<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

荒城の月

土井晩翠作詞 滝廉太郎作曲の「荒城の月」・・・・
この歌は会津の「鶴ヶ城」をイメージして作られたと、最近まで私はそう思っていました。
c0051107_80115.jpg

ところが、調べてみると、「鶴ヶ城」だけとは限らないようで、作詞の土井晩翠は、
生まれ故郷の仙台の「青葉城」や訪れたことのある「鶴ヶ城」を、作曲の滝廉太郎も
郷里の大分県竹田市の「岡城址」や富山県の「富山城」など、さまざまにイメージして
作られたことがわかりました。

私にはちょっと意外なことでしたが、それでも「荒城の月」即ち「鶴ヶ城」のイメージは
動かし難いものがあります。実は、私は、大変な「会津贔屓」、特に幕末の戊辰戦争の時の
「鶴ヶ城籠城」や「落城」「白虎隊」といった話には見聞きする度に泣けてしまうほどの
思い入れがあります。どうしてそれほどまでに?と思い返してみると・・・・・

それは小学校時代にさかのぼります。
先生から「荒城の月」の歌詞の意味を教えてもらい、歌われているのが鶴ヶ城であることや
戦争のこと、白虎隊のことなど話をきいたことがあったからです。
話の内容はすっかり忘れてしまったけれど、子ども心に「可哀そう」と思った・・・・
この感情というか感傷だけは消えることなく胸に焼き付いているものなのですね。
私が福島県の生まれであることも影響したかもしれません。
鶴ヶ城は福島県にあるお城ときいて「えっ、福島なの」ととても驚いたのを覚えています。

放送中の大河ドラマ「八重の桜」は会津が舞台です。
関連本がたくさん出ていて【幕末のジャンヌ・ダルク新島八重】【会津はなぜ「朝敵」か】
【戊辰戦争 裏切りの明治維新】【会津のこころ】など読み終わったところです。
「朝敵」とか「賊軍」と言われ、なぜ会津はあれほどまでに傷めつけられたのか・・・・・
それがわかってきて、夜ひとり、「荒城の月」を聴きながらあれやこれや思い巡らしていると
切なくなってきます。
どういうわけか、時に、ふっと、福島での原発事故のこともオーバーラップする。

けれども、感情過多とも言えるこういう時間も捨てたものではない。
「ウキウキと梅見に出歩くばかりがいいんじゃないよ」、そういうことでしょうか。
c0051107_10583743.gif

c0051107_1120356.jpg

c0051107_11231362.jpg

c0051107_1123308.jpg

c0051107_11235088.jpg

c0051107_1124923.jpg

by suirenn2 | 2013-02-28 11:25 | Comments(4)

池上梅園 2月23日

友達も一緒でした。この日は風もなく穏やかな日和・・・
東急線の池上駅から本門寺の下を通り歩いて行ったのですが、
まったく寒さを感じない暖かさでした。

土曜日でもあり、けっこう人が出ていました。
それでも混雑するほどではなく、お喋りしながらゆっくりと一回りしてきました。
ここは小高い台地の斜面と平地との梅林になっているのですが、平地の方では
まだ数輪しか花をつけていない木々もあって、ここでも開花が遅れているようです。

梅は、お花も勿論いいけれど、枝振りに何とも言えない趣があって見応えがあります。
今回はその枝振り狙いで撮ってみました
c0051107_1116294.jpg

c0051107_11161897.jpg

c0051107_11164346.jpg

c0051107_11173920.jpg

c0051107_11175622.jpg

本人がそのつもりになっているだけ、本当はどう撮ってよいのかもわからないのです。

やはり、ここでは、ベンチに坐って斜面を眺めるのが絶景でしょうか。
c0051107_1138514.jpg

いつも同じような写真になってしまいますが、高く生い茂った木々と青空が
梅林をいっそう引き立てているようです。
c0051107_11434229.jpg

帰りは最寄りの駅でお茶タイム、梅見よりお喋りの時間の方が長かった・・・・
あれやこれやの世間話、「よくこれだけ喋る」と呆れましたが、楽しい半日でした。
c0051107_1151191.jpg

by suirenn2 | 2013-02-25 11:51 | Comments(12)

