<   2011年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

不思議な器 ~ 独り言

1月も今日で終わり・・・・・
新年早々のドジで肋骨骨折のためあまり出歩くこともなく過ぎてしまった。
1~2時間の散歩はしていたものの家にいる時間も多く、時々ふっと
「こんな生活でいいのだろうか?」とそんな思いが頭を過る。

時間はたっぷりある、毎日を懸命に生きているわけでもない・・・・
それでも月日は容赦なく過ぎて行き、人生の持ち時間も刻々と目減りしていく。
忙し過ぎず、暇過ぎず、程よいバランスを保ちながら暮らしていけたらいいけれど・・・・。

昔、中国の魯の国の朝廷に不思議な器があったという。
中身が空っぽの時は傾いている、水を程よく入れると真っ直ぐに立つ、
溢れるほどに満たすとまた傾く、「宥坐の器」といい、皇帝が傍らに置いて
常に自らを戒めたという。

こんな器があったらいいな~。
自分の気持ちの中に「宥坐の器」を持てるかどうか・・・・・?
酔っ払って素っ転んでいるようでは、いけませんね~。
c0051107_11514112.jpg

友達の家にもありました。
私の背丈くらい、細い木でしたがきれいに咲いていました。
c0051107_11534373.jpg

c0051107_1154289.jpg

これも友人宅で・・・・
c0051107_11585453.jpg

c0051107_11591394.jpg

c0051107_1203131.jpg

c0051107_1205255.jpg

c0051107_12115100.jpg

c0051107_122938.jpg

梅はお花もいいけれど、枝振りも見応えがあります。
c0051107_1232880.jpg

c0051107_1251367.jpg

by suirenn2 | 2011-01-31 12:07 | Comments(0)

サッカー優勝 ~ 奈良学講座

★ サッカー、勝ちました、アジア杯優勝ですね。
選手の皆さん、おめでとうございます。

途中からウトウトしていたのですが、最後の方は見ることができました。
「よかった~」、感動の瞬間を共有させていただきました。
今回のアジア杯カタール大会はどの試合もハラハラ、ドキドキの接戦で、
そこを勝ち進んできた日本選手のチーム力は素晴らしいものでした。
いい試合を見せていただきました、感謝です、ありがとう!

★ 昨日は午後から「奈良学文化講座」・・・・・
JR東海の催し物のようですが、有楽町の「よみうりホール」で3時間ほど
弥勒像についてのお話を聴いてきました。
c0051107_10112170.jpg
早稲田大学教授の大橋一章氏と興福寺貫首多川俊映氏のお話で、とてもわかりやすく興味深く拝聴しました。

弥勒像といえば広隆寺の宝冠弥勒、弥勒菩薩半跏思惟像が先ず浮かんできます。

日本の木像が全部「クスノキ」でできているのに対して、この弥勒菩薩像は「マツ」、赤松か黒松かはわからないとのことでしたが、材質の点でも珍しい仏像のようです。

また、仏像は原則として「金箔」或いは「彩色」で仕上げるとのこと、私達はいま落ち着いた艶やかな仏像を目にすることも多いのですが、もとは豪華絢爛なお姿だったのでしょうか。

午後のひととき、快い学習になりました。
c0051107_1125652.jpg

c0051107_1125327.jpg

c0051107_11255767.jpg

c0051107_11262076.jpg

c0051107_11272054.jpg

c0051107_11274344.jpg

c0051107_11282917.jpg

久し振りのご対面でした。
c0051107_11294442.jpg

by suirenn2 | 2011-01-30 11:31 | Comments(6)

肝 油

昨日脚気のことを綴りながらふと思い出したことがありました。
肝油です、小学校の給食についていて、飲まされたのか?食べさせられたのか?
ともかく、脱脂粉乳のミルクともども「不味い」記憶になっています。

