<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

龍馬の和歌(うた)

大河ドラマの影響でしょうか、いま何かと坂本龍馬が話題になっています。
とにかく「汲めども尽きないない泉」のように魅力に溢れた人・・・・・
そんな魅力にひとつに和歌(うた)があります。

龍馬は物覚えが悪く、通っていた塾もお払い箱になって、今でいえば小学校も出ていない。
学歴などまったくない人ですが、姉の乙女によって文武両道とも厳しく躾けられたようです。
和歌についても「古今集」や「新葉集」といった古典をみっちり仕込まれたようで、
龍馬の人間形成にこの歌心が大きな影響を与えていると言われています。

世の人はわれをなにともゆはゞいへ わがなすことはわれのみぞしる

龍馬の歌の中でもよく知られているのはこの一首でしょうか。
多分、若い時期の作品で、気負いというか信念みたいなものも感じられて微笑ましいのですが、反面、人にわかってもらえない孤独感も背後に滲んでいるような気がします。

さよふけて月をもめでし賤(しず)の男の 庭の小萩の露を知りけり

土佐にいた頃詠まれた歌だそうです。
差別が厳しい土佐藩にあって、龍馬は身分的には下層に属する人でした。
そんな身分的に卑しいと思われる男でも、萩に結ぶ露を目にとめる・・・・・・
そういう心はあると卑下するでもなく誇張るするでもなく晩秋の気配を受け止めている。
月明かりの夜更けに萩の露をじっと見ている龍馬の姿が浮かんできます。

ゆく春も心安げに見ゆるかな 花なき里の夕暮れの空

もう桜は散ってしまったけれど長閑に過ぎていく春はいいものだな~と
何とも大らかな心の在りようがみてとれます。
一般に武士は桜の散り際を好むものですが、そういう拘りもないところが
龍馬らしいといえるでしょうか。
桂小五郎から揮毫を求められ時に綴った歌だそうですから、
桂小五郎への龍馬の屈託のない心の風景でもあったのでしょう。

心からのどけくもあるか野べハ(は)なを 雪げながらの春風ぞ吹く

龍馬は歌会などにも参加していたようです。
ころは下関に滞在していた頃のもので、当地の歌会で二席に入賞した歌だそうです。
入賞したことはやはり嬉しかったようで、歌会の様子など親友に手紙で書き送っている。
そして、併せてもう一首作っていますが、大変に奥深い意味のある歌になっています。

世とともにうつれバ(ば)曇る春の夜を 朧月とも人ハ(は)言ふなれ

人が風流で愛でる朧月、その朧月に曇りがちな時の移ろいを見ている・・・・・・
一人じ~っと遠くを見つめているような深い眼差しが感じられます。
やはり、これも孤独感の秘められた歌ですね。

龍馬の和歌(うた)は現在21種が自作として確認されのこっているようです。
今日は、そのうちの5首を選んでみました。
恋歌もありますから、また次回にでも・・・・・。
尚、これは私の勝手なお喋りですから、皆さん、どうか適当に読み飛ばしてくださいね。

称名寺界隈で・・・・・

c0051107_12132214.jpg

c0051107_1213427.jpg

去年も見せていただきましたが、今年もきれいに咲いていました。
c0051107_1216781.jpg

c0051107_12162925.jpg

近所で、残りの花・・・・・・・
c0051107_12192390.jpg

c0051107_12194870.jpg

c0051107_12242461.jpg

c0051107_12255378.jpg

by suirenn2 | 2010-09-29 12:31 | Comments(4)

彼岸花 ~ 仏像展 ~ 海

昨日は秋晴れに誘われて出かけてきました。
もっとも、夕方帰ってきて駅を出た時には降り始めてきましたが・・・・・。

称名寺の彼岸花はそんなに多くはありません。
池のまわりに程よい間隔でポツポツと咲いているだけですが、
池と名物の丸い橋の景観によく映えて中々の眺めです。

隣接する「金沢文庫」では仏像展開催中で、それも見たいと思っていたので
一挙両得なようなお出かけになりました。
帰途横浜もぶらぶら歩いてきたので、両得以上の一日だったでしょうか。

c0051107_15421363.jpg
仏像の伝来や造像背景、製作技法といったものは私にはよくわからないので、唯々お姿やお顔を拝するだけです。

「いいお顔をしていらっしゃるな~」とじっと拝見していると、何故か目頭が熱くなってくることがあります。
御仏なのですからいいお顔をしていらっしゃるのは当たり前なのですけどね。

