<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

たかがゴキブリなれど・・・・

c0051107_9303419.jpg

5月27日の読売新聞の記事でした。

甘い味を苦いと感じて食べない・・・・・何と器用なこと!
甘みと苦みを区別する神経回路があるなどそれだけでも驚きますが、
「甘み」を感じて「苦み」の神経回路が反応するとは・・・・・凄いものですね。

「駆除剤による絶滅を逃れるための生存戦略」、恐るべし、ゴキブリの学習能力!
何億年も前からこうして学習しながら生き延びてきたのでしょうか。
c0051107_10145812.jpg

「姫沙羅」、夏椿よりも小さいので「小夏椿」とも・・・・・
c0051107_10291684.jpg

c0051107_10293035.jpg

「未央柳」「美容柳」「美女柳」「金線海棠」、いろいろ呼び名があるようです。
c0051107_10353533.jpg

c0051107_10355017.jpg

紅色が鮮やかでした。
c0051107_10375048.jpg

c0051107_103867.jpg

c0051107_10463962.jpg

c0051107_10465661.jpg

c0051107_10482495.jpg

c0051107_10484286.jpg

by suirenn2 | 2013-05-31 10:49 | Comments(2)

5月27日 羽田空港で・・・・

バスが空港に入ったら警察官の姿が目につくようになりました。
どうやら検問でもあるらしい、そんな様子が見てとれました。
「あ~、そうか、今日はそうだったのか」、思い当たることがありました。

第二ターミナルで下車すると、早速にもその思いを証明するように
「本日は特別警戒のため展望デッキは3時から閉鎖になります」とのアナウンス。
もう3時に近かったのですが、ともかくも展望デッキまで上がってみました。
けれども、結局、飛行機の写真は撮れないままに閉鎖になってしまいました。

ところが、幸いなことに閉鎖になったのは「屋外」の展望デッキだけ・・・・・
その屋外展望デッキのすぐ手前に「屋内展望デッキ」もあったのです。
私は初めてでしたが、長く工事をしていて、今年4月からオープンしたばかりの
ガラス張りの広いところです。
c0051107_15325313.jpg

こちらへ移動して、さて写真でも撮ろうと何となく辺りを見まわして・・・・・
びっくりしてしまいました。写真には写っていなのですが、カメラを持った大勢の人が
いかにも「待機している」といった感じで陣取っていたのです。

「飛行機マニア」といわれるような人達でしょうか、カメラも大きな望遠レンズ付きで、
何か独特の雰囲気が漂っていました。そんな雰囲気にのまれてしまったわけでもないのですが、
ひっきりなしに飛行機が飛び立っていくのは面白く、別に急いで帰る必要もないので、
私も「待機組」にまわることにしました。

3時からもうかなり経って、いよいよ「その時」が近づいてきたのでしょうか。
展望デッキの一部は幕を下ろすのでそちらの方に居た人は移動してください・・・とのこと。
広いデッキの西側の方は幕が下ろされ、外が見られないようになりました。
c0051107_1639073.jpg

そして、暫くたって、「あっ、あれか、そう、あれだ」という誰かの声とともに、
カメラのシャッター音がいっせいに鳴り、東の上空から下りてくる飛行機に見入ったのでした。
「離陸」専用で飛行機が飛び立っていたのが、その1機だけ「着陸」してきたので、
「あっ、あれだ」と「特別機」であることがわかったのです。
「間違いない、日の丸の旗がついている」、そういう声も聞こえました。
c0051107_1716327.jpg


もうおわかりでしょうか。全国植樹祭で鳥取県をご訪問されていらっした天皇、皇后両陛下が
この日、この時、ご帰京になられたのです。この一瞬のために何と1時間半ほども待ち、
人によってはもっと待っていたかもしれないのですが、とてもドラマチックな一瞬ではありました。
特別警戒の様子や、その場の雰囲気など、普段は感じられない空気に触れて、それはそれで興味深い体験でもありました。
c0051107_1814318.jpg

c0051107_1815835.jpg

c0051107_1821189.jpg

c0051107_1822379.jpg

トラブル続きで運航停止だった「ボーイング787」・・・・
6月1日から運航再開だそうですが、臨時便としてすでに就航していました。
c0051107_187136.jpg

オリンピック、どうなりますかね? こんな飛行機もありました。
c0051107_1895616.jpg

by suirenn2 | 2013-05-29 18:13 | Comments(4)

