<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

風鈴市 ~ 川崎大師

大勢の人で大変な賑わいでした。
毎年のことなのですが、昨日は特に人が多かったような・・・・・?
土曜日で、さほど暑くもなかったのが人出を誘ったのでしょうか。
c0051107_1134931.jpg

こんなにも日本各地に風鈴があるのかと驚きます。
鉄製の南部風鈴、真鍮製の高岡風鈴、ガラス製の江戸風鈴など有名ですが、
陶磁器の産地の風鈴も多く目につきました。
c0051107_11115584.jpg

風鈴の起源は風鐸であるという。
風鐸は古代中国で魔除けのために堂塔の四隅に下げたもので、
中にはやはり舌があり、風に揺れると音を立てる。
日本には古代に仏教建築とともに中国から伝わったそうです。
この風鐸が、涼気をもたらす風流の道具として住宅に取り入れられるのは、
鎌倉時代とのこと。
c0051107_1121764.jpg

非売品、特別展示の「金製」「プラチナ製」の風鈴です。
ガラスケースに囲われ、ガードマンが付きっきりで警備していました。
c0051107_1126199.jpg

本殿の軒では全国から奉納された風鈴が涼やかに鳴っていました。
c0051107_11362063.jpg

境内の池で・・・・・
カメさんが泳いでいました。泳いでいるカメを見るのは珍しいこと。
c0051107_11385852.jpg

川崎大師駅ではツバメが巣をつくって、子育ての真っ最中でした。
c0051107_11404871.jpg

ところで・・・・
我が家にはガラス製の江戸風鈴が二つあります。
マンション住まいでは風鈴の音も近所迷惑になるかもしれないので、
偶に吊るして僅かなひととき楽しむだけ、出番が殆どないのですが・・・・・・

このガラス製の江戸風鈴、初めて買ってきた時に穴のあいた切り口がギザギザ・・・・
なにか雑な切り方のようでイヤな気分になったものでした。
「舌の当たる底の部分をギサギサに切るのが美しい音色を響かせる」ということを
知らなかったのです。あの底の部分のギザギザこと江戸風鈴の生命線だったのですね。
by suirenn2 | 2016-07-24 12:00 | Comments(8)

絵画展など ~ 羽田空港

新聞記事をみて行ってみました。
c0051107_10335592.jpg

記事にもありますがこういう活動をしている会社だそうです。
c0051107_10352499.jpg

絵はどれも素晴らしいものでした。
色調鮮やかに斬新で、才能の豊かさを感じます。
c0051107_10513718.jpg

係の人が案内してくれたのですが、絵は写真をみて描くこともあるそうです。
けれども、写真通りではない、そこに想像もできない才能を感じるとのことでした。
確かに固定観念、あるいは既成概念にとらわれない伸びやかさに溢れていました。
c0051107_10594984.jpg

c0051107_110718.jpg

絵画展の会場は「第二ターミナル」の5階、すぐ外は展望デッキです。
けれども、飛行機の離着陸は見られません。
飛行機が着いたり飛び立ったりするのがみえないと面白くない。
エスカレーターで降りて各階をぶらぶら散策しながら「第一ターミナル」へ行ってみることにしました。

羽田空港は「第一」「第二」「国際線」と三つのターミナルビルがあります。
連絡用に循環バスが通っていますが、第一と第二ターミナルは連絡通路があり
歩いて行けます。

連絡通路はこんな感じ・・・・・・歩行用のエスカレーターがあります。
c0051107_11291963.jpg

きてよかった! 離陸する飛行機が見られました。
c0051107_11361557.jpg

昔、まだ第一ターミナルしかなかった時代、ここの展望デッキで離発着が同時に見られたのでしたが・・・・・・
来るたびにそんなことが懐かしく思い出されます。
c0051107_11413696.jpg

次から次と飛び立っていく。何がいいのか見ていた飽きないのです。
c0051107_1144321.jpg

by suirenn2 | 2016-07-11 11:46 | Comments(8)

池上本門寺 風鈴など

9日、少し間があいてしまいましたが、定期的な診療日でした。
症状の方は特に変わったこともなく、毎度のことながら先生とちょっと世間話。

話題はコーピングのこと。例えば「宝くじが大当たりしたことを妄想する」といったことでも
人によってはストレス解消になる・・・・・・こんな話をしたのでした。
すると、何と先生は、宝くじを買うのが道楽で、ジャンボと名のつくくじは全部買っているという。
そして、「当たったらどうしようと想像するのですよ」

これには、ビックリ!笑ってしまいました。
ただし、先生の場合は想像するまでで、肝心の当たっているかどうかを確認するのは
忘れてしまうらしい。結局、奥さまが「ちょうだいね」と持っていってしまう。
奥さまの事後報告で「5万円当たっていた」とわかったものの時すでに遅し、
「5万円はわたしのポケットには入りませんでした」

