<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

집뜰이 (チムドリ)

引越したときや家を新築などしたときに、いま日本ではどんな催しをするでしょうか?親戚やお友達を招いて食事会でもするでしょうか。

韓国では、親戚、友人、会社の上司や同僚を招いてパーティをするそうです。このパーティを「チムドリ」といって、手料理での盛大なおもてなしをするそうです。招かれた人は贈り物を持って行く。面白いのは、その贈り物です。何だと思いますか?

「チムドリ・セット」としてお店でも売っているそうですが、「洗剤」と「トイレットペーパー」、韓国では、新築や引越し祝いは「洗剤とトイレットペーパー」が定番なのだとか・・・。

今日は2週間振りの韓国語講座でした。「え~、お招きして、ご馳走して、お祝いが洗剤とトイレットペーパーなんですか?それじゃ、割があわない」・・・・・冗談半分に言い合って大笑いでした。人を招いて賑やかに過ごすのが好きな国民性、格式ばらないアットホームなところがいいですね。

ケイトウ
c0051107_22244725.jpg

ハイビスカス
c0051107_22254825.jpg

ランタナ
c0051107_22261255.jpg

by suirenn2 | 2007-08-31 22:30 | Comments(16)

歴史のひとこま

読売新聞の「採語帳」に「コーンパイプ」がとりあげられていました。トウモロコシの芯が使われているパイプのようです。62年前の8月30日、つまり今日ですが、厚木飛行場に降り立ったマッカサー連合国最高司令官がくわえていたのが「このパイプ」・・・・。【作詞家の阿久悠さんは、本誌のインタビューに「このだらけた小道具一つで、日本人は、かなわないなと思わされた」と語っていた。】とも記事にはありました。

日本は無条件降伏、その調印式がミズリー艦上で行われたのは歴史の1ページでもありますが、この調印式の時、マッカサーは調印文書にサインするにあたり「5本の万年筆」を使ったのですね。いくつかの文書に署名するわけですが、最初の1本は、一緒に戦った同席の将軍に、2本目もやはりそこに居た将軍に、3本目は、自分が卒業したウエストポイントの陸軍士官学校に、4本目は、文書が保管される公文書館に・・・そして、5本目は妻子へ・・・・。

たまたまテレビでその場面を見たとき、阿久悠さんが感じたような「かなわないな」・・・・そんな感情があったのを思い出しました。日本の無条件降伏という世界中が注目する場面において、小道具、演出、パフォーマンス、是非はともかく唸ってしまいました。

旧い旧い話、マッカサーのことはどうでもよいとして、政治の世界など外国を相手にする場面では、「かなわないな」と感じさせるような役者振りも必要でしょうか。

車山高原のお花です。
c0051107_057553.jpg

c0051107_0585147.jpg

c0051107_0593087.jpg

c0051107_10689.jpg

by suirenn2 | 2007-08-31 01:03 | Comments(6)

ゴーヤー三昧

ゴーヤーをいただいたので「ゴーヤー三昧」の夕食でした。

c0051107_2395433.jpg
【牛肉とゴーヤーのオイスター炒め】 (2人分)

牛切り落とし肉・・・・・・・150g
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・1/4個
ゴーヤー・・・・・・・・・・・・1/2本
にんにくの薄切り・・・・・・1/2片

合わせ調味料(酒大さじ1、オイスターソース、砂糖各小さじ2、しょうゆ小さじ1) 塩、こしょう、サラダ油、ごま油

にんにくで香りを出して、玉ねぎ、牛肉、ゴーヤーの順に炒めていき、合わせ調味料を加えて全体にからめ、仕上げにごま油少々を回し入れます。
c0051107_23244275.jpg
【ゴーヤーとみょうがと青じその梅酢醤油】

びん詰めの練り梅を使って、しょうゆ、酢、ごま油少々でドレッシングしたものです。

材料、調味料の量とも適当です。

冷やしてパリパリ感のサラダ風味・・・市販の和風のドレッシングでも美味しいです。

c0051107_23415348.jpg
【ゴーヤーの白和え風ごま味噌風味】

昨日教えていただいたもので、私が勝手に名前をつけました。

水切りした木綿豆腐に、練りごま、味噌、酢をまぜて和えたものです。私は、摺りごまを加えてごまの風味をきかせました。
これは、美味しい!

