<   2010年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

散歩道の花

【ムクゲ】
花が次々と咲き、夏の初めから秋までと花の咲く期間もかなり長い・・・・・・
一日に50個くらい咲くこともあり、ひとシーズンで1000個ほども珍しいことではない、
それで、「窮することがない花」という字が当てられ、「無窮花=ムグンファ」と呼ばれて
韓国の国花になっています。

一方、漢字では「槿花」と書くそうですが、朝開いて夕方には花が萎んでしまうところから、
「この世の中の栄華ははかない」という意味で、「槿花一朝の栄」「槿花一日の夢」などとも
言われるそうです。

c0051107_8324546.jpg

c0051107_833388.jpg

【フヨウ】
ムクゲと区別がつきにくいのですが、葉がムクゲよりはずっと大きい・・・・・
葉を見て区別するのが一番わかりやすい方法だすぉうです。
「枯れ芙蓉」という言葉があるように、お花が終わった後の枯れた姿も風流です。
c0051107_8534936.jpg

【オクラ】
「オクラ」って何語だと思います?
「okra」、英語なのですね。
エジプトでは紀元前200年頃にはもう栽培が始まっていたそうです。
日本には江戸時代の終り頃に渡来、本格的に普及したのは昭和40年代とのこと、
初めて実を食べたのも確かその頃だったと・・・・・。
c0051107_964010.jpg

【ヤブガラシ】
近くの植物に巻きつき、藪状にして枯らしてしまうところから「藪枯らし」、
英語でも「bushkiller」、低木の茂みを殺すというような意味でしょうか。
「貧乏葛」の別名もあるそうです。
c0051107_9274029.jpg

これは何のお花でしょう?
c0051107_930341.jpg

こちらは名前を忘れました。
教えたもらった記憶があるのに、どうしても思い出せません。
c0051107_9332920.jpg

c0051107_9335494.jpg

c0051107_935292.jpg

【シロタエギク】
お花は黄色ですから白っぽい葉をイメージして「白妙菊」でしょうか。
英語では「dusty miller」、埃っぽい鏡?
やはり葉の特徴をとらえた名前のようです。
c0051107_1012547.jpg

こういう写真が撮れると嬉しくなって暑さも吹き飛ぶようです。
c0051107_1032043.jpg

by suirenn2 | 2010-07-31 10:09 | Comments(8)

オグリキャップ

今日、北海道の牧場で「オグリキャップ」のお別れ会が行われるそうです。

c0051107_7512457.jpg
今月3日に死んだ名馬オグリキャップ・・・・・
中央競馬会でも記帳台や献花台を設けて全国の10競馬場で追悼したそうですが、10日、11日の両日だけでも7000人近い人が記帳したとか。

引退レース「有馬記念」での見事な走りっぷりが浮かんできます。限界説も言われていて、ダントツの本命馬ではなかったと記憶しているのですが、レースが終わってみれば「やっぱり、オグリキャップだった」、そんな思いを抱いたのを覚えています。

「ハイセイコー」同様地方競馬出身であることが人々の気持ちを惹きつけたでしょうか。いわばエリート的な中央競馬の馬達に地方出身の馬が果敢に挑み勝ち上がっていく。そこに「キャリア」「ノンキャリア」といったイメージを重ねて見ていたのかもしれません。

劇的な有馬記念のレースからもう20年にもなるそうです。
それにしても、最近は、スターホースがいないような・・・・・?
競馬ファンに関係なく、社会現象になるようなスターホースは「ディープインパクト」以来
あらわれていない気がします。
競馬界も逸材が欲しいところでしょうか。
c0051107_929999.jpg

c0051107_1051262.jpg

トウガラシでしょうか?
c0051107_1054917.jpg

c0051107_107126.jpg

c0051107_1073981.jpg

c0051107_108116.jpg

ジャガイモと思います。
c0051107_109746.jpg

c0051107_1092815.jpg

咲き始めですね。
c0051107_10114993.jpg

c0051107_10144847.jpg

c0051107_10151439.jpg

by suirenn2 | 2010-07-29 10:21 | Comments(8)

救助のヘリ墜落

「山岳救助活動中、ヘリ墜落、5人死亡」
新聞の見出しを見るだけで胸が塞がれる・・・・・
何とも傷ましい事故です。

人命救助も命がけなのですね。
改めてその重さを思います。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
c0051107_11345415.gif