ホテル散策路 ~ 増上寺へ

前回の続きです。

芝公園で梅見の後は、丸山古墳の下を回るようにして近くのホテルの散策路へ・・・。
「ザ・プリンス パークタワー東京」というホテルですが、建物の横手に散策路があり、
緩やかな坂道に梅が咲いていました。
c0051107_10162538.jpg

c0051107_10164512.jpg

c0051107_1017844.jpg

散策路をぬけるとホテルの広い裏庭です。
ここにはバラが植わっていて何人かの方が剪定作業をしていましたが、
お花の時期には、多分あまり人も来ないでしょうし、ゆっくりと鑑賞できるでしょうか。
桜の若木もあって、ぽつりと1輪開きかけていました。
c0051107_1031167.jpg

ここから見る東京タワーは圧巻です。
特に脚部、がっしりした力強い骨組は惚れ惚れするほどの逞しさ・・・・
c0051107_10355050.jpg

広場の先は増上寺で、境内へぬけられるようになっています。
右下の写真は、「徳川家霊廟」の門、中は見ることはできません。
c0051107_10403978.jpg


左は「グラント松」といわれ、すっかり増上寺名物になっている記念樹・・・
明治12年に国賓として来日した18代グラント大統領が植樹したもので、
今では大きく葉を茂らせて見上げるほどの大木です。
右は、「槇=コウヤマキ」で、41代ブッシュ大統領が副大統領として来日した
昭和57年に植樹したものだそうです。
c0051107_10585729.jpg

増上寺でも梅がいかにも風雅な感じで咲いていました。
c0051107_1134112.jpg

c0051107_114193.jpg

この界隈への行き帰りは殆ど地下鉄利用なのですが、「たまには坊やにも会いたい」と
今回はJRで帰ることにして「浜松町駅」へ・・・・
c0051107_1111666.jpg

増上寺では携帯用の「般若心経」を買ってきました。
増上寺でも販売しているのがちょっと意外でした。
増上寺は浄土宗で、日蓮宗や浄土真宗とともに拠りどころとしている経典が異なるため
般若心経は唱えないときいていたからです。
c0051107_11192542.jpg

風さえなければお天気の日は散策も心地良いですね。
陽射しも少しは春めいてきたようです。
by suirenn2 | 2013-02-24 11:32 | Comments(2)

芝公園 梅まつり

芝公園は日本で最も古い公園なのだそうです。
こんもりと樹木に覆われて小高く盛りあがった「丸山古墳」があり、
その麓の辺りが梅園になっています。
新宿の方にあった「銀世界」という梅林を明治の頃に移植したとか・・・・
そんな経緯からここでも銀世界と言われ、由緒ある梅園になっているようです。

野点のお茶とお菓子をいただき、お琴の演奏を聴いて、いっとき優雅な梅見になりました。
大きなオイルヒーターと石油ストーブが置いてあり、行き届いた心遣いです。
c0051107_1072296.jpg

そんなにあるようには見えなかったのですが、梅は紅白合わせて70本くらいとか・・・
都会の真ん中とも思えないしっとりした風情で咲いていました。
c0051107_1011233.jpg

c0051107_10113657.jpg

何といっても一番のビュースポットは「東京タワー」です。
c0051107_1021124.jpg

「梅と東京タワー」、カメラマンとしてはそこが狙い目なのですが、
狙い通りにいかないところがご愛嬌でしょうかね。
c0051107_1036835.jpg

日本画風? 本人はそう思っています。
c0051107_1039580.jpg

by suirenn2 | 2013-02-23 10:42 | Comments(6)

