<   2016年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

とりとめなく・・・

今朝の新聞広告の冊子から・・・・・。
頭の体操です。番が読めませんでした。番も首を傾げて
当て推量ながらの当たりといったところでした。
c0051107_10215019.jpg

    答 ①つたない ②さながら ③いたわる ④まかなう ⑤いささか ⑥おののく
       ⑦つつがなく ⑧まぶす ⑨しつらえる ⑩にわかに ⑪つぶさに ⑫たちまち

今朝の新聞には参院選の選挙公報も入っていました。
「東京都選出」議員については、立候補者はほぼ知らない人ばかり。
これでは投票はできません。広報を読み始めたのですが、5分経たずに「や~めた!」、
丁寧に読むだけの根気もなければ、正直なところ興味もないようで・・・・?

興味がないといっては不謹慎なのですが、舛添前知事の騒ぎやイギリスのEUの国民投票などが気持ちを重苦しいものにしています。
投票することに少し怖気づいてる、これも正直な気持ちです。
c0051107_1119079.gif

c0051107_11223389.jpg

c0051107_11224730.jpg

c0051107_1123263.jpg

c0051107_1123171.jpg
c0051107_1123497.jpg





     
by suirenn2 | 2016-06-30 11:24 | Comments(6)

コーピング

NHKの番組「キラーストレス」で「コーピング」の話がありました。

「コーピング」とはこういうことであるらしい。(ネットより拝借)
c0051107_11274430.jpg

「気晴らしをする」というのが面白かったです。
自分にとって何が気晴らしになるか、100項目も書き出しておくという。
このこと事体がストレスになってしまいそうですが、書き出して意識付けをして、
うまく利用するということなのでしょうか。


こんな例がありました。(ネットより拝借)
c0051107_1137166.jpg

中には笑ってしまう項目もあります。
けれども、難しい項目は一つもなくて、要するに気晴らし、「気晴らし」がいかに大事か・・・
そういうことなのでしょう。

テレビをみて、こうしてコーピングの例なども見ると、私は案外「気晴らし上手」に暮らして
いるようにも思えてきます。
例にならって100項目書き出せるかもしれない・・・・?
やってみようかな!
c0051107_12121947.gif

c0051107_12215524.jpg

c0051107_12221216.jpg

c0051107_122233100.jpg

c0051107_12224941.jpg

c0051107_1223154.jpg

by suirenn2 | 2016-06-27 12:23 | Comments(4)

ツバメの巣 発見

ツバメの巣をみつけました。

散歩をしていたら飛んでいるのがみえて、やがて或る建物へ・・・・。
巣があるに違いないと行ってみると、ありました!
c0051107_955473.jpg

なんとそこは「ラブホテル」でした。
「ラブホテル」では露骨なので業界では「ブティックホテル」とか「ファッションホテル」、
いまではそう言うそうですが、地元ではラブホテルとして知られたところです。
駐車場入口の小さなライトの上、みるからに窮屈そうな巣でした。

親鳥でしょう、1羽が巣の中を気にしている様子がみてとれました。
そして、抱卵のためなのか巣に入り、あとはじっといました。
但し、飽くまでも私の推察で、この巣の詳しい状況はわかりません。
暫くしてまた行って観察してみることにしましょう。

昨日は、パソコン教室で澁谷方面へ・・・・・。
家を出るときは本降りの雨、ところが、澁谷に着いてみると降った気配もない?
講座が終わって帰る頃には陽が出てすっかり晴れていました。
関東地方も午後からは大雨、予報では確かそうだったけれど・・・・・?
大雨を予想して長傘使用だったのですが、傘1本が邪魔なものに感じられました。
c0051107_1192157.gif

ミッキーマウスの木、実がすっかり黒くなっていました。
c0051107_11103312.jpg

色濃いグミの実がまだ目につきます。
ハクウンボクやエゴノキは少し前に撮ったもの・・・・。
c0051107_11124433.jpg

c0051107_1113244.jpg

by suirenn2 | 2016-06-22 11:15 | Comments(9)

羽田空港トリビア 深夜便のこと

現在、羽田空港は深夜便も運航されています。

この深夜便運航については、騒音対策や飛行経路等の検討が行われた。
その結果、昼間に羽田空港に飛行する経路とは別に、深夜使用の飛行経路として
主に陸域を飛行しない経路を新たに設定したそうです。
そして、2001年2月、羽田空港からの深夜便が国際線として復活、
就航初日は、5便もの深夜便が羽田空港から飛び立ったという。

その後、羽田空港の深夜便は徐々に便数が増え、現在では(曜日によって異なるが)、
国際線の出発が午前1時台9便、2時台2便、3時台1便、4時台1便・・・・・・
到着は1時台3便、2時台1便、3時台1便、4時台4便となり、文字通り24時間運用の
空港になっているそうです。

