンの香りとのこと。
乾燥したような葉を探して匂いを嗅いでみようと思ったのですが、葉は青々としていて、
それらしいものが見つからず残念でした。
c0051107_23503047.jpg

「アザミ」もいろいろ種類があるのですね。
トネアザミ、ノハラアザミ、アズマヤマアザミ、タカアザミ等々・・・・・
素人目には、でも、区別して見分けるのは難しそうです。
c0051107_081262.jpg

黒いアゲハチョウが来ていました。
こうなるともうアゲハチョウ狙い、相手さんはけっこう動き回るので、
この程度の写真を撮るのも私にはひと仕事なのであります。
c0051107_0275592.jpg

園内を歩き始めて早々にアゲハチョウが出迎えてくれました。
訪れた甲斐があったというものです。続きはまた次回でも・・・・・
# by suirenn2 | 2016-10-10 00:38 | Comments(6)

きれいな空

台風18号は温帯低気圧にかわったようですが、その影響だったでしょうか、
昨夜は強風が吹き荒れていました。唸るような風音が怖いくらい。
寝るまでは南と北側を開けて風通しをよくしているのですが、
それも開け放しておけない状態になってエアコンに切り替えたのでした。

一夜あけて今朝は空がきれいでした。
c0051107_11475373.jpg

夕べの歌番組、坂本冬実の歌に聞き入ってしましました。
すっかり忘れていたのですが、大好きな歌・・・・・
前にブログでアップしたこともありましたが、再度・・・・
c0051107_11535378.jpg

いまさらながらとは思いつつも「こんなふうでありたいものよ」と、やはり思い直すのです。
ほんの数分間のしみじみとした想い、こんなことでも一日の幸せの一つではあります。

「幸福と思えること」、一日に10個は捜しなさい・・・・・
そういえばテレビでこんなことを言っていたような・・・・・?
たまたま聴いた好きな歌、今朝のきれいな空、聴いたり見たりのこんなことでも
「幸せだな~」と思えたら10個どころかいくつでもあるような・・・・・?
何ほどでもない日常でも思い方ひとつで彩り豊かになるのかもしれませんね。
c0051107_12283371.jpg

c0051107_12311182.jpg

c0051107_12315334.jpg

# by suirenn2 | 2016-10-06 12:32 | Comments(10)

ノーベル賞 受賞 おめでとうございます

大隅氏 ノーベル賞」、新聞(読売)第一面の大見出しです。
細胞の自食作用 発見」「オートファジー 不要物分解・再利用」とも・・・
オートファジーはギリシャ語の「自分(オート)」と「食べる(ファジー)」を
組み合わせた造語であるという。

もとより私などに理解ができることではありません。
けれども、テレビや新聞の解説を見聞きしながら、ただ単純に驚いたことがありました。

「例えば人間は1日200~300㌘のたんぱく質を必要とするが、食事から取りこめるのは70~80㌘だ。不足分はオートファジーなどによるたんぱく質のリサイクルで補っている」というこのリサイクルのこと。こうした仕組みで不足栄養分を 「自作」し補充しているのですね。

「生命体って、凄いものだな」と。ただ単純に驚き感動したのでした。
「日本人3人連続のノーベル賞受賞」、暫く話題が続くでしょうか。
テレビや新聞でのこうした報道は、見ているだけ聞いているだけでも楽しくなりますね。
テレビで受賞報道後の街の人達が映しだされていましたが、皆さん、満面の笑みでした。
私も、多分、いいお顔?で見いっていたことでしょう。
c0051107_11431361.gif

c0051107_1145222.jpg

c0051107_11453680.jpg

c0051107_11455781.jpg

c0051107_1146969.jpg

# by suirenn2 | 2016-10-04 11:47 | Comments(6)

無題

9月も今日で終わり・・・・
メリハリのない間延びしたような1カ月でした。
相変わらず本ばかり読んでいて外歩きをしなかったので、運動不足。
お腹まわりが明らかに太目です。絞り込まなければ、ズボンがきつくなる。
さ~、歩かなければ・・・・・・自分に言い聞かせているところです。

