<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

八島ヶ原湿原 ~ 諏訪大社下社秋宮

c0051107_13144034.jpg

1万2千年ほど前、霧ヶ峰一帯の火山活動が終わった後、溶岩のくぼみに水がたまって沼ができた・・・
こうして始まった八島ヶ原湿原のなりたち、訪れたのは今回で2度目ですが、1万2千年もの悠久の歴史が
あるなど思ってもみないことでした。

c0051107_1324465.jpg

実際に目の当たりにするとパンフレットの細かな説明文も興味深く伝わってくるものですね。
c0051107_1333154.jpg

以上、自分用覚書としてちょっと載せておきました。

雄大にして広大な湿原の全景は、残念ながらカメラに収まりきれませんでした。
c0051107_13394279.jpg

c0051107_1340573.jpg

木道に沿ってお花など撮りながら暫く散策・・・・
c0051107_13452525.jpg

c0051107_1346454.jpg

チョウが出迎えてくれました、嬉しくてもう夢中です。
c0051107_1348928.jpg

c0051107_13484250.jpg

このチョウは少し翅が傷んでいました。
c0051107_135165.jpg

c0051107_1443473.jpg

名残りを惜しみつつビーナスラインを下りて霧ヶ峰高原を通り「諏訪大社下社秋宮」へ・・・
最後の行程です、お社のひっそりした気配がいかにも神聖な感じでした。
c0051107_14132774.jpg

c0051107_14163376.jpg

c0051107_14171223.jpg

鄙びた色合いの「御柱」がやはりひときわ目をひきます。
c0051107_14255613.jpg

c0051107_14262667.jpg

途中、車窓から見た風景・・・・
通り過ぎゆくこういう景色が意外に印象にのこるものですね。
c0051107_1430974.jpg

c0051107_14302080.jpg

新宿20時の到着予定でしたが、高速の流れがよくて30分前くらいには着いたでしょうか。
東京は雨でした。改めて「降られずに済んだこと」を天に感謝でした。

お世話くださった幹事さん方、ご一緒の皆さま、ありがとうございました。














 
by suirenn2 | 2014-08-30 14:48 | Comments(6)

車山高原へ

27日、パソコン教室のお仲間と車山高原へ行ってきました。
新宿から貸し切りの大型バスで一路信州へ・・・・。
生憎の空模様で家を出るときは本降りの雨、現地の天候が気掛かりでしたが、
東京を離れるとともに雨からも遠退いて快適な高原散策になりました。

リフトを乗り継いで山頂へ向かうほどに霧が深くなり、山頂は視界ゼロ・・・・
360度ひろがる山岳風景の眺望は残念でしたが、霧に包まれながらの昼食はまた趣きのあるものでした。
c0051107_1171693.jpg

山頂からはお花を見ながら、写真を撮りながらの下りの散策です。
思っていた以上に沢山咲いていました。
c0051107_11152260.jpg

c0051107_11152360.jpg

c0051107_11161655.jpg

c0051107_11165232.jpg

霧がはれて陽が射したり、また霧が流れてきて少し離れた人影も見えなくなったり・・・
普段味わうことのできない山の天候が却って新鮮でした。
c0051107_1125838.jpg

c0051107_1131132.jpg

車山高原のあとは「八島ヶ原湿原」「諏訪大社下社」へ・・・・・
次回のアップとします。
by suirenn2 | 2014-08-29 11:36 | Comments(16)

お神輿

23日、24日は地元神社の祭礼で、今年もお神輿がまわってきました。
マンションの玄関前が休憩所になっているのでいっとき上(5階」から見物でした。
c0051107_1015221.jpg

c0051107_1015353.jpg

c0051107_10154918.jpg

子ども神輿が見かけに寄らず威勢がよくて祭り気分を盛り上げていました。
c0051107_10174880.jpg

c0051107_10182419.jpg

このお神輿をみると「あ~、夏も終わりだな~」、毎年そんな感慨が過ぎります。
c0051107_1028349.jpg

c0051107_1028887.jpg

c0051107_1028328.jpg

c0051107_10293397.jpg

c0051107_1029356.jpg

by suirenn2 | 2014-08-25 10:30 | Comments(8)