展示の中に聖徳太子のご幼少の頃の立像二体、確か「聖徳太子三歳像」とあったと思うのですが、その厳かなお顔に身震いするようでした。



c0051107_16215068.jpg

c0051107_16271148.jpg

c0051107_16274645.jpg

c0051107_16281213.jpg

c0051107_16282894.jpg


More 横浜散策
by suirenn2 | 2010-09-27 16:55 | Comments(10)

ほ~、「・・・・さん」とさんづけで呼んでいた?

c0051107_8271235.jpg
昨日はお墓参り・・・・・。
強い雨が降ったりやんだりでしたが、墓参の時は幸いやんでいて、濡れずに済んでほっとしました。

高速から見たスカイツリーは最上部が雲に霞んでいました。

現在の高さが470メートル位とか・・・・。
まだまだ高くなる。
完成したら曇った日など展望台では雲の上を歩くようなことになるのでしょうか?

想像しただけで足が竦みそうです。

c0051107_8524541.gif

さて・・・・・・龍馬の話の続きです。

龍馬とおりょうが霧島に滞在していた時、身近で交流のあった少年がいました。
当時10歳の「吉井幸蔵」という少年で、この幸蔵少年が見聞きした龍馬達の思い出話が
ある本(原口泉著、東邦出版)に載っています。
一緒に釣りをしたり、森を散策したりと、龍馬もこの少年を可愛がっていたようです。

或る日、一緒に森へ出かけていくのですが、龍馬夫婦には何か気まずいことでもあったらしく妙に沈んでいて、少年の目にも只ならぬ気配が伝わってきたようです。

夫婦喧嘩でもしたのでしょう。
龍馬は少し苛立っていたようです。

「お龍さん」
坂本さんは何を思ったか、そう呻くようにお龍さんの名を呼んでから、突然森の奥の方をめがけて、続けざまにピストルを二三発撃った。で、暫くじっと凄まじい反響の音に耳を傾けていたが、急に体を揺り上げるようにして、大きな声を立てて笑い出した。
「はゝゝゝ、もういいよ、もういいよ。お龍さん、さあ仲直りをしよう」
 -文中よりー

そう言ってお龍の手をじっと握った龍馬の目には涙が滲んでいたという・・・・・。
龍馬達の様子を見聞きしたこの幸蔵少年は、実は歌人吉井勇のお父さんです。
後年吉井勇がお父さんから聞いた話として雑誌に発表しているものですが、
龍馬の人となりを知るうえで大変興味深い逸話といえるでしょうか。

龍馬がお龍を「お龍さん」と「さんづけ」で呼んでいたらしいこと、
夫婦喧嘩みたいなちょっとしたことにも繊細な一面が見てとれること、
どちらも想像をかきたてて、また一層魅力的な龍馬像が浮かんでくるようです。
緊急火急の場合は別にして、普段の何気ない生活の中では確かに「お龍さん」と
呼ぶこともあったのではないか・・・・・・・・そう思えるのですがね~。

最後にやはり本の中にあった一文をご紹介して、私の本日の龍馬リポートは終了です。

坂本は時としてずいぶん過激な言葉を吐いたが、生来、すこぶる優しい男だった。老人、幼い者、婦女子に対しては、ことに穏やかに接した。長崎にいたときの話だが、時折、部下を連れて飲みに行くと、女どもはいつも「坂本さん、坂本さん」といって彼を非常に慕っていた。

土佐藩士、佐々木高行の言葉だそうです。

c0051107_1151385.jpg

c0051107_11513198.jpg

c0051107_11534189.jpg

c0051107_11543185.jpg

c0051107_11545943.jpg

by suirenn2 | 2010-09-24 12:02 | Comments(10)

龍馬 ホネームーン

昨日の「龍馬伝」は「霧島の誓い」・・・・・
ドラマは私が想像していたのとはまた別な視点で描かれていて
正直ところちょっと期待はずれでした。

龍馬と霧島といえば、「日本初の新婚旅行」が先ず浮かんできます。
明治期の坂本龍馬伝「汗血千里の駒」という本で「我が国初のホネー・ムーン」として
有名になりました。

