<   2015年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

頭の体操

1つだけ、④番が読めませんでした。
c0051107_11194643.jpg

①あなが(ち) ②おもむろ(に) ③ひる(む) ④にやけ(る) ⑤つたな(い)
⑥のたま(う) ⑦おのの(く) ⑧さなが(ら) ⑨にわか(に) ⑩もっぱ(ら)
⑪いたずら(に) ⑫むし(ろ)

こちらは2つ、⑤番と⑪番が読めませんでした。
c0051107_1137650.jpg

①しばら(く) ②ようや(く) ③そし(る) ④たた(り) ⑤つと(に)
⑥いたずら(に) ⑦かく(す) ⑧あらかじ(め) ⑨さえず(る) ⑩おろそ(か)
⑪やぶさ(か) ⑫ほとばし(る)

上は「中級」、下は「上級」に相当するそうです。
何とか読めたとして、書くとなったら・・・? ギブアップですね。

こんな難しい漢字、読み書きできなくても特に不都合もない。
とりあえず新聞が読めればいい・・・・と思っていますが、
本当にこれらは「難しい漢字」なのでしょうか。
自分で勝手に「難しい」と決め込んでいるだけなのかもしれない、そうも思うのです。

それにしても、「こんな漢字があったのか」と物珍しい気さえする文字がいくつかある。
今朝、たまたま目にして、ちょっと頭の体操になった漢字のお勉強でした。
c0051107_1264338.gif

c0051107_12131915.jpg

c0051107_1213537.jpg

c0051107_12143963.jpg

これは何でしょう?
はじめ虫かと思って恐る恐るさわってみたのですが、虫ではありません。
虫こぶの類でしょうか?
c0051107_121847100.jpg

by suirenn2 | 2015-05-30 12:20 | Comments(6)

とりとめなく・・・

また・・・・昨日のことです。

9時から12時まで「停電」です。
前もって連絡のチラシが届いていて、見やすいところに留めてありました。

ところが、時刻はとうに過ぎているのに停電していない。
「へんね~」とか思いながらチラシを見てみると・・・・・
ま~、何としたことでしょう、「停電」ではなくて「断水」でした。
「断水」がどうして「停電」になってしまったのか・・・・・?
単なる勘違いにしては、「こりゃ、酷過ぎる!」
我ながら呆れてしまいました。
c0051107_11292949.gif

隣りの工事は着々と進んで建物らしい骨組みになってきました。
今日は風があるので、工事の方々もいくらかはラクでしょうか。
まだ「風薫る5月」というのに、連日の真夏日・・・・・
炎天下で働いている人たちをみると気持ちが引き締まる思いです。
c0051107_1145664.jpg

c0051107_11464854.gif

最近の写真から・・・
c0051107_11491100.jpg

c0051107_11491887.jpg

c0051107_11493784.jpg

ユスラウメでしょうか?
c0051107_11502132.jpg

アジサイが目につくようになりました。
c0051107_1151895.jpg

by suirenn2 | 2015-05-28 11:51 | Comments(8)

腹が立った!

昨日、バスに乗っていたときのこと。

降車口近くに肩から大きめのバッグをさげた女子学生が立っていました。
やがて、次の停留所でおりる人がいて、バスは停まりました。
そして、すぐそばの席から私と同年輩くらいの女性が立ち上がったのですが、
その女性が不意に言ったのです。
「なにバカヅラ(馬鹿面)してるの、降りられないでしょ、邪魔よ、どきなさい!」

その刺すような言い方に私はもうびっくり仰天、唖然としてしまいました。
バスはまたすぐに走り始めたのですが、さぁ~、それからが大変・・・・・
突然ムラムラと怒りが込み上げてきて、頭が爆発しそうでした。

「人さまに向かってバカヅラとは何事か」「邪魔だ、どけだと何を偉そうに言うのか」
「何さまだと思ってる?」、次から次と浮かんできて、叫び出したいくらいでした。
黙って見過ごしてしまった自分にも腹が立ってきた・・・・。

女学生は出口を塞いでいたわけではないのです。
降りる人がいることを意識してそれなりの仕種をみせていました。
・・・・にも関わらず、「バカヅラ」など言われて、どんなにか不愉快な思いをしたことでしょう。

