<   2006年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

大 晦 日

今年も今日で終わり、穏やかに暮れていきます。

1年間、あたたかい言葉をかけていただきありがとうございました。

どうぞ、良い年をお迎えください。

c0051107_171434.jpg

by suirenn2 | 2006-12-31 17:01 | Comments(4)

北風の中 ウォーキング

午後から1時間ほど歩いてきました。風が冷たく、耳が痛くなってしまいました。

c0051107_2228459.jpg
夏の間水を汲み出して掃除をしているのを見かけました。お風呂の湯船のようで、水槽にして魚でも飼うのかと思っていましたが・・・・。








c0051107_2241232.jpg
お地蔵様です。都会の街中に珍しいですね。何方か個人的にお祀りしているのでしょうか。いつもきれいな供花が・・・・。

お地蔵様は「菩薩」なのですね。釈尊の死後、弥勒菩薩が出現するまで衆生を救済する・・・・と本にありました。日本では、旅人や子どもを守ってくださるのですね。


ヤブツバキの蕾
c0051107_2331213.jpg

これが、咲いた姿でしょうか・・・・
c0051107_2342568.jpg

シコンノボタンの余韻、余情・・・・・
c0051107_23134660.jpg
c0051107_2314763.jpg

by suirenn2 | 2006-12-29 23:17 | Comments(9)

雑 感

★ 夜空は雲ひとつなく月が皓々ときれいです。カチ、カチ