食べきれずに残ったものは味を調整して変身です。オイスター炒めは、丼物になるでしょうか。白和え風は、やや辛味をきかせて(何を加えるか?)・・・・。好み次第ですが、料理はたし算、いったん味付けしたものを味を引くわけにはいかないので、たし算の論法で変身させます。それもまた楽しいのですね。
by suirenn2 | 2007-08-30 00:07 | Comments(8)

女 賢しくして・・・・・

外出帰りの電車の中、ビジネスマンらしき数人の男性が、この度の「安倍改造内閣」の顔ぶれについて四方山話しでした。小池百合子前防衛相についても、思わず聞き入ってしまうようなそれぞれの面白いお話がありました。

聞きながらふっと頭をかすめたのは「女賢しくして牛売り損なう」という諺です。「女のさかしいのは、大局に通ぜぬため、却って事を仕損ずる」と「広辞苑」にありますが、ビジネスマンの皆さんの感想もどうやらそのような意味でした。些か女性蔑視のようで、私としては好きな諺ではありませんけれど、今回の小池百合子さんの言動を見ていますと「ふ~ん」とついつい頷いてしまうような・・・・。

それより何より驚いたのは「アイ シャル リターン」の言葉でした。防衛庁を去るにあたりおっしゃったそうですが、あまりにも古典的名言・・・。第二次世界大戦で、日本軍の攻略によりフィリピンからの退却を余儀なくされたマッカサー司令官(後の元帥)が言われた有名な言葉です。けれど、今のこの時代に、マッカサー元帥の引用はいかにもミスマッチ、しかも「名言」とはいえ戦時下の言葉、平和な時代の引用には適さないように思いました。

それとなく何となく、電車の中で人の話を聞いているのも面白いものです。

車山高原のお花です。
c0051107_0363850.jpg

c0051107_037985.jpg

c0051107_037422.jpg

c0051107_0381148.jpg

by suirenn2 | 2007-08-29 00:41 | Comments(10)

再びの車山高原

昨日はパソコン教室のお仲間とまた「車山高原」へ行ってきました。「マツムシソウ」を撮りに行ったのですが、暑いのと歩くのに精一杯なのとで写真の方は二の次になってしまいました。肝心の「マツムシソウ」はどれもピンボケ、高原に咲く薄紫のお花を皆さんにご紹介したかったのに残念です。

一万歩足らずの行程でしたが、暑いなかを石ころ道で、多少のアップダウンはあって・・・・軟弱な私は「え~、あの山道、登るんですか?」など、大袈裟にも登山でもしているような気持ちでした。足腰が疲れているわけでもないのに、精神が先ずゲンナリしてしまうのですね。

でも、済んでみれば単純なものです。「よ~、歩いた」と自己満足の大いなる達成感、吹き渡る風に身も心も爽快でした。都会の生ぬるい風とは違う高原の風、「あ~、これが“風”なんだ~」と感動さえしました。

何でもない「おにぎり」や「漬物」が美味しいのです。冷たい水一杯に。生き返るような心地がするのです。自然の中に身を置くということは、都会生活で磨耗している感性をリフレッシュしてくれるのでしょうか。写真はいまいちでしたが、元気を貰った今回の車山散策でした。

白樺湖あたり 途中バスの中から・・・・
c0051107_23141058.jpg

c0051107_2315217.jpg

c0051107_23152665.jpg

c0051107_23163518.jpg

c0051107_23171340.jpg

by suirenn2 | 2007-08-27 23:19 | Comments(10)

扇風機火災

「旧型扇風機火災で死者」、痛ましい事故がありました。「扇風機火災 10年で都内70件」、いずれも新聞の見出しです。まさか、扇風機で火災とは・・・・考えてもみないことでした。我が家の扇風機、大丈夫かね?

c0051107_22445271.jpg
「扇風機は15年程度の使用を想定し設計されている」とやはり新聞記事にありました。

この扇風機、20年は経っていますよ。前面の丸いところが回転し風を回すこのデザインが気に入っているのですが・・・・・。

扇風機ひとつ、いつでも買うことは出来そうですが、風を送るだけの単純な機能、「古くても使えるものなら使おう」と、そう思っている人も多いのではないでしょうか。実際、30年以上前の製品でも、まだ何千台も使われているようです。物を大事に使う心掛けが、却って災いしたような・・・・。

我が家も自己点検です。熱くないか?ガタガタしていないか?ヘンな音がしないか?焦げ臭くないか?「壊れない」というのも厄介なものですね。

シュウメイギク (秋明菊)
c0051107_23301386.jpg

公園で、痩せこけたコスモス、いま少し、秋を待てばいいのに・・・・。
c0051107_23331716.jpg

ラベンダー
c0051107_23423892.jpg

by suirenn2 | 2007-08-24 23:43 | Comments(18)

