<   2017年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

はるかのひまわり

ちょっと日が過ぎてしまいましたが、東御苑でとった写真を載せておきます。
(自分にとってこれでも記録にはなりますので・・・・)

「はるかのひまわり」がまだ咲いていました。
c0051107_10295994.jpg

阪神・淡路大震災のときに神戸で「加藤はるかさん」という少女(小6)が亡くなった。
その夏、はるかさんの家があったところでヒマワリが咲いていた。地元の人たちは
それを「はるかのひまわり」と名づけ、広く知ってもらいたいと種子をとってひろめる
活動をしていた。
そして、10年後、追悼式のために神戸を訪れた天皇皇后両陛下に遺族代表の少女が
差し上げた。両陛下はその種子を御所のお庭でお育てになり、とれた種子を宮内庁に
くだされた・・・・・と、こういう謂れのあるひまわりです。
毎年、東御苑では「はるかのひまわり」として案内板も掲示され、今に伝えられて
います。

これは「ガクアジサイ」でしょうか?
色は地味ながら日陰でまだきれいに咲いていました。
c0051107_10564190.jpg

ころっと丸い蕾のようなもの、はじめ何だかわからなくて・・・・・
名札が出ていて「タマアジサイ」とわかりましたが、丸いのはやはり「蕾」、
これが割れて花開くようですね。お花が2~3輪咲いていました。
c0051107_1112925.jpg

「ツリバナ」が実をつけていました。
秋になると実は赤くなり、それが「花でも吊るしたように」みえることから
「吊り花」の名前になったとか・・・・
c0051107_1185412.jpg

「ホソバイヌビワ」、実は食べられるともいうのでうが、どんなものでしょう?
c0051107_11131466.jpg

c0051107_11173487.jpg

c0051107_11175390.jpg

珍しかったのは、これ、「蝿毒草」、初めてみました。
「蝿取草」ともいうそうですが、昔は、この根を煮詰めて蝿取り紙を作ったとか・・・・
ひとつだけ草むらに咲いていて、これでもなんとかやっと撮れた写真です。
名前は毒々しいけれど、清楚で可愛らしい花でした。
c0051107_11272015.jpg

by suirenn2 | 2017-08-17 11:31 | Comments(0)

先日、東御苑を訪れたときには辺り一面の蝉時雨でした。
そんな中で偶々ベンチで休んでいたときに「ツクツクボウシ」の鳴き声が
きこえたのです。いっとき、耳を傾け聴き入ってしまいました。
家の近くでも蝉は鳴いていますが、殆どは「ニイニイゼミ」や「ミンミンゼミ」、
ツクツクボウシの声を聴くのは珍しいことです。

そこで、ふっと思い出したのが「蜩」です。
もう何十年も蜩のあの「カナカナカナ」という鳴き声を聴いていないような?
c0051107_1124615.jpg

思い出しただけで急に懐かしさがこみ上げてきました。
田舎で暮らしていた小学生時代、夕暮れともなると必ず聴こえてきた。
子ども心にも哀調をおびた鳴き声に、一抹の寂寥感を感じたものでした。
疎開者として貧しく暮らしていた時代、自分たち家族がまわりの者から
どのような目て見られていたかは察せられることでしたから、そうした
言うに言えない想いに蜩の鳴き声が重なるようでした。

いま「カナカナカナ」のあの鳴き声を聴いたとしたら・・・・・?
遠い昔のやるせなかった時代を思い出して私は涙ぐんでしまうかもしれない。
書きながらもちょっと感傷的になっています。
c0051107_1231651.jpg

c0051107_12101548.jpg

c0051107_12103327.jpg

c0051107_12124328.jpg

c0051107_12131293.jpg

c0051107_12134124.jpg

by suirenn2 | 2017-08-15 12:14 | Comments(4)

