<   2012年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

小田原庭園散策 ~ 松永記念館

「ぴんぼけクラブ」で小田原へ行ってきました。

「小田原駅」10時集合、駅前からバスで先ずは「松永記念館」へ・・・
紅葉を愛でながらゆっくりとお庭をみてまわりました。
あと少しすると真っ赤に染まるとのことでしたが、それでも申し分のない眺めでした。
c0051107_1122325.jpg

c0051107_1124043.jpg

c0051107_1125610.jpg

この「松永記念館」については[Mさんのブログ」で見せていただいたばかり・・・・
私は殆ど紅葉ばかり撮ってきたのですが、由緒ある茶室など点在して趣のある庭園です。

茶室のにじり口に置かれていた小石(写真右上)が面白かったです。
「出入り禁止」、出入りが出来ないという何とも風流な置き石でしょうか。
c0051107_11273688.jpg

「松永安左ヱ門」については、「電力王」「電力の鬼」という言葉しか知らないのですが、
ネットであたってみるといろいろエピソードもあって面白そうな人物です。
それに、中々の美男子でもあったような・・・・・?
Mさんがブログで紹介していましたが、「遺言状」などたいしたものです。
いまどきの政財界人にこれだけ言い切れる人がいるでしょうか。

    死後の一切の葬儀、法要、墓碑が不要。
    線香類も要らない。
    勲章位階(もとより誰もくれまいが友人の政治家が勘違いするので・・・・)
    これはヘドが出るほど嫌い。財産はセガレ及び一族に一切くれてはならね。

c0051107_120555.jpg

c0051107_1215619.jpg

c0051107_122861.jpg

c0051107_1222063.jpg


この後、「清閑亭」や「報徳二宮神社」「小田原城」へまわります。
by suirenn2 | 2012-11-30 12:05 | Comments(4)

東御苑散策

前後しますが、イチョウ見物の前に東御苑をひとまわりしました。
二の丸雑木林の紅葉を期待したのですが、木々はまだ緑で、ところどころに黄葉が
透けて見える程度でした。

いつものように苑内を歩きながら、「赤く見えるところ」にカメラを向ける・・・
c0051107_950138.jpg

c0051107_9502048.jpg

c0051107_9504597.jpg

モミジもきれい!
c0051107_9513663.jpg

c0051107_9515422.jpg

「残り少々」といった赤い実もあります。
c0051107_953283.jpg

この「サンシュユ」の実は意外に見る機会が少ないです。
c0051107_9542912.jpg

先日、天皇皇后両陛下が、二の丸庭園の池に「ヒレナガニシキゴイ」を放流なされたという
ニュースがありました。
訪れる度に池のコイも眺めていますが、「コイって、こんなにヒレが長かったかしら?」と
思ったことがあります。「ヒレナガニシキゴイ」とニュースをみて初めて知りました。

その後の新聞記事(読売)によれば・・・・・
皇太子ご夫妻時代の1962年に、訪問先のインドネシアで日本にはないヒレナガゴイを見て
日本のニシキゴイと交配すればヒレの長いニシキゴイができるのではないかと、天皇陛下の
ご提案があっての試み、そうして誕生したのですね。

先日両陛下が放流なさったコイはまだ小さく、警戒心も強くて橋のあたりには近づいてこないそうです。
91年にも両陛下は22匹を放流なされたそうで、現在8匹が大きく育っているとか・・・。
写真に写っているのは、ですから、その時のコイでしょうね。
c0051107_10511973.jpg

大手門で出迎えてくれたのは・・・・・・
「ユリカモメ」でしょうかね?
c0051107_10591561.jpg

この嘴が赤いのは、「ダイサギ?」
c0051107_1104017.jpg

お花は少し撮っただけ・・・・
c0051107_11132152.jpg

c0051107_11133865.jpg

c0051107_1114227.jpg

写真の題名は「残り香」とでもしましょうか。
c0051107_11161614.jpg

空を切り裂くようなきりっとした様子に「屹立」という言葉が浮かんできます。
c0051107_11214417.jpg

c0051107_1122980.jpg

by suirenn2 | 2012-11-28 11:23 | Comments(4)