笑いました

恒例の「サラリーマン川柳」100句が発表になりました。
ネットでみながら、ニヤニヤ、クスクス、プッと吹き出したり・・・・・

     ああなるまい 50越えたら そうなった 「わかる、わかる、実感だ!」

     半世紀 綴ってみれば 反省記 「同感、私もきっとそうだわ!」

     すぐキレる 妻よ見習え LED 「笑っちゃうね!」 

     「辞めてやる」 会社にいいね!と 返される 「ぐっとくる可笑しさだね!」

ひとしきり笑ったところで書留郵便が届いた。 日頃よく利用している信用金庫から・・・。
書面にはこんなことが書いてある。
c0051107_9305234.jpg

きわめて常識的なまっとうな内容ながら、目を通し終わった途端に何故か急に可笑しくなった。
川柳の続きでも読んでいるような可笑しさ・・・・

だって、これって、要するに「あなたはもう年寄りで先が知れているから、カードローンは
契約できない、簡単にお金を貸すわけにはいきません」、そういうことでしょ?
カードローンなるものを利用したことはないし利用するつもりもないので、何ら不都合は
ないのだけれど・・・・やんわりと、私は何を言われたのであろうか?
「お客様のご年齢が契約更新審査における当金庫所定の基準年齢を越えられるため」という
一文に「余計なお世話だ」とインネンでもつけたくなるような可笑しさでした。
c0051107_1084952.jpg

散歩道でも梅が目につくようになりました。
c0051107_1029746.jpg

c0051107_10292662.jpg

c0051107_10294379.jpg

c0051107_10311617.jpg

c0051107_1032142.jpg

マンサクも開き始めて・・・・
c0051107_10331220.jpg

c0051107_10333125.jpg

ミツマタ、お星さまみたいな小さなお花が可愛い・・・・
c0051107_10353334.jpg

 
     
  
     


         
     
        
by suirenn2 | 2013-02-21 10:37 | Comments(4)

梅と太神楽 ~ 小石川後楽園

梅まつりの催しで「太神楽」があるというので出かけてみました。
「太神楽って、何?」、実は私もよく知らないままに興味津々で出かけたのですが、
獅子舞や曲芸でした。でも、これが面白かった!
太神楽の歴史や変遷などの説明もあったので、尚更興味深くみられたのかもしれません。
帰ってからネットであたってみて改めていろいろ学習になりました。
c0051107_10522492.jpg

重複しますが、この金属の輪っか、笠の上でくるくると縦横無尽にまわる。
「金まわりがよくなる」と江戸庶民には人気で拍手喝采の演目だったとか・・・・
江戸の人達の粋な洒落心がみえるようです。
c0051107_1057104.jpg

さて、梅の方は・・・・・・
早咲きの花が開いて、辺り一面にいい香りが漂っていました。
c0051107_1114255.jpg

c0051107_1115692.jpg

c0051107_1121182.jpg

c0051107_1122431.jpg

c0051107_1135234.jpg

「円月橋」は修理が終わり由緒ある石橋が壮観です。
花菖蒲が彩る田圃は冬眠中・・・
c0051107_11215032.jpg

黄門様の衣装で、は~い、記念撮影!
c0051107_124045.jpg

c0051107_11361962.jpg

c0051107_1136348.jpg

出入り口に近い建物で特別展が開かれていました。
「小石川後楽園文化財指定60周年記念」の展覧会だそうです。
いろいろ展示してあり映像での案内もありましたが、中でも一体の仏像には
身体が震えるほどの感動でした。
写真を撮ってよいのかどうか少し迷ったのですが、皆撮っているようなので、
私も撮らせてもらいました。今回の「決定的な1枚」になりました。
c0051107_11584275.jpg

by suirenn2 | 2013-02-18 12:05 | Comments(6)

牛尾征冶写真展 ~ 六本木富士フィルムフォトサロン

「樹々 四季の装い」、このタイトルに惹かれて出かけてみました。
写真展を見るためにわざわざ六本木まで・・・・と正直なところ少し迷いもあったのですが、
出かけて「大正解」、見終わっても会場から離れがたく思ったほどの感動でした。
c0051107_942656.jpg

タイトル通りすべて樹木の写真で、風景ともちょっと違う・・・
森林や山などで撮られたようですが、中には私達が日常目にするような光景もある。
ちょうど牛尾さんがいらっして声をかけてくださり、撮影時の様子などいろいろと
お話をうかがうこともできてラッキーでした。

パンフレッドにあった一文ですが、覚書で載せておきます。
c0051107_9421635.jpg


昨日は風が強く寒かったですね。
写真もなくなったので少し歩いてみようかとカメラを持って出たのですが、
寒くてぶらぶら散歩どころではなかったです。
それでも、「私もちょっと木でも撮ってみようかな」と・・・・・(そこが単純なところ)
結果は、「何、これ?」、「ただの木じゃないの」ということになるのですが、
本人としては「六本木にもこんな木が生えているのか」、いちおう「発見」のつもり。
c0051107_1063966.jpg

