<   2011年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

猫 と 蝉

昨日あたりから近所でもセミの鳴き声が聞こえるようになりました。
殆どミンミンゼミですが、やや遠くからシャワシャワといった鳴き声も・・・・・。

さて、昨日の散歩中のことですが・・・・
途中でいつもの定番の場所で休憩していたら、背後の植え込みの中で何やらゴソゴソ・・・
小枝の隙間から覗き込んでみると、何とネコがセミを捕まえて戯れている。
いえ、弄んでいると言った方がいいでしょうか。
手でしっかり押さえこんで、時々口に持っていくのですが、食べるわけでもない。

地中から出て来たばかりのセミが捕まったのでしょうが、チチッと鳴く声の哀れなこと!
長い地中生活からやっと地上に出て、ネコのオモチャになるなんて、何と傷ましいこと!
私の他にも見ていた人が何人かいたのですが、どなたかが「運が悪いな~」・・・・・と。

きわめて残酷な光景でしたが、これも自然界ではあり得ることなのですね。

名前がわかりまさえん、赤、白、黄色の3色の花が咲いていました。
c0051107_11222737.jpg

c0051107_1122522.jpg

c0051107_11231789.jpg

c0051107_1123409.jpg

c0051107_1124253.jpg

c0051107_11243162.jpg

c0051107_11245198.jpg

c0051107_11252235.jpg

c0051107_112898.jpg

c0051107_11302227.jpg


More ごちそうさま
by suirenn2 | 2011-07-30 11:39 | Comments(10)

母と同居 思うこといろいろ・・・・

実家で大掛かりな改修工事があり台所のガスなどもとまっているので、
役2週間ほど母が我が家へ居候で来ています。
母は90歳、自分のことは何でもできるし特に面倒をみる必要もないのですが、
私はもう何十年も人と暮らしたことがなく、まして老人と一緒に暮らした経験もないので、
正直なところ何とも言えない「独特の雰囲気」に少々唖然としています。

立ち居振る舞いの様子などスローモーションビデオでも見ているよう・・・・・・
耳が遠いので会話は私は叫ぶようになって、そういうことに慣れてもいないので
自分の喋り方に自己嫌悪に陥ったりして・・・・・。

つくずくと年をとるのは大変なことだと実感しています。
この母の姿が、将来の自分の姿?そう思うと気持ちが滅入ってしまいそう・・・・。
でも、間違いなく自分も老いていくわけですし、やはりあれこれ考えてしまう。
偶々同居することになった2週間ほどのこの機会が、私にはよい教訓になってます。

c0051107_10465664.jpg

c0051107_10471125.jpg

c0051107_10473331.jpg

c0051107_10475223.jpg

c0051107_10482031.jpg

c0051107_1049112.jpg

c0051107_10491831.jpg

c0051107_10501719.jpg

c0051107_10504254.jpg

c0051107_10513112.jpg

c0051107_10535641.jpg

by suirenn2 | 2011-07-29 10:57 | Comments(14)

防災公園

区報で新しくできた公園の案内があったので行ってみました。
家からはかなりありますが運動のつもりで歩いてきました。
広さが27,945,2㎡もある防災公園で「わくわくランド」という愛称もある。
防火水槽、災害用トイレ、その他災害用品の備蓄、管理棟には太陽光発電設備をそなえた
区内初の防災公園です。

園内には、芝生の広場やビオトープの池があり、樹木も植樹されているとのことで、
池など楽しみに出かけたのですが でも、まったくの期待外れでした。
ただ広いだけで池もほんの形ばかりといった感じです。
しかも中へ入れないようにまわりをロープで囲ってあるので、面白くも何ともない。
樹木も植えたばかりの細木ですから、葉が茂り緑豊かになるにはまだ何年もかかるでしょう。
c0051107_10251413.jpg

c0051107_1027193.jpg

期待外れではありましたが、よく歩いたので運動にはなりました。
行き帰りの途中で写真が撮れたのも収穫だったでしょうか。
c0051107_1111037.jpg

c0051107_1113158.jpg

c0051107_1175411.jpg

c0051107_1183858.jpg

c0051107_119798.jpg

c0051107_1193449.jpg

c0051107_1110121.jpg

c0051107_11102334.jpg

c0051107_11104421.jpg

まだ紫陽花がきれいに咲いていました。
c0051107_11125654.jpg

c0051107_11133063.jpg

by suirenn2 | 2011-07-28 11:15 | Comments(8)

近所ではまだ聞こえない・・・・

c0051107_9193383.jpg

今年はまだ近所ではセミの声を聞かない。
ちなみに去年は今日25日に初鳴きを聞いているのだけれど・・・・・。
東御苑ではけっこう鳴いてました、でも、蝉時雨というほどでもなかったかな?