丸の内のイチョウ

毎年恒例、昨日は丸の内のイチョウを見てきました。
ちょうど見頃だったでしょうか。
私は散り始めの頃が好きなのですが、まだ葉はしっかりしていて、
午後の陽ざしに美しく輝いていました。
風もなく穏やかな日和の連休最終日、写真を撮ったりスケッチしたり・・・・・と
沢山の人が楽しんでいました。
c0051107_10551640.jpg

c0051107_10553126.jpg

イチョウは、中生代、恐竜の時代にすでに栄えていた植物なのだそうですね。
その時代には10数種類にイチョウがあったと考えられているそうですが、
その後の氷河期に恐竜とともに絶滅、奇跡的に1種類が生き残って今に至っている。
ですから、植物としては珍しく、「1科1属1種」、同じ種類の仲間がいないそうです。
c0051107_1192465.jpg

c0051107_1194131.jpg

氷河期も生き延びた強い生命力、また長寿であることから、「神木」になることも多いようです。

「神木」といえば、今朝のニュースで・・・・・
最近、各地の「神木」が枯れているらしい。
木に穴を開けて特殊な薬剤を注入し、故意に枯らしているとか・・・・・。
木材需要を当て込んでの悪質な仕業のようですが、「ここまでやるか」と唖然としてしまいました。

「和田倉噴水公園」の噴水を入れて撮ってみました。
c0051107_11424876.jpg

緑の柳とコントラストになって舗道の並木もきれいです。
c0051107_11473417.jpg

皇居周辺、この辺りは松の緑もきれいです。
c0051107_1155069.jpg

c0051107_11551570.jpg

by suirenn2 | 2012-11-26 11:56 | Comments(6)

文字は人なり ~ 書道展

c0051107_7572026.jpg
書道展をみてきました。

孫の作品は、今年も「銀賞」、
本人は「金賞ねらい」のようですが、
「なかなか金賞はとれないね~」と。

でも、これだけ書ければたいしたもの。
学年でも一番小さいくらいのおチビさんなのですが、どこにこんな力があるかと思うほどの骨太で力強い文字です。

特に「文化祭」あたりの筆使いには落ち着いた流れがあり、品よくおさまっている。
感心しました。








ご覧ください、素晴らしいでしょ?
小学1~2年生の作品、何と味わい深い文字かと見とれてしまいました。
文字を通して言葉のイメージが浮かび上がり、膨らんでくるようです。
「きずな」って、そう、こんな感じ、そして、「まつ虫」は、ムシが見えるよう・・・・。
c0051107_839524.jpg

「文字は人なり」と言いますけれど、ちょうど直前に便箋2枚ほどの手紙を書いたばかり、
改めて自分の手で書くことの大切さを痛感しました。
だって、手紙ひとつまともに書けなくなってますもの・・・・。

帰りはぶらぶらと散策・・・・・

ぱっくり割れた実がまだのこっていました。
c0051107_928182.jpg

c0051107_9283647.jpg

本当に今頃のお花は季節をよく心得ている、
自分の身幅、身丈わきまえてこじんまりと咲いている。
c0051107_9403287.jpg

c0051107_942371.jpg

c0051107_9423279.jpg

見たときには気がつかなかったけれど、ネットがかかってますね。
鳥避け? でも、手が届くようなところだから、人避け?
c0051107_9463540.jpg

都会ではこんな光景もめずらしい。
c0051107_9485856.jpg

やっと赤く染まったモミジに出会えました。
c0051107_9533177.jpg

あとは、菊、菊、菊・・・・・・・
c0051107_955214.jpg

c0051107_9552262.jpg

c0051107_9554830.jpg

by suirenn2 | 2012-11-25 09:59 | Comments(2)

勤労感謝の日

「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という趣旨の祝日、
国民の祝日もいろいろありますが、1年も終わろうというこの時期に、
こういう趣旨の祝日があるのは意義深いような・・・・・?
こういう趣旨のことを家庭で子ども達に話してあげたらいいな~と思います。

1948年の制定、私が子ども時代にもすでにあった祝日です。
祝日には必ず国旗を掲げ、「昔は新嘗祭といって・・・・・」と父親からひとしきり
話を聞かされたものでした。その意味で、懐かしさのある祝日でもあります。

けれども、今では、「勤労をたっとび」など、かなり肩身が狭いような言葉。
社会に関わる勤労など何ひとつなくて、自分の暮らしだけを考えている。
「自分が楽しければ、それでよいか?」、何かの本に書いてありましたが、
「はい、それでよいです」とは言い切れない、そんな気持ちがあったのを思い出します。

今は・・・・さ~、どうでしょうかね?
c0051107_11433517.jpg

家の前の桜の木もすっかり色づきました。
c0051107_11453987.jpg

どこか山ででも見るような大きな松の群生・・・・・
これ、ある地主さんのお庭の光景です。
c0051107_11491710.jpg

鉢植えですがきれいに咲いていました。
c0051107_1155691.jpg

c0051107_11552046.jpg

花はほぼ終わり、可愛い実が見られます。
c0051107_1205191.jpg

これから赤くなっていくのですね。
c0051107_1214061.jpg

何でしょう? これも、これから色づくのかな?
c0051107_1293363.jpg

いかにもひっそりと目立たない感じで咲いている・・・・
季節をわきまえて咲いているような?
c0051107_1261774.jpg

c0051107_1265947.jpg

c0051107_1271918.jpg

c0051107_12141340.jpg

c0051107_12143029.jpg

by suirenn2 | 2012-11-23 12:15 | Comments(10)

