<   2012年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「挨拶」にも空の慣習 

今日も、ちょっと、空の話。
やはり、「機長たちのコックピット日記」から・・・・。

基本的に、交信のやりとりは英語で行うことが国際ルールで決められているそうですが、
最初と最後の挨拶や「ありがとう」などのお礼を、相手の国の言葉で話すのが空の世界では
慣習になっているとか・・・・・。

例えば、日本からパリへ向かう便は・・・・
シベリアから北欧、ドイツ、オランダなどの上空を飛行していくそうですが、その間、
途中の航空管制官と交信する場合、そうした空の挨拶の慣習があるようです。

コックピット内の時計は、国際機関によって定められている世界共通の「協定世界時」、
そのため、現在地の時刻はわからないので、パイロットは頭の中で計算して、挨拶の言葉を
選んでいるそうです。

仮に、シベリア上空を飛行中なら・・・・・・
現地の時間に合わせてロシア語で「ドーブルイ・ジェーニ」(こんにちは)、
「ドーブルイ・ヴェーチェル」(こんばんは)、などと挨拶なさるのですね。
そうして、ひととり英語の交信が終わると、最後に「スパスィーパ・ダ・スヴィダーニャ」、
「ありがとう・さようなら)と・・・・。
すると、相手からも「サヨウナラ、ヨイタビヲ」などと日本語で返ってきたりする。

広大なシベリアのとある地方で、おそらく一度も日本人に会ったことがないかもしれない
人から、日本語で挨拶されると、不思議に親近感がわいてくるものです。


心温まるというか、ぼのぼのとした気持ちになって、この一文には感動しました。
こうしたところにも空の安全運航の気配りがあるのですね。
c0051107_10155337.jpg

公園の木もほんのり色づいてきました。
ここ数年はあまり紅葉しないまま終わってしまうのですが、今年はどうでしょう?
c0051107_10201755.jpg

c0051107_10203711.jpg

「落羽松」の実、これ、何故か気に入って、行くたびに見上げています。
側枝が鳥の羽に似ていて、黄葉の後は散ってしまうことから、この名前になったようです。
別名「沼杉」とも・・・・。根が「気根」として地面からニョクニョキ出てくるようですが、
この公園ではその様子は見られません。
c0051107_10333558.jpg

c0051107_1032725.jpg

まだきれいに咲いていました。
別名は、花を蝶に例えて「西洋風蝶草」、
一方、英名は、蝶ではなく脚の長い蜘蛛にたとえて「spider flower」
c0051107_10395992.jpg

ある中学校で生徒さん達が学校のまわりに鉢植えの花を飾っています。
中でも「竜胆」がひときわきれいでした。
c0051107_10462288.jpg

「風船唐綿」、もう綿になったのもありますが、お花もまだきれいに咲いてます。
c0051107_10571346.jpg

「石蕗」の花が目につくようになりました。
艶のある葉が蕗に似ているところから「艶葉蕗=つやはぶき」と言われていたのが転訛、
そういう説もあるそうです。
c0051107_1163440.jpg

c0051107_1165319.jpg

「姫蔓蕎麦」、そこら中で見かけますが、よく見ると可愛いお花です。
ヒマラヤ地方原産とか、日本へは明治中頃に渡来したそうです。
c0051107_11133793.jpg

c0051107_1114797.jpg

by suirenn2 | 2012-10-27 11:17 | Comments(5)

空 美

「そらみ」と読むそうです。

「本格的な一眼レフカメラを手に若い女性が空港に現れる。お目当ては海外スターか、
スポーツ選手か。ファインダー越しに狙うのは飛行機だ。◆男性中心だった趣味の世界に
女性が押し寄せている。登山の<山ガール>、鉄道マニア<鉄子>に続き、急増するのが
飛行機に萌える<空美>である。女性限定の撮影会は大にぎわいだ・・・・・」

読売新聞の「編集手帳に」にこんな記事が載っていました。

女性限定の撮影会など、羽田空港ではそれらしい光景をまだ見たことはないのですが、
「空美」とは、また何というオシャレなネーミングでしょう。
若くはないけれど、飛行機好きの私も「空美」のハシクレ位には入れてもらえるかな?
c0051107_9143099.jpg

テレビで航空管制官を主人公にしたドラマをやっている。
次々と指示を出しているらしいことはわかるけれど、英語でもあり、詳しくはわからない。
そのあたりの詳しい様子が、先日読んだ「機長たちのコックピット日記」に紹介されていました。

例えば、羽田空港から鹿児島空港へ飛ぶ場合、いったい何人の管制官と交信し、
許可をもらうことになるか?