題して「木と昼の月」、あの~、白いのはゴミ?ではなくお月さんです。
c0051107_10162472.jpg


ところで、最近、「木の素顔」というステキな言葉を知りました。
葉を落とした木々が天に向かって枝を伸ばしている様子を言っているようです。
私の写真ではその気にもなれないでしょうが、「木の素顔」、きっぱりとした潔さがあって
実にいいものですね。
c0051107_1029362.jpg

c0051107_10292241.jpg

c0051107_10294310.jpg

by suirenn2 | 2013-02-17 10:30 | Comments(2)

本のおすすめ 読んで「猿の脳味噌」を思い出した・・・

c0051107_941078.jpg

新聞記事(読売新聞)を見て早速買って読んでみました。
本の帯にはこうあります。
c0051107_925548.jpg

三浦哲郎といえば「忍ぶ川」しか読んだことがなく、それももう昔のことで、
しかも物語に感激して文章がどうであったかなど思ってもみないことでした。
今回、この「おふくろの夜回り」を読んで、新聞記事や本の帯の言葉が文字通りに
日本語の美しさ、素晴らしさを堪能した思いです。
文章が優れているということは、そのまま内容が濃く深いということ。
どの短編も時にユーモアを湛えながら情景豊かに描かれ、爽やかな読後感です。
c0051107_10175927.jpg

ところで、昔、中国を旅した時のこと・・・・
朝昼晩と3食付きのツアー旅行でしたが、ある日、「宮廷料理」のオプションがありました。
それは、もう興味があり、すぐに申し込みました。その日の観光に出かける朝のことでした。
「今夜は宮廷料理」と思うと、観光をしながらも期待で胸がいっぱい。
それで、観光の途中で、何となくふっとガイドさんに訊いてみました。
「宮廷料理って、どんなものが出るのでしょうね?」

ガイドさんが次から次と料理の名前を並べて教えてくれました。
そして、最後に「あっ、猿の脳味噌もありますよ」

このひと言で、期待も何もすべてが吹っ飛んでしまった・・・・・。
勿論、オプションは即キャンセル、あまりの衝撃でむっと吐き気がしたほどでした。
c0051107_1143393.jpg

「おふくろの夜回り」、この本の中に「脳味噌」と題する作品があります。
その中にこんな一文がありました。
「ところで、私は昨秋、日中文化交流会の作家代表団に加わって中国を訪れたが、
上海で、一夜、猿の脳味噌を食する機会に恵まれた。猿の脳味噌は、外見も味も
鱈の白子に似ていて、案の定、旨かった。」

鱈の白子は、私は大好物です。
「あの時、食べておけばよかったかな~」、そんな思いがちらっと過ぎりました。
もっとも、文章の続きには、こうも書いてありましたが・・・・。
「けれども、帰国してから、どうも頭の具合がよろしくない。あの晩の猿、もしかしたら
相当な脳足りんではなかったろうか。」

読書から思いがけず昔の旅のひと駒が浮かんできたのですが、「猿の脳味噌」、
このひと言はいまでも頭に焼き付いています。
c0051107_11463489.jpg

あの真っ白なお花がこんなふうに咲き残っている・・・・
c0051107_11512196.jpg

c0051107_11513673.jpg

c0051107_11522919.jpg

c0051107_11525629.jpg

c0051107_1153977.jpg

by suirenn2 | 2013-02-15 11:58 | Comments(8)

白隠展 ~ Bunkamura ザ・ミュージアム

江戸時代中期の禅僧であり、大量の書画を遺した白隠禅師(1685~1768)。
500年に一度の英傑として讃えられ、現在の臨済宗の僧侶たちの系譜をさかのぼれば
すべて白隠に行き着くほどの重要な存在です。
白隠は80余年の生涯を民衆教化に捧げ、その手段として大量の書画を遺しましたが、
それらは各地の寺院や個人コレクションを中心に散在しており、一般観客の目に触れる
機会はこれまで稀でした。本展は、40数ヵ所の所蔵者から大作を中心に100余点を
厳選し、質、量ともに史上最高の白隠展となるでしょう。 ー パンフより -