済 インフルエンザ予防接種

インフルエンザの予防接種を済ませてきました。
お医者さんは9時からですが、待たされることがないよう早めに8時半に行ったら、
先生はもういらっしていて診察が始まっていました。
早めに診察を始めないと患者さんをさばききれないのかもしれませんね。

接種料金、2200円也。
先日の血液検査の結果もきいて、「問題なし」、早々に引きあげようとしたら、
「たまには顔をみせてくださいよ」ですって・・・・。
「お医者さんにそう言われてもね~」、ともかく一件落着です。
c0051107_11231386.jpg

お花が少ない時期、目につくものは何でも撮っている。
c0051107_11253923.jpg

c0051107_11255017.jpg

「常盤満作」でしょうか?
c0051107_11274686.jpg

c0051107_1128166.jpg

これは、「ネリネ」?
c0051107_11284941.jpg

c0051107_11291117.jpg

c0051107_11293046.jpg

c0051107_1130214.jpg

c0051107_11301744.jpg

相変わらずまだ名前がわからない・・・・
c0051107_1132576.jpg

c0051107_11321976.jpg

「ハナミズキ」、うっすら夕陽をうけて実が輝いていました。
c0051107_11334798.jpg

「キク」だけはあちらでもこちらでも・・・・
c0051107_1136570.jpg

by suirenn2 | 2012-11-22 11:37 | Comments(6)

腸はかしこい・・・・らしい

題名が面白いのでつい買ってしまいました。
c0051107_9333715.jpg
まだ読み始めたばかりですが、表紙のキャッチコピーなどみると「たらふく食べて、セックスして、野に出て運動して、おしゃべりして・・・・これで脳の報酬系は満足してしまいます。このように脳はうわべだけの満足ばかり求め、意志薄弱でうぬぼれも強いのです。常に真実をねじ曲げ、偏見まみれなのです。ところが腸は反対に意志が強固です。だましたり、だまされたり、勘違いなどしません。なぜでしょう。」と書いてあります。

また、「脳にばかり注目していると見落とてしまう大切な話」として、<脳には性的なモラルがない意志薄弱で偏見にまみれ、うぬぼれ屋の脳腸内細菌が「幸せ物質」を脳に運んでいる大食いによって癒される脳、壊される腸脳は糖の摂りすぎを嫌がる腸を整えると、トキメキ&ドキドキの恋愛が長続き生物と腸との歴史は40億年、脳とはたった5億年>といったことも・・・・。

私は胃腸が弱い(脳も弱いけれど・・・)ので、腸の話には興味があります。
日常生活の基、規範というような意味でも、腸に置いた方がよいのではないかと思ったりします。読み終わってどんな感想になるのかわかりませんが、それにしても「脳はバカ」、何だかおかしくて、笑ってしまう。確かに脳には「おバカちゃん」な一面がありそうな・・・・?
c0051107_10371836.jpg

公園のささやかな秋色・・・・・
見た目はもっと赤いような気もするのですが、あまり色が出ません。
c0051107_1039207.jpg

c0051107_10394190.jpg

c0051107_10401424.jpg

c0051107_1048249.jpg

c0051107_10485066.jpg

c0051107_1049857.jpg

c0051107_1049291.jpg

c0051107_10502775.jpg

c0051107_1053395.jpg

by suirenn2 | 2012-11-21 10:55 | Comments(0)

笑っちゃう・・・・

自分のことながら、自分でも笑っちゃう・・・・・

体調不良で寝込んでしまったのですが、その時に、もしも動けなくなった場合のことを
考えて、SOSを発信するために「ケイタイ電話」を握っていた。

普段は、興味もなく無関心で見向きもしないケイタイ電話・・・・・
寝室のベッドのそばには電話もあるのだから、そんなにまでしなくても良さそうなものを、
人間、これくらい自己防衛本能が働いているものなのですね。

それに、最悪の場合は、子どもにSOSを発信か・・・・・とか思いつつ、
仕事を持っているので急には無理、救急車かと思ったりして・・・・。

でも、寝込んで動けない時に、仮に救急車を呼んだとして、玄関の鍵は閉まっているし、
どうするんでしょう?
何と大袈裟なことかと笑われてしまいそうですが、一応真面目に考えたのですよ。
そして、「これだけ頭が回ればたいしたものだ」と、妙に自分に感心しました。
それが愉快で、何だか可笑しくて、自分で自分を笑っています。