アブラゼミ、ニイニイゼミ、ヒグラシ、ミンミンゼミ、ツクツクホウシなど浮かんできますが、
日本にはどのくらいの種類がいるのでしょうね。
ちょっとネットであたってみたらセミの鳴き声がきけるサイトにヒットしました。
ネットでセミの鳴き声を聞く、これも悪くない?

カナカナカナ・・・・・・私はヒグラシの鳴き声が好きです。
もう何十年と聞いてはいないのですが、夕暮れ時のカナカナカナというあの声の物哀しさ、
感傷的になるその気分が好きなのでしょうか。

     蜩に十日の月のひかりそむ    川端 芽舎

今日の写真も東御苑で撮ったものです。
c0051107_1023873.jpg

c0051107_10234680.jpg

c0051107_1024729.jpg

c0051107_10242891.jpg

c0051107_102554.jpg

c0051107_10302364.jpg

c0051107_10323188.jpg

c0051107_10325142.jpg

こんな可愛い実、ちょっと美味しそうにも見える実ですが、有毒です。
c0051107_10331273.jpg

c0051107_10333499.jpg

by suirenn2 | 2011-07-25 10:42 | Comments(10)

東御苑で・・・・

久し振りの東御苑散策でした。
今の時期お花はあまりありませんが、蝉の声を聞きながらぶらっとひとまわり・・・・
原発事故の後、ばったり途絶えてしまったように思えた外国人の姿が多く目について
何となくほっとするような嬉しい気持ちになりました。

c0051107_10314481.jpg

c0051107_1032991.jpg

今回初めて見つけたお花です。
「秋落葉松」、キンポウゲ科の植物・・・・
c0051107_10333960.jpg

c0051107_10342268.jpg

c0051107_10344070.jpg

けっこう人が出ていました。
このところ涼しいので皆のんびりと散策を愉しんでいるようでした。
パトロールの警備の方が「こんにちは~」と声をかけてくれるのも爽やかでした。
c0051107_104615100.jpg

c0051107_1046481.jpg

c0051107_1049646.jpg

こんな間近でゲット、木蔭の茶畑でひと休み?
c0051107_10552622.jpg

c0051107_1141248.jpg

c0051107_1143790.jpg

by suirenn2 | 2011-07-24 11:09 | Comments(6)

ほうろく加持祈祷 ~ 池上本門寺

先日、風鈴を見に行った時に案内があったので、どんなものかまた出かけてきました。
ただ見物するだけのつもりでしたが、折角来たことなので私も体験してみました。

c0051107_875474.jpg
会場は石段を上ってすぐの「長栄堂」、
受付で志納金500円を納めてお守りをいただきます。
このお守りの裏側には年齢が記入されている。

頭の上にこのお守りを載せて、ほうろく皿をかぶり、その上でもぐさを焚いて頭痛除けと年中の息災を祈るのが日蓮宗独特の「ほうろく加持祈祷」です。

毎年、土用の丑の日に行われるのだそうです。

私は頭痛には縁がないけれど、息災と少しは頭がよくなりますようにと祈りながらお皿をかぶりました。お皿を被るとお坊さんがもぐさを載せて焚いてくれます。お皿を頭に直につけると熱いので、少し離して持つ。そうして、加持祈祷を受けるわけです。
c0051107_8324075.jpg

c0051107_8331225.jpg

c0051107_833379.jpg

何のお経かはわかりませんが、日蓮宗ですから「南無妙法蓮華経」の読経とともにカチカチカチと拍子木のようなものが打ち鳴らされ、びっくりするほどの華麗さのある祈祷でした。
拍子木のようなものは「木剣」という日蓮宗の仏具だそうですが、この音が軽快で心地よく、身体中の邪念が吹き飛んでいくようでした。お守りは枕に入れておくといいそうです。

面白いと言っては叱られてしまいそうですが、愉快な体験になりました。
頭が暫くほんわかと温かく、少しは期待の聴き目があったでしょうか。

c0051107_8552191.jpg

c0051107_8554446.jpg

c0051107_856498.jpg

c0051107_856212.jpg

この青い花は何でしょう?
c0051107_858957.jpg

c0051107_858255.jpg

ベランダのゴーヤがいくつか花が咲きました。
c0051107_8594450.jpg

c0051107_8595928.jpg

by suirenn2 | 2011-07-22 09:02 | Comments(9)

風鈴市 ~ 川崎大師

c0051107_10272026.jpg

台風の影響でどんよりした曇り空、陽射しがない分だけいくらか凌ぎやすいでしょうか。
でも、暑さはまだまだこれからが本番、皆さん、お身体には充分に気をつけてくださいね。

18日、川崎大師の「風鈴市」に出かけてきました。
猛暑日でしたが、風鈴が好きなのでついつい足が向いてしまします。
c0051107_10381837.jpg

c0051107_1043388.jpg

c0051107_10435711.jpg

ちょうど「風鈴供養」の読経がありました。
お経は「般若心経」、私も少しは覚えているので一緒に唱えてきました。
c0051107_1111280.jpg

c0051107_1165327.jpg

c0051107_1172014.jpg

c0051107_117434.jpg

c0051107_118889.jpg

by suirenn2 | 2011-07-20 11:10 | Comments(12)

やった~ なでしこジャパン 凄い!

