<   2016年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

船村徹さん 文化勲章ですね

船村演歌が大好きなので嬉しくなるニュースでした。

読売新聞の記事・・・・・
c0051107_10155446.jpg

ここに「希望」という歌が綴られているのには驚きました。
ポピュラーな曲とも思えないので、失礼ながら編集者がよくぞご存じであったと・・・
そして、こうして紹介されたことが感動でもありました。

もうどのくらい前になるでしょうか。
「作曲家生活50周年記念」ということで、船村徹さん「自作自演」のCDが発売になりました。
文字通り船村さんが作曲なさった歌を船村さんご自身がうたっているもので、
「愛惜譜」と題する5枚組のCDです。
c0051107_10463023.jpg

このCDで「希望」という歌を初めて知り、初めて聴きました。
その時の気持ちをどう表わしたらよいか・・・・・・切々として胸に沁み入り、じ~んとして、
泣けてしまったのをいまでもありありと思い出します。
c0051107_10545537.jpg

作詞も船村さんご自身です。
記事にもあるように刑務所を慰問するご体験から生まれたものでしょうか。
もとより歌はお上手です。歌手がうたうのとも違って、しみじみと聴かせてくれます。

余談ながら作曲家の方には歌がうまい人が何人もいますね。
「吾亦紅」の杉本眞人さん、「犬吠埼~おれの故郷」の弦哲也さん、
「浪花恋しぐれ」の岡千秋さ・・・・・船村徹さんも船村節とでもいうか、ほんと、お上手です。

今頃の季節、秋の夜長にひとりしみじみと船村演歌を聴いていると、
気持ちがしっとりしてくる。
お顔やら肌やら乾きやすい季節、頻りに化粧品など宣伝されていますが、
人の気持ちも案外乾いているもの、好きな演歌がそんな乾きを潤してくれる
保湿剤のようでもあります。
c0051107_11434823.gif

c0051107_11495075.jpg

c0051107_1150717.jpg

c0051107_11502434.jpg

c0051107_1150364.jpg

c0051107_11505150.jpg

c0051107_1151443.jpg

散歩道の公園ではまだきれいに咲いていました。
c0051107_1152480.jpg

名前が思い出せません。
c0051107_11523862.jpg

by suirenn2 | 2016-10-30 11:54 | Comments(4)

イカ様

こんな記事がありました。(折りこみチラシ・インフォメーションより)
c0051107_1043362.jpg

「鼻を塞いだサケを放流したら川に戻ってこられなかった」、面白いですね。
やはり、「鼻」が重要な働きをしているのでしょうか。
自然界には不思議がいっぱいです。

不思議というほどのことでもないけれど、「?}といっった感じで私が首を傾げたこと。
スーパーの売り場でも魚屋さんでも「イカ」が見あたらなかったことです。
私は「イカ」や「タコ」が大好き、タコはいくらでもあるのですが、イカがない!
イカを食べたいと思い探したのですが、暫くみつかりませんでした。

半月も過ぎた頃、商店街の大きな魚屋さんでみつけて「あった!」
やっと巡り合えたまさに「イカ、、サマ、サマ」「イカ様」です。
魚屋さんの話では、市場への入荷も少なく、高値なので取り引きも少ないとのこと。

やっとありつけた「イカ様」、仰々しくも記念撮影です。
閉店前の大サービスで、これで680円也・・・・・
c0051107_1037283.jpg

半分は塩辛に・・・・とも思ったのですが、ワタが貧弱なのでやめて、
結局、煮もの、炒め物でいただきました。

私のちょっとした「イカ騒動」でした。
その後、スーパーでみかけたこともありましたが、並んでいたのは2パックだけ、
1パック1パイ入りで300円以上の値がついていました。
c0051107_10525144.gif

少し前の写真になりますが、私には記念になるので載せておきます。
c0051107_1057286.jpg

木によって実もいろいろ、お花が珍しかったです。
c0051107_10584519.jpg

c0051107_1174689.jpg

c0051107_1059293.jpg

c0051107_10594583.jpg

c0051107_110749.jpg

c0051107_1103936.jpg

c0051107_1182552.jpg

by suirenn2 | 2016-10-27 11:09 | Comments(8)

