「是非に及ばず」なんて言っちゃって・・・・・

過日、上野へ出かけたときのことです。
(くだらない話です。ただ、自分にとってはこれもこの日の出来事と思って・・・・)

JR京浜東北線利用でいた。
乗ったらすぐ座れたので早速本を読み始めました。そして、読むのに夢中になって・・・
(もう、想像がつくでしょうか?)、「うえの~」というアナウンスがきこえたようで、
慌てて立ちあがり下りようといたのです。・・・・が、無情にもドアは目の前で、
す~っと閉まったのでした。
(慌てふためいて、しかも下り損ねて、何だかちょっと恥ずかしかった)

仕方がない、乗り越してしまったのなら次の駅で下りて戻るだけ・・・・
ところが、京浜東北線は「快速運転」の時間帯でした。
昼間の時間帯、山手線と並行して走っているところでは、停まらない駅がいくつもあるのです。それ、で普通運転なら次の停車駅は「鶯谷」ですが、停まらない。
さらに次の「西日暮里」「日暮里」も通過、やっと停まったのは「田端」でした
三つもの駅を通過したのですから、その間の長く感じられたこと、「まだ停まらないの」と
ちょっとイライラするような・・・・・?

ともかく、「田端」で下りました。・・・・と、すぐ前、向かい側に「山手線」が停まっていた。
「あ~、これはちょうどよかった。山手線で戻ればいい」と乗ったのでした。
けれど、これがとんだ大間違い、この山手線は「上野」の方へ戻る電車ではなく、
逆方向へ進んでいく電車でした。上野へ戻るためには階段を上がるなりして
別のホームへ移動しなけらばならなかったのです。

結局、着いたのは「駒込」、こうなるとさすがに自分でも呆れ果て、腹が立ってきた。
誰のせいでもないのに、ムッとして、かなり不貞腐れていたような・・・・・?
そんな状態だったからなのか、電車を待つ間に不意に、まったく唐突に、
「是非に及ばす!」と・・・・腹の底から呻くようにその言葉が飛び出してきたのでした。

「是非に及ばす」、そうですね、織田信長が本能寺の変のときに発した言葉。

     謀反と知った信長は「誰だ?」と小姓にきいた。
     「桔梗紋が見えます。明智光秀めでございます」と小姓が言った。
     すると、信長はやや顔を歪めたものの、次の瞬間には「是非に及ばず「」と
     毅然として言いはなったという。この場合。「しょうがねぇ」とでもいう意味にも
     なるでしょうか。

「是非に及ばず」は、まさに信長末期の言葉、辞世ともいえる武将の一言です。
(ちなみに、桔梗紋は、この後「裏切り者の家紋」とみなされることもあったとか・・・・)

ともかく、私などが遣っては恐れ多いこと・・・・・?
歴史小説が好きなのでこんな言葉もふいと浮かんできたのでしょうが、
これが効き目がありました。「是非に及ばず」と唱えているうちに愉快になってきて、
上野へ戻った時にはもう何事もなかったようにさっぱりしていました。

スミマセン、馬鹿さ加減丸出しのことをクドクドと・・・・・・失礼いたしました。
c0051107_12445888.gif

c0051107_12464285.jpg

c0051107_12465777.jpg

c0051107_12471535.jpg

c0051107_12493351.jpg

# by suirenn2 | 2017-01-18 12:51 | Comments(6)

東京国立博物館  13日

長谷川等伯の「「松林図屏風」をみてきました。
毎年恒例のようですが、東京国立博物館での新春特別公開です。
昨年もみていますが、みられるものなら何度もみたい作品です。

写真は撮れなかったので絵葉書より・・・
c0051107_10511043.jpg

混雑しているほどでもなかったけれど、鑑賞し難かったです。
ガラスに仕切られて展示したあり、ガラスに貼りつくように人がみているので、
屏風全体を眺めるわけにはいかない。
私としては少し離れたところから左隻、右隻の全景を眺めたかったので、
やや物足りない鑑賞になりました。

去年は、確か、ガラスもなく、床にテープが貼ってあり、少し離れたところから
鑑賞するようになっていたけれど・・・・・。
もっとも、墨の濃淡、細やかな筆遣いなど、ごく間近でみたいという要望も
あるでしょうから、展示の仕方をかえたのかもしれません。