強かった 快勝ですね

第80回日本ダービー、1番人気の「キズナ」が快勝でした、強かったですね。
最後の直線に入ってぐんぐん伸びて先行馬をかわし、文句なしの見事な走りでした。
昨年のディープブリランテに続き、2年連続でディープインパクトの産駒が制し、
父子制覇・・・・・・競馬は一にも二にも「血統」と言われますけれど、その通りに
ディープインパクトの子ども達の快挙でした。

ところで、ダービーの出走資格は「3才馬」であること、3才馬といえば若駒なのですが、
人間の年齢でいうとどれくらいなのか・・・・?
私は20代半ばくらいを想像したのですが、何ともっともっと若く高校生くらいだそうです。
「そんなに若いの!」とこれにはちょっと驚きました。
c0051107_1162154.gif

大相撲夏場所、横綱「白鵬」の全勝優勝、強かったですね。
「結局、白鵬か」と正直なところそんな思いもありましたが、立派な勝利でした。
c0051107_11183642.gif

東御苑で・・・・

c0051107_11363462.jpg

c0051107_11365048.jpg

c0051107_11371034.jpg

c0051107_11372613.jpg

c0051107_11375979.jpg

c0051107_11381595.jpg

c0051107_1140935.jpg

c0051107_11402826.jpg

c0051107_11404581.jpg

ハマナスはもう実が生っていました。
c0051107_11412878.jpg

丸の内のオフィス街に自転車屋さんがありました。
c0051107_1144023.jpg

c0051107_11441417.jpg

by suirenn2 | 2013-05-27 11:44 | Comments(2)

無事に巣立ったようです

知人宅の軒下で育っていたツバメ達、昨日の朝巣立っていったようです。
もうそろそろ巣立ちかな?・・・・と私が出かけた10時半頃にはすでに巣は空でした。
ちょうどお家の方がいらっしたのですが、お家の方も気づかなかったそうです。
巣立ちの瞬間を見られなかったのは残念でしたが、無事に飛び立っていったのでしょう。

結局、この写真が、今年最後の姿になりました。
大きくなって巣の中で動くようにもなっていました。
左下の羽を広げているのは「只今トイレ中」、巣の中を汚さないように
こうしてお尻を外に出して下へ落とすようにしているのですね。
c0051107_9334259.jpg

一方、二つ目の巣では・・・・・・抱卵中でしょうか。
親鳥がしきりに巣の中を窺い、やがてじっと籠っている様子がみえました。
c0051107_9401091.jpg

c0051107_1023966.jpg

細菌の写真から・・・・

「金鎖」、別名「黄花藤」「ゴールデン・チェーン」とも・・・・
マメ科の植物で実が生るようですが、アルカイドを含んで有毒とか・・・・
c0051107_10253482.jpg

c0051107_10255296.jpg

「柳花笠」、私はこの名前が好きで使っていますが、「三尺バーベナ」の方が一般的かな?
c0051107_1033913.jpg

「虫取り撫子」、食虫植物ではないけれど、粘液を分泌していて虫が付くことから
この名前になったそうです。
c0051107_1036675.jpg

c0051107_10362320.jpg

「下野」、下野の国(栃木県)で最初に発見された、或いは多く咲いていることから、
また、霜が降りた様子に見たてての名前だそうです。
c0051107_10434611.jpg

c0051107_10441193.jpg

c0051107_10512521.jpg

c0051107_10514130.jpg

by suirenn2 | 2013-05-25 10:52 | Comments(8)

七 草

萩の花が咲いていました。
c0051107_10105541.jpg

c0051107_10111986.jpg


例年でも6月上旬頃には咲き始めるそうですから、花の開花が早い今年、
咲いていてもおかしくはないのだけれど、「おや!」と意外な気がします。
秋の七草のひとつ、秋のイメージがあるせいでしょうか。

七草といえば、「春の七草」はたいていの人が全部知っている。
でも、「秋の七草」の方はどうでしょうか、「萩」「桔梗」「尾花」・・・・・
これくらいしか私は思い浮かばないのですが、他に「女郎花」「撫子」「藤袴」「葛」があり、「おすきなふくは」とか「おきなはすくふ(沖縄救う)」の覚え方があるらしい。