音楽会 10月21日

「花鳥風月」と題する風雅な音楽会へ行ってきました。
四ツ谷駅で友人と待ち合わせ、駅前で軽食をとって、途中「聖イグナチオ教会」を
ちょっと見物させてもらい、会場へ・・・・・。

今回の音楽界の主題は「月」とのこと。
先ずは「筝」と「オーボエ」による合奏から始まりました。
c0051107_1025255.jpg

次に「オーボエ」と「ハープ」によるドビュッシーやシューマンなどの曲。
いずれも「月」のタイトルがついた曲です。

最後は「唄」と「三味線」で、秋の風情を表現したものでした。

今回、私が新鮮な感動とともに驚いたのは「ハープ」でした。
どんな音色がして、どのように奏でられるのか、殆ど知らなかったからです。
流麗な音色とでもいいましょうか、とても心地良いものでした。
古い時代からある楽器なのですね、ネットをみたらこんなことが書いてありました。
c0051107_10232753.jpg

生の演奏はいいものですね。
ホールもこじんまりした小ホールで、ゆったりと音楽を楽しんだ午後のひとときでした。
ご一緒の皆さん、お世話さま、ありがとうございました。
c0051107_10382024.gif

東御苑で・・・・

「カマツカ=鎌柄」です。
この木から鎌や鍬の柄を作ったことから・・・・
また、別名「ウシコロシ=牛殺し」とも言われているそうですが、
堅くて粘り強い枝を曲げて牛の鼻輪を作ったことに由来するそうです。
c0051107_10533067.jpg

期待していたのですが、遅かったのでしょうか?
たった1つだけ、やっとたった1つだけみつけました。
c0051107_1057138.jpg

c0051107_10581277.jpg

c0051107_10583065.jpg

c0051107_1058536.jpg

c0051107_1059203.jpg

すでに何度となくアップしていますが・・・・「ゴンズイ=権萃」です。
名前の由来はこの実には関係なく、樹皮が魚の「ゴンズイ」のように
白黒の縞模様であるところからきているそうです。
c0051107_119978.jpg

by suirenn2 | 2016-10-22 11:09 | Comments(4)

東御苑散策 ~ 10月19日

また東御苑をぶらっとひとまわりしてきました。
前回訪れたのが9月末でしたからそれほど変わったものもなく、
同じような景色、木の実など眺めながらの散策でした。

そのかわりといってはなんですが、今回は思いがけなく
「皇宮警察音楽隊」のランチタイムコンサートがあり、
いっとき芝生に坐ってウキウキしながら音楽を楽しんで・・・・・・
c0051107_9421439.jpg

「「日本の情景 秋」というプログラムでは、「虫の声」「里の秋」「まっかな秋」「村まつり」
「旅愁」「故郷の空」「もみじ」のメドレーリレーです。
懐かしい唱歌に気持ちが弾みました。よかったです。

「シュウメイギク=秋明菊」が花盛りでした。
c0051107_10195861.jpg

c0051107_1020354.jpg

c0051107_10274793.jpg

c0051107_1028829.jpg

「ツワブキ=石蕗」が咲き始めていました。
葉を火であぶったものは腫れものや湿疹に薬効がなるそうです。
c0051107_10322457.jpg

c0051107_1033187.jpg

まだ咲いていました。といっても、最後の、最後の残り花・・・・・
目を凝らしてやっとみつけて撮ってみたら、こんなにきれいに咲いている。
花1輪のいじらしさ・・・・
c0051107_10394577.jpg

これからは「サザンカ=山茶花」の季節ですね。
c0051107_10424100.jpg

c0051107_10422351.jpg

by suirenn2 | 2016-10-20 10:47 | Comments(10)

懐かしいカセットテープ

古いカセットテープ・・・・
ボブ・ディランのノーベル賞の報にふと思い出して取りだしたのです。
「風に吹かれて」の曲が懐かしく浮かんできたからでした。
c0051107_922429.jpg

このカセットテープには私の好きな曲が収録されています。
いわば私専用のテープ、私が選曲して娘が作ってくれました。

「グリーンフィールズ」「花はどこへ行ったの」「さらばジャマイカ」「遥かなるアラモ」「パフ」
「イエスタディ」「サウンド・オブ・サイレンス」「スカボロ・フェア」「コンドルは飛んでゆく」
「明日に架ける橋」「500マイル」「カントリーロード」「風に吹かれて」など30曲近くが
収められています。在りし日の私が好んで聴いていた曲ばかり、本当によく聴いたものでした。