寺田屋襲撃事件の後、京都や大阪の薩摩藩邸に潜伏していた龍馬とおりょうは、
薩摩藩の船で大阪を出航、慶応2年3月10日に薩摩に到着。寺田屋で受けた
深傷を癒すため西郷隆盛や家老の小松帯刀の勧められての湯冶の旅でもありました。
その後、16日に更に錦江湾を船で北上、17日には塩浸温泉に温泉に着いて、
ここで11泊します。
そして、29日には高千穂の峰に登頂、ドラマにもあった天逆鉾を見ることになります。
c0051107_2354219.jpg

この時の様子を姉の乙女に送った龍馬の手紙・・・・・
イラスト入りで、自分達が登ったルートは朱書きで、頂上の天逆鉾の絵まで書いてある!
「この間は山坂、焼け石ばかり。男でも登りにくく、たとえようもないくらい危ない路。焼け土さらさら、少し泣きそうになる。5丁も登れば履物がきれる」といったことも書かれています。
「すこし泣きそうになる」なんて、こんな言葉に触れると、まるで目にみえるよう・・・・・
息遣いまで伝わってくるようで手紙に見とれてしまいます。

1ヵ月ほど龍馬は愛する「おりょうさん」とともに霧島の湯治場で過ごすわけですが、
短い生涯の中で、刺客から襲われる心配もなく、美しく雄大な自然に身をゆだねた
もっとも幸せな時だったのではないでしょうか。

「ここまでくれば高山ですから見晴らしがよく、面白かったのですが、何分にも四月の山頂はまだ寒く、冷たい風も吹きつけるのでそろそろと下山しました。あたり一面に霧島つつじが生えていて造花のようにきれいでした}

どうです、感動で胸がじ~んとしてきませんか?

癒しの道行き、密着熱愛の新婚旅行だったようですが、どうやら、夫婦喧嘩もあったような?それはまた次回にでもお話しましょう。
c0051107_11719.jpg

c0051107_161157.jpg

c0051107_162591.jpg

c0051107_164220.jpg

c0051107_182933.jpg

c0051107_19777.jpg

c0051107_1111967.jpg

by suirenn2 | 2010-09-21 01:13 | Comments(8)

カユ~イ散歩の途中で・・・・・

秋の日は釣瓶落とし・・・・・
陽射しが弱まってから散歩に出るのですが、帰る頃にはもう薄暗くなっています。
まだ半袖なので腕はヤブ蚊に喰われてカユ~イ散歩です。

c0051107_9185158.jpg
朝からこんな写真でスミマセン。

「東司」と表示されている。
公園のトイレですが、この公園に来る度にしげしげと見入ってしまう。

言葉の意味を詳しくは知らないのでちょっと調べてみたら禅宗に由来するようですね。

ちなみに「お手水」「手水場」「雪隠」「厠」「ご不浄」「はばかり」「後架」「高野山」「閑所」「装者所」「遠方」などの呼称もあるそうです。デパートなど客商売ではお客さんの前でトイレともいえないので、「むらさき」「さんさん」等の隠語的な言い方があるそうです。
c0051107_1035855.gif

c0051107_1036393.jpg

c0051107_10362620.jpg

c0051107_10364454.jpg

c0051107_1037781.jpg

c0051107_1038979.jpg

c0051107_10382656.jpg

c0051107_10393228.jpg

by suirenn2 | 2010-09-19 10:44 | Comments(8)

カエルで天気予報?

2~3日前ですか、テレビの「クローズアップ現代」・・・・・
スーパー猛暑の謎ということで、この夏の猛暑について解説していました。
何となく見ていたのですが、「太平洋高気圧」とか「偏西風」とかいわれても
勿論私にわかる筈もありません。
そんな中で、一つだけ、妙にガッテンしたことがありました。

今年の1月頃、インド洋の赤道付近では、例年になくマグロが相当深く潜っていた・・・・
半年以上も前にマグロはもう異常気象を察知していたように思えて、
勝手な思い込みながらマグロに感心してしまいました。
動物や植物には気象の予知能力があるのではないか?
笑われてしまいそうですが、そんなこともちょっと思ったりして・・・・・。

