<   2010年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ありがとうございました

風もなくよく晴れて穏やかな日和の年越しです。
今朝はもう街の喧騒も消えて妙にし~んとした静かな朝でした。
今年もあと何時間?刻々とカウントダウンですね。

拙いブログにお付き合いいただきましたこと、御礼申し上げます。
来年もよろしくお願いいたします。
皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。

c0051107_1025654.jpg

by suirenn2 | 2010-12-31 10:05 | Comments(2)

もう梅が咲き始めました

【寒柝=かんたく】 「火の用心」などと言いながらまわる夜回り。
火の番がならす拍子木やその音のことを寒柝と言います。
時代劇の冬夜のシーンに時折出てくる寒柝。凍てつくような冬の夜に響く乾いた音は、
冬の寒さをいっそう寒々しく演出します。現在でも、冬の夜、寒柝をならし
火の用心を呼び掛けている町内会や自治会も多くあります。 ー ある冊子より -

家の方でも年末の3日間ほど町会の恒例行事になっています。
「火の用心」の掛け声とともにきこえてくる拍子木の音は、いかにも寒い冬の夜といった感じで
風情があります。

梅が咲いていました。
「湯島天神」でも早咲きの梅がもう七~八部咲きで見頃を迎えているとか・・・・・。
例年より3週間も早いそうです。

c0051107_8384637.jpg

c0051107_83965.jpg

「トウワタ=唐綿」、お花はもうちょっと色褪せた感じですが、
名前の由来にもなった綿つきのものを見つけました。
c0051107_8545934.jpg

c0051107_8552122.jpg

「ヤツデ=八手」、別名「天狗の葉団扇」、丸いお花が初々しい・・・・。
c0051107_912199.jpg

c0051107_9122350.jpg

「チョコレートコスモス」、どうもうまく撮れませ~ん・・・
c0051107_9155467.jpg

「カラスが寄ってきて困るのでとってほしい」と要望があったそうです。
区立の公園なので区の担当者が来て除去作業をしていました。
「全部は採りません。野鳥の大事な食糧ですから少し残しておきます」と言っていました。
c0051107_9262598.jpg

by suirenn2 | 2010-12-29 09:33 | Comments(8)

龍 & 猛

すっかりお馴染みになった「日本漢字能力検定協会」募集の「今年の漢字」、
28万5000票余の応募があったそうですが、第一位になったのは「暑」でした。
以下ベスト10は「中」「不」「乱」「異」「国」「高」「嵐」「熱」「変」だそうです。
世相を反映してやはり明るい気分になるような漢字は見当たりませんね。
さて、私なら・・・・・・?

それはもう何と言っても「龍」、坂本龍馬の「龍」です。
テレビの「龍馬伝」をきっかけに、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読み、
さらに手当たり次第に龍馬関連本も読んで、龍馬に明け龍馬に暮れていくような
一年になりました。
胸ときめいて、惚れ惚れして、龍馬さんのお蔭でそれこそ「幸せいっぱい、胸いっぱい」、
こんな気持ちになるのは人生の中でも滅多にあるものではありません。
「惚れっぽい性格」もまんざら捨てたものじゃない・・・・・と思える一年でもありました。

もう一つ、「猛」も私にとっての今年の漢字になるでしょうか。
猛暑の中、アドバイザー養成講座で「猛烈」に勉強したことが記憶に焼き付いています。
何事も散漫な私が、ともかく2ヵ月間集中できたことは貴重な体験になりました。
その気概を忘れないように、これからも過ごせればいいんですけどね~。
c0051107_1018318.jpg

c0051107_10442410.jpg

c0051107_10444453.jpg

c0051107_1045628.jpg

c0051107_10452867.jpg

c0051107_10454947.jpg

by suirenn2 | 2010-12-28 10:47 | Comments(6)

居酒屋クリスマス

クリスマスも終りあとは新年を待つだけ・・・・・
一日一日と暮れていく年末の気配には些かの感慨がともないます。
「あ~、今年も終わる」と一年の越し方を思いながら、ともかくも平穏無事に過ごせて
有り難い気持ちにもなってきます。

昨日はPCのお仲間とのクリスマス会でした。
渋谷の「汁べゑ」という居酒屋で、先生もご一緒に楽しいひとときでした。
宴会の後はお茶して9時過ぎまでお喋りして・・・・・
楽しく過ごしている時は時間が経つのも忘れてしまうものですね。
ご一緒の皆さま、お世話さま、ありがとうございました。