世の中にはいろいろな人がいる、いちいち腹を立てていたらキリがない。
それはそうなのですが、この場合、腹を立てた自分に私は納得です。
それにしても、執念深いのか、まだお腹の底に不快感がのこっている。
いま吐き出して少しはせいせいしたでしょうか。
c0051107_1095981.gif

最近の写真から・・・・
c0051107_10124952.jpg

c0051107_1013364.jpg

c0051107_10132052.jpg

c0051107_10133776.jpg

by suirenn2 | 2015-05-27 10:17 | Comments(8)

見つけた!撮った1ワンダーランド  こどもの目線 写真展

今年も行ってきました。
毎年楽しみにしている「子どもの目線、写真展」です。
c0051107_991628.jpg

読売新聞の写真部記者が教える出前授業で、子どもたちが撮影し、短いエッセーを添えた
写真で、昨年度の参加した小中学生の作品約1100点が展示されているとのこと。

タイトル通りに、とにかく、「子どもの目線」が素晴らしい!
添えられた短いエッセーがまたそれぞれに新鮮で、日常の何気ない情景にも「発見」があり、
写真がいきいきとして輝いています。
c0051107_9322086.jpg

「一人じゃない」「月は太陽」・・・・・
私も同じような情景に出会って、写真を撮るかもかもしれない。
けれども、これほど深い目線で向き合うことができるでしょうか?
c0051107_9503534.jpg

「すき間のハート」には・・・・
   様々な形の石がみんな一緒に集まっていました。長い時間を共にしてきた仲間です。
   みんなのすき間をうめるのは絆のハートです・・・・・とありました。

ゆっくりみてまわったので時間がかかりました。
それでも、疲れるどころか、まだまだ見足りないくらい・・・・
爽やかな感動をいっぱいもらったひとときでした。

日比谷公園ではビール祭りです、去年も確かそうだった・・・・。
噴水広場のまわりはもう大変な人出、ビールを飲みながら盛り上がっていました。
c0051107_10251188.jpg

c0051107_10404858.jpg

c0051107_1041949.jpg

c0051107_10491053.jpg

c0051107_10492990.jpg

by suirenn2 | 2015-05-25 10:51 | Comments(8)

羽田空港 ターミナル開館 60周年

羽田空港のターミナルビルが開館して60年になるそうです。
記念の写真展が開かれているというので出かけてみました。
第一、第二ターミナルでかなり大掛かりな展示があるようでしたが、
とりあえずは出発ロビーの大きな写真だけみてきました。

いまの空港からは想像もつかない光景です。
中学生の頃から馴染んでいる空港ですが、「こんなだったのか」と
あれこれ懐かしく思い出しながらじみじみと見入ってしまいました。
c0051107_117081.jpg

c0051107_1185048.jpg

c0051107_1192178.jpg

c0051107_1194422.jpg

羽田空港へ寄せる想いは今も昔も変わっていない。
ブログを始めた頃、「こんなこと」を綴っているので、見ていただければ幸いです。

展望デッキでひと休み・・・・・
飛行機を眺めているだけで気分爽快、何がいいのでしょうね?
c0051107_11251859.jpg

c0051107_1126196.jpg

c0051107_11262013.jpg

スカイツリーをバックに飛び立つ飛行機、「よく撮れました」、自画自賛です。
c0051107_11312521.jpg

「なるほど、飛行機はデッカイ!」
c0051107_11331945.jpg

by suirenn2 | 2015-05-22 11:38 | Comments(6)

東御苑 散策

17日、いつものように東御苑をひとまわりしてきました。
何度か書いていることですが、最近は外国人が多く、来苑者の半分以上は
外国人ではないかと思えるくらいです。

ハマナスは「浜梨」「浜茄子」とも書きますが、もともとは「ハマナシ」だったものが、
東北地方の訛りのために転訛したとか・・・・。
アイヌの人々には魔除けになり、実は食用に、種子はイヨマンテの祭りに用いたそうです。
c0051107_1001190.jpg

「カルミア」や「サラサドウダンツツジ」はもう花盛りの時期が過ぎていました。
何とか見栄えのよいところを撮ってきました。
「ミヤゴグサ=都草」は東御苑でみるのは初めてのような・・・・・?
名前は、京都に多かったことから・・・・また、花の形が烏帽子に似ていることから
「エボシグサ=烏帽子草」の別名もあるそうです。
c0051107_10122398.jpg