●羽田空港で出発準備の整った旅客機は、まず「クリアランス・デリバリー」(管制承認)と交信、飛行計画の承認をもらう。
●その後、駐機場から滑走路までの移動を「グランド」(地上管制)に許可してもらう。
●滑走路から飛び立つ際には「タワー」(タワー管制)、
離陸してから空港周辺を上昇いる間は「ディバーチャー」(出域管制)・・・・・・
このように担当する管制官が替っていくそうです。

本にはもっと詳しく書いてあるのですが、ともかく、次々と替るのですね。
羽田空港から鹿児島空港までの飛行で、13人の管制官と交信した、とありました。
忙しい空域では、数分ごとに管制官が替ることもあり、その度に、コックピットでは
無線の周波数を変更するそうです。

さらに、付け加えると・・・・・・
これは多くの人が知っていることだそうですが、日本の空は、おおよそ高度4000メートル以上になると、大きく4つの管制区域(札幌、東京、福岡、那覇)に分かれているそうです。
そして、それぞれの管制空域は更に細かくセクター(区域)に分かれている。

空の安全が、こうして細密に保たれているということでしょうか。
c0051107_1093740.jpg

c0051107_1046674.jpg

c0051107_10464862.jpg

c0051107_10471040.jpg

c0051107_10473357.jpg

c0051107_10475331.jpg

c0051107_10481425.jpg

by suirenn2 | 2012-10-26 10:49 | Comments(2)

横浜散策

雑用が多く出歩いているうちにどんどん日が過ぎてしまう。
21日、横浜へバラを見に出かけたのですが、今頃になってやっと写真の整理です。
この日はよく晴れて、香りを漂わせながら秋バラが眩しいほどでした。
c0051107_1026287.jpg

c0051107_1027670.jpg

レンズがかわってうまく撮れていない、ボカシでゴマカシ・・・・
c0051107_10283318.jpg

c0051107_10291017.jpg

いつもの見慣れた光景です。
c0051107_10295925.jpg

「港の見える丘公園」のバラ園、ここには大きなセンダンの木があります。
他で見ることがないので、来る度に見上げるのも楽しみ・・・・・
たわわに実をつけていました。
c0051107_10371846.jpg

c0051107_10373559.jpg

お決まりのコースで今回も「赤い靴」のバスに乗って次は「山下公園」へ・・・・
この日は海の清掃日だったようで、大勢のダイバーが来ていました。
ただ、お掃除は終わったらしく、皆さん、ウェットスーツを干していました。
c0051107_10461159.jpg

「開港資料館」のツタがうっすらと色づいていました。
c0051107_1050249.jpg

「日本大通り」のイチョウ並木・・・・・
歩いていたら例のあの独特の臭いが漂ってくる、ギンナンですね。
歩道は、でも、実ひとつ落ちていなくて、掃除が行き届いていました。
c0051107_10574674.jpg

c0051107_1058810.jpg

好天の日曜日でどこもかなりの人出・・・・
快い散策になりましたが、人の多さにはちょっとびっくりしました。
by suirenn2 | 2012-10-25 11:17 | Comments(6)

小さい秋みつけた ~ 東御苑散策

ここでも「十月桜」が少し花をつけていました。
十月桜は「こひがんざくら」の園芸種で、晩秋の頃から咲き始め、冬の間も咲き続ける。
いっせいにぱっと開花するのではなく、少しずつゆっくりと長く咲くお花のようですね。
c0051107_9585741.jpg

c0051107_9591576.jpg

今回珍しかったのはこの「麻耶蘭=マヤラン」です。
神戸市の麻耶山で発見されたのに因んだ名前だそうですが、レッドリストの絶滅危惧種に
記載されているとか、貴重な植物なのですね。
15㎝くらいだったでしょうか、雑木林の中でひっそりと1輪咲いていました。
c0051107_1054578.jpg