ちなみに、「夏の七草」というのもあるようです。
「アカザ、イコノヅチ、ヒユ、スベリヒユ、シロツメクサ、ヒメジョオン、ツユクサ」

以上、ネットでみたものですが、自分なりの七草を選んでみるのも面白いでしょうか。
c0051107_10121760.jpg

c0051107_10123428.jpg

c0051107_10125075.jpg

c0051107_1013469.jpg

c0051107_10132367.jpg

c0051107_10133658.jpg

少し前に撮ったもの、この竹とんぼみたいな実はお気に入りです。
c0051107_10161571.jpg

c0051107_10163386.jpg

名前がわからないのですが、Sさんのところでみせていただいた「ギリア」に似ている。
c0051107_10222314.jpg

これも名前がわからない、ブラシ状のふさふさした花が揺れてきれいでした。
c0051107_10242049.jpg

c0051107_10243539.jpg

by suirenn2 | 2013-05-23 10:25 | Comments(6)

カタルパの花が咲きました

「カタルパ」、聞いたことがありますか?
和名は「アメリカキササゲ=アメリカ木大角豆」といい、アメリカの南部ジョージア州から
ミシシッピー州辺りを原産とする木だそうです。
英名では「Southern catalpa Indian bean」、ともに「豆」の名前があるように
ささげ豆のような果実をつけるようです。

ちなみにネットで検索してみると・・・・・・
新島譲がアメリカから種を持ち帰り、徳富蘇峰、蘆花兄弟に贈ったことで、熊本市の方では
「師弟の絆」をあらわあす木として語り伝えれれている・・・・そういう記事がたくさん載っていました。

大変に珍しい木なのだそうです。
散歩道の或る寺院にあるのですが、とにかく大きい木・・・・・
前々からそれこそ「気になる木」だったのですが、やっと名前もわかり、花が咲いているのを
心ゆくまで楽しむことができました。
c0051107_9354914.jpg

c0051107_93645.jpg

c0051107_9392857.jpg

可愛い実が生っている、葉に隠れたりして目立たないけれど、それだけに見つけると
大発見でもしたような気持になります。
c0051107_9455738.jpg

c0051107_9461290.jpg

c0051107_9465779.jpg

c0051107_9471141.jpg

c0051107_9473196.jpg

c0051107_9474649.jpg

名前がわからなくて、これもずっと「気になる木」・・・・・
c0051107_9501443.jpg

c0051107_9503410.jpg

どなたかわかるようでしたら教えてください。
by suirenn2 | 2013-05-21 09:52 | Comments(6)

「こども目線」写真展 2013

「見つけた!撮った!ワンダーランド」のタイトルがあります。
6月1日の「写真の日」にちなんだイベントで、読売新聞写真部記者の出前授業に参加した
こども達(小学生・中学生)の作品1100点あまりが展示されています。
c0051107_8465523.jpg

どれも素晴らしい! 1枚1枚の写真からじんわりと、あるいはドキッとするような感動が
伝わってきます。
「よく撮れている」とか「上手い」という以上の目線の確かさ、力強さ・・・・
新鮮な発見とでもいうような捉え方には、唯々感心するばかりでした。

例えば、この1枚、小学6年生の「二つの選択」と題する作品ですが・・・・
階段の境目から上の階と下の階の光の微妙な違いを捉えながら、上にも行ってみたい、下にも行ってみたい・・・・と光に誘われるような気持を表現しているのですね。
c0051107_927852.jpg

たくさん紹介出来ないのが残念ですが、中でもこの1枚は・・・・・
東日本大震災の被害にあわれた小学2年生の作品です。
「田老町にはなにもなくなったけれど、きれいなコスモスがさいていました」
そういうコメントがついていました。1枚の写真に・・・・・もう言葉もありません。
c0051107_9384252.jpg


会場(日比谷公園内)にはメッセージカードが用意されていて、係の人からメッセージを頼まれました。
c0051107_9581426.jpg

出来れば一人一人に書きたかったけれど限られてしまいました。
c0051107_102504.gif

日比谷公園ではドイツのビール祭りが行われていて大変な賑わいでした。
c0051107_109166.jpg

実は写真展の後は東御苑へまわるつもりだったのですが・・・・・
写真展でずい分時間がかかってしまい、会場を出たのはもう4時近く・・・・
東御苑へ行くのは諦めて、日比谷公園を散策して帰ってきました。
c0051107_10213681.jpg

c0051107_1024314.jpg

c0051107_10251652.jpg

c0051107_10253061.jpg

by suirenn2 | 2013-05-19 10:26 | Comments(4)

元気に育っています

5羽いるでしょうか。
ついこの間、鳴き声が聞こえるだけ、姿は見えなかったのに、
もうこんなに大きくなって元気に育っています。
親鳥がエサを運んでくると一斉に大声で鳴き大きな口をあけるけれど、
それ以外の時は静かにじっとしていて動く気配はありません。
c0051107_9505536.jpg