なんとなく綴っています

お盆の帰省時期、高速道路の渋滞や新幹線、飛行機の混雑が毎年話題になります。
今日はもうUt-ンの混雑が始まっているでしょうか。
ネタ探しで歳時記の暦をめくっていたらこんなのがありました。
c0051107_935155.jpg

「省」には親の安否をたずねるという意味がある。なるほどね~。
いまほど交通通網も通信脳も発達していなかった時代には、「帰省すること」にも
格段の重みがあったということなのかもしれません。

東御苑ではハマナスが赤い実をつけていました。
漢字では「浜梨」「浜茄子」とも・・・甘酸っぱい実を梨にたとえて
「ハマナシ」だったものが、東北弁で訛って「ハマナス」になったとか?
アイヌの人たちがイヨマンテの祭りに用いた植物でもあったそうです。
c0051107_1051970.jpg

こちらは「シロバナ(白花)ハマナス」、まだ白い花が少しのこっていました。
実のつき方は同じような?ちょっと違うような?
c0051107_10112753.jpg

果樹のコーナーでは古品種などのリンゴやナシが実をつけていました。
c0051107_10165458.jpg

ナシも名前をおさめてきたのですが、何がなんだかわからなくなってしまいました。
c0051107_10203643.jpg

これはカキ、「禅寺丸」という名前が懐かしい!
田舎で過ごしていた小学生時代、家の周りにあった柿の木です。
家といっても我が家は疎開者、本家の屋敷の隅っこの小屋みたいなところで
暮らしていたので、たわわに実る柿も眺めるばかりでしたが・・・・
c0051107_10365894.jpg

セミの抜け殻でしょうか?
c0051107_10453912.jpg

そういえばこんな言葉もありました。
c0051107_10441855.jpg

先日の台風5号は和歌山県に上陸したとのこと。
和歌山県には長いお付き合いのブログ友がいるので心配していましたが、
被害もなく済んだようでホッとしました。
「史上3位の長寿台風」だったという。「長寿」という言葉には「目出度い」
ようなイメージもあるのですが、台風ではね~、恐ろしいですね~。
9日の読売新聞の記事、載せておきましょう。(赤線部分は私が引いたもの)
c0051107_11212176.jpg

by suirenn2 | 2017-08-13 11:38 | Comments(2)

東京 猛暑日

今朝(10日)の読売新聞の記事です。
c0051107_9271051.jpg

暑かったですね、テレビではこの猛暑が数日続くようなことも言っていたのですが、今朝はどんよりした曇り空、陽射しがない分だけ助かっています。
湿度は高いけれど北側から涼しい風が通り、いまのところ扇風機だけで凌げている。やれやれ、ほんとにホッと一息です。

昔、40代の頃、中国旅行で南京を訪れた時のことを思い出します。真夏でした。
南京は暑いので有名なところ、「世界の三大ストーブ」」とか言われていて、
夏は30度以上にもなるとガイドさんが言われたのです。
「30度以上」ときいてツアー客一同「ヒャ~」とびっくりしたものでした。
つまり、当時の日本人観光客にとっては信じられないような数字だったのですね。

あれから30~40年、日本でも他人事ではなくなってしまいました。
やはり、地球温暖化のせいなのでしょうか。
c0051107_10164498.jpg

東御苑で撮った写真の続きです。

ヒメコウボネ、『姫河骨」「姫川骨」・・・
水中の根茎が白くゴツゴツして骨のように見えることからの名前らしい、
この根茎は漢方薬に用いられるとか。
c0051107_10312419.jpg

カイコウズ(海紅豆)、「アメリカ梯梧」とも・・・・
アルゼンチンやウルグアイの国花、日本では鹿児島県の県木です。
但し、鹿児島県では「梯梧」とだけ言われ、寒さに弱い種類のようで、
アメリカ梯梧とは区別されているようです。
c0051107_10453465.jpg

c0051107_10551613.jpg

雑木林の中、すぐ近くで蝉が鳴いていました。「どこにいる?」
葉が生い茂った木のなかから蝉一匹を探し出すのは難しいものです。
よくぞみつけて、ハイ、撮れていました~。
c0051107_1163176.jpg