とりとめなく・・・

         残暑お見舞い申し上げます。

厳しい暑さにカメラ散歩もできなくて相変わらずの読書三昧です。
c0051107_925537.jpg

これも本箱にあった本ですが、やっと読むことができました。
去年の夏、「命もいらず名もいらず」を読んだときに、同じ作者のものを読んでみようと
買った本でした。ただ、私は何となく「利休」に苦手意識があり、ぱらぱらと読んだものの
そのままになっていました。

何故、利休が苦手か・・・・・?
有名な「朝顔の茶会」とか「利休の朝顔」とか謂われる逸話に接したことがあり、
妙な違和感を感じて近づき難いと思った・・・・・ただそれだけの理由なのですが、
この印象は今回読んでみてもやはり変わらないものでした。
作品自体は重量感があるというか、充分に読み応えあのあるものでしたが・・・・・。

小説、つまり物語なのですから書いてある通りにすらすら素直に読んでいけばいい・・・・
ところが、そうもいかなくて、途中何度も立ち止まり、場面を想像してはちょっと深呼吸というように、私としては珍しい読み方の読書になりました。
c0051107_9541444.gif

山口へ里帰り(旦那さんの実家)した娘や孫から絵葉書が届きました。
東京から車で13時間、実家で過ごした後はあちらこちら泊まりながらの帰京とかで、
それで車で行くことにしたようです。
c0051107_1081548.jpg

「吉野ヶ里遺跡」、ここは私も行ってみたいところです。
中学生の孫娘は「親魏倭王」印を作ったという、そんな工作のような催しもあったのでしょうか。
謎の多い古代史ですが、それだけに興味もあります。
c0051107_10192820.gif

c0051107_10242513.jpg

c0051107_10245276.jpg

c0051107_1025922.jpg

c0051107_10253034.jpg

c0051107_10254763.jpg

c0051107_102735100.jpg

by suirenn2 | 2014-08-21 10:26 | Comments(6)

花火など・・・・

終戦記念日、「大田区平和都市宣言記念事業」の花火の祭典でした。
多摩川の土手で開催されるのですが、我が家からは西方向に見えます。
たた、ここ何年かそちらの方には高い建物が多くなって、以前よりは見難くなりました。
それでもベランダで見物できるのですから満足としましょうか。
花火見物できるのも平和なればこそ、平和な時代をしみじみと有り難く感じます。
c0051107_11271942.jpg

c0051107_11273895.jpg

c0051107_11275423.jpg

またベランダへセミがやってきました。
モジモジ動きながら縁の方にとまって鳴いていました。
近づいても逃げない、捕まえる素振りで手を伸ばしても逃げない・・・・・
逃げるだけの力がなかったのでしょう、10分近くもかなり長く鳴いていましたが、
やがてポトリと下へ落ちていきました。命の限り鳴ききって潔い最期でした。

「孤独死」という言葉があるけれど、誰にみとられるでもなく尽きていく命・・・・
セミ1匹小さな命ながら「こんなにも寂しいものか」と思ったことでした。
c0051107_11524340.jpg

c0051107_11525829.jpg

by suirenn2 | 2014-08-16 11:56 | Comments(4)

とりとめなく・・・

c0051107_9372743.jpg

どういうわけか我が家のベランダにはよくセミが寄ってくる。
鉢植えひとつない、つまり樹木らしいものは何もないのに物干し竿に止まったりして鳴いている。
時には命尽きて仰向けになったセミも転がっている・・・・・ナムアミダブツ!
c0051107_9482434.jpg

c0051107_9484147.jpg

c0051107_10153520.gif

スーパームーン、月がきれいでした。
残念ながら私の写真ではこの程度にしか撮れなくて・・・・・
c0051107_1017525.jpg

     月は地球のまわりを楕円を描くように回り、地球との距離は36万~40万
     キロ・メートルと変化している。地球に近づいた時に満月になるのがスーパームーンだ。
     月は11日午前2時43分に地球から35万7000キロ・メートルまで近づき、
     その直後の3時9分に満月になる。今年、もっとも小さく見えた1月16日の満月より
     14パーセントほど大きく、通常より30パーセントほど明るく見えるという。 