ところで・・・いったんは姿を確認したものの、その後は空のまま、そういう巣がありました。
何度か見たけれどいつも空っぽで、何かトラブルでもあったのかと思っていました。
昨日も近くまで行ったので何となく見てみたのですが、「あら、ま~、いるじゃありませんか」
c0051107_1011970.jpg

ツバメは元の巣に戻ってくるという。戻ってくると先ず巣の修復を始めます。
1年経つと巣はカラカラに乾き、崩れかけたりしているのでリフォームするのですね。
ここの巣もきれいに修復されてあとは住むばかりになっていたから、そのまま居ついても
よさそうなものを・・・・・・・暫く空っぽだったのはどういうわけか・・・・?

前は下見がてらの修復だけ、やっと子育てする気になってやって来たのか?
それとも、ここにいるのは、まったく別の鳥? 私には大いなるミステリーです。
c0051107_10235613.gif

最近の写真から・・・・

c0051107_10521746.jpg

c0051107_10523172.jpg

c0051107_10525570.jpg

c0051107_1053951.jpg

c0051107_10532683.jpg

c0051107_10533811.jpg

c0051107_10572462.jpg

c0051107_10581798.jpg

c0051107_10583827.jpg

by suirenn2 | 2013-05-17 10:59 | Comments(4)

多摩川台公園 ~ 宝来公園

「多摩川台公園」の古墳台地は緑に覆われちょっとした森林浴・・・・
出たついでに足をのばして寄ってみたのですが、ぶらぶら歩いているだけでも爽快でした。
c0051107_10305531.jpg

もう少したつと紫陽花が咲いて賑わうでしょうが、今の時期、殆ど人もいません。
池の睡蓮も静かにひっそりと咲いている感じ・・・・
c0051107_1041414.jpg

気合が入ってますね~。
暫くみていたのですが、ずっとこの姿勢のまま撮り続けていましたよ。
c0051107_10482362.jpg

いつものように田園調布方面へぶらぶらと・・・・・
途中、あるお宅でエゴの木のピンクの花が咲いていました。
「ピンクチャイム」という園芸品種のようです。
c0051107_10544575.jpg

こちらのお宅のカルミアも見事でした。
カルミアもよく見るとお花の色合いなど微妙に違っています。
くっきりと濃い花模様が印象的でした。
c0051107_10581443.jpg

c0051107_10583272.jpg

田園調布駅に近い「宝来公園」の緑にも気持ちが和みます。
c0051107_1131590.jpg

今回歩いていての発見はエゴの木の多さでした。
多摩川台公園と宝来公園で5~6本は見たでしょうか。
好きな花なので嬉しい発見になりました。
c0051107_11161962.jpg

c0051107_11193196.jpg

by suirenn2 | 2013-05-16 11:22 | Comments(2)

横浜で出会った花

先日横浜へ出かけた時に見た花々・・・・
私には記念になる花なので載せておきます。

「栴檀」、港の見える丘公園でもっとも楽しみなお花です。
バラとちょうど同じ頃に咲いている、他では見たことがないので
バラ園を訪れる度に紫色の小さな花をみると嬉しくなります。
c0051107_10165360.jpg

c0051107_1017673.jpg

「匂い棕櫚蘭」、名前の通り白い花には香りがあるらしい。
c0051107_10214643.jpg

「メキシコ万年草」、メキシコの名前がついているけれど原産地は不明とのこと。
真っ黄色に群生しているのは中々の見ものです。
c0051107_10253699.jpg

名前がわからないけれど初めて見るような・・・・?
c0051107_10271978.jpg

近所では散ってしまってがっかりしていたのですが・・・・・
好きな「エゴの木」の花、白い小花が風に揺れて見応えがありました。
c0051107_10324442.jpg

「開港資料館」ではカルミアが咲き始めていました。
c0051107_10342290.jpg

c0051107_10343886.jpg

「メイフラワー」といわれる「西洋山査子」、これもお気に入りの花です。
1972年まで「英国領事館」だった頃の置き土産でといいますから、
歴史のある古い木なのですね。
c0051107_10445212.jpg

c0051107_1045433.jpg

題して「バラとシャクナゲと西洋館」
c0051107_1047070.jpg

辺りの緑がきれいでした。
c0051107_10475684.jpg

by suirenn2 | 2013-05-15 10:49 | Comments(0)