もとより、結論は、ストレスの有無が身体へも影響するということ。
先生が接する患者さんでも、気持ちの持ちようで病気恢復が明らかに違ってくるとのことでした。
これで1件落着のような今回の通院記録です。
c0051107_10345611.jpg

帰途、池上本門寺へ・・・・・。
私にとっても毎年の夏の風物詩、風鈴の音を楽しんできました。
涼やかな音色に浮世の雑念も忘れます。
c0051107_10415025.jpg

石段に坐って聴くともなく聴いていると心地良くてウトウトしてしまいそう。
c0051107_10504041.jpg

目についた花など・・・・
c0051107_1053739.jpg

c0051107_1053258.jpg

c0051107_10533799.jpg

門前通りで見かけました。
c0051107_10544367.jpg

c0051107_10562252.jpg

地元の駅近く、区役所で期日前投票を済ませした。
今日が投票日、期日前投票をするためには理由をチェックすることになっている。
仕事とか何か予定がるとか・・・・・。わかっていますが、最近は期日前投票が多くなりました?

今朝(10日)、午前10時、消防車のサイレン、次から次と・・・・
近所で止まりました。ベランダに出てみるとすぐ近くであるらしい様子がみてとれる。
こんな時、素早い情報伝達者がいるもので、マンションの住人が教えてくれました。
隣りの老人ホームであるという。入居者の老人が間違って通報ベルを押したとのことでした。
消防車10台以上もの出動があったとのことでした。ヤレヤレ!
by suirenn2 | 2016-07-10 11:38 | Comments(1)

最近のこと

品川の方へ出たついでにちょっと足をのばしてみました。

2日、芝離宮庭園で「七夕・夏の涼」という和楽器演奏の催しがありました。
風流な江戸情緒を三味線や太鼓、笛などで奏でる演奏会です。
これが思いの他よかったのですよ。一幅の清涼剤にはなりました。
c0051107_10334186.jpg

園内をひとまわり・・・・・
いつもと変わらない何でもない風景です。
暑い日だったので水のある風景が涼しくみまます。
c0051107_10434762.jpg

短冊が置いてあり願い事を書いて笹に結べるようになっていました。
私も書いて結んできました。「健康で過ごせますように」、いたってありきたりの願いです。
c0051107_10513259.jpg

「増上寺」も寄ってみました。
ここでも願い事を書いて笹に結んできました。
7日の七夕当日は「キャンドルナイト」が開催されます。
そのために多摩大学の学生さん達がすでに準備にかかっていました。
c0051107_1058121.jpg

c0051107_11174429.jpg

昨日は雷雨でした。
いつののように喫茶店からの帰り空は曇ってきたのですが「まだ大丈夫」と思い
ドラッグストアへ寄ったのが間違いでした。
店は特売日、かなり混んでいて時間がかかってしまいました。
外へ出た途端にボタボタボタ・・・・・大粒の雨。折り畳み傘を持ってはいたものの
荷物を抱えて難儀なことでした。
by suirenn2 | 2016-07-05 11:19 | Comments(6)

7月 絵画展など

7月は展覧会で幕開けでした。

1日、楽しみにしていたHちゃんの絵の展覧会があり目黒まで出かけてきました。
今回、Hちゃんの絵は3点の出品、風景画1点と人物画2点です。
そのうちの2点、絵葉書をいただいてきたのでご紹介します。
c0051107_10363687.jpg

「レンギョウ咲く里」と題するこの風景が、何かしみじみとする感じでよかったです。、
こんな風景に何処かで出会っているような懐かしい感じ・・・・・
ふっと別世界へ誘われるようで、一瞬時間が止まったかと思われるほどでした。

展覧会の後はHちゃんもご一緒のランチタイム。
同行者ともども食事をしながらのお喋りタイムでもありました。

その後は目黒川沿いの桜並木をぶらぶら歩いて「雅叙園」へ・・・・・。
ここの「百段階段」といわれるところで「和のあかり展」をみてきました。
正確には階段は99段なのですが、一般に百段階段として知られたところです。
それほどに階段のついた古い木造建築、いくつもの部屋があり、かつでは宴席で
使われていたのでしょうが、いまは催しなどでが行われています。
c0051107_1194011.jpg

c0051107_11153218.jpg

「清方の間」というのがあり、部屋の壁面に描かれていた鏑木清方の絵が印象的でした。
c0051107_11145617.jpg

展覧会もさることながら古い木造建築、意匠が凝った造りでどの部屋も見応えがありました。

〆はカフェラウンジでティタイム・・・・
古風な日本建築とは打って変わったようなガラス張りの広いカフェラウンジでした。
外に見えた滝や緑が爽やかでした。
c0051107_11382641.jpg

by suirenn2 | 2016-07-04 11:39 | Comments(5)