「カエルが地面きわで越年するときは暖冬」とか・・・・・
「カエルの鳴きやむ時刻が早ければ早いほど、翌朝の気温が下がる程度は大きく霜害になりやすい」、「アマガエルが高いところにいる時は雨になる」など何かの本で読んだことがあります。

カエルで天気予報?
科学データも乏しい時代には、でも、案外こんなことが目安になっていたのかもしれません。
そして、身のまわりの動物や植物の様子から気象を窺うような習慣も
それぞれの地域に伝承的にあったような気がするのですが、どうでしょう?
皆さんは何か思い当たるようなことはありませんか?

c0051107_1171152.jpg

c0051107_1172865.jpg

c0051107_118217.jpg

c0051107_1183614.jpg

c0051107_1111128.jpg

c0051107_11113067.jpg

c0051107_11114762.jpg

c0051107_11125574.jpg

by suirenn2 | 2010-09-18 11:15 | Comments(2)

ここ数日のこと・・・・・

涼しくなりました。
ここ数日の雨が、秋も一緒に連れてきてくれたようです。
日が短くなったせいか一日があっという間に過ぎていきます。

【13日】
駅ビルで友達にバッタリ、時間があるというのでコーヒータイムになりました。
テレビの「龍馬伝」の話が出て、「真木よう子って、目がキラキラしてきれいだね」
「小柄な人なんだね」とか友達が言い出したのですが、これがいけなかった・・・・・・
龍馬に興味津々、自主研究と称して本など読みあさっている私が黙っている筈がない。
時間があるのをいいことに、1時間以上も知ったかぶりの独演会になってしましました。
そればかりか「面白いから読みなさい」と、強制、押し付けで、結局友達は
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の文庫本全8冊を買って帰る羽目になりました。
友達には、とんだ災難の一日だったでしょうか。

【14日】
パソコン教室で「WinSot」の学習でした。
WinShotはパソコン画面の保存や印刷を行うことができるスクリーンキャプチャソフトです。先週も学習したのですが、お休みの人がいたので再度の履修になりました。
他にマイクロソフトの「OneNote」についても少し教えてもらいました。
私はこの夏必要に迫られてのテキスト作りがあり、ほんの簡単なものなのに苦労して・・・・
ですから、WinShotは大変勉強になりました。

話はちょっと飛躍しますが、私達・・・・・というか私はいま「Cloud=クラウド=雲」に興味があります。一般的には「インターネットで巨大なコンピュータ群にアクセスし、そこからさまざまなサービスを享受する」といった意味合いの言葉のようです。
難しいことはわかりませんが、自分のパソコンに何でも持ち込んだり溜めこんだりしないで、
雲の上の無料の貸し金庫みたいなところへ置いておいたら身軽になる、その程度の興味なのですが・・・・。
それで、最近見聞きすることも多くなった「Dropbox」や「EVERNOTE」といったクラウド型のサービスも教えていただきたいと、先生におねがいしているところです。

【15日】
新宿御苑をゆっくりのんびり散策してきました。
彼岸花が咲いているかと期待したのですがまだ早かったようです。
そんなにお花も見つからなくてそれも期待外れでしたが、
涼しい風が吹き渡り、芝生の緑に身も心も洗われるようでした。
これからはこんふうにチクと出歩くのが楽しくなってきますね。

c0051107_1229277.jpg

c0051107_12295047.jpg

c0051107_1230932.jpg

c0051107_12305350.jpg

c0051107_12312110.jpg


c0051107_12344016.jpg

c0051107_1235291.jpg

by suirenn2 | 2010-09-16 12:38 | Comments(18)

羽田 GLOBAL EXPO

少し前に友達から案内があったので出かけてみました。
c0051107_924378.jpg

羽田空港が国際化するのにともない大田区をPR・・・・・そんなイベントです。
新しく完成した国際線ターミナルの駐車場にテントが張られ、飲食店が出店、
航空会社のブースもあり、歌や踊りなどのイベントもあって大勢の人で賑わっていました。
もっとも、私が行ったときは時間的に中途半端で、会場をひとまわりしただけでしたが・・・。
c0051107_10214029.jpg