「芙蓉」でしょうか、しっかり蕾をつけて生命力が漲っている・・・・・
暑さを吹き飛ばすように緑が爽やかです。
c0051107_11504469.jpg

c0051107_1151019.jpg

ノウゼンカズラ」、この色は珍しいですね。
c0051107_1205454.jpg

c0051107_1211738.jpg

見るからに元気そうなお花です。
c0051107_1223656.jpg

c0051107_1225117.jpg

c0051107_1234093.jpg

「アカンサス」です。
c0051107_125584.jpg

c0051107_126124.jpg

c0051107_1263296.jpg

by suirenn2 | 2010-07-26 12:08 | Comments(10)

ツバメが去って セミが来て・・・・・・

「あっ、セミが鳴いてる!」
ミ~ン、ミンミン、ミ~♪ 今年初めて聞くセミの鳴き声です。
ツバメが去って寂しくなりましたが、また新しいお客さま・・・・・
来客など殆どない我が家に、自然が差し向けてくれる嬉しいお客さまです。

一日最低でも1時間くらいは歩かないと、どうも身体がさっぱりしない・・・・・
朝の散歩ができない時は夕方5時頃から歩くことになります。
日時計を頼りに歩いていると、帰宅するのはもう7時過ぎ・・・・・・
でも、歩いた分だけお腹も空いて、夕食の美味しいこと!

昨夜は、月が輝く空に稲光りがして・・・・・
月光と稲妻のちょっとした天体ショーを見るようでした。

連日の猛暑、熱中症で毎日のように人が亡くなっています。
単に「猛暑」どころか、これはもう一種の「自然災害」とも言われています。
特に高齢者は要注意、高齢者の私も油断はできませんが、
猛威ばかりでなく、自然のささやかに過ぎゆく一面も感じながら過ごせたらいいな~と
思っています。

c0051107_94471.jpg

c0051107_942288.jpg

c0051107_944488.jpg

c0051107_95736.jpg

c0051107_97103.jpg

c0051107_97264.jpg

c0051107_9102329.jpg

c0051107_9103937.jpg

c0051107_9113357.jpg

by suirenn2 | 2010-07-25 09:13 | Comments(10)

朝早く元気に巣立っていきました

こちらのツバメも大きくなりました。
知人宅の軒下、4羽いたのですが、1羽は巣から落ちてしまったそうです。
そういうこともあるのですね、可哀想なことでした。

c0051107_7282863.jpg

c0051107_7285082.jpg

【22日】
朝の散歩で寄ってみたら、どうやら巣立ちの気配です。
親鳥が巣のまわりを飛びながらしきりに促していました。
そして、これはとても不思議なことなのですが・・・・・・
親鳥の他に何羽もやってきて、総勢5~6羽で巣のまわりを飛びまわり、
時にホバーリングをしながら巣立ちを促します。

親鳥だけでなく仲間もやってきて巣立ちを促す・・・・・・
ツバメにはそういう互助精神というか、助け合う習性があるのでしょうか?
何年か前に巣立ちを観察した時にも同じようなことが見られました。
でも、結局、昨日は飛び立つこともなく・・・・・・・。

【23日】
今朝もまた散歩がてら寄ってみると、何と巣立ちが始まっていました。
1羽はすでに飛び立って、巣には2羽しかいない・・・・・
今朝は応援部隊はいなくて、親鳥と最初に飛び立った1羽とでデモンストレーションの最中でした。
間もなく次の1羽もすっと飛び立ち、残るのは1羽だけになりました。
ところが、この子が中々飛び立てない・・・・・巣にしがみついている感じです。
c0051107_8125420.jpg

親鳥とすでに飛び立ったきょうだいの4羽とが何回も巣のまわりを飛びまわっていました。
きょうだいの中にもちょっと臆病なのがいるものなのですね。

でも、ついに飛び立っていきました。
6時50分、早朝の巣立ちでした。
親子揃ってひとまわり辺りを旋回し、空高く飛んでいきました。

気がつかなかったのですが、昨夜は雨がふったのでしょうか。
今朝は少し地面が濡れて、ムラサキゴテンの葉に滴が光っていました。
c0051107_8383964.jpg

c0051107_8392157.jpg


c0051107_8403390.jpg
c0051107_8393835.jpg

「牡丹臭木」と思いますが・・・・・・?
枝や葉には臭気があるそうです。
c0051107_8445730.jpg

c0051107_8451721.jpg

最近の写真から・・・・・
c0051107_858574.jpg

c0051107_8584190.jpg

c0051107_8591858.jpg

c0051107_901856.jpg

by suirenn2 | 2010-07-23 09:04 | Comments(10)