恥かしい話ですが、私はあの肝油は脚気予防とばかり思い込んでいました。
脚気はビタミンB1欠乏症で、肝油のビタミンAやビタミンDの効能とは栄養素が違う・・・・
こうした栄養素について実に無知というか無頓着というか、我ながら呆れてしまう。

子ども達が小学生の頃はまだ身近に肝油があったのも思い出します。
丸い缶に入った糖衣錠の肝油ドロップ・・・・・・子ども達、好んで食べていたような?
学校で斡旋してくれてまとめて買ったこと、食べ過ぎないように注意したことなど
妙に懐かしく浮かんできます。

勿論、いまでも肝油ドロップは健在、でも、身近な栄養食品かといえば、どうでしょう?
ついつい貧しい時代を連想してしまうのですが、同時に、食べる物にしても何にしても
本当に物が豊かになったと改めてそう思います。
c0051107_1016557.jpg

梅、オンパレード・・・・
c0051107_10291584.jpg

c0051107_10294184.jpg

c0051107_10301264.jpg

c0051107_10314882.jpg

c0051107_10321356.jpg

c0051107_10323383.jpg

c0051107_10349100.jpg

c0051107_1034307.jpg

c0051107_10344916.jpg

by suirenn2 | 2011-01-29 10:36 | Comments(1)

ヒザポン・・・・?

好物のドジョウばかり食べて、トキに脚気症状が出ているという。
飛び上がったものの落ちたり、池で溺れたり・・・・・・・。
読売新聞でみた佐渡トキ保護センターでの話、偏食でトキも脚気になるんですね。

脚気といえば、小学生時代の身体検査では必ず検査がありました。
脚のヒザあたりをカナヅチみたいのでコンと叩く・・・・・・あれです。
ちなみに今やってみたら、脚がポンと跳ね上がらない・・・・・?
脚組みしていてはダメ、脚をブラブラ状態にしないと検査できないのですね。
いまでも学校の身体検査で「ヒザポン」があるのでしょうか?

明治の頃は国民病ともいわれる病気だったそうです。
日露戦争のときに戦死者の相当数が実は脚気が原因だったという記録のもあるとか・・・・。
明治以前の江戸時代でも、徳川家定や徳川家茂、和宮、小松帯刀など
脚気が原因で亡くなっているそうです。

食べ物が豊かになって栄養失調など考えられない時代ですが、
好きなものが何でも食べられる分だけ偏食にもなりやすい。
皆さん、好き嫌いなく何でも食べていますか?
c0051107_11251755.jpg

花が開き始めました。
散歩道で木をみつけたので咲くのが楽しみです。
c0051107_1133366.jpg

c0051107_11332446.jpg

c0051107_11334432.jpg

c0051107_11342821.jpg

まだ実をつけています。
c0051107_11351873.jpg

c0051107_11354566.jpg

珍しいものをみつけました。
c0051107_11374436.jpg

c0051107_1138416.jpg

by suirenn2 | 2011-01-28 11:41 | Comments(4)

手つなぎ夫婦

街を歩くと、手をつなぐ男女を見かける機会が増えた気がする。
目立つのが、アラフォー(40歳前後)以上の中高年世代。
少子高齢化や不況などの影響で、夫婦関係が変化しているようだ。 -読売新聞 -

そう言われてみれば確かに最近目にすることが多くなったと感じます。
明らかに夫婦と思われる中年の男女が手をつないでいる姿・・・・
私は違和感もないかわりに、特に微笑ましいとも思わないのですが、
一般的には好印象で受け止める傾向にあるようです。
「いつまでも若く、異性として見られたい。いわば一生男子、一生女子という感覚です」と
こんな考察も載っていました。
「個人として向き合う『友達夫婦』が増えた」との考察もあります。

手をつなぐ相手もいない者としては実感の持ちようがないのですが、
私ならどうするでしょう?
手をつないだり腕を組んだりするのがあまり好きではなないので、多分しないでしょう。
抵抗感の有無というより、個人的な好みとして「好かん!」ということになるでしょうか。