ご心配をおかけいたしました。
元気になりました。皆さんのお気遣いに感謝です。
c0051107_1054332.jpg

前にもアップしましたが、また別のところでみつけました。
お花がついているのが珍しいような・・・・・?
c0051107_1121744.jpg

c0051107_1123031.jpg

眩しいほど輝いていました。
c0051107_1195441.jpg

c0051107_11101166.jpg

これは、何?びっしりと実をつけている。
c0051107_1111556.jpg

c0051107_11112029.jpg

赤い実はよく見かけますが、黄色っぽいのもいいものですね。
c0051107_11133734.jpg

c0051107_11135720.jpg

お茶? 山茶花? 品があって風雅です。
c0051107_11162679.jpg

c0051107_11163992.jpg

まだ咲いてます、ヒョロヒョロっと伸びて・・・・・
c0051107_11181888.jpg

c0051107_11183128.jpg

by suirenn2 | 2012-11-18 11:19 | Comments(12)

弱り目にたたり目

他にも「泣きっ面に蜂」とか「踏んだり蹴ったり」とか言われますが、
こんな諺がつくずくと身にしみる1週間でした。

前回ブログアップしたのが10日(土)の午前中、その直後から猛烈な吐き気や眩暈で、
そのままベッドに潜り込んでしまいました。気に病む間もなく眠りこけてしまったらしい。
起きた時にはもう暗くなっていて、「着換えなければ・・・・・」とタンスの引き出しを
開けたら、ガキッ! 腰を傷めてしまいました。

以後、2日間ほど、食欲なし、頭はぼ~っとしてるし、腰は痛いし・・・・・で、
殆ど動けない状態、そして、殆ど眠っていた。
普段、寝不足でもないのに、よくこんなに眠れるものと、呆れるくらい。

12日(月)の夜になって、「あ~、生きていた!」と、不意に長い眠りから覚めたような、
我に返ったような、正気に戻ったような感じでした。

人間は自己防衛本能がありますから、実際には、まったく動けなくなった最悪の状態や、
殆ど食べないといってもそれなりに補給する、そういう計算は働いているのですね。
以前ならかなりジタバタ、イライラと慌てふためいたことだったでしょうが、
今回はまったくそういう感情のブレがなかった・・・・・。
「災難に逢ふ時節には災難に逢ふがよく候」など、良寛和尚の言葉を思い出したりしました。
・・・・・・と、ま~、エラそうなことを書いているのですが、こうして綴ってみることで、
自分を見つめ直す「処方箋」となり、もっとも効き目のある「薬」にもなるような?

そもそもは生まれて初めての目の「ものもらい」から始まり、風邪、腰の捻挫と
トリプルパンチでしたが、「ま~、こんなこともあるわいな」と思うことにして、
また散歩できる日をじっと待っているところです。
c0051107_10434414.jpg

c0051107_1192429.jpg

c0051107_1194089.jpg

c0051107_1195459.jpg

c0051107_1110854.jpg

c0051107_11103286.jpg

c0051107_11104826.jpg

c0051107_11115021.jpg

by suirenn2 | 2012-11-16 11:13 | Comments(12)

散歩道の花

立冬も過ぎて暦の上では冬ですが・・・・・
風もなく穏やかに晴れた日は本当に心地よい秋日和、快適な散歩日和です。
でも、今日は風があるでしょうか?
家の中はぽかぽかで外の様子はわからないのですが、風の音に寒さを感じます。

「皇帝ダリア」が咲いていました。
散歩道で見られるのは一か所だけ、あるお宅で、2階の屋根より高く伸びています。
c0051107_10535940.jpg

c0051107_10541875.jpg

「源平臭木」も見かけるのが珍しいでしょうか。
源氏の赤旗、平氏の白旗になぞらえての名前とか・・・・。
c0051107_1172787.jpg

c0051107_1174252.jpg

何の花でしょう? 山茶花のようでもあり、でも、葉が細長い・・・・?
c0051107_1195657.jpg

c0051107_11101196.jpg

一輪だけ咲いていました。
c0051107_11111020.jpg

c0051107_11113164.jpg

c0051107_11122849.jpg

ヘリオトロープ(木立瑠璃草)でしょうか?
c0051107_11204211.jpg

誰に見せましょうか、という意味で「見せばや」なのだとか・・・・
別名「玉の緒」ともいうそうです。
c0051107_11211871.jpg

c0051107_11213647.jpg


さ~、今日はどちらの方を歩こうか・・・・・?
映画もみにいきたいけれど、土曜日で混みそうなので、後日にしましょう。
by suirenn2 | 2012-11-10 11:25 | Comments(12)