勿論、現在でも、深夜便については、騒音の影響を回避するために、主に陸域を飛行
しない経路で運航されているということです。

昼間の便数とは比較にもならない僅かな便数です。
それでも、深夜便がこんなに運航されているのかと、驚きではありました。
そういえば、もう何十年も飛行機に乗っていない。
いまや電車並みの乗りものとはいうけれど、私には今でも憧れの乗りものです。
c0051107_11115259.gif

c0051107_11133952.jpg

c0051107_1114674.jpg

c0051107_11142364.jpg

c0051107_11151046.jpg

by suirenn2 | 2016-06-16 11:17 | Comments(6)

羽田空港で・・・

ちょっと行ってみました。
読売新聞にこんな記事が載っていたからです。
c0051107_1123330.jpg

c0051107_11232161.jpg

それほど広くないスペースで、大賑わいというのでもなかったけれど、
子ども達が鉄道模型ジオラマを動かしたり、絵を描いたりして楽しんでいました。

ひと通り見終わったところで、落語が始まるというのできいてみる気になって・・・・
何か面白い落語がきけるかと思ったのですが、落語の一部をまじえての雑談ふうの
話でした。それでも、さすがに落語家さんです、話が巧い。程よい加減で笑わせながら、
40~50分もの間惹きつけてしまうのです。巧み話っぷりについ聴きいってしまいました。

載せるほどの写真でもないのですが・・・・
日曜日で展望デッキは親子連れなどで賑わっていました。
c0051107_1201391.jpg

c0051107_1214515.gif

「サンゴシトウ=珊瑚刺桐」、「珊瑚刺豆」とも・・・・
別名「ヒシバデイゴ=菱葉梯梧」・・・
c0051107_1284964.jpg

「カンパニュラ」、カンパニュラはラテン語で鐘という意味。
別名「フウリンソウ=風鈴草」、「ベルフラワー」とも・・・・
c0051107_12115850.jpg

c0051107_12121695.jpg

「ナツツバキ=夏椿」・・・
c0051107_12135019.jpg

by suirenn2 | 2016-06-13 12:15 | Comments(4)

時の記念日

昔、天智10年(671年)4月、「漏刻」と呼ばれる水時計が完成し、鐘や鼓で
人々に時刻を知らせるようになった。その日を現在の暦に換算すると6月10に
当たることから、この日が時の記念日なった。時間の大切さを感じるようにと
大正9年(1920年)6月10日に「時の記念日」として制定されたそうです。

制定当時は腕時計など普及していなくて、まだまだ世の中の時間の観念は
乏しいものだったようです。「集会の時刻を守りましょう」とか「生活改善の
第一歩は時間励行から」といったキャンペーンが行われていたとか・・・・。

新聞に面白い記事がありました。
c0051107_100792.jpg

小学生への調査、「1時間をいくらで買うか」
平均金額が「409円」とはまたずい分安いこと。
2001年の同じ調査から3分の1に落ち込んだとは・・・・・・驚きです。
16年あまりで何かこんなに「時間の下落」をもたらしのでしょう?

いまの小学生は時間の観念がしっかりしていて、大切さもわかっている。
過去の調査よりむしろ「高値」になるのではないか・・・・?
もし答がわかっていなければこんな想像をしたでしょう。
世の中がめまぐるしく動き回り、人が時間に追いかけられていうような状況が、
この調査結果の「安値」に透けてみえるようでもあります。

さて、私なら、1時間をいくらで買うか・・・・・?
値段など思いもつかなくで、何となくうろたえています。
c0051107_11215598.gif

c0051107_11234222.jpg

c0051107_1124297.jpg

c0051107_11242176.jpg

by suirenn2 | 2016-06-10 11:25 | Comments(4)

節水しましょう

お風呂の残り湯は洗濯に利用しています。
それでも、単身世帯では、毎日のように大量の洗濯物があるわけではない。
殆ど捨てることになってしまい、「もったいない」と思うのです。

「循環利用水」「再生水」「雨水利用」など・・・・・
大規模建築物や大型開発事業では、近年はこうした水利用も行われているそうです。
けれども、マンションの場合などは無理なことでしょうか?
コスト高になって販売価格にも影響する・・・・・?

最近のニュース、ネットから拝借しました。
c0051107_10423791.jpg

首都圏の水は、利根川水系、荒川水系で80%、多摩川水系で20%で供給されて
いるそうです。我が家の方は多摩川水系と思われるので、取水制限対象外に
なるのでしょうか?

