<   2008年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

六 郷 用 水

先日、多摩川台公園の帰路「六郷用水」の遊歩道を巡ってきました。


 六郷用水とは、天正18年(1590年)に関東を領地とした徳川家康が、新田開発計画による六郷領(多摩川沿岸地域)の灌漑のために開削した水路です。川崎市の二ヶ領用水も同時に開削されました。用水の工事は、幕府の代官・小泉次太夫が指揮をとり慶弔2年(1597年)の測量に始まり、同16年(1611年)まで15年を費やす大工事でした。治水事業、土木・水道工事のルーツといえるでしょう。
 用水は、和泉村(現 狛江市和泉)で多摩川から取水され、世田谷領を経て、沼部、嶺を通り、矢口村で北堀(池上、新井宿、大森方面)と南掘(蒲田、六郷方面)に分かれました。その全長は約30km、分水支水路は百数十キロにおよび、灌漑面積は1,500haに及んだとされています。
 以後、江戸・明治期を通じて、城南の穀倉地帯を支える恵みの水を運ぶ用水路として利用されてきたのです。時代の流れと共に用水流域の様子は水田から畑、そして宅地へと変化し、六郷用水も昭和初期には用水路としての使命をあらかた終えることとなります。
 ーネットより拝借ー

東急多摩川線「沼部」の辺りに面影をのこしています。

c0051107_23155879.jpg

c0051107_2316333.jpg

「ジャバラ」と呼ばれた当時の揚水用の踏み車も再現されていました。
c0051107_2321752.jpg

c0051107_2322073.jpg

近くの「東光院」あたりの桜・・・・
c0051107_2324516.jpg

c0051107_2326277.jpg

c0051107_23274884.jpg

c0051107_23334866.jpg
用水路手前のこのトンネルは、昭和初期に作られた区内最初のトンネルです。

トンネル中央付近の車道にあるマンホールのふたには「東」マークがデザインされています。東京都になる前の「東京府」の時代に設置されたものです。(写真はうまく撮れませんでした)
by suirenn2 | 2008-03-30 23:51 | Comments(14)

さくら さくら 千鳥が淵

ある程度予想はしていたのですが、いや~、凄い人出、想像以上でした。

昼過ぎ、「九段下」の駅は、千鳥が淵方面への②番出口はすでに通行規制でした。

「千鳥が淵」を見物してUターンして「北の丸公園」から「二の丸庭園」「東御苑」などを散策、「日比谷公園」のコースを予定していましたが、あまりの人混みに予定変更、お濠端を二重橋の方まで歩いてきました。

混雑していましたが、桜はきれいでした。

c0051107_21103471.jpg

c0051107_21113764.jpg

c0051107_21121278.jpg

c0051107_21123913.jpg

c0051107_2113892.jpg

c0051107_2114560.jpg


途中、「国立劇場」で一休み、ここも「さくらまつり」開催中で「ほうじ茶とごま煎餅」の無料サービス付きでした。「神代曙」「小松乙女」「仙台屋」「関山」などの珍しい桜があるのですね。

c0051107_2116173.jpg

c0051107_21163983.jpg

c0051107_21214793.jpg
もう少し先まで行ってbellaさんのブログでお馴染みの白鳥さんに会いたかったのですが、少々バテ気味、この子で我慢して・・・・・日比谷公園をざっとまわって帰ってきました。

歩数計は、18000歩でした。
by suirenn2 | 2008-03-29 21:41 | Comments(18)

さくら さくら 多摩川台公園

昨日今日とお天気に恵まれ絶好のお花見日和になりました。

昨日は土手やあちらこちらの公園巡り、今日は多摩川台公園へ・・・・・。

先ずは多摩川台公園の桜です。

ここは区内の桜の名所、この週末は大変な人出になるでしょう。

c0051107_20431651.jpg

c0051107_20434059.jpg

c0051107_20445553.jpg

「まだ早いかな」とも思いながら出かけたのですが、すでにほぼ満開でした。
今年は開花がスピーディのようです。

c0051107_20592388.jpg

c0051107_20595023.jpg

c0051107_2101968.jpg

c0051107_2112334.jpg

c0051107_2123158.jpg

帰りは一駅歩いて、昔の用水路の跡を巡ってきました。
それは、また次の機会に・・・・。
当分「桜」になりそうです。どうかお付き合いをお願いしま~す!
by suirenn2 | 2008-03-27 21:06 | Comments(12)

先 約

はいすくうる ドラマ スペシャル」、昨日は、六本木の「俳優座劇場」で孫の演劇の発表会でした。1日2校ずつ、3日間にわたり高校(付属中も)の演劇部の劇が上演されるようです。劇場側のご好意によるようですが、中学生の孫が俳優座劇場の舞台に立つ・・・今の演劇部の生徒は何と恵まれていることでしょう。

c0051107_233149.jpg
劇の題名は「我忘人 進化論」、人間の欲望をテーマにした作品でした。相当シリアスな内容を、自分達の学校生活ともからめて扱っているのですが、「今の中高生達はこういう演劇をするのか」とちょっと驚きでした。