「釣鐘人参」も咲いているのはなくて、この小さな蕾が1つ見えるだけでした。
c0051107_101046100.jpg

「秋の野芥子」、古い時代に大陸から帰化したと考えられているそうです。
花は夕方には萎んでしまうとか・・・・。
c0051107_10195734.jpg

c0051107_10201363.jpg

「野竹」です、根は鎮痛、解熱、去痰薬になるそうです。
c0051107_10251325.jpg

c0051107_10252942.jpg

「秋明菊」、京都市北部の貴船に多く見られることから、別名「貴船菊」とも・・・
「菊」と名がついていますが、キク科ではなくキンポウゲ科なのですね。
c0051107_10365522.jpg

c0051107_10371730.jpg

c0051107_10374423.jpg

この花は? 気になるお花です。
c0051107_1040022.jpg

この「紫式部」が見られたのも嬉しいことでした。
コムラサキはいくらでも目につくのですが、紫式部は意外に見る機会が少ない・・・・
色づき始めた淡い赤紫が何とも初々しい。
c0051107_10505040.jpg

c0051107_11201986.jpg

小さい秋見つけた~♪
c0051107_1122164.jpg

by suirenn2 | 2012-10-22 11:25 | Comments(11)

青 空

金木犀が満開です。
散歩道だけでもどれくらいの木があるのか・・・・
乱暴な言い方ですが、そこらじゅう到るところにある。
葉が汚れていると咲かないそうですから、雨に洗われたのが良かったでしょうか。

別名は「桂花」・・・・
原産地の中国には、キンモクセイは月に生える仙木で、仲秋の満月が金色あざやかなのは
月の桂花が咲いたからだという民話があるそうです。
c0051107_94429.jpg

c0051107_941933.jpg

これくらいの花つきの方が私は好きですが・・・・
c0051107_953990.jpg

花水木の赤い実も目をひきます。
葉も紅葉するときれいなのですが、何故かチリチリに枯れてしまっている。

明治42年に東京市長だった尾崎行雄氏が、平和の使者としてアメリカに桜を贈った・・・
その返礼として、この木が贈られてきたのはよく知られた話で、
「返礼」の花言葉ににもなっています。
アメリカから来た木であるため、太平洋戦争の時代は適視され、殆どの木が切り倒された
受難の歴史もあるのですね。
c0051107_9263127.jpg

c0051107_9265125.jpg

c0051107_9273684.jpg

空がきれいなので、歩いていても見上げることが多い・・・・・
青空が何でもなさそうな樹木などを引き締めています。
c0051107_9341675.jpg

c0051107_9343831.jpg

c0051107_9345730.jpg

c0051107_9351961.jpg

by suirenn2 | 2012-10-20 09:38 | Comments(4)

あきらめない?

15日(月)、用事で銀座へ出かけたのですが、訪ねた店は定休日でした。
お店の定休日は知らなかったけれど、この日が月曜日であるのは知っていました。
だから、出たついでに東御苑へでも寄りたいけれど、「月曜日は休園」とわかっていた。
私がよく出かける都立の公園など、月曜日は休みですものね。

これだけわかっていて、何で「帰りに芝離宮庭園に寄ってみよう」と思ったのか?
寄るつもりでカメラもipadも持参して家を出たのです。
そして、芝離宮庭園のある「浜松町駅」へ行くべく「有楽町駅」の改札を入ったその時、
初めて唖然として気がついたのでした。
「芝離宮庭園も都立の庭園なのだから、今日は休みでしょ!」

気がついたのだから、普通なら諦めて、そのまま帰ってくるなりする。
ところが、諦めが悪いというか何というか、浜松町駅で下りて歩いて行ったら・・・・
「開園中」の大きな立て札が目に飛び込んできたのです。
「あ~、諦めないで、よかった!」、もう嬉しくて舞い上がるような心地でした。