ただ、「風に吹かれて」は、ピーター・ポール&マリー」のものでカバーだったのですね。
ボブ・ディランの歌と知ったのはずっと、ずっと後になってからでした。

カセットテープなど全部処分してしまったのに、この1本だけは手放せずにいました。
思い出がいっぱい詰まっているようで感傷があったゆえでしょうか。
それにしても、いまさら音が出るのやら、どうなのやら・・・・・?
デッキにセットしてみたら・・・・・あら~、懐かしい曲が聴こえてきました。
というわけで、このところ毎日のように聴いています。

今なら,例えばスマホなどで好きな曲はいくらでも聴ける。
カセットテープに収録するなど、いまの若い人達には信じられないことでしょう。
古いカセットテープ1本が時代の移り変わりを教えてくれるようでもあります。
c0051107_10213277.gif

c0051107_10323059.jpg

c0051107_103357.jpg

c0051107_10332150.jpg

自然教育園で撮ったものです。
by suirenn2 | 2016-10-16 10:34 | Comments(8)

洗濯日和

やっと晴れて洗濯日和です。
タオルケット、布団カバーなどの大物洗い。他にまだ洗いたいものもあるけれど、
干すとろが限られているので何もかも洗えばよいというわけにもいきません。

友達のところでは大物洗いはコインランドリーを利用することも多々あるという。
毛布や厚手のカーテンなどふっくら仕上がってクリーニング店に出すよりは安いとのこと。
但し持ち運びには車を使っているようです。
我が家のごく近いところにはコインランダリーはありません。
車もなしし、大きな洗濯物を抱えて出かけていくのは無理なこと、
時に便利かな?と思いつつも、結局、利用することはなさそうです。

久し振りに晴れて気持ち良いので戸を開けています。
けれども、目の前は建築工事中、ガタガタ、ゴウゴウと重機の音が喧しい。
心地良さも半減です、あ~あ・・・。
c0051107_10554787.jpg

自然教育園で・・・・

カリガネソウ(雁金草)が咲いていました。別名、ホカケソウ(帆掛草)とも・・・
色といい形といいいかにも清楚な感じで、顔を近づけてじっと見入ってしまいます。
c0051107_1143069.jpg

ツリブネソウ(釣舟草)は事前教育園では群生しています。
ナンバンギセル(南蛮煙管)が珍しいでしょうか。
c0051107_1110841.jpg

あっ、このノブドウ(野葡萄)は自然教育園でみたものではなく、隣りの白金公園、
そこのの生垣でみつけたものです。蜂がきていました。スズメバチ?
c0051107_11172420.jpg

じっと止まっていてくれたので撮れました。
c0051107_11191665.jpg

by suirenn2 | 2016-10-12 11:20 | Comments(6)

最近のこと

9日、赤い夕陽が鮮やかでした。
黒い雲がかかっているのも迫力があるというか、赤い色をいっそう引き立ているようです。
c0051107_2227564.jpg

10月にしては暑いと思っていたら急に寒くなり、寒いと思っていたら
やや蒸し暑いようでもあり、ここ数日の天候、気温などに振りまわされています。

近所の友人は風邪気味で調子が悪いとのこと。
それでも気晴らしに茶飲み話でもということになって、何人かで茶話会でした。
葉もの野菜が高いこと、それで冷凍野菜が売れているらしいこと、豊洲のこと、
オリンピック選手のパレードのことなど、あれこれ言いたい放題言い合って
私にも大いに気晴らしになりました。

7日、月1回の病院検診日。
洗足池方面の病院へ出かけたので、診察の後は五反田→目黒経由で
「自然教育園」へ行ってきました。目黒駅からバス利用です。
目黒駅構内のコンビニでおにぎり、サラダ、お茶を買って・・・・・。

自然教育園では先ずは腹拵え・・・・
病院では今回だいぶ待たされので、とっくに昼食時間は過ぎてお腹が空いていました。
こんな時、たかがおにぎりひとつが美味しいものなのですね。