上記のような白隠展をみてきました。
数年前、上野の「妙心寺展」で白隠禅師が描いた「達磨像」に衝撃を受けたことがあり、
もう一度、特に達磨像がみたいと出かけてみたのです。
c0051107_106534.jpg

赤い衣の達磨像は「朱達磨」といわれ、縦が2メートル近くもある大きな作品です。
「直指人心 見性成仏」の賛が入っています。
「自分の心にこそ仏が宿り、それを自覚することで仏になる」という意味だそうです。
このように一つ一つの作品にはメッセージ性があり、意図や文章を読み解くのも
楽しいのかもしれません。但し、それは鑑賞眼があってのこと、私など及ばないことです。
c0051107_10234879.jpg

「布袋開解」は英訳で「Hotei Opens His Bag」となっていて、分かりやすいですね?
布袋様のこの弛んだお顔、くすくす笑い出してしまいそう・・・・
「すたすた坊主」も殆ど裸に近い恰好で、これまた吹き出してしまいそう・・・・
これらはまた布袋になぞらえた白隠の自画像でもあるそうです。

今回、強く印象に残ったのは、この「隻手」という作品・・・
c0051107_10434156.jpg

隻手とは片手のこと。「両手をたたけば音がするが、片手ではどのような音がするか、
それを聞いて来い」という「問い」になっているようです。禅の世界ですね。
「片手でどんな音がするか」って、何を言っているのか、ポカ~ンとしてしまう。
それなのに何故強く印象に残るのか、自分でもわからないけれど、人の心に響くものが
あるのでしょうね。

たっぷり2時間以上もかけてゆっくりと全部を鑑賞してきました。
でも、「円空展」の時もそうでしたが、内容が濃く奥深くて見きれないものですね。
もっとも、それだからこそ自分の目でみて、自分なりに感じることが大事なのでしょう。
c0051107_11131917.jpg

c0051107_1114258.jpg

c0051107_11144467.jpg

c0051107_11152445.jpg

c0051107_11154065.jpg

c0051107_11175682.jpg

by suirenn2 | 2013-02-13 11:20 | Comments(4)

昨日は・・・・Windows8講座など

c0051107_9553481.jpg

昨日はパソコン教室で「Windows8」の体験講座があり、参加して教えていただきました。
前に一度マイクロソフト社での講習も受けているのですが、その時はタッチパネルの操作で、
操作自体が不慣れなこともあり、消化しきれないままに終わってしまいました。
今回はマウスでの操作だったので、そんなに違和感もなく、何となくながら少しはわかった
ような気がします。

「Windows8」はタッチパネル操作が特徴ですが、長年の習慣でマウス操作の方が私には
馴染むというか、使いやすいというか、それが正直な実感です。
わたしのパソコンのOSはまだ「Vista」のまま、いまのところ不都合もなく動いているので
当分はこのまま使っていきたい、不具合なく使っていけることを祈るばかりです。

50ページもの懇切丁寧なテキストをいただきました。
「タッチパネルによる操作」「マウスによる操作」「キーボードでのショートカット操作」と
詳しく記載されているので、このテキストがいずれ力強い味方になってくれるでしょうか。
O先生、Tさま、お世話になりありがとうございました。
c0051107_1154599.jpg

話はかわって・・・・
テレビ60年記念ドラマの「メイドインジャパン」、見応えがありました。
昨夜は全3回の最終回でしたが、「どうなることやら」と息詰まるような思いでみてきただけに希望が持てるラストにはほっとしました。

私が住む大田区は町工場が多く、「メイドインジャパン」の技術や技術者が多いことでも
知られています。
友人知人に町工場の方もいて、少しは話を聞くこともあります。
また、区報などで多種多様な技術が紹介され、「メイドインジャパン」というこの言葉には
地元の空気が伝わってくるようなそんな響きがあります。

「メイドインジャパン、頑張れ!」、ドラマを見終わって大声でそう言いたい気持ちになりました。
c0051107_1224952.jpg

「冬青=ソヨゴ」でしょうか・・・・
c0051107_12123338.jpg

c0051107_12124918.jpg

c0051107_12131889.jpg

c0051107_12134588.jpg

c0051107_12153770.jpg

c0051107_12155341.jpg

菜の花がひとつ道端で咲いていました。
c0051107_1217877.jpg

by suirenn2 | 2013-02-10 12:20 | Comments(8)