お天気が良ければ早めに出かけて、麻布十番、六本木界隈を散策したいところでしたが、生憎の雨・・・・・。孫達が一緒では夜遊びも出来ません。終了後は遅い夕食を済ませて真っ直ぐ帰ってきました。

それにしても昨日は、友人から「東京会館」でのディナーの招待のお話、もう一人の友人から、お台場散策のお誘い・・・・と結構なお話が重なりました。

孫の演劇が先約・・・・「あ~、あ~」、半分どころかそれ以上の溜息でした。娘は「そっちへ行けばよかったのに・・・」と言っていましたが、「先約」は「先約」です。

皆さんもこんな溜息まじりの経験がおありでしょうか?
こんな場合、やはり、「先約」優先ですか?

家のまわりで・・・・
c0051107_0234937.jpg

c0051107_0304737.jpg

c0051107_031158.jpg

c0051107_032189.jpg

by suirenn2 | 2008-03-26 00:34 | Comments(10)

こ も 巻 き

【冬の間、マツの害虫駆除のために行われる「こも巻き」は、クモなどの益虫を大量に捕獲する一方、枯死の原因となる害虫にほとんど効果がないことが、兵庫県立大の新穂千賀子准教授らの調査でわかった】 -読売新聞ー

「えっ、そうなの?」、思わず記事に見入ってしました。

「こも巻き」は江戸時代の大名庭園で始まり今に伝わっているようですが、効果が薄いという意見は以前からあったそうです。皇居外苑や京都御所では、20年以上も前からやめているそうです。こうして新聞でも取り上げられると、各地で行われている「こも巻き」も検討されるのではないでしょうか。

でも、昔の人があまり意味にないことをやるとも思えず・・・・・以下は、私の勝手な想像ですが、害虫、益虫それぞれの虫の「学習能力」の結果ではないか・・・・?

マツを枯らす害虫達は「このこも巻きに入ったら大変なことになる、焼き殺されちゃう
一方、こも巻きに入ることもなかった益虫達は「おやおや、快適な越冬場所じゃありませんか」・・・つまり、それぞれの虫達の学習能力が、長い年月の間に逆転現象をもたらしたのではないかと・・・・。

マツの「こも巻き」、当初はマツクイムシから木を守る有効な手段、人間の知恵だったのでしょう。でも、人間の英知は万能ではなく、虫一匹の生きる知恵の方が遥かに大きいような・・・・私にはそのように思えてなりません。

トサミズキ
c0051107_0455510.jpg

ネモフィラ
c0051107_0463337.jpg

ハニーベル
c0051107_0491321.jpg

by suirenn2 | 2008-03-24 00:50 | Comments(10)

咲きはじめました

土手の桜ももうこの通り、木の上の方ではチラホラ花が咲き始めていました。
「開花宣言」間違いなし・・・・と思ったら、その通りになりましたね。
1週間くらいで満開になるそうですから、次の週末はお花見で賑わうことでしょう。

c0051107_2383512.jpg

辛夷も明るい陽射しに輝いていました。

c0051107_23135764.jpg

ムスカリ 我が家のムスカリもこれくらいになるといいのですが・・・・。

c0051107_23154116.jpg

c0051107_2315581.jpg

著莪も咲いていました。

c0051107_23233567.jpg

c0051107_23241069.jpg

ところで、昨日の「この木、何の木・・・」
実は、この木には実在のモデルはないのですね。
デザイナーの人が、生き生きした生命力のシンボルとしてイメージしたものだそうです。
10円玉も同じで、枯れることのない生命力のシンボルとして常緑樹をデザインしたもの・・・・「なぁ~んだ」

でも、お金に「生き生きした生命力」「枯れることのない生命力」などデザイン化されているのは面白いと思いませんか?
by suirenn2 | 2008-03-22 23:59 | Comments(6)

この木 何の木・・・・

★ 1円玉、しみじみ眺めたことがありますか?
c0051107_0192133.jpg
これは何の木でしょう?

オリーブの木、柿の木、ポプラ、白樺、梅、桜・・・・・いろいろ出ましたね。

「イチョウ?」という人もいて・・・
「これ、イチョウに見えるかね?」

ついでに「10円玉の枝葉は何の木?」

友人とティータイムのちょっとしたお遊びでした。


★ 「あら~、まだ咲いてる!」
c0051107_0295726.jpg
いつでも処分するつもりでベランダの隅に放っておいたコスモスの鉢
また咲いてますよ。

「秋桜」ではなく「春桜」みたい!

もしかして・・・・「不老長寿の花」?
「吉兆の花」? 「瑞兆の化身」?