浜離宮庭園へ寄ってみたかったのは、実はお目当てがあったから・・・・・
それが、この十月桜です。
c0051107_101745.jpg

c0051107_10172034.jpg

c0051107_10175710.jpg

「お願い、逃げないでね」「逃げないでよ~」
思いがけないこんな嬉しい出会いも・・・・・
c0051107_1039115.jpg

c0051107_10391877.jpg

ここはお花は多くはありません。
c0051107_1041351.jpg

ピクリとも動かない、置物みたい・・・
c0051107_1104663.jpg

c0051107_1122368.jpg

c0051107_1123965.jpg

「東京タワー」がみえます。
c0051107_1151563.jpg

そうそう・・・・本当に久し振りの再会でしたが、浜松町駅のこの坊やは、
この10月14日で60周年、「還暦」なんですって・・・・・「おめでとうございます」
c0051107_11114520.jpg

休みと思っていたら開園中だった、坊やは還暦だった・・・・
「よかったね~」と天が言っているような夕景でした。
c0051107_11201156.jpg

c0051107_11203220.jpg

c0051107_11205167.jpg

by suirenn2 | 2012-10-17 11:27 | Comments(8)

BIRDS

昨夜のフジテレビの新番組「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部」、
「日本で最も多くの飛行機が行き交う東京・羽田空港を舞台に、離着陸するパイロットに
指示を与え、安全運航のために奮闘する航空管制官たちの姿を描く」と新聞でも紹介のあった
ドラマですが、普段羽田空港を身近に感じているだけに、興味深く面白いものでした。

ドラマでは「バードストライク」の様子も描かれていました。
航空機と鳥との衝突、「バードストライク」は、航空機の運航に影響を与えたり、
場合によっては航空事故にもつながる厄介なものなのだそうです。
着陸時の衝突であれば、安全確認のために滑走路を一時閉鎖したり、着陸のやり直しを
したり・・・・・・。

この「バードストライク」対策のために、羽田空港では、最近、「空港鳥検知装置」という
新しい機器が設置されたそうです。見たことがないので何ともいえませんが、風車のように
くるくる回るレーダー機器のようです。
「Birds Position Information Rader Display System」って、いうんですって・・・・。
略して「BIRDS」と名付けられたそうですが、本邦初どころか世界初ともいえる装置とか、
一度是非見てみたいものです。

どんなドラマになるのか、これから楽しみです。
c0051107_10293514.jpg

最近の写真から・・・・
c0051107_10373253.jpg

c0051107_10385080.jpg

c0051107_103945.jpg

長く咲いてますね。
c0051107_10394179.jpg

色違い・・・・
c0051107_10402477.jpg

c0051107_10421132.jpg

お花もまだ咲いてます。
c0051107_10424284.jpg

c0051107_10452967.jpg

c0051107_1045443.jpg

ひとつだけ咲いていました、蕾がいっぱいついていたのでこれからでしょう。
c0051107_10522839.jpg

数日前の空・・・・
c0051107_10534641.jpg

by suirenn2 | 2012-10-15 10:54 | Comments(12)

昨日の散歩

c0051107_10354094.jpg

昨日は、いつもはあまり行かないところを歩いてみました。

病院です、ツタを這わせた窓の様子がクラシカル・・・
c0051107_10531582.jpg

川面に映ると何でもない建物もきれいにみえます。
c0051107_10595255.jpg

「ところてん屋さん」がありました。
他に「大福」も少し並んでいましたが、ところてんが専門みたいです。
「商売になるのかな~?」と余計なことを考えてしまいました。
c0051107_117595.jpg

お花は少なかったです。

「月橘=ゲッキツ」、名札があったので名前がわかりました。
別名「シルクジャスミン」とも・・・・。ミカンの仲間で、
花の後赤い実が生り、食用になるそうです。
c0051107_11142023.jpg

犬に吠えられて、1枚だけ撮って早々に退散でした。
c0051107_11174066.jpg

「数珠玉」、糸を通して首飾りを作ったりしたものでした。
c0051107_11231648.jpg

何度か見ているのですが、名前がわかりません。
c0051107_11243748.jpg

c0051107_1125054.jpg

この真っ赤な葉、何でしたっけ・・・・?
c0051107_11291651.jpg

c0051107_1129354.jpg

「もう赤くなった頃?」と、歩いて歩いて会いに行きました。
あるお宅の生垣の中で、隠れるようにひっそりと色づいていました。
生垣の葉を避けながらの撮影です。
c0051107_1137424.jpg