ついこの間お花をみたばかりと思っていたのに、「ニワトコ=接骨木」がもう実をつけている。
樹液や小枝の黒焼きなどを骨折治療に用いたのが名前の由来とか・・・・。
文字通り「接骨木=セッコツボク」ともいうそうです。
c0051107_10261913.jpg

花が咲き、実が生り・・・・植物は着実にそれぞれ自分らしく生きている。
c0051107_10345480.jpg

c0051107_10361393.jpg

今回、一番のお目当てはこの「コアジサイ=小紫陽花」でした。
お花は地味な色で、姿形もこじんまりしたものですが、いかにも控えめといった感じが
気に入っています。
c0051107_10451379.jpg

暑かったので木陰で休みながらの散策でしたが、帰ってくるときにはさっぱりした気持ちで
これが散策の醍醐味でしょうか。
by suirenn2 | 2015-05-20 11:03 | Comments(8)

姿勢美人になりましょう

c0051107_9377100.jpg

試しにやってみました。
「あら、足先が見えない!」、お腹が出っ張っていました。
つまり、「悪い姿勢」、私の場合は右側のようになるでしょうか。
まさか、これほど極端ではないと思うけれど・・・・
c0051107_945836.jpg


以前、ブログでこんなことを綴っていました。
「姿勢美人」と題する一文です。(ちょっと、リンクの復習です)
加齢とともにもはや容姿など修正が効かない、誤魔化しようがない。
それでも辛うじて救いがあるとすれば、姿勢の良し悪しに気をくばることでしょうか。
腰痛など身体の不具合を防止するためにも「良い姿勢」「姿勢が良いこと」は大事ですね。

さぁ、皆さん、姿勢美人になりましょう。
c0051107_1010752.jpg

今年も「カタルパ」の花が咲きました。毎年、楽しみなお花です。
散歩道のある寺院にご覧の通りの大きな木があります。
ここでしか見たことがなく、稀有とも思えると珍しい木といえるでしょうか。
c0051107_10202263.jpg

c0051107_10204293.jpg

「サラサウツギ=更紗空木」・・・・・
咲き始めのピンクがかったところを見たかったのですが、もう真っ白になっていました。
c0051107_10273087.jpg

これも毎年楽しみな「ユスラウメ=桜桃」、ある公園に1本だけ木があります。
鉢植えでみることはあるのですが、地植えでは、やはり、珍しい。
c0051107_10432854.jpg

「ヤマボウシ=山法師」、うまく写せないので、透けた感じで撮るようにしています。
c0051107_10473035.jpg

by suirenn2 | 2015-05-17 10:48 | Comments(6)

読 書

これも面白い本でした。
c0051107_9552046.jpg

刀や刀鍛冶の物語、「最後まで読めるかな?」と躊躇いもあったのですが、
読み始めてみればそんな心配は無用のことでした。
刀や刀鍛冶の仕事についての専門用語も多く、とても覚えられるものではないけれど、
イメージは充分につかめるので、何の苦にもならず読み通すことができました。

とにかく、凄い、圧倒的な迫力です。
虎徹については、新撰組の近藤勇の愛刀が「虎徹」という銘であったと何かの本で
読んだことがあり、名前だけは知っていました。(もっとも、近藤勇が持っていたのは
贋作ではにかと言われているようですが・・・・)
実際、贋作が多く出回っているようで、それだけ「虎徹」の銘の入った「本物」が
傑出しているということなのでしょう。

読みながら何度か目がしらが熱くなりました。

    鍛冶は、悲しみ、苦しみをことばでつづらない。涙も嗚咽も、すべて鎚に込めて
    鉄を叩くしかない。物言わぬ刀には、鍛冶たちの悲哀と苦悶が叩き込まれている。
    だからこそ、強靭でなお美しい。

作中のこうした一文、他にも胸に突き刺さってくるような言葉が多々あるのですが、
ひたすら鉄を打ち続けた「虎徹」という刀鍛冶の生き方には唯々圧倒されました。

山本兼一には、他にも刀や刀鍛冶を扱った作品がいつくかあります。
「おれは清麿」、これはすでに読み終えました。
「狂い咲き正宗」、いま読んでいるところです。
「黄金の太刀」、次に読む予定・・・・
暫く刀や刀鍛冶とのお付き合いが続きそうです。
c0051107_11135047.gif
  
c0051107_11244049.jpg
 
c0051107_1128645.jpg
 
名前がわかりません。
c0051107_11253090.jpg

c0051107_1125439.jpg

c0051107_11255841.jpg

c0051107_1126137.jpg

by suirenn2 | 2015-05-15 11:29 | Comments(4)