今年もまた館内をまわって写真をいっぱい撮ってきました。
写真禁止の表示がある展示物以外は、フラッシュなしで自由に撮ることがけきます。

酉年なのでトリの絵や置物などが並んでいました。
c0051107_11314360.jpg

伊藤若冲の「松梅群鶏図屏風」も・・・・
c0051107_1136041.jpg

いずれも好きな絵師、円山応挙の作品です。
c0051107_11474126.jpg

面白かったのは、これら・・・・・
「猿」の埴輪は古墳時代、6世紀のもの、
茨城県大日塚古墳から出土したものだそうです。
c0051107_1203928.jpg

のんびりみてまわったので時間もかかりました。
外へ出ると晴れていた空はどんよりと曇っていました。
c0051107_12102248.jpg

池の端から吹き出したかと思われる水が湯気のように舞い上がり
チューリップが幻想的にみえました。
c0051107_12164282.jpg

上野の梅はまだ堅い蕾のまま、開花までは暫くかかりそうでした。
# by suirenn2 | 2017-01-14 12:22 | Comments(12)

茶話会での話題から・・・除夜の鐘のこと

7日、近所同志の数人が集まって茶話会でした。
あれやこれやの四方山話、賑やかなお喋り会でもありました。
そんな中で話題になったのが、除夜の鐘のこと、うるさいという苦情があったために
昼間に衝くところがある・・・・・との一件でした。

テレビ(年明け早々の番組)でさだまさしさんが言っていたのです。
私も聞いて驚いたのですが、他にもきいた人がいて、いっとき盛り上がりました。
苦情があったにしても除夜の鐘を昼間に衝くのはおかしい、そもそも除夜の鐘を
うるさいと思うなんて、近頃は自分勝手な苦情が多いのではないか・・・・等々
思っていることは皆おなじようなものでした。それでも、うるさいという苦情で、
昼間に衝くことにしたお寺の事情には理解を示す人もいました。

そもそも除夜の鐘とは、「除日=じょじつ」の「」に衝く鐘のこと。
除日とは「旧い年を除く日」という意味」で「大晦日」のことをいう。
こうした意味合いを考えれば、昼間に衝けばよいというものでもない・・・・・。

ところで、衝く鐘は百八と回数が決まっている。
これは人間の煩悩の数といわれていますが、もともと中国の仏教儀式として始まった
当初は、一年十二ヶ月、立春などの四節気、さらには七二候などの時候に由来する
ものだったようです。それがやがて仏教思想と結びついて煩悩の意味になったらしい。

この百八という鐘を衝く回数、旧年のうちに百七回、最後の一回は新年になってから
衝く・・・・よく知られていることですが、私はちょっと不思議に思ったことがありました。
煩悩を除くためなら年内に全部衝いてしまえばよさそうなものなのに・・・・?

新年になって衝く最後の一回には、勿論のこと、意味があったあのですね。
新しい年が煩悩に煩わされることがないように、そいうい切なる願いが籠められた
最後の一回、深い祈りの最後の一衝きなのだそうです。

こうしていろいろ考えてみると、やはり除夜の鐘は「大晦日の夜」こそのもの。
単なる風物詩以上のものと思いがあらたまるようでもあります。
c0051107_1054353.jpg

茶話会まで時間がある、お天気が崩れそうということで、思い立って
東御苑をひとまわりしてきました。

ふっくりした蝋梅がまたきれいに咲いていました。
c0051107_1183571.jpg

梅も咲いていました。ただ全体としては花をつけている木は半分くらいだったでしょうか。
c0051107_111346100.jpg

多くの木々が葉を落とし、下草を刈った雑木林には日が射しこみ、気持ちが和む風景です。
c0051107_11273399.jpg

ほんの一瞬のこと、メジロがきてすぐ飛び去ってしまったのですが、
なんとか1枚撮れていました。
c0051107_11301183.jpg

# by suirenn2 | 2017-01-09 11:44 | Comments(12)

良い年でありますように・・・

    新年明けましておめでとうございます

c0051107_1054430.jpg

              今年もよろしくお願い申し上げます

【元旦】 大晦日は夜更かしだったので朝寝坊の年明けになりました。

【2日】 例年通しに家族揃っての新年会。孫たちの成長振りには驚くばかり・・・・・
大きい順に今年は、、Mちゃんは社会人2年生、N君は成人式を迎え、S君は大学進学、
Sちゃんが高校2年生となります。皆、実に率直にものを言う。
しかも、言っているいることが若々しく真っ直ぐで、まわりの大人がたじろいでしまうほど。
まだ世間づれしていない純粋さがあって、そのひたむきなところが眩しくみえるのです。
もとよりまだ青臭いということでもあるのですが、若い時代は青臭いくらいでちょうごいい!
私もショボくれてなどいられないと大いに刺激になったことでした。