天守台跡の石垣の松の木が、いっつにも増して絵のように美しくみえました。
c0051107_1112955.jpg

by suirenn2 | 2017-08-10 11:19 | Comments(2)

東御苑散策 緑豊かな自然に癒されました 8月3日

些か体調を崩し医者通い、検査などもあって悶々とした気持ちでした。
それで、もうヤケノヤンパチ、不貞腐れて思い切って出かけてみました。
久し振り、本当に久しぶりの東御苑でのカメラ散策です。

大手門そばのお濠が水草に覆われていました。
こんなのを見るのは初めてです。それでも白鳥が1羽、遠くに浮かんでいました。
c0051107_10412179.jpg

すっかり見慣れて何ほどのこともない石垣が、眩しいほどに美しく目に映ります。
c0051107_10453310.jpg

そして、緑濃い雑木林、僅かな水の流れ・・・・・
雑木林には四季折々に癒されてきたとはいうものの、「緑がこんなにきれいだったか」と
感動で胸が詰まるくらいでした。「来てよかった!」
クサクサした気持ちはいっきに吹き飛んでしまいました。
ただ木が生えている、特別の木があるわけでもない。
けれども、こうした雑木林、里山の風景といったものには、紛れもなく
「自然の治癒力がある」と本気だそう思ったのでした。
c0051107_112301.jpg

桔梗と女郎花が咲き残っていました。
c0051107_11405417.jpg

池のまわりでは百日紅が花盛りです。
c0051107_11441795.jpg

池では「ヒレナガニシキコイ」が悠々と泳いでいました。
c0051107_11465080.jpg

いつものようにざっとひとまわりしてきました。
写真もいっぱい撮ってきました。整理して、またアップするとして・・・・
家に籠りがちな今では気晴らしになるでしょう。
by suirenn2 | 2017-08-06 12:09 | Comments(0)

8月 とりとめなく

昨日のこと、マンションの友達との茶飲み話で突然訊かれました。
「暑中見舞いのハガキって、お盆までに出せばいいんだったかしらね?」
一瞬何のことかわからなかったのですが、ちょっと話をきいて納得でした。
要するに「暑中」か「残暑」か、言葉の使い方のことでした。

そういえば、そんな決まりがあったような・・・・・?
歳時記の本で読んだことがあるので家へ戻って早速調べてみました。

     暑中とは暑さの厳しい「大暑」にあたる期間のことで、
     「小暑」から「大暑」を挟んで「立秋」の前日までをさす。
     暑中見舞いもこの時期、特に大暑から立秋の前日出すのが
     正しいとされ、立秋を過ぎたら「残暑見舞い」とする。

「立秋」といえば7日、もうすぐです。
友達に知らせたら「まだハガキも用意しない」とややビックリした様子でした。
故郷の恩師や幼馴染に毎年見舞い状を送っているという。今年はハガキを買おう
と思っているうちに日が過ぎてしまったらしい。それにしても、律儀なことに
感心しました。
c0051107_1031378.jpg

8月になりました。昨日は雨、今日は猛暑が嘘のようにひんやりして、
Tシャツ1枚ではやや肌寒いような・・・・
それにしても、何となく日が過ぎて「もう8月か」と思う。
こんなどうでもよさそうなことをブログで綴っているのが、これでも
自分にとっては些かの頭の体操になっています。

7月最後の日、朝、うろこ雲のような雲がみえました。
カンカン照りのなかで工事現場の人たちが働いています。
c0051107_1131280.jpg

夕空と月・・・
c0051107_1143494.jpg

なんとはなしネタ探しをしていたらこんなのがありました。
c0051107_1155490.jpg

by suirenn2 | 2017-08-02 11:08 | Comments(4)