これで年内の外出予定も終了です。
あ、あと一日また孫との留守番がありますが・・・・・
他には何するでもなくいたってのんびりした年の瀬になりそうです。
c0051107_10334092.jpg

c0051107_10373632.jpg

c0051107_10375675.jpg

c0051107_10381654.jpg

c0051107_10384216.jpg

c0051107_1039056.jpg

c0051107_10391922.jpg

c0051107_10394116.jpg

by suirenn2 | 2010-12-26 10:41 | Comments(4)

23日 ひと足はやいクリスマス

青木裕史さんのクリスマスディナーショーに出かけるのも恒例になりました。

c0051107_8233741.jpg
青木さんはNHK学園でシャンソンを教えていらっしゃる・・・・・
生徒さん達も含め、会場の「東京会館」9階のローズルームは
300人近い人で盛況でした。

お料理は歌の曲名を名付けて「愛情物語」とか「「カル~ゾー」「ロミオとジュリエット」など洒落た名前になっていました。

その「愛情物語」や「ひまわり」、映画の主題歌が懐かしかったです。タイロン・パワー、キム・ノヴァク、ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ・・・・・往年の名スターの顔が浮かんできました。

最後は「ホワイト・クリスマス」の合唱、天井のミラーボールがまわり、会場いっぱいの光の点滅で華やかなエンディングになりました。

「国際フォーラム」のイルミネーションや銀座の夜景を眺めながら帰ってきたのですが、
写真はほぼ全滅、コンデジではまったく撮れていない・・・・・残念でした。

これ、ちょっと面白い1枚になったでしょうか。
c0051107_9402538.jpg

c0051107_9405542.jpg

ちょうどいま「坂の上の雲」を読んでいるので興味深いものでした。
船は戦艦「三笠」、東郷平八郎の旗艦ですから写真の人はご本人でしょうか。
c0051107_9535628.jpg

それにしても、暖かいですね。
コートを着て歩いていると夜でも汗ばむくらいです。
もっとも、今夜あたりから寒波がくるようですが・・・・・・。
c0051107_1084034.jpg

by suirenn2 | 2010-12-24 10:09 | Comments(2)

光都東京 LIGHTOPIA

1週間ほどお借りしたiPadでしたが、昨日お返しして体験使用も終りました。
使ってみた感想は・・・・・?
面白かったけれど、すぐにも欲しいと思うほどでもない、そんなところでしょうか。
ただ、アプリによっては、かなり面白く使えそうな気はしました。
先生、関係者の皆さま、お世話になりました。

講座終了後は東京駅まで出て丸の内界隈のイルミーネーションを見てきました。

c0051107_9415958.jpg

大手町、丸の内、有楽町地区とかなり広範囲のイベントのようですが、私は、和田倉噴水公園、丸ビル、お濠の辺りをざっとひとまわりしてきました。

しっとりと落ち着いた上品な飾りです。

きらきらと眩しいような派手なところがない。
「地球・環境・平和」をテーマに著名人や千代田区の小学生が描いたという600個の明かり絵、和田倉噴水公園の灯篭がきれいでした。

幸い夜でも寒くもなく、人は出ているものの混雑感もなく、ゆったりした気持ちでしばし都心のイルミネーションを楽しんできました。

c0051107_10233147.jpg

c0051107_10235468.jpg

c0051107_10244319.jpg

c0051107_10252194.jpg

c0051107_10254440.jpg

[#IMA
c0051107_10263499.jpg

c0051107_10291339.jpg

c0051107_103068.jpg

by suirenn2 | 2010-12-23 10:32 | Comments(10)

冬至 ~ 一陽来福

今日は「冬至」、一年で最も昼が短い日。一年の節目の日でもあります。

◆暦の始まりの日
昔の中国では「昼が次第に短くなるのは、太陽の力が弱くなるから。
冬至を過ぎれば、徐々に太陽の力が甦ってくる」とされ、冬至は暦の始まりの日でした。

◆「ん」のつく食べ物で幸運を
冬至は「昼が短くなる最後の日」でもあることから五十音の最後の文字「ん」のつく食べ物を
食べると幸福になると言われてきました。冬が旬の根菜にも「ん」がつくものが
たくさんありますね。{ちなみに、だいこん、にんじん、れんこん、なんきん・・・・など)

◆ゆず湯で邪気を払う
冬至を過ぎると寒さが厳しくなるため、邪気を払って冬を無事に乗り越え、暖かい春を
迎えられるようにとの願いがこめられています。実際、ゆずには冷えを和らげる
血行促進効果があると言われています。 ー以上、ある冊子よりー

c0051107_82552.jpg

◆一陽来福
一陽来福は、冬が去り春が再び巡ってくるという意味で、冬至を指す言葉です。
万物の生成を「陰」と「陽」に分ける中国の古い考え方では、冬至は陰が極まる日とされ、
同時に陽に返る日とされています。こうしたことから、人生においても、苦しい時期が過ぎて
運が開け始めることのたとえにも使われます。  -冊子よりー

