お役にたてなくて・・・・

c0051107_2014174.jpg
外出先で目的の建物が判らず困っていました。近く
のマンションから人が出てきたので尋ねました。その
方は少し考えてから「うろ覚えですが、こちらではなく
駅の反対側ですよ」と言って広い通りへ案内してくれ
ました。「あそこに信号がみえますよね、あの信号の
ところを曲がると交番があります。そこで聞けば間違
いないですよ」

私はお礼を言いました。すると「いえいえ、お役に立
てなくて」とおっしゃたのです。一瞬、ドキリとしまし
た。なんと美しい日本語かと。40歳代の男の方でした。道を尋ねる見ず知らずの人間に、親
切に応対してくれて、そのうえ「お役にたてなくて」と言える・・その人の生き方を思いました。

普段の何気ない生活の中から、言葉は紡ぎだされる・・・。そんなことをふっと思ったりして。
きっと、人への接し方など日頃からきちんとなさっているのでしょう。大事なことを教えていた
だいたような・・・・。もちろん、この先、さて自分は?・・・と考えるわけですが。言葉が生き方となって身についているのかどうか? あ~ため息ばかり・・・・。 
c0051107_21322443.jpg

# by suirenn2 | 2005-04-07 21:46 | Comments(4)

信 号 機

c0051107_1895083.jpg
交通安全週間ですね。小学校の入学式もありま
した。幼稚園では送り迎えがあった子が1人で
学校へ通うこの時期・・・(孫が1年生なので)
交通安全は一番の願いです。

高齢者や子どものことを考えて作られた信号機
です。赤から青へ、青から赤へ変わる都度点滅
し、歩行者が確認しながら渡れるようになってい
ます。c0051107_18405573.jpg

高さも見やすいように普通のよりは低く設置され
ているとか。大田区の大森地区で試験的に採用
されました。大森地区の高齢者が何ヶ月もかけて
討論した結果をふまえて作られたそうです。まだ
10機くらい、見やすく分かりやすいのですが、や
や小さいかな・・・・もう少し大きくてもいいかな、と
私の感想です。

ある日、ある時、横断歩道、信号は「赤」でした。
ところが、どこを見ても車1台見当たらない。こんな時、どうしますか?信号を守ってじっと
待っている? それとも「自己判断」で渡っちゃう?・・・・私はですね、こんなことを書くくらい
ですから・・・・・推して知るべし~よ!
c0051107_19255520.jpg

# by suirenn2 | 2005-04-06 19:30 | Comments(2)

た け の こ

c0051107_20301154.jpg
母が炊き立てを届けてくれたので夕食はたけのこ
ご飯。れんこんの煮物も貰って・・・サバの塩焼き
かぼちゃのサラダ、いんげん、納豆、めかぶ・・・
小松菜と若布の味噌汁、梅干1粒、これが夕食
でした。

たけのこ大好きです。米糠や米のとぎ汁で茹で
あげる(たかのつめを入れたりして)のが普通
ですが、茹でないでえぐっぽいままのたけのこも私は好きです。煮込んで味が浸みたのを
てんぷらにすると美味しいですね。母が作る、蕗と身欠きにしんとの煮物は絶品です。私の
料理に「身欠きにしん」は登場しませんから。扱い方さえ知りません。

「母の味を受け継ぐ」、大変なことなのですね。よほどその気にならないと出来ません。私
みたいに手抜きで手早く・・・では材料が同じでも味はとても母に及びません。贅沢なもの
ではないけれど「母の味」「家庭の味」がありましたね。いまはどうなっているのでしょう?
・・・・私は、落第です。
c0051107_21234364.jpg

# by suirenn2 | 2005-04-05 21:25 | Comments(0)

花 曇 り

一年中曇りの日はあるのにあえてこの時期「花曇り」という・・・・日本人の花(桜)に対する
想いの深さ。「花嵐」「花筏」「花吹雪」「花盗人」「花残月」「花冷え」、僅かな期間をとらえて
の細やかな表現。こんなにも桜の何が日本人を惹きつけるのでしょう。

「吉野山こずゑの花を見し日より心は身にもそはずなりにき」。吉野の桜を見てすっかり心
を奪われた北面の武士佐藤義清。まだ23歳くらいで、若くて美男子で、上皇に仕えるエリ
ートの武士で、生活もそれ相応に恵まれていた筈の人が、出家して西行法師になる。若い
頃は、西行のこの在りように何となく美的な雰囲気を感じたりしていました。