さて、カメラを取り出して行動開始、まだ何も観察していないのに気分は浮き立っています。
お友達のブログでみせていただいたばかりでしたが、ここでも「シモバシラ」が咲いていました。
c0051107_2320132.jpg

「ワレモコウ」や「フジバカマ」は当てにしていた花でしたが・・・・
フジバカマはもうやっと姿をとどめているといった感じでした。

このフジバカマ、葉は乾燥させると甘い香りがするという。
前日の新聞記事で読んだばかりでしたが、桜の葉の塩漬けおなじクマリンの香りとのこと。
乾燥したような葉を探して匂いを嗅いでみようと思ったのですが、葉は青々としていて、
それらしいものが見つからず残念でした。
c0051107_23503047.jpg

「アザミ」もいろいろ種類があるのですね。
トネアザミ、ノハラアザミ、アズマヤマアザミ、タカアザミ等々・・・・・
素人目には、でも、区別して見分けるのは難しそうです。
c0051107_081262.jpg

黒いアゲハチョウが来ていました。
こうなるともうアゲハチョウ狙い、相手さんはけっこう動き回るので、
この程度の写真を撮るのも私にはひと仕事なのであります。
c0051107_0275592.jpg

園内を歩き始めて早々にアゲハチョウが出迎えてくれました。
訪れた甲斐があったというものです。続きはまた次回でも・・・・・
by suirenn2 | 2016-10-10 00:38 | Comments(6)

きれいな空

台風18号は温帯低気圧にかわったようですが、その影響だったでしょうか、
昨夜は強風が吹き荒れていました。唸るような風音が怖いくらい。
寝るまでは南と北側を開けて風通しをよくしているのですが、
それも開け放しておけない状態になってエアコンに切り替えたのでした。

一夜あけて今朝は空がきれいでした。
c0051107_11475373.jpg

夕べの歌番組、坂本冬実の歌に聞き入ってしましました。
すっかり忘れていたのですが、大好きな歌・・・・・
前にブログでアップしたこともありましたが、再度・・・・
c0051107_11535378.jpg

いまさらながらとは思いつつも「こんなふうでありたいものよ」と、やはり思い直すのです。
ほんの数分間のしみじみとした想い、こんなことでも一日の幸せの一つではあります。

「幸福と思えること」、一日に10個は捜しなさい・・・・・
そういえばテレビでこんなことを言っていたような・・・・・?
たまたま聴いた好きな歌、今朝のきれいな空、聴いたり見たりのこんなことでも
「幸せだな~」と思えたら10個どころかいくつでもあるような・・・・・?
何ほどでもない日常でも思い方ひとつで彩り豊かになるのかもしれませんね。
c0051107_12283371.jpg

c0051107_12311182.jpg

c0051107_12315334.jpg

by suirenn2 | 2016-10-06 12:32 | Comments(10)

ノーベル賞 受賞 おめでとうございます

大隅氏 ノーベル賞」、新聞(読売)第一面の大見出しです。
細胞の自食作用 発見」「オートファジー 不要物分解・再利用」とも・・・
オートファジーはギリシャ語の「自分(オート)」と「食べる(ファジー)」を
組み合わせた造語であるという。

もとより私などに理解ができることではありません。
けれども、テレビや新聞の解説を見聞きしながら、ただ単純に驚いたことがありました。

「例えば人間は1日200~300㌘のたんぱく質を必要とするが、食事から取りこめるのは70~80㌘だ。不足分はオートファジーなどによるたんぱく質のリサイクルで補っている」というこのリサイクルのこと。こうした仕組みで不足栄養分を 「自作」し補充しているのですね。

「生命体って、凄いものだな」と。ただ単純に驚き感動したのでした。
「日本人3人連続のノーベル賞受賞」、暫く話題が続くでしょうか。
テレビや新聞でのこうした報道は、見ているだけ聞いているだけでも楽しくなりますね。
テレビで受賞報道後の街の人達が映しだされていましたが、皆さん、満面の笑みでした。
私も、多分、いいお顔?で見いっていたことでしょう。
c0051107_11431361.gif

c0051107_1145222.jpg

c0051107_11453680.jpg

c0051107_11455781.jpg

c0051107_1146969.jpg

by suirenn2 | 2016-10-04 11:47 | Comments(6)