<   2013年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

平和の森公園 ~ 大森ふるさとの浜辺公園

「平和の森公園」は環状7号線をはさんで南北に広がる大田区でも最大級の公園です。
樹木の生い茂る道をぶらぶらと歩いてきました。

ただ木が茂っているだけ、けれども、それが何とも言いようもなく心地良い。
c0051107_113014100.jpg

「小さい秋」をみつけに来たのだけれど、赤く染まった木は少なかった。
c0051107_11331014.jpg

黄葉の方が晩秋らしい風情かな・・・・・
c0051107_11403363.jpg

c0051107_11404865.jpg

c0051107_1141266.jpg

「お~、サギがいる!」
池の底をかきまぜるようにしきりに脚を動かしている。魚を追い出すため・・・・?
c0051107_11454251.jpg

平和の森公園を抜けるとその先は「大森ふるさとの浜辺公園」・・・・
昔の大森海岸を模した海が広がっている。
c0051107_1212298.jpg

公園内にある「大森海苔のふるさと館」を見学・・・・・
海苔船や海苔下駄、採取の様子など、海苔の文化や歴史が展示されています。
c0051107_12105376.jpg

c0051107_1212618.jpg

c0051107_1213244.gif

覚え書き・・・

地面にいっぱい実が落ちていたので、木を見上げてやっと実をみつけた・・・
このどんくりは「白樫」、木に名札がついていました。
c0051107_12214511.jpg

「栴檀」、こんな実が生るのですね。
c0051107_12223189.jpg

「鼠刺し」、鋭く尖った葉をネズミ穴に挿すとネズミが出られなくなるためこの名前に・・・
c0051107_12265011.jpg

c0051107_12271575.jpg

「橘擬」、名札がなければ「ピラカンサス」とでも思ったかもしれない。
c0051107_1230871.jpg

by suirenn2 | 2013-11-06 12:31 | Comments(12)

木枯らし

c0051107_10531525.jpg

近畿地方で木枯らし1号が吹いたという。
秋は足早に過ぎ、冬が足早にやってくるいうな・・・・

「冬支度」という言葉が、ふと、浮かんだ。
さて、我が家の冬支度は? 衣類や寝具の少々の入れ替えくらいなもの。
それでも、「冬支度」という言葉からは、何ともいえない生活感が漂ってくる。
たった3文字の漢字から、秋から冬への季節の移ろいや生活の匂いまでが感じられる。

ちなみに英語では「preparations for the winter」、こういう表現になるらしい。
「冬の準備をする」、やっぱり、「冬支度」とはちょっとニュアンスが違うような・・・?

     海に出て 木枯らし帰る ところなし  山口 誓子

     こがらしや 海に夕日を 吹き落とす  夏目 漱石

     木枯や 鐘に小石を 吹きあてる  与謝 蕪村
c0051107_11374376.gif

c0051107_11421783.jpg

c0051107_11422890.jpg

c0051107_11424033.jpg

c0051107_11425335.jpg

c0051107_11432093.jpg

c0051107_11434526.jpg

c0051107_1144348.jpg

c0051107_1144193.jpg

c0051107_11451578.jpg

by suirenn2 | 2013-11-05 11:46 | Comments(6)

東京時代祭 ~ 浅草寺界隈

c0051107_9243966.jpg

興味半分、どんな祭りなのか野次馬気分で見物してきました。
大変な人出であろうことはわかっていましたが、想像以上で、
私が着いた時は沿道はすでに見物衆で埋め尽くされていました。

浅草神社から「馬道通り」「雷門通り」へと続くパレードは・・・・・
飛鳥時代、浅草寺の興りから始まります。
c0051107_9461915.jpg

先日、菊供養会で奉演の舞いをみたばかりの「金の龍」が登場・・・・
この金の龍は、観音様が祀られた夜、その堂舎を守るように周辺に千本もの松が生え揃い、
三日ののち、天より長さ百尺の金の鱗の龍が舞い降りたとされる伝承を象ったものとか・・・。
また、この故事にちなんで「金龍山浅草寺」の山号にもなっているそうです。
c0051107_1061949.jpg

「在原業平 東下り」「源頼朝と北条政子」「江戸開祖 太田道灌」「江戸城築城 御石曳き」・・
歴史を追ってその時々の浅草と馴染みが深い出来事が続きます。
c0051107_1028324.jpg

源頼朝も浅草に縁のある人だったのですね。
平家追討の密命をうけて、安房国(千葉県)の多くの豪族たちとともに隅田川に陣を張り、
浅草寺に戦勝祈願をしたと伝えられているそうです。
c0051107_10371734.jpg

c0051107_10372999.jpg

興味深かったのはこのお神輿です。
下町を代表する伝統的な祭礼、「浅草神社」の「三社祭」、そのときに担がれるお神輿・・・・
「三社様」と尊称されている三社大権現を祀る三基の本社宮神輿です。
c0051107_10564012.jpg

パレードは江戸から文明開化の明治へと続くのですが、
私は途中のところで帰ってきました。大体様子がわかったので「もう、いいかな~」と。

写真は適当に並べたものです。
「こんな感じ・・・・・」と雰囲気だけでもお伝えできればいいですが・・・・。
by suirenn2 | 2013-11-04 11:23 | Comments(6)

11月

c0051107_22122921.jpg


木々は色づき、今年最後の華やかさに。7日の立冬から暦の上ではもう冬。
冬の気配が徐々に増し温かいものが恋しくなる季節。
空気が乾燥してくるので手洗いやうがいで風邪予防を。 -カレンダーの歳時記よりー
c0051107_22154754.gif

春に見事な花を咲かせていた辛夷の並木。
花の後はすっかり忘れて見向きもしないままにきてしましまたが、
真っ赤な可愛い実をいっぱいつけていました。
すっかり忘れていたことが、何だか木に対して「申し訳ない」ような・・・。
ちょっと神妙な気持ちになりました。
c0051107_2219586.jpg

c0051107_22201899.jpg

花水木、実は殆どもう落ちてしまっているけれど、
日陰のせいかまだ艶々と輝いている。
c0051107_2228659.jpg

何の実でしょう?
c0051107_2232192.jpg

c0051107_22335246.jpg

c0051107_2234981.jpg

青っぽいお花はよく見かけるけれど、この色は珍しい。
c0051107_22362723.jpg

c0051107_22365183.jpg

c0051107_22371681.jpg

暖かい日にはまだ飛んでいますね。
見かければ相変わらずの追いかけっこ・・・・・・
でも、止まったからといってすぐ近寄ってはダメ、逃げられてしまう。
間をおいて、蜜を吸うのに夢中になってからが撮り時かな?
c0051107_22413660.jpg

c0051107_22415420.jpg

by suirenn2 | 2013-11-01 22:45 | Comments(4)