つばめ その後・・・

c0051107_826440.jpg

アップしたばかりでしたが、これが初めにして最後の写真になってしまいました。

次に訪れたときには、巣は空っぽ。ヒナの姿も見あたりません。
きちんと出来あがっていた巣でしたが、それも半分以上崩されていました。
「誰かが壊したのか?」

昨日、お家の方(知人)から話をきくことができました。
朝起きてみたら崩れ落ちた泥とともにワラが散らばっていたそうです。
ツバメの巣にはワラが混ぜ込んであるのですが、そのワラをいかにも執拗に抜き取った、
そんな印象だったのこと。

巣を点検してみると、むしりとられたような羽と、喰いちぎられたと思われる跡が・・・
「カラスに襲われたのでしょう」とのことでした。
「いくらなんでも、無惨ですからね、人の仕業とは思えない」とも言っていました。

「可哀そうに・・・・」、成す術もなくカラスの餌食になってなってしまったのか。
「憎っきカラスめ」と思いつつも、カラスを恨んでも詮ないこと。カラスもまた
この自然界の生きものであり、カラスにはカラスの生き方がある。
私ごときが「ツバメはいいけれど、カラスはダメ」など審判できることではありません。

すっかり滅入ってションボリしていたのですが、テントウムシが慰めてくれました。
朝、ガラス戸越しに何となく隣りの工事を眺めていたら、腕にポトリと虫がとまった。
テントウムシです、網戸は閉まっているし、どこからやってきたのかわからないけれど、
暫く衣類の上を這いまわって・・・・・愉快でした。
ただ、捕まえて外に出そうとしたら床に落ちて、そのまま見えなくなってしましました。
こうなると小さな虫一匹、探すのは不可能です。そのうちに出てくるでしょうか。
c0051107_10215357.jpg

レモンです、ぷっくり膨らんだ蕾が可愛らしい。
c0051107_10265242.jpg

「ハコネウツギ=箱根空木」・・・・
箱根の名前がついていますが、箱根では低地に僅かに自生するだけだそうです。
c0051107_10313679.jpg

これは何でしょう? よく見ると細かく群がった花がなかなかにきれいです。
c0051107_10335929.jpg

お気に入り、ミッキーマウスの木・・・・
c0051107_10365844.jpg

by suirenn2 | 2015-05-14 10:37 | Comments(4)

コーヒーのこと

5月7日、読売新聞(夕刊)の記事でした。
c0051107_938513.jpg

お茶やコーヒーに眠気覚ましの効果があることはよく知られていますが、
コーヒーについては、こんな研究結果もありました。頭の回転も良くなるとか・・
カフェイン入りのコーヒーを飲んだ人とそうでない人を分けてクレベリン検査をした結果、カフェイン入りの方が4~5%計算能力が上回った。やる気になって取り組むと、更に顕著な効き目があり、成績のばらつきが少なかったという。

また、コーヒーの香りについての実験結果もあります。
アルファ波がもっとも増え、リラックス効果が高いのは、ブルーマウンテン、グアテマラ、認知機能を反映して集中力を高めるのは、ブラジルサントス、マンデリン・・・。

嘗てブログに綴ったのを思い出しました。
今回発表になった実験結果も、19年もの追跡調査を経ている。
日常、ただ何気なく飲んでいるお茶やコーヒーですが、何処かでどなたかがこうして実験に取り組んでいるのかと思うと、じみじみといただく気持ちにもなります。

ブログにはこんなことも綴ってありました。
コーヒーカップの取っ手ですが、向かって左側にして、カップを回して飲む・・・・
あれは茶道を真似たことで、茶道でお茶碗をまわす作法からの単なる模倣とか、
茶道ほどに深い意味があることでもなかったのですね。

緑茶党、コーヒー党、皆さんは、どちら?
c0051107_10404663.jpg

c0051107_10413952.jpg

ニゲラ、やっと探し当てました、見かけるのが少ないお花です。
c0051107_10451329.jpg

あちらこちらでクレマチスが目につきます。
c0051107_1048682.jpg

c0051107_10485254.jpg

by suirenn2 | 2015-05-11 10:51 | Comments(8)