東御苑で・・・・・
ガマズミの赤い実が艶やかに輝いていました。
c0051107_105946.jpg

c0051107_10592071.jpg

ウメモドキです。
この実は発芽抑制物質を含んでいて、小鳥のお腹を通過しないと発芽しない仕組みに
なっているという。つまり、小鳥に食べてもらってタネを運んでもらうのですね。
c0051107_1193975.jpg

c0051107_1195792.jpg

オトコヨウゾメ・・・
c0051107_1112153.jpg

c0051107_11142253.jpg

クコが花も実もつけていました。
c0051107_11145473.jpg

足元で何かチラッと動いた。いました、バッタです。
私は目が悪いので見わけられるとも思えないのですが、何故か見えるのですね~。
擬態ですね、茎にそって真っ直ぐに着いていると見分けがつきません。
c0051107_11244623.jpg

たかがバッタ、されどバッタ、バッタを見つのも珍しいことでした。
# by suirenn2 | 2016-09-30 11:29 | Comments(12)

彼岸花など ~ 東御苑で・・・

25日、久し振りに東御苑をひとまわりしてきました。
晴れた日でしたが、ツクツクボウシが鳴き、虫の声がきこえる苑内は
すっかり秋の気配に満ちて心地良い散策になりました。
あのツクツクボウシの鳴き声って、いいものですね。
真夏の賑やかなセミの声とも違って、哀調をおびているようでしんみりと聞こえます。

あちらこちらでヒガンバナが咲いていました。
群生して咲いているところはないのですが、広い苑内、ほどよく彩りを添える・・・
そんな感じで咲いています。
c0051107_9363349.jpg

マンジュシャゲとも言いますね。
マンジュシャゲとは、梵語で「赤い花」という意味だそうです。
この花は、気温が18℃から20℃になるといっせいに咲き始めるとか。
そのために昔から秋の種まきの目安などにもされてきたそうです。
c0051107_9432436.jpg

c0051107_944269.jpg

赤と黒、間近でほんの一瞬のこと、間に合った、撮れていました。
c0051107_10111534.jpg

遠くへ飛んでいってしまったのを尚も追い掛けて・・・・・・
c0051107_10125213.jpg

オミナエシやキキョウが僅かにのこっていました。

     女郎花 秋野の風に うちなびき 心ひとつを たれによすらん
c0051107_9544658.jpg

c0051107_955290.jpg

c0051107_955175.jpg

ヤマハギも殆ど花はこぼれ落ちていました。
黄色いチョウがしきりに舞っているけれど、なかなか止まってくれない。
目がまわりそうになりながら根気よく待って、止まったところを、はい、パチリ!
c0051107_1021882.jpg

写真はいっぱい撮ってきました。そのうちまたのアップです。
この日、約9000歩、これまた久し振りによく歩いた一日でした。
# by suirenn2 | 2016-09-27 10:18 | Comments(10)

とりとめなく・・・

特に大相撲ファンでもないのですがが何となくみています。
昨日の豪栄道、横綱との睨めっこが愉快でした。
今日は優勝がなるでしょうか?

そういえばこんな記事があったのを思い出しました。
c0051107_1037510.jpg

懸賞金1本が62000円とは・・・・半端な額なのですね。
最近は、懸賞金がかかるのも少なくなったように思うのですが、どうでしょうか?

テレビといえば、歴史関連の番組は楽しみです。
「家康暗殺計画と古田織部の謎」という番組は特に面白く、興味深いものでした。
また、「川中島の合戦」や「桜田門外の変」を天気の面から考察した「歴天」という番組も
印象深いものでした。
さらには、「英雄たちの選択」という番組で、織田信長と武田勝頼が戦った「長子篠の戦い」、武田勝頼が敗れるのですが、勝頼の側にたっての考察も面白いものでした。
BSでは歴史関連の番組がいくつもあるので私には楽しみです。
歴史関連の本をいっぱい読んできて、いちおう下地があるので、見聞きしていて話がわかります。それでも必要と思われる事柄はノートにメモしながらみているのですよ。
テレビ番組も私にとっては歴史の勉強です。
c0051107_11251098.gif