併せて開催された「空の日フェスティバル」では、ジャンボ機との綱引きや
新滑走路(D滑走路)の歩き初めもあったようです。
「滑走路は、私も歩いてみたかったな~」
全長2500メートル、一部が多摩川にかかっているので流れを堰き止めないように
桟橋構造になっているそうです。

D滑走路、新管制塔、そして新国際線ターミナルと次々に出来上がって、羽田空港は
いよいよ10月21日に新たな国際空港としての運航が始まります。
現在の年間発着枠30万回から37万回に増えるとか・・・・。
初めてターミナルビルが出来ただけでも驚きでしたが、今や第1、第2ターミナル、
そして新しく国際線ターミナルとその発展ぶりには目を見張る思いです。
時々出かけて、また散策するのが楽しみになりました。
c0051107_10261352.jpg

c0051107_10272513.jpg

第1ターミナルで・・・・・
c0051107_10231133.jpg

c0051107_10234597.jpg

東御苑で・・・・・・
c0051107_1040348.jpg


c0051107_10412151.jpg

c0051107_10414060.jpg

c0051107_1042127.jpg

by suirenn2 | 2010-09-12 10:46 | Comments(12)

生きかえったような一日でした

何カ月ぶりのことだったでしょう?
昨日は、久し振りに「東御苑」をひとまわりしてきました。
考えてみたら7月8月は猛暑と試験勉強で、講座へ通う他は殆ど家に閉じこもりきりで、
孫達との付き合いで御宿へ出かけただけの2ヵ月でした。
それだけに、涼風に誘われるような散策は心地よいものでした。

東御苑の後は日本橋へ出て、「三井記念美術館」で仏像展をみてきました。

c0051107_1042522.jpg

c0051107_10105316.jpg

法隆寺、東大寺、薬師寺、唐招提寺など奈良の古寺20寺院に伝わる仏像と
仏教工芸品の展示で、仏像は飛鳥時代から室町時代のものと案内にあります。
私にはそういう時代的なことや、様式、技法といったことはわからないので、
唯々拝むような気持ちで拝見させていただきました。
東御苑でそれこそ身も心もすっかりリフレッシュした後なので、じっと見つめていると
何故か涙が滲んできて、自分でも慌ててしまいました。

おほらかにもろ手のゆびをひらかせておほきほとけはあまたらしけり 會津八一

お江戸日本橋、橋はいま大修理中、工事の車輛などで雑然としていました。
日本橋名物?「日本国道路元標」や「里程標」を眺めながら帰ってきました。
c0051107_11124837.jpg

東御苑で撮ったものです。
c0051107_11141472.jpg

c0051107_11143762.jpg

c0051107_11145773.jpg

c0051107_11151627.jpg

c0051107_11153618.jpg

c0051107_1116388.jpg

by suirenn2 | 2010-09-10 11:28 | Comments(14)

「龍馬伝」 面白かった!

NHKの大河ドラマ「龍馬伝」、前回は「薩長同盟ぜよ」、そして昨日は「寺田屋襲撃」と
まさにワクワク、ドキドキする面白さでした。

この時期、龍馬は32歳、龍馬にのこされた時間ももう少なくなってきました。
年譜によれば「薩長同盟成立」が慶応2年(1866)1月22日、そして「寺田屋襲撃」は
翌1月23日です。
薩摩と長州という犬猿の仲の両藩を、漸く結びつけて祝杯をあげた次の日には襲われる・・・・年譜を追っているとテレビの画面とも重なっていっそうドラマチックです。
1月といっても旧暦ですから、今なら3月頃でしょうか。
襲撃の時間は午前3時頃とか、3月といっても京都の夜は寒かったでしょう。
そんな中をお風呂から飛び出し、僅かに衣類をまとっただけで「おりょうさん」は助けを求めて薩摩藩邸へ走った・・・・・・・凄いですね。

次回は「龍馬の妻」だそうです。
女性がからんでくるとやはり面白い・・・・・どんな展開になっていくのでしょう?
c0051107_10574557.jpg

c0051107_10581928.jpg

c0051107_1058399.jpg

c0051107_1104448.jpg

c0051107_111731.jpg

c0051107_1114963.jpg

c0051107_1124060.jpg

by suirenn2 | 2010-09-06 11:04 | Comments(12)