けれど、今は違いますね。出家の時に、袂にすがる妻を突き飛ばし、しがみつく幼い娘を
縁側に蹴落とした・・・・という話の方がまず浮かんできて「なにが出家よ、いい気なものだな」
と思うのです。もちろん、暴力沙汰は作り話でしょうが、妻子まで捨てて桜の何に魅せられた
というのでしょうか。「願はくは花の下にて春死なむ・・・・」の歌とともに「桜」を見てみると、唯
の花ではないような・・・・。不思議な気分にさせられます。

  - おもひだすさくらとなれば母校かな - 神埼 忠  
c0051107_17454979.jpg

# by suirenn2 | 2005-04-04 17:50 | Comments(0)

納 豆

ほとんど毎夕食納豆を食べます。納豆、大好き! ネギを入れる普通のものから、キムチや
オクラ、めかぶなどまぜたものまで・・・・卵は入れたり、入れなかったり。いま大流行の花粉
症の症状をおさえる働きもあるのですね。

煮豆を作っているとき敵が攻めてきて、慌てて煮豆を俵につめた、あるいは馬の餌を農家に
出すように命じ、人々が煮豆をワラにつめて差し出した、こんな話があって偶然にあの糸を
引く納豆は生まれたようです。(平安時代、源義家が東北地方征伐の頃)

太平洋戦争後の食糧難の時代、納豆が飢えに苦しむ日本人の栄養に適していると着目した
人がいた。アメリカ人です。GHQの食糧部長だったハウ大佐。「納豆重視」の食糧危機対策
で、アメリカ本国から大量の大豆を送らせ生産を奨励したそうです。戦後の納豆の復興は、
アメリカ人からのプレゼント。ハウ大佐、納豆の恩人です。

栄養満点の健康食品。関東の方でよく食べられていて、関西では少ないとか。ネバネバ、
ネットリ・・・・関西風だと思いますけどね。
c0051107_2217833.jpg
 
# by suirenn2 | 2005-04-01 22:31 | Comments(4)

我が心のオルガン

c0051107_20212746.jpg
イ・ビョンホン主演の韓国映画。60年代の山村を
舞台にした素朴な、いかにも懐かしい感じの物語。

17才で遅い小学生となったひとりの少女ホンヨン
が、山里に赴任してきた師範学校出の教師に一目
惚れして恋心を・・・・。少女の初恋の物語です。

ゴムなわで遊ぶ子ども達、アルミの弁当箱、身体検査の光景、村中総出の運動会、鶏持参
の遠足、LPレコード・・・・。記憶の底にひっそりとしずんでいる思い出が蘇ってきます。私自身の小学校生活とも重なって。ハラハラ、ドキドキするのでもなく、むしろ淡々と少女の一途な想
いが綴られて、快い感動があります。時々はこういう映画、気持ちがすっきりしていいものです。

少女の想いは先生には伝わらない。先生は、同じ時期に赴任してきた年上の女性教師に恋
している・・・・二つの恋物語でもあるのです。先生「カン・スハ」を演じるイ・ビョンホンは、もち
ろん素晴らしい! スマートさも格好よさもないところが、またいいのですね。

お奨めです。「世知辛い世の中、この映画を観た人々が子どもの頃を思い出せれば、映画を
観たあとくらいそんな余裕を感じることができればいいなぁと思っています」・・・・イ・ビョンホン
が言ってます。


c0051107_22203125.jpg

# by suirenn2 | 2005-03-30 22:37 | Comments(0)

犬 猫 の 年 齢

犬は生後1年で、人間の年齢でいうと12~18才位まで成長するとききましたが、本当なの
でしょうか。飼ったことがないのでわかりません。成長の度合いが速いのですね。体格も、
知能もそうなのでしょうか。

1年で、人間でいうと4才づつ歳をとっていくともききましたが、たとえば、人間でいうところの
「中年」とか「老年」とか、そういう特徴はみられるのですか。体力的には生き物ですから衰え
ていくとして、中年相応の落ち着きがあるとか、若い犬よりは「おとな」だとか・・・・。

小型犬は早くおとなになり、その後ゆっくり歳をとる、大型犬はゆっくりおとなになり、その後
は小型犬より歳をとるのがはやい・・・・・とか。それは、また、どうして?