ちょっと びっくり・・・・・

c0051107_10411474.jpg

★ 電車の中でつり革につかまっていました。
・・・・・と、隣りに若い女性がきてやはりつり革に手を伸ばしました。
しかも、何と、私は右手でしたが、彼女は左手です。
ギョ、ギョッ!!「赤と黒」とは聞いたことのある言葉ですが、それはまさに「白と黒」、
2本の腕が見事なコントラストで並んでいました。

★ 昨夜9時のNHKニュース・・・・・・
お風呂からあがって何となくテレビをつけたら、
美容院で女性がiPadを見ている光景が映し出されていました。
「ほ~、美容院でもiPadをおくようになったのか」とやはり何となく見ていたら、
ギョ、ギョッ!!映っているのはパソコン教室の先生でした。

ちょっとびっくりな・・・・・他愛もない話です。

いよいよ夏本番、暑さに負けないように、皆さま、ご自愛くださいませ。
c0051107_1124012.jpg

c0051107_1128134.jpg

c0051107_11245344.jpg

c0051107_1125223.jpg

c0051107_11261237.jpg

c0051107_11264115.jpg

c0051107_11265618.jpg

c0051107_11305250.jpg

c0051107_1131496.jpg

by suirenn2 | 2010-07-20 11:32 | Comments(8)

川崎大師 風鈴市

今年も「風鈴市」を楽しんできました。
全国の風鈴が出展される川崎大師の名物行事です。

風鈴を見た後は本殿で法話を拝聴し、護摩焚きの祈願があったので
一緒にお参りさせていただきました。

法話は、お盆の飾り物、ホオズキやキュウリ、ナスについて・・・・・・
ホオズキは提灯を、キュウリは馬、ナスは牛を表し、ご先祖さまに
ホオズキで道を照らしながら、馬に乗って早くきていただき、牛に乗って
ゆっくり帰っていただくというよく知られたお話でしたが、改まった場所できくと
また清々しい感じで心に響いてくるものです。

3年振りにもなるでしょうか、風鈴市では以前の御稽古仲間ともバッタリ・・・・・
長話はできなかったのですが懐かしい再会になりました。

c0051107_8253568.jpg

c0051107_82661.jpg

c0051107_8263219.jpg

c0051107_8271179.jpg

Mさんのコメントで知った富山県高岡市の・・・・・・・
これは銅製の風鈴ですが、素晴らしい音色でした。
c0051107_835412.jpg

c0051107_8273381.jpg

c0051107_858948.jpg

by suirenn2 | 2010-07-18 09:00 | Comments(20)

盆踊り

昨夕は前の幼稚園で盆踊りでした。
子ども達が踊るのを少しは見物したいとも思ったのですが、
ブツブツ蚊にくわれて、カユイ、カユイ・・・・・・
写真を数枚撮っただけで早々に引きあげてきました。

c0051107_9344935.jpg

「盆踊り」はその数が100種類以上もあるそうです。

ー大別すると踊りのスタイルは主に2種類に分けられます。ひとつは、町内のお寺や広場などでやぐらを囲んで輪になって踊る、地域密着型。これは「風流踊り」「輪踊り」といわれていて、その昔、精霊が降りてくるところを中心に輪になって踊ったことの名残りとされています。そしてもうひとつが、人々が行列を組んで町を踊り歩く「念仏踊り」「行列踊り」というもの。「踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らにゃソンソン」で知られる徳島の阿波踊りは、この行列踊りの代表格ですー

何年か前までは町会毎に開催されて、家の方でも盆踊りが盛大でした。
でも、年々踊りが出来るような広場がなくなり、今では神社くらいでしょうか。
都会の盆踊り風景も様変わりしていくようです。
c0051107_10112471.jpg

「アガパンサス」
原産地は南アフリカで、そのせいか英語名は「African lily」
「むらさきくんしらん」の別名があるそうです。
c0051107_10181915.jpg

c0051107_10184218.jpg

c0051107_1019476.jpg

友人宅でもきれいに咲いていました。
朝鮮民謡の「トラジ」はこのキキョウのこと、
キキョウには有毒物質が含まれていますが、韓国では上手に処理して根を食べる習慣があります。
c0051107_10343560.jpg

c0051107_10345526.jpg

日陰のせいかまだきれいに咲いています。
c0051107_1038148.jpg

c0051107_10382640.jpg

これでもやっと撮れた貴重な1枚です。
c0051107_10411417.jpg

by suirenn2 | 2010-07-17 10:42 | Comments(2)