それにしても、少し前までなら考えられない時代的な現象ではあります。
皆さんの感想はいかがでしょう?
c0051107_11455459.jpg

c0051107_11501422.jpg

c0051107_11503894.jpg

c0051107_11505728.jpg

c0051107_11514080.jpg

c0051107_11515692.jpg
c0051107_11511897.jpg

昨日はいっとき雨が降りました。
白いものもチラホラ混じっていましたが、すぐあがってしまいました。
最近では珍しい空模様・・・・・
c0051107_11544932.jpg

c0051107_11564569.jpg

by suirenn2 | 2011-01-27 11:57 | Comments(4)

充実の一日でした

★ 毎月3回、火曜日にPC教室へ通っています。
それでグループ名は「火曜悠々」、10人ほどのメンバーで悠々と楽しく学習しています。
授業の後、昨日はその「火曜悠々」の新年会でした。
教室近くの小料理屋さんに全員集合、会食しながら先生を交えての楽しいひとときになりました。
もう長く一緒に勉強しているのでお互い気心も知れて、本当に楽しいメンバーです。
5時から9時近くまで時間が経つのも気がつかないくらいに盛り上がりました。

c0051107_1037161.jpg

c0051107_10374447.jpg

★ 午前中は美容院でした。
前回は12月の初めでしたから2ヵ月振りになってしまいました。
髪も年齢とともに衰えてきて、ハリやコシがなくなってきます。
伸びかけてくるとそのハリやコシの無さがテキメンにあらわれるような・・・・・?
頭髪は意外に気になるもので、髪がサッパリすると気持ちまでスッキリします。
c0051107_112531.jpg

c0051107_1122568.jpg

★ サッカーアジア杯、準決勝の韓国瀬・・・・・・凄かった!
最後の最後までというか最後のところで息詰まるような接戦でした。
これまでの対戦成績が芳しくないだけに、テレビ観戦も引き気味だったのですが、
最初からスピード感のある素晴らしい試合でいっきに惹きこまれました。
いい試合でした。決勝進出、さ~、また応援しましょう!
c0051107_112013100.jpg

c0051107_11203335.jpg

c0051107_11333623.jpg

c0051107_11335425.jpg

c0051107_11341246.jpg

by suirenn2 | 2011-01-26 11:37 | Comments(4)

水仙ツアー ~ 葛西臨海公園

昨日は「ぴんぼけクラブ」の撮影会でした。
「ぴんぼけクラブ」はパソコン教室の写真同好会ですが、参加はその都度自由で
昨日は15名ほど集まりました。

近くを車で通ったこともあり、観覧車を眺めてはいましたが、訪れるのは初めてでした。
富士山を見ようと先ずはその観覧車に乗ってみることになりました。
私は高いところは苦手、乗らないつもりでしたが、覚悟を決めての挑戦でした。
ちょっと緊張しましたが、それよりも折角乗ってのに・・・・
富士山は霞んでうっすらとしか見えなかったのが残念でした。

お花は水仙が見頃で、観覧車近くの一面が真っ白に染まっていました。
c0051107_2324087.jpg

c0051107_23294661.jpg

c0051107_23301880.jpg

c0051107_23305869.jpg

お昼は園内のホテルのレストランで・・・・・
予約がしてあったので奥の一室が用意してありました。
食事をしがらお喋り、ちょうどこの日がお誕生日の方がいらっしてお祝いにもなりました。
昼食後は自由行動で、水辺ラインの船に乗りに行った方々もいらっしたようですが、
私共数名は写真を撮りながらの園内散策になりました。
c0051107_23441779.jpg

c0051107_054654.jpg

c0051107_23452526.jpg

c0051107_23462781.jpg

写真がお上手なTさんのご案内とご指導をいただきながら撮っているうちに
気がついたらもう日暮れ時で、観覧車には灯りがついていました。
寒中とも思えない暖かい日だったので、広い園内の散策も心地良い一日でした。