散歩道でヒガンバナが咲いていました。
たった2輪でしたが、それでも大発見でもしたように嬉しくなりました。
c0051107_11312576.jpg

c0051107_11314280.jpg

クレオメがあちらこちらで目につきました。
c0051107_11325881.jpg

c0051107_11331716.jpg

c0051107_11333468.jpg

c0051107_11335231.jpg

c0051107_1134590.jpg

# by suirenn2 | 2016-09-24 11:35 | Comments(6)

文化庁「国語に関する世論調査」の記事から・・・

今朝の新聞記事(読売)でした。
文化庁が21日に公表した2015年度の「国語に関する世論調査」です。
皆さんもすでにご承知かもしれませんが・・・・・。

「ら抜き言葉」と呼ばれる「見れた」「出れる」を使う人の割合が「見られた」「出られる」を
上回ったとのこと、1995年度の調査開始以来、逆転するのは初めてだそうです。
c0051107_1015438.jpg

「ら抜き言葉」の調査は5年ごとに実施。当初は「日本語の乱れ」などの指摘もあったが、
同庁は現在「どちらが正しいとは言えない」としている。
新聞記事にはそうありました。

また、「絵文字」を使う人は5割超で、「気持ちをより分かりやすく伝える」、
「相手への親しさを表す」「感情や気分などのニュアンスを加える」などが使う理由に
なっているようです。

驚いたのはこの表でした。
c0051107_10265754.jpg

「おk」「うp」など、「何、これ?」とびっくり仰天。
「OK]を「おけ」や「おk」、画像を投稿する「UP」を「うp(うぷ)」と記す表現のようですが、
70歳以上でも1・4%もいるのですね。
「あ」や「え」の母音に濁点などびっくりを通り越して唖然とするばかり。

慣用句の調査も興味深いものでした。
c0051107_1125965.jpg

こうした慣用句、間違って使われている場合でも、通用してしまうとすれば・・・・?
社会的な認知度が高くなって「どちらが正しいとはいえない」となってしまうのでしょうか?

興味深くもあり、ちょっと考えさせられた今朝の新聞記事でした。
c0051107_11392327.gif

c0051107_11442041.jpg

c0051107_11443412.jpg

c0051107_11445025.jpg

c0051107_114544.jpg

c0051107_11451978.jpg

# by suirenn2 | 2016-09-22 11:47 | Comments(14)

十五夜など

15日 十五夜でした。
雲がかかることが多かったのですが、それでも何とか眺めることができました。
くっきりと澄んだ夜空ではなかったので、月も冴えた輝きではなかったけれど、
虫の声を聴きながらのお月見はしみじみと秋を感じるものでした。
十五夜といっても満月には2日ほどはやい月だったそうです。
c0051107_11174293.jpg

c0051107_11183954.jpg

今年もまたいただきました。
町会からの「敬老の日」のお祝いです。
地元商店街の商品券2200円也、有り難いことながら恐縮してしまいます。
c0051107_11253717.jpg


16日、家の前で地鎮祭のようです。
テントの中から神主さんが祀りごとをしているらしい声がきこえていました。
c0051107_11384787.jpg

去年の暮れには更地になり長くそのままになっていたのですが、
いよいよ建築工事が始まるようです。5階建てのマンションが建つという。
当初、近所の噂では3階建てということでしがが、5階建てときいてガックリでした。
眺望が遮られることになるでしょう。想像するだけで憂鬱な気分です。

面白い新聞記事(読売)がありました。
赤線は私が引いたものですが、称徳天皇と道鏡の関係、
確かに天皇から優遇されていたと感じられます。
c0051107_1203050.jpg

c0051107_122645.gif

c0051107_124844.jpg

c0051107_1242730.jpg

c0051107_1244862.jpg

c0051107_1251056.jpg

# by suirenn2 | 2016-09-17 12:05 | Comments(12)