ほおずき 鬼灯 酸漿

先日、孫が浅草寺の「四万六千日」のお参りに出かけたとかで、
お土産にホオズキを持ってきてくれました。
「四万六千日」は特別の功徳日というか、この日にお参りすれば
46000日、つまり127年間も通い続けたのと同じ後利益があるとされ、
浅草寺では「ほおずき市」も開かれて有名な縁日になっていますね。
ほおずきは夏負けの厄除けなのだそうです。

c0051107_8423565.jpg

殻をあけてみたら中には真っ赤な実・・・・・・・
懐かしさがこみあげてきました。
この実を丹念に丁寧に揉みほぐし、実の口もとが破れないようにそっと種を抜き出し
ほおずきの笛を作って遊んだ子どもの頃・・・・・・
口の中で器用に転がしながら鳴らしては楽しんでいたものでした。

ちょうど食事会で娘たちも来ている時でした。
娘たちには笛を作った記憶があるそうです。
でも、うまく鳴らせなかったとか・・・・・・
さて、どうでしょう、私はいまでも鳴らすことができるでしょうか?
暇をみて試してみましょうか。
c0051107_925345.jpg

7月ももう半ば、そろそろ梅雨明けでしょうか。
お盆も今夜はもう送り火、何をするでもないのに飛ぶように日が過ぎていきます。

「花魁草」です。
花魁の髪型、兵庫髷に似ているとか、花の香りが花魁の白粉に似ているとかが
名前の由来だそうですが、「草夾竹桃」ともただ「フロックス」とも言われるそうです。
c0051107_938776.jpg

c0051107_9383022.jpg

白い花のこちらもそうでしょうか?
c0051107_9392549.jpg

c0051107_939431.jpg

一年草の「フロックス」、別命「桔梗撫子」
フロックスとはギリシャ語で「炎」の意味だそうです。
c0051107_9452440.jpg

c0051107_9454887.jpg

これは「三尺バーベナ」でしょうか?
今年初めて見た私としては珍しいお花です。
c0051107_9503777.jpg

c0051107_9514499.jpg

知人宅の鉢植えですがもう咲いていました。
c0051107_9592517.jpg

c0051107_9594191.jpg

「デュランタ」、きれいな紫色ですね。
c0051107_1012710.jpg

c0051107_1004929.jpg

白い雲が雪山のようにもみえます。
c0051107_1081049.jpg

by suirenn2 | 2010-07-16 10:23 | Comments(6)

やっと元気が出てきました

ツバメが巣立ったのをご紹介したばかりでしたが、
今度は知人宅の軒下の巣でヒナが生まれていました。
4羽はいるでしょうか、やっと巣から顔を出せるくらいに育っています。
ここ2年ほど近くで巣を見ることもなく、「どこかに巣はないものか」と
探して歩いたほどでしたが、今年は思いがけずツバメの当たり年になりました。

c0051107_895587.jpg

こちらはすっかり有名になった「パウル君」。
サッカーW杯の予想的中はお見事でした。
タコの寿命は3歳前後とか、2歳のパウル君は今後は静かに余生を過ごすそうです。
愉快な話題を提供してくれて「アリガトウ」ですね。
c0051107_817750.jpg

風邪をひいてしまいました。
頭が重い、喉が痛い、目がショボショボする・・・・・・・
それでも予定が詰まっていたので何とかこなして、
今朝になってやっとほっとしたところです。

   面白き こともなき世を おもしろく 住みなすものは 心なりけり

高杉晋作の歌だそうです。
そうか、心の持ちようか・・・・・?
気持ちがシャキっとしました。単純です。
c0051107_97118.jpg

最近の写真から・・・・・・

c0051107_983067.jpg

「カンパニュラ」でしょうか?
c0051107_991678.jpg

c0051107_993354.jpg

c0051107_9145095.jpg

c0051107_915481.jpg

c0051107_9173228.jpg

c0051107_9175865.jpg

c0051107_9181515.jpg

c0051107_9183222.jpg

by suirenn2 | 2010-07-14 09:29 | Comments(10)