【3日】 沿道へ出ての駅伝観戦が恒例でしたが、今年はやや疲れ気味、やめました。
午後からカメラ散歩、多摩川の土手の方を歩いてきました。
c0051107_1195153.jpg

引潮時で水がひいた干潟では水鳥が羽を休めています。
橋の近くまで来ると水が満ちてきたようで、海へ向かって流れる水と海から上がってくる水が
小さな渦をつくっているのがみえました。
c0051107_11242373.jpg

途中に神社や寺院があったのでそれぞれで初詣・・・
c0051107_11285389.jpg

ともかくも元気に穏やかな新年を迎えられたのは何よりでした。
三が日も終わり、今日はもう多くの人が仕事始めでしょうか。
2日の写真ですが、夕空がうっすらと染まってきれいでした。
そして、月と星が寄りあうように輝いていました。(すみません、星が崩れてますが)
c0051107_11391416.jpg

c0051107_1139344.jpg

# by suirenn2 | 2017-01-04 11:41 | Comments(16)

今年もありがとうございました

今年もあと数時間で終わります。
振り返ってみればあっという間の一年でした。
私は過ぎたことはあまり振り返らない質なので、特にあれこれ感慨もないのですが、
それでも嬉しいこと、楽しいことがいっぱいあったようで、幸せな一年だったでしょうか。
幸せな気分で年が越せることにしみじみと感じ入っています。

そんなに寒くもなく穏やかな大晦日になりました。
皆さまにはブログでのお付き合いをいただきありがとうございました。
このところブログもちょっと適当なことになっていますが、綴るなら綴るなりに
その気になってやらなければいけないと思っています。

来年もまたよろしくお願いいたします。
どうぞ良い年をお迎えください。

     百八はちと多すぎる除夜の鐘   暉峻 靖隆
c0051107_2154568.jpg

c0051107_21552214.jpg

c0051107_21553422.jpg

# by suirenn2 | 2016-12-31 21:57 | Comments(2)

羽田空港で クリぼっち

羽田空港国際線ターミナルのイルミネーションがリニューアルしたという。
ぶらっと出かけてみました。でも、期待外れでした。
いままでのより地味で、あっさりした感じ、いまひとつぱっとしない印象でした。
c0051107_11245022.jpg

クリスマスの頃はいろいろなイベントがあるのですが、昨日(25日)は
「ANA Team HANEDA Orchestra」による演奏会でした。
けっこう人が集まっていて写真を撮れる状況ではありません。
少し離れたところの椅子に坐って聴いていました。いっときのクリスマス気分でした。
c0051107_11371320.jpg

終わって外をみるともう夕暮れで、真っ赤な太陽がちょうど沈んでゆくところ・・・・
富士山のくっきりしたシルエットもみえて素晴らしい眺めでした。
c0051107_11482548.jpg

c0051107_11485944.jpg

c0051107_1213716.jpg

第二ターミナルにもちょっと寄ってみました。
c0051107_120593.jpg

帰りはもう真っ暗、時間的には夕食時です。
家族がいる家庭の主婦なら忙しい時でしょうに、ひとり暮らしは気ままなものです。
# by suirenn2 | 2016-12-26 12:12 | Comments(8)

冬至 最近のことなど

c0051107_10372365.jpg

大掃除とはいかないまでも、12月の声をきくと「あそこを片づけ」「ここを片づけ」と
いちおう思うことは思うです。
ところが、いっこうに実行しないまま過ぎて、今頃になると「いまさら慌てても仕方ない」、
そういうことになって、更にこれから日が過ぎるほどに「まっ、いいか」となる。
そして、挙句の果ては「元気に年越しできればそれが一番」などと、サボリは棚上げして
実に自分に都合よく気持ちを切り替える。
もう何年も同じことの繰り返し、今年もこの調子で暮れていきそうです。

17日、急に声がかかり近所の居酒屋で飲み会。
翌日出かける予定があるので早目に引き揚げてくるつもりでしたが、
飲むほどに口は滑らかになり、お喋りが弾んで帰ったのは11時過ぎ。
お喋りで発散したせいか気持ちがさっぱりして心地良いひとときでした。

18日、久し振りのフラメンコ鑑賞。
親友夫妻の娘さん(私にとっても若い友人です)が踊ります。
会場は西日暮里のスペインレストラン、店の中に舞台があってそこでの踊りでした。
ワインやスペイン料理をいただきながら、語らいながらの鑑賞は大きな舞台とも違って
いかにもフランコらしい雰囲気で、これまた心地良いひとときでした。
おみせできる写真ではないのですが、記念に載せておきます。
c0051107_11393344.jpg