猫は1年で、人間でいうともう成人なのだそうですね。3年で33才、5年で45才、10年で
70才、15年で90才。「あの野良猫、もしかしたら、私と同年輩?」なんて、野良猫でも
そんなふうに見たら愉快なはなしです。

犬は犬、猫は猫なのであって、人間の歳に換算しても仕方ないけれど、人間の年齢の範疇
でしか理解出来そうにない私の頭。

「うちの子は、いつまでたっても子どもで・・・・」、そうおっしゃる近所の奥さん。こんど、ワン
ちゃんのお歳、きいてみましょう。
c0051107_23534230.jpg

# by suirenn2 | 2005-03-28 23:55 | Comments(2)

1 8 年・・・・

冷蔵庫が冷えなくなってしまったので、扉をバターン、バターン! そうしたら動き始めたの
ですが、一応みてもらうため修理を頼みました。翌日、業者の方がみえた時には普通に動
いている。「扉、バターン、バターン」が効き目があったらしいのです。

9時間おきくらいに「霜取り」をして、終わればまた稼動する、その繰り返しで冷蔵庫は機能
している。それが、霜取りが終わってもセンサーが感知しないで霜取り状態のまま・・・・
原因はそのようであったらしいのです。「バターン」の刺激が、うまい具合にセンサーに作用
したのではないか・・・・。要するに、センサーとそれに付随するもう一つの部品を交換すれば
よい。

ところが・・・です、それらの部品がもうない! 18年前の製品(冷蔵庫)なので、細かい部品
は、もはや調達不可能。そうなんですって。もったいない話ですが、まぁ、18年も使ったの
だから「ご苦労さま」なのか。いまのところ動いています。さて、だましだまし使うか、買い換え
るか・・・思案中。皆さんなら、どうします?

「僕、まだ8才、僕が生まれるずっと前からあったんだね」と、孫が言いました。言われてみる
と、キッチンの片隅の一台の冷蔵庫、歴史を刻んでいたのですね。「もう、疲れたよ」と言って
いるのか「まだまだ、頑張るよ」と言っているのか・・・・。
c0051107_21395666.jpg

# by suirenn2 | 2005-03-27 21:47 | Comments(2)

姿 勢 美 人

「姿勢美人」、いい言葉です。顔の方は直しようがないけれど、姿勢は直せるし、直さなけれ
ば・・・・と思っています。背中を丸め、アゴを出して、チョコチョコ歩く。いかにも年老いた感じ
の歩き方。椅子に座るのでも、「ドッコイショ」と言いはしないけれど、でれーっとして適当に
座っている。

☆ 頭のてっぺんに風船がついていて、上にひっぱられるような感じで背中を伸ばし、アゴ
   をひく。肩の力を抜き、まっすぐ前を見る。
☆ 歩く時は、膝を伸ばし、腰から前へ移動するような気持ちで。
☆ 椅子には深く腰掛ける。アゴをひき、背筋を伸ばし、両足をしっかり床につけ、太もも、
   ひざは開かない。

「姿勢をよくしたい、と思ったときがスタートです。・・・・・常に、姿勢を意識することです。鏡
やショーウィンドーなどに映る姿をよく見て客観的にチェックし、くずれていたら直す・・・・」
                       ー フィットネスコミュニティ主宰 山岡有美さん -

散歩のとき、「風船」「アゴ」「背中」と、唱えながら挑戦中。モデルさん気分。多摩川の土手
を颯爽と歩く、気持ちいいですね。・・・と言ってもまだ一週間足らずですが。

座るとき「太もも、ひざを開かない」、これが、簡単ではないですね。出来るかな?
c0051107_226448.jpg

# by suirenn2 | 2005-03-24 22:10 | Comments(0)

チュ ー リ ッ プ

いまでは、色とりどり、多種多様の花があるので、特別目をひくこともないけれど、花の女王
様・・・そんな感じの時代もありましたね。友達の誕生日のお祝いに、お金を出し合ってささや
かな花束にしてプレゼント。中学の時の思い出です。チューリップ、西洋の香りのする高貴な
花でした。

オランダでは先物取引の投機の花となり、天国と地獄、人間の運命に深く関わった花。
珍しい品種の投機で莫大な財産を得た人、破産した人、チューリップ恐慌だったとか。品種
改良で、色や形、いろいろ作りやすい花のようです。市販されているものでも300種もある
といいますから。

友人のマンションのベランダ。木製の素敵な箱にチューリップがずら~りと・・・。球根から
育てて、蕾をつけるまでになっていました。チューリップが大好きなご主人が、木箱から
土からすべて自分でやって育てていると聞いて「えっ、ご主人、チューリップ好きなの?」

「あの男のひと、ちょっとチューリップね」 「そうね、ハナの下が長い・・・」

思い出しておかしくなってしまいました。いえいえ、友人のご主人とは関係ありません。
c0051107_23365059.jpg

# by suirenn2 | 2005-03-23 23:39 | Comments(1)