気象庁によると、関東甲信地方では、今月、降水量が平年より少なくなる見込みという。
「節電」「節水」など日頃から当たり前のことではありますが、改めて思い直しています。
c0051107_11264223.jpg

散歩道でのあるお宅、お庭いっぱいに咲いていました。
c0051107_11312963.jpg

クチナシ(梔子)、いっぱい咲いていても「真っ白」なのは意外に少ないです。
c0051107_11351761.jpg

ヒメシャラ(姫沙羅)、夏椿よりは小振りで「小夏椿」とも・・・・
c0051107_11395321.jpg

再三のグミ、近所のお宅で撮らせてもらいました。
散歩道ながらグミがあること、いままでまったく気がつかなかった・・・・
c0051107_11445934.jpg

公園で・・・・・花菖蒲と思うけれど、湿地ながら水もないところで咲いていました。
c0051107_11482255.jpg

葉に蝶がとまっていました。
c0051107_1152421.jpg

by suirenn2 | 2016-06-09 11:56 | Comments(6)

読書のこと

読み応えのある1冊でした。

友人が読んでいて話題にもなり、「面白そう」と思い読んでみる気になったのです。
与謝蕪村を主人公にした「恋しぐれ」に継いで葉室作品はこれで2冊目。
自分からはすすんで手にとる作者でもなかったので、話をきかなければ巡り合うことも
なかったかもしれない。そう思うとラッキーな出会いの本ではありました。
c0051107_10125412.jpg

「乾山晩愁」、「永徳翔天」、「等伯慕影」、「雪信花匂」、「一蝶幻景」からなり、
尾形光琳、尾形乾山、狩野永徳、長谷川等伯、狩野探幽、久隅守景、英一蝶といった
錚々たる絵師が登場する物語です。

狩野永徳と長谷川等伯の確執、狩野派でありながら流派の画法に馴染まずいわば
「はみだし者」だったような久隅守景や英一蝶、狩野派総帥としての探幽の在りよう、
いずれもしみじみと胸に迫り、味わい深い物語でした。
c0051107_1055347.jpg

関東甲信梅雨入りとか・・・・雨が降るとカメラ散歩もできません。
梅雨が明ければ夏、猛暑のなかを外歩きもできません。
そうなるとこれといった趣味もない私には読書が救いになります。
とはいっても、興味津々で読みたくなる本がいくらでもあるかといえば、そうでもない。
本選び、自分好みの本を選ぶのは意外に難しいものです。

幸いいまのところ読みたい本がすでに4冊ある。
ひと夏凌ぐには足らないかもしれませんが、当分は懐具合上々といったところです。
c0051107_11122928.jpg

最近の写真・・・・
c0051107_11145394.jpg

c0051107_11181796.jpg

c0051107_1115452.jpg

by suirenn2 | 2016-06-07 11:19 | Comments(4)

紫陽花

紫陽花が花盛りです。
2日ほど、夕方ちょっと散策しただけで写真がいっぱい溜まりました。

紫陽花の葉は有毒、青酸を含んだ物質を持っているそうです。
そのせいでしょうか、勿論、虫も食べない。淡い色合いの若葉にも、大きく繁った濃緑の
葉にも、1枚とて虫喰いは見あたりません。

紫陽花といえば、カタツムリ・・・・・
その取り合わせが絵や写真でも知られていますが、カタツムリは葉を食べる・・・?
「食べない」がほぼ定説のようですが、一部には「食べる」という説もあって、
はっきりしたことはわかっていないらしい。
残念ながら私はまだ「紫陽花とカタツムリ」の情景を見たことがありません。

紫陽花の話としては・・・・・
幕末に、長崎オランダ商館にきていたドイツ人の医師シーボルトが、日本で愛した女性の
名前「お滝さん」にちなんで、紫陽花の中でも大輪でもっとも美しい品種に「オタクサ」と
命名したしたということが知られています。
ヨーロッパでも美しい婦人の名をつけた例がいくつかあるそうです。

紫陽花は美しい女性に譬えたくなるような花、そういうことでしょうか。
ただ、花の色がだだんに変化することから、「移り気」「浮気」といった花言葉があり、
女性としては喩えられても喜んでばかりはいられないような・・・・・?
c0051107_104328.gif

c0051107_10485631.jpg

c0051107_1049760.jpg

c0051107_1049405.jpg

c0051107_10501863.jpg

ある日の夕空・・・・
c0051107_10505796.jpg

by suirenn2 | 2016-06-04 10:51 | Comments(10)

ちょっとお遊びなつぶやき

今朝、テレビから聴こえてきて、ちょっとみただけのことでしたが・・・・・
「#お前らしくないツイートをしろ」、こんなことがツイッターで流行っているらしい。
企業も参戦して盛り上がっているようです。
ワーナーブラザースジャパンの「全米が泣かない」、これには笑ってしまいました。

ネット検索してみると確かに話題になっていました。
テレビでは司会の小倉智智昭さんが、ご自身の「らしくないツイート」を披露したのですが、
それをみた途端まるで条件反射のように自分自身のことも浮かんだのでした。

     「#お前らしくないツイートをしろ」  
     早寝 早起き 勤勉 実直

もうすぐ昼食、時間がきたようです。お粗末でした。
c0051107_1144503.gif

ノウゼンカズラ、この花をみると夏近しといた思いに駆られます。
c0051107_1150293.jpg

グミ、昨日もアップしたばかりでしたが、ちょうど実のりの頃でしょうか。
c0051107_11572613.jpg

ドクダミ、八重は珍しいですね。
c0051107_11584977.jpg

c0051107_11591043.jpg

by suirenn2 | 2016-06-02 12:00 | Comments(2)