ご一緒の皆さん、ありがとうございました。
c0051107_23593662.jpg

c0051107_23595730.jpg

by suirenn2 | 2011-01-24 00:07 | Comments(12)

風景おりなしながら川は流れる

場所によって多摩川の景観もずい分違って見える。
歩く距離など知れたものなのに、川はまたかわった表情を見せてくれる。
昨日は上流向きに少し歩いてみました。

c0051107_1081339.jpg

c0051107_1083392.jpg

c0051107_10124100.jpg

不粋な波消しブロックも水鳥たちには憩いの場・・・・
c0051107_10152720.jpg

カモもユリカモメもハトもここでは共存共栄・・・・
c0051107_10175992.jpg

時々珍しい水鳥がやってくるとか・・・・・
「家にいてもやることがないからさ~、暇つぶしにはちょうどいいんだよ」
お弁当持参でよく出かけてくるそうです。
c0051107_10245318.jpg

キィキィと甲高い声、思わず見上げてしまう・・・・
c0051107_10425186.jpg

スズメの学校ですかね?
c0051107_1047032.jpg

色を添えて・・・・
c0051107_10503292.jpg

by suirenn2 | 2011-01-21 11:06 | Comments(4)

大 寒

「寒の入り」から数えて16日目、1年でも最も寒い時期といわれる大寒。
陽が高くなったに低空と思える空にまだ飛行機雲がみえます。
かなり低いところまで寒波がおりてきているのがわかるようです。
c0051107_112248.jpg

    ー 小寒の氷 大寒に解く -
小寒よりも大寒の方が暖かいこと、転じて、物事が必ずしも順序通りにいかないこと、
そんな意味の言葉だそうです。
c0051107_1183100.gif

赤い実、白い実、色々な実・・・・・
丸い実を見ると気持ちまでま~るくなります。
c0051107_11134989.jpg

c0051107_11141139.jpg

c0051107_11143118.jpg

c0051107_11144964.jpg

c0051107_11151457.jpg

c0051107_11153436.jpg

c0051107_11155193.jpg

c0051107_11161231.jpg

c0051107_11162975.jpg

c0051107_11164924.jpg

by suirenn2 | 2011-01-20 11:18 | Comments(6)

新聞記者さん 予想が当たりますように!

「2011年予想アンケート」、日本記者クラブの新春恒例のイベントです。
その予想問題が読売新聞の「よみうり寸評」で紹介されていました。
こういう催しがあるのは聞き知っていましたが、問題を目にするのは初めてです。
c0051107_9244792.jpg

これ、けっこう難しい予想問題ですね。
「首相は誰か」「都知事は誰か」など誰一人名前も浮かんできません。
ただ単に「YES NO式」に予想するのではなく、時流など組み立てながら予想していくとなると
どの問題も相当の知識や力量を要します。
きっと新聞記者諸氏は最大限に頭を働かせて予想なさるのでしょう。
でも、中には「出たとこ勝負」で、例えば「村上春機氏のノーベル文学賞」や
「斎藤佑樹投手の新人王」など希望的な予想になる方もいらっしゃるでしょうか。
斎藤佑樹投手の新人王・・・・・・「とる!絶対とる!」、そう言いたくなりますもね?
c0051107_10183943.jpg

c0051107_1019401.jpg

名前を忘れました。
c0051107_10203394.jpg

c0051107_10205919.jpg

c0051107_1023177.jpg

枯れ葉を纏いながら新しい命が芽吹いて・・・・・
c0051107_10272626.jpg

c0051107_1028356.jpg

c0051107_1029624.jpg

c0051107_10293241.jpg

今年初めてみる蠟梅でした。
c0051107_1037249.jpg

c0051107_1037201.jpg





   
by suirenn2 | 2011-01-19 10:40 | Comments(6)