今朝から何回テレビを見たことか・・・・・・感動の一日でした。
勿論、見たのは「なでしこジャパン」の決勝戦、素晴らしい試合でしたね。
中継を見ようと思いながら眠ってしまって、今朝一番のニュースで優勝を知った時には
「何で寝てしまったの」と後悔したのですが、試合の様子をみているうちにそんなことは吹っ飛んで
しまいました。信じられないような展開にただぼぉ~っとして見入ってしまいました。

優勝の瞬間、そして、選手の皆さんが金の紙吹雪の中でトロフィを高々と掲げる姿には
胸がいっぱいになりました。
どんな時も「最後まで諦めない」など口で言うのは簡単なことですが、それを見事に体現して
見せてくれたのですね。最後の最後まで、諦めない、くじけない、折れない、その粘り強いひたむきさに
改めて大事なものを教えられたような気がして、頭が下がる思いです。

「なでしこジャパン」、優勝、おめでとう!そして、感動を、ありがとう!

c0051107_23214473.jpg

c0051107_2322953.jpg

c0051107_23222943.jpg

c0051107_23225445.jpg

c0051107_2323154.jpg

c0051107_23264769.jpg

c0051107_2327576.jpg

by suirenn2 | 2011-07-18 23:29 | Comments(12)

スケッチ水彩画展をみせていただきました

ブログでもお付き合いのあるHちゃんの「スケッチ水彩画展」を見せていただきました。

c0051107_10533841.jpg
どの作品も素晴らしい、それはもう言うまでもないことなのですが、特に私は「路地の朝」と題する1枚に魅せられて、絵の中に惹きこまれるようでした。

マルタ島へご旅行なさった時の街の様子・・・・
朝のいっとき、ちょっと立ち話をしている男女の様子が、私も「おはよう!」とでえも声をかけたくなるような親近感のある優しさで描かれています。

本当にまるで自分もそこに居合わせているような臨場感、「絵の力って凄いものだな~」と伝わってくるその力強さにも打たれるようでした。

出展なさっている絵は全部写真に撮らせてもらったのですが、うまく撮れていません。この絵も、私の写真では申し訳ないことなのですが、自分の大事な記念としてアップさせていただきました。
Hちゃん「ごめんちゃ」、どうぞご寛容に・・・・。ステキな絵を見せていただきありがとうございました。

帰途、美容院へ・・・・・
渋谷駅から道玄坂上まで歩いたのですが、焼けつくような暑さでした。
でも、髪を短めに切ってさっぱりしました。
c0051107_1134409.jpg

c0051107_11423093.jpg

c0051107_11425067.jpg

c0051107_11431035.jpg

c0051107_1143308.jpg

c0051107_11434727.jpg

c0051107_11444137.jpg

c0051107_1145767.jpg

c0051107_1146585.jpg

by suirenn2 | 2011-07-16 11:48 | Comments(6)

小川の辺

映画をみてきました。

   原作は藤沢周平。海坂藩士の朔之助は、脱藩した元藩士を討つ旅に出る。
   相手は旧友であり、妹の夫。朔之助の葛藤が物語の焦点。うねるような感情も
   派手な殺陣も封じ、朔之助と元藩士、妹に心を寄せる従者らとの関係を回想で
   見せる語り口は悪くない。主役の東山紀之の折り目正しい演技も、藤沢作品に
   ふさわしい。

以上のような新聞の評があったのですが、私には正直なところ期待外れでした。
藩命とはいえ妹の夫でもある旧友を討つという武士の内面、その葛藤はどれほどのものか、
そういう奥深さや重さがもう少し描かれてもよかったのではないか?
ただ淡々として、けれども、旅の道中の景色は息をのむほど美しく、その美しい風景が
主人公の心理を浄化しているのかもしれないと、そんなふうに思ったりもしましたが・・・・・。」

友達も一緒でしたが、感想は私と似たようなものでした。
連日の猛暑、映画館は冷房がきいて涼しいので、いっとき避暑にはなったでしょうか。

c0051107_9134050.jpg

c0051107_9142129.jpg

c0051107_9154023.jpg

c0051107_9163310.jpg

c0051107_917137.jpg

c0051107_9203855.jpg

c0051107_9205955.jpg

近所では珍しい竹垣です。
c0051107_9285996.jpg

絵画風・・・・
c0051107_9312996.jpg

by suirenn2 | 2011-07-15 09:35 | Comments(4)