もう梅が咲いていました。昨日、駒場東大で・・・・・
c0051107_904473.jpg

今日も駒場へ出かけます。
例の1週間ほど借りて体験使用したiPadを返却がてら懇談会になるようです。
c0051107_9171174.jpg

c0051107_9173140.jpg

c0051107_918150.jpg

c0051107_9194859.jpg

by suirenn2 | 2010-12-22 09:30 | Comments(4)

明治へタイムスリップ

司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読んでいる。
文庫本全8冊のうち3冊まで読み終わったところです。
放映中のドラマが面白いので読む気になったのですが、いや~、原作も面白い、
どうやら今年は読書三昧の年越しになりそうです。

「坂の上の雲」は、「松山出身の歌人正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を中心に
維新を経て懸命に近代国家を目指し、日露戦争の勝利に至る勃興期の明治を描く」小説です。
秋山兄弟についてはまったく知らなかったものの、他の登場人物は殆ど聞き覚えがある。
伊藤博文や山形有朋など明治の元勲はまだしも、山本権兵衛、東郷平八郎、児玉源太郎、
大山巌、或いは広瀬武夫といった名前までよく記憶しているのが不思議な気がします。

♪ いちれつ談判破裂して 日露戦争はじまった さっさと逃げるはロシアの兵・・・・・
死んでも尽くすは日本の兵 五万の兵をひきつれて 六人のこして皆殺し・・・・
7月8日の戦いに ハルピンまでも攻め入って クロパトキンの首をとり・・・・
東郷大将 バンバンザイ・・・・・・この通りに今でも覚えているのも不思議です。
実際に子どもの頃口ずさんだ記憶があり、つまりは私の子ども時代は、まだ明治が
そんなに遠い時代でもなかったような・・・・・?

とにかく、読んでいて驚くのは、登場人物がそれぞれ気骨があり、きりっとしていること。
それだけに、テレビで政治家の答弁など見聞きすると、何だかがっかりします。
時代も置かれている状況も違うので、比較するのも詮無いことですが、
せめてもうちょっとピリッとしてほしい・・・・・・本当にそう思います。
c0051107_959927.jpg

最近の写真から・・・・
c0051107_1035261.jpg

c0051107_104987.jpg

c0051107_1043681.jpg

c0051107_105413.jpg

c0051107_1052195.jpg

c0051107_1061788.jpg

これは、気に入った1枚になりました。
c0051107_1065924.jpg

by suirenn2 | 2010-12-21 10:11 | Comments(2)

とりとめなく・・・・

いや~、凄い!
ヒヨドリがきてしきりに啄んでいるけれど、
ヒヨドリも、これ、全部、食べきれないんじゃない?

c0051107_992613.jpg

c0051107_99492.jpg

地主さんなのか広いお屋敷です。
白い水仙が一面に咲いている。
c0051107_9124636.jpg

紅葉が終わって見るべきものもなさそうな公園ですが、
そんな時期だからこそ見えてくるものがある。
きれいでもない水面も、こうして見れば「明鏡止水」だね~。
c0051107_9265757.jpg

自然は、慌てず、急がず、ゆっくり衣替えしていく・・・・・。
c0051107_9344299.jpg

青々としていた「ラクウショウ」も初冬の装いです。
c0051107_9391690.jpg

うまい具合に這うものですね~。
c0051107_9404678.jpg

この結び目というか絡まった具合は、どうなってるの?
c0051107_9472332.jpg

ある中学校で・・・・・
う~ん? 正直なところ、この種の標語、私はちょっと苦手・・・・・
c0051107_9575249.jpg

by suirenn2 | 2010-12-19 10:12 | Comments(6)

冬枯れ

散った葉が車で型押しされて道路に模様がついている。
偶然の造形美、珍しい光景です。

c0051107_956523.jpg

枯れ木も山の賑わい・・・・?
いえいえ、とんでもない、枯れた光景こそ風情があるものです。
c0051107_10282053.jpg

c0051107_10295861.jpg

c0051107_10394292.jpg

c0051107_10305458.jpg

c0051107_10311994.jpg

c0051107_10363194.jpg

c0051107_10374429.jpg

c0051107_10381440.jpg

by suirenn2 | 2010-12-18 10:42 | Comments(4)