20日、本年最後のPC教室、Googleフォトの学習でした。
前に教えてもらったこともあるのにすっかり忘れている。
今回に限ったことではないのですが、覚えるより忘れることの方が多いようで、
我ながら些か滅入る気持ちではありました。反省!、そう、反省する点も多々ありです。
もっとも、「反省だけなら猿でもできる」といいますけれど・・・・・。
c0051107_1242039.jpg

c0051107_1243546.jpg

c0051107_1244984.jpg

c0051107_125739.jpg

c0051107_1252121.jpg

# by suirenn2 | 2016-12-21 12:06 | Comments(8)

絵画展など

16日、友人(Hちゃん)の水彩画展へ行ってきました。
今回の会場は京橋の「ギャラリーくぼた」、初めて訪れるところなので
道に迷うのではないかと気掛かりではあったのですが、わかりやすいところでした。

Hちゃんの作品は7点の展示です。
その中の3点、絵葉書があったものをご紹介いたします。
c0051107_10323631.jpg

どちらも人物が描かれている、これが何ともいえずいい感じ・・・・・・
自分自身が歩いているような気にもなってきて、風景に気持ちが融け込んでいくようです。
風景だけの場合とこうして人がいる場合とでは、絵の印象が違ってくるものですね。

衝撃的だったのは「曼珠沙華」と題するこの作品でした。
c0051107_10475515.jpg

油彩かと思うほどの質感があり、それでいて重々しさはなくて、不思議な印象でした。
「えっ、Hちゃん、こういう絵も描くの!?」と斬新さへの驚きもありました。
ご自身の作風に安んじることなく、更に深めていくといったチャレンジ精神のようなものを
感じて、私には刺激になったともいえるでしょうか。
見かた次第でいろいろな想いが衝きあげてくるようで、何か「喚起される」1枚です。

数人のお友達も一緒でした。
絵をみた後はHちゃんも交えて近くのお店で昼食。
お喋りしながらの賑やかで楽しい食事でした。
私にとって今回大感激だったのは、10年振りくらいに再会した方がいたことでした。
ブログでのお付き合いはあるもののお目にかかkる機会もないままに過ぎて、
此の度やっとお会いできたのです。「感激」の一言では言い切れないほどに嬉しいことでした。
お庭から採ってきてくださったのでしょう、その方から柚子をいただきました。
c0051107_11511494.jpg

食事の後は場所を移して今度はティタイム・・・・・・
ここでもお喋りは益々弾んで時がたつのも忘れて、気がついたらコーヒー1杯で
かなり長居をしていたことになりました。楽しかった!本当に楽しかった!
Hちゃん、ご一緒の皆さん、お世話さまでした、ありがとうございました。

同行の方に今年も手帳を作っていただき、来年の手帳が・・・・・
新しい年が楽しみになります。程よく予定が記されて、来年1年も過ごせたらいいな~と
新しい手帳を眺めながら思っているところです。
c0051107_11413367.jpg


11日でしたがパソコン教室の「望年会」がありました。
西新宿のセンタービル別館の「音音」というお店が会場、和食でした。
この望年会では恒例のプレゼント交換がります。プレゼントは1000円と決まっています。
持ちよったプレゼントをくじ引き潤に選ぶのですが、私が選んだのはこれ・・・・・
c0051107_1201457.jpg

品物の他に印刷物が入っていました。「何かしら?」と思ってみたら小説でした。
オー・ヘンリーの短編「賢者の贈り物」を印字したものでした。
何かはっとする想いと同時にに懐かしさがこみあげてきました。
「最後の一葉」とともに大好きな作品、初めて読んだ時の感動が舞い戻ってきたような・・・・?
品物もさることながら贈り主、このプレセントを用意してくださった方のお気持ちが
しみじみと伝わってきました。贈り主はどなたであったのか・・・・・?
でも、不思議にどなたであるかがピ~ンと浮かんできたのでしたが、
それは「言わぬが花」といたしましょう。
c0051107_12254455.jpg

c0051107_1226022.jpg

c0051107_122618100.jpg

c0051107_12263279.jpg

c0051107_12265131.jpg

# by suirenn2 | 2016-12-17 12:27 | Comments(11)

大雪など とりとめなく・・・

旧暦では今日は「大雪」とのこと。
寒さがだんだん厳しくなり、雪も多くなる季節という。
熊蟄穴=くまあなにこもる」とか「鮭魚群=さけのうおむらがる」の言葉もあり
文字通り熊が冬眠を始めたり、川には鮭が戻ってくる頃でもある。