読売新聞の記事でしたが、私が見たのは11日の午後11時頃・・・・・
最も近い時よりは時間が経っていたものの明るく見事に輝いていました。
時間が少しでも経過してしまうと「スーパームーン」とは言わないのかな?
ちなみに、来月8日夜から9日未明にも、再びスーパームーンを楽しめるチャンスがあるそうです。
c0051107_10533838.jpg

c0051107_10535472.jpg

c0051107_1054625.jpg

c0051107_10542165.jpg


  
by suirenn2 | 2014-08-13 10:55 | Comments(6)

読 書

暑くて外歩きもできないので読書三昧です。
時間はたっぷりあり、集中して読めるので、これはこれでちょっとした避暑対策。

先日、本箱を整理したら、買ったものの読んでない本が出てきました。
カバーをしたまま詰め込んでいたので何となく忘れていたのです。

これも、そのひとつ・・・・
「いまさら義経でもないでしょう」と思いながら、ふと「司馬遼太郎はどう描いているか?」
そんな興味がわいてかなり前に買った本でした。
c0051107_1055999.jpg

面白い!最高に面白い! なぜすぐに読まなかったのかと後悔したほど。

源義経くらい日本の歴史のなかで圧倒的な人気を誇る人物はいないでしょう。
平家追討の「一ノ谷」「屋島」「壇ノ浦」の合戦で三度までもこれほど見事に
勝利した武将も、日本の歴史には他にいないでしょう。
それほどの武将が、なぜ兄によって討たれなければならなかったのか・・・・?

その輝かしくも哀れな生涯が息を呑むような迫力で描かれています。
c0051107_10311072.jpg

c0051107_111587.jpg

また厳しい暑さが戻ってきました。
台風から離れていたにもかかわらず昨日は暴風雨・・・・・
叩きつけるような雨が降ったりやんだり、特に風が凄かったです。
皆さんのところは大丈夫だったでしょうか?

ともかく、8月も10日が過ぎました。
11日~13日は「スーパームーン」「ペルセウス座流星群」の天体ショーとか・・・
お月さんも流れ星も見たいけれど、さて、どうなることやら・・・・?
c0051107_11251371.jpg

c0051107_11253088.jpg

c0051107_112655.jpg

by suirenn2 | 2014-08-11 11:27 | Comments(4)

阿波おどり

地元商店街の阿波踊りでした。
ブログ用に何枚か写真を撮ってすぐ帰ってくるつもりでしたが、
結局、1時間以上も見物してしまいました。
c0051107_1123468.jpg

c0051107_11253436.jpg

見ていて面白い!特に男踊りには独特の滑稽さがあり見入ってしまいます。
c0051107_112823100.jpg

皆さん、喜々として踊っていらっしゃる。そのお顔がいいんですね。
見物していてこちらまで笑みがこぼれ、楽しくなってくる。
c0051107_11314216.jpg

c0051107_1136625.jpg

暑さも忘れ、いっとき、浮かれた気分になって楽しんできました。
c0051107_11435237.jpg

c0051107_1144823.jpg

c0051107_11461948.jpg

by suirenn2 | 2014-08-03 11:46 | Comments(11)

8月 秋待月

「秋待月」、私が勝手に作った言葉です。
8月には「燕去月」という異称があることを知りました。ツバメが去る月・・・・・
たまたま近所でツバメが子育て中で、もう少し経ったら巣立っていくと思われるので、
「なるほど」と実感した言葉でした。
c0051107_1116439.jpg

あまり風通しもよくない奥まったところなので、子ども達、暑そうです。
ぐったりしているわけではないけれど、動きは少なくじっとしています。
c0051107_11335362.jpg

幽霊は特定の人だけを狙う・・・・・知らなかった!

今月いっぱい我慢すれがいくらかは涼しくなるでしょうか。
皆さん、ご自愛ください。
c0051107_11414558.jpg

c0051107_11451612.jpg

c0051107_11453264.jpg

c0051107_11465076.jpg

c0051107_1147712.jpg

c0051107_11472265.jpg

by suirenn2 | 2014-08-01 11:47 | Comments(6)