ベランダの隅っこに置いておくなんて、とんでもない!
「どうぞ、陽の当たる場所へ」
・・・・・というわけで、また暫くお付き合いが始まりそうです。

スミレ
c0051107_0551646.jpg

c0051107_0564666.jpg

c0051107_0571029.jpg

c0051107_0573562.jpg

by suirenn2 | 2008-03-22 00:59 | Comments(6)

サクラ もういくつ寝ると・・・・

各地の気象庁の担当者は観測用の桜の木に日参しているのでしょうか?東京では靖国神社に観測用の木、3本のソメイヨシノがあり、この3本のうち2本に5~7輪の花が咲くと開花宣言が出されるのですね。

この観測用の桜も、本州、四国、九州ではソメイヨシノ、沖縄ではヒカンザクラ、北海道では、札幌、函館などを除いてエゾヤマザクラを使っているそうです。

今年の冬は寒かったので、ここへきての暖かさでいっきに花開くでしょうか。桜は夏の頃、翌春の花の元になる花芽を形作るそうですが、花芽は冬場に充分な寒さに遭わないと春の到来を感じ難いそうです。実際、暖かい地方だからといって早く咲くものでもないようです。

今日は荒れ模様の天候でした。いまのうちに雨も降るなら降って、風も吹くなら吹いて・・・・春爛漫の桜を少しでも長く楽しみたいですね。

レンギョウでしょうか?
c0051107_22552249.jpg

ハナカイドウ
c0051107_22555584.jpg

ハナニラ
c0051107_22562460.jpg

クロッカス
c0051107_22581819.jpg

by suirenn2 | 2008-03-20 23:01 | Comments(10)

彼 岸

「春分の日」「秋分の日」を中日として前後3日間の7日間が「彼岸」です。この「彼岸」という言葉は仏教用語で、「悟りの境地」という意味のようで、梵語の「波羅蜜多」の訳語とか・・・・。何となくこれくらいのことは頭に入っていましたが、「彼岸」に対する「此岸」、実はこの漢字が、私は大人になっても読めないままでいました。

勝手に「こがん」と読んでいて、ある時、正確な読み方を知ったときにびっくりしたのを、彼岸が来るたびに思い出します。

お彼岸といえば「牡丹餅」に「御萩」、小豆を使った同じお餅でも春は「牡丹」、秋は「萩」の花にちなんで呼ぶようになった・・・・とは、母から聞いて小さい時から知っていました。日本人らしい繊細な季節感が名前にこめられているようですが、「ぼた餅」、この言葉の方がしっくりきますね。

彼岸にぼた餅をつくり仏壇に供えるのは、小豆の赤い色には邪気を祓う力がある・・・・そう信じられてきたからだそうです。祝い事に赤飯を炊くのも同じ理由のようですね。

雪割り草
c0051107_0114458.jpg

c0051107_012866.jpg

c0051107_0123273.jpg

c0051107_0125319.jpg

by suirenn2 | 2008-03-19 00:20 | Comments(14)

龍子記念館

「龍子記念館」、区内の川端龍子記念館まで出かけてきました。

【近代日本画の巨匠川端龍子は、自らの干支である酉年の守り本尊「不動明王」に画題を置いた作品をはじめ、生涯にわたり神仏画を多く描きました。1944年、妻夏子と三男嵩を相次いで亡くしたことをきっかけに、仏教を更に篤く信仰するようになったと言われています。その後毎朝と夕、龍子はわが家の持仏堂での礼拝を欠かしませんでした】

【龍子によって生み出された様々な神仏の姿からは、龍子の芸術に対する「健剛なる精神」と他にはない龍子独自の世界を見る者に感じさせます】 - パンフレットより -

川端龍子については殆ど知りません。実は「桜芥子図襖」という龍子邸の襖に使われたいた琳派の画家による襖絵を見にいったのですが、迫力のある作品にも触れることが出来て感動しました。

c0051107_23591753.jpg

c0051107_23593841.jpg


龍子記念館も含めて広く辺り一帯は「馬込文士村」と呼ばれ、錚々たる文士が居を構えていたところとして有名です。また、近くの「臼田坂」のあたりは桜の名所にもなっています。

桜の頃にまた来るとして、それより今日は「文化の森」というところへ行ってみたいと思い歩いてみました。区の施設ですが「どんななのかしら?」と・・・・・。

何とそれは・・・・ただの「ビルの名前」でした。区役所の旧庁舎が「文化の森」と名称が変わっただけのことでした。「森」なんて、勿論、どこにもない・・・・。

記念館の辺りは早咲きの桜が満開、何羽ものメジロが飛んでいましたが、花には留まろうともしないで追いかけっこばかり・・・・。根気よくシャッターチャンスを待ったものの結局根負けでした。

c0051107_0243985.jpg

c0051107_025127.jpg


そうそう・・・・小便小僧、衣装変えでした。
c0051107_031061.jpg

c0051107_037793.jpg

by suirenn2 | 2008-03-17 00:39 | Comments(8)