そういえば、今年は鮭が(鮭もというべきか?)不漁とか、そんなニュースがありました。
大好きなイカも不漁で、大きな鮮魚売り場でも僅かに並んでいるだけ・・・・
しかも1ぱいが500円前後の高値です。
ひとり暮らしでは食べる量も知れているので食費に拘るわけでもないけれど、
主婦的な感覚なのか野菜や魚の値段は気になります。
c0051107_11393163.jpg

c0051107_1142101.jpg

頼んでおいた本が届きました。どれも火坂雅志の作品です。
名前を知っている他はどんな作家なのか興味を示すこともなかったのですが、
「左近」という小説を書いているのを知り「おやっ!」と思ったのでした。
左近とは戦国時代の武将「島左近」のこと、私の好きな武将のひとりです。
「ほぉ~、島左近を書いているのか」と親近感のようなものがわいてきて、
先ずは代表作ともいえる「天地人」を読んでみました。
直江兼続が主人公のかつて大河ドラマにもなった作品です。

これでいっきに火坂雅志ファンになりました。
小説を読む場合でも作者との相性みたいなものがあって、私には相性が良い・・・・
そういうことになるのでしょう。それで「他の作品も・・・・」となったのです。
知らないことでしたがすでに亡くなられたとのこと、山本兼一同様に本当に惜しまれます。
今回のこの5冊、いずれも戦国時代に活躍した人物が主人公です。
私の「戦国時代攻略」の読書テーマはまだまだ続いています。
c0051107_12443563.jpg

先日、東御苑へ出かけたときに「北の丸公園」もまわってみました。
武道館近くの紅葉の群生地はまだきれいでした。
c0051107_12471985.jpg

c0051107_12473665.jpg

丸の内のイチョウです。
c0051107_1248813.jpg

# by suirenn2 | 2016-12-07 12:49 | Comments(10)

東御苑で・・・

3日、東御苑へ出かけました。
今回の第一の目的は「三の丸尚蔵館」で開催中の「書の美、文字の巧」という展覧会を
見ることでした。展覧会は12月4日まで、ギリギリセーフで間に合ったというところです。

見たかったのは、これ・・・・・
c0051107_21161156.jpg

説明のもある通り「薩長同盟裏書」・・・・
坂本龍馬「白眉の書」ともいわれる朱書きの龍馬の直筆です。
前にも尚蔵館の展示で見たことがあるのですが、もう一度見たいと思い出かけたのでした。

幕末、御所周辺で薩摩兵と長州志士が衝突、両藩には決定的な亀裂が入り
険悪な状態でした。「禁門の変」といわれる事件ですが、この険悪な状態の薩摩と
長州の雄藩を和解へと橋渡しをしたのが坂本龍馬や中岡慎太郎です。

慶応2年(1866)、薩摩からは西郷隆盛や小松帯刀など、長州からは桂小五郎などが
京都の薩摩藩邸で会合して歴史的な和解が成立、このとき交わされたいくつかの
約束事が「薩長同盟」といわれるものです。この場には龍馬も同席していました。

けれども、この同盟はあくまでも幕府には秘密のこと、そのために正式な調印文書が
交わされたわけでもなく、いわば口約束みたいなことだったようです。
そのために長州側の桂小五郎は些か不安にもなったのでしょうか。
話し合われた内容が間違いないことを保証してほしいと龍馬に手紙を送ったのです。

その桂小五郎からの手紙の裏側に、「保証書」のように朱書きをしたのがこの「裏書」・・・
内容は以下のようであること、私も今回初めてパンフレットをみて知ったことでした。
c0051107_2362565.jpg

ちなみに、薩長同盟が結ばれたのは1月21日のこと、この直後、龍馬は襲撃を受けます。
常宿にしてした伏見の「「寺田屋」で襲われ瀕死の重傷を負うわけですが、それから
たいして日も経たない「2月5日」にこの裏書をしたためているのですね。
展示の説明表示にそのことが書かれてあり、胸を衝かれるような想いになりました。

以上、「薩長同盟裏書」なるものについて纏めてみました。
何となく頭のなかにあることを、こうして文章にするのは実に難しい!
でも、私にとってはこれも良い学習になります。読んでいただけたなら感謝です。

展覧会の後はいつものように苑内散策でした。
紅葉はすでに絶景は過ぎていましたが、それでも充分に「眼福」ともいえるものでした。
c0051107_095439.jpg

c0051107_01093.jpg

c0051107_0121743.jpg

c0051107_0104550.jpg

# by suirenn2 | 2016-12-05 09:35 | Comments(4)