サーマルリサイクル

「サーマルリサイクル」、ごみを焼却することによって発生する熱エネルギーを回収して、発電などに利用するシステムだそうです。私が住む区では、10月からこのサーマルリサイクルで、ごみの「分け方」「出し方」「収集日」が変わる・・・・と区報にありました。

c0051107_2256141.jpg

今まで「不燃ごみ」と思っていたかなりのごみが「可燃ごみ」になるようです。清掃工場の設備、水準が高く、廃プラスチック等も可燃ごみとして燃やしても問題はないそうです。「850℃程度の焼却温度を保つことにより、有害物質を分解、排ガスに含まれる重金属類は、150℃程度に冷却されて固体となり、ろ過式集じん器により除去される・・・・」

私が時代遅れなのか、「ほぉ~」と感心しながら読んでしまいました。笑い話になりそうですが、サザエやアサリ、ハマグリの貝殻など「これは燃えないよね~」と真面目に考えたことがありました。東京都は既に多くの行政区で実施されているのでしょうか?皆さんのところのごみの分別や収集はいかがでしょう?

ブルーベリー
c0051107_2331254.jpg

千成柿
c0051107_2331527.jpg

ピラカンサス?
c0051107_23324051.jpg

by suirenn2 | 2007-08-23 23:34 | Comments(11)

点けた電気は消しなさい!

孫3人が集合でした。この暑さのなか、たいして広くもない我が家に怪獣が現れたようです。一番大きい中学生の孫は、クラブの合宿で不在、小学生の集団?です。おとなしく静かにしているのは、時間を決めてのゲームの時だけ、この時だけはご覧の通り神妙です。

c0051107_22543871.jpg

ふと、気がつきました。この孫達、点けた電気を「完全に消すこと」が出来ていません。「点けっぱなし」があります。そこで、昨日今日の電力状況の話をして「点けた電気は必ず消しなさい」とお説教でした。

よくよく言っておきましたので、次に来たときは「点け放し」はないでしょう。トイレの電気ひとつでも「誰だ、点け放しは?」と叱られた自分の子ども時代を思い出しながらの「訓示」ではありました。

c0051107_032434.jpg

c0051107_0332395.jpg

c0051107_0334546.jpg

by suirenn2 | 2007-08-23 00:37 | Comments(12)

電力 綱渡り

本日の東京電力の消費量が6000万キロワットを超えて6013万キロワット、供給可能な電力が6230万キロワットだそうですから、ギリギリセーフの状態だったようです。地震による柏崎原発の稼動停止で、夏の最盛期の電力が心配されていましたが、こうして数字で示されるとスリル満点、ヒヤヒヤものです。

「万が一停電にでもなったら?」、普段考えてもみないことですが、電気なしには暮らせない生活が改めて実感されます。それと同時に「節電」を心掛けないといけないな~と痛感します。家電製品のタイマーやリモコンの便利な機能も「待機電力」を消費しているようで、その年間消費量は、総消費量の15%をも占めているそうです。電気を無駄使いしないためにはこまめにコンセントを抜くことだそうですが、さてさて、我が家はどうでしょう?

トレニア (別名 夏すみれ) めしべの先端がふたつに分かれれていて、そこに触れると閉じてしまうという変わった性質があるそうです。
c0051107_225335100.jpg

c0051107_22535450.jpg

c0051107_22543285.jpg

by suirenn2 | 2007-08-21 22:57 | Comments(8)

駒ケ岳

山のことは殆ど知りませんが、日本には「駒ケ岳」が多いのですね。rasuthiさんの山のお写真を拝見しながらちょっと不思議に思いました。

確か、北海道にもありますね。「木曾駒」「甲斐駒」の他に「会津駒」「秋田駒」もあるようですし、箱根にもあります。「駒ケ岳」に限らず「白馬」とか「馬の背」とか、山と馬が関係があるようで興味深いところです。

駒形権現や駒形大明神を祀る「駒形神社」の駒形信仰と関係があるようですが、その駒形信仰なるものがどんなものかわかりません。ただ、各地の駒ケ岳に共通しているのは、残雪の形が馬に見えるところから、農作業の目安としていた・・・・つまり、「駒ケ岳」は「暦」の役目を果たしていたようです。古来より人々の生活に密着していた山なのでしょうか。

自分では登れないので、写真を見せていただくだけで一服の清涼剤です。リフトなどですぃ~と登れて、歩かなくて済む山・・・行ってみたいですね。

ジニア  花期が長いお花のようで「百日草」の別名も・・・・。
c0051107_035385.jpg

c0051107_0351645.jpg

by suirenn2 | 2007-08-21 00:37 | Comments(6)