日も暮れかけて、うす暗いところなので、ちょっと色が良くない。
でも、東御苑でしか見られなかったのが散歩道でもみつけて、これは大発見でした。
c0051107_1141010.jpg

家のベランダから・・・・・
カメラさんのお仕事はこれでおしまい、「お疲れさまでした」
c0051107_11451915.jpg

c0051107_11455632.jpg

by suirenn2 | 2012-10-14 11:51 | Comments(5)

秋の香り

私の背丈ほどのまだ小さい木でしたが、金木犀が花をつけていました。
春の「沈丁花」、夏の「梔子」とともに「三大芳香花」と言われていますが、
私はこの金木犀の香りが一番好きかな・・・・・?
英名は「fragrant olive=フレグラント・オリーブ」、でも、殊の他秋に思い入れのある
日本人には「fragrant autumn」、「香る秋」とでも言いたいような・・・・?
c0051107_10515654.jpg

c0051107_105223100.jpg

オリーブといえば、これがオリーブの実、見かけるのは本当に珍しいことです。
ギリシャ神話にも登場するオリーブ、花言葉は「平和」、
ギリシャ人は、相手の国に平和の使者を出す時にオリーブの枝を持たせたそうです。
c0051107_1155613.jpg

c0051107_1161166.jpg

珍しいといえば、この「通草・木通=アケビ」・・・・・
アケビって、こんなふうに実が生るのですね。
紫色の実がスーパーにも並んでいますが、私はまだ食べたことがない、
どんな味なのでしょうね。
c0051107_11205940.jpg

c0051107_11221168.jpg

柿が艶やかにいい色になってきました。
「老鴉柿」も色づきはじめて、真っ赤に染まっていくのが楽しみです。
c0051107_1129551.jpg

c0051107_11292610.jpg

c0051107_11294693.jpg

これは、何の実・・・・?
葉も見て茎も見て、一応じっくり観察はするのですが、どちらもさっぱりわからない。
でも、可愛らしいでしょ、散歩ではこういう出会いが嬉しいのですね。
c0051107_11403574.jpg

c0051107_11405969.jpg

by suirenn2 | 2012-10-13 11:42 | Comments(4)

お花が飛び込んでくる・・・

高い梢に咲いていました、桜ですね。
私は目が悪い、大きな木の先端にちょっと咲いているのなど「目につく」とは思えないのに、
お花の方から飛び込んでくるような・・・・・?
カメラのズームがきかないので、相当トリミングして何とかお花らしく見えるかな?
c0051107_1163338.jpg

これもヒョロヒョロっとした大きな木の先に咲いていました。
ちょっとハゼランに似た感じですが、名前はわかりません。
c0051107_1182535.jpg

c0051107_1184450.jpg

秋の七草のひとつ「藤袴」、散歩道でこういう花に出会えるのは嬉しいね。
c0051107_11144791.jpg

c0051107_1115426.jpg

c0051107_11152580.jpg

「柳花笠」の名前が好きでこの名前を使っていますが、「三尺バーベナ」とも・・・
c0051107_1118546.jpg

c0051107_11183711.jpg

白い萩、見事でした。写真はダメだね~。
c0051107_1122231.jpg

草むらでこういうお花をみつけると嬉しくなる。
ミント、薄荷ですね。
c0051107_1124625.jpg

またまた彼岸花、この家の奥様がいっぱい球根を植えて咲かせたのです。
暫く花談義、写真を撮る人も多いので、「よかったらポストに入れておいてください」、
そう言って集まった写真を飾っているとのことでした。
奥様も写真が好きで「霧吹きでちょっと水をかけると面白い写真が摂れますよ」、
そんな話もありました。なるほど、霧吹きね~、今度、持って歩くことにしましょうか。
c0051107_11394140.jpg

c0051107_1140211.jpg

c0051107_11402110.jpg

by suirenn2 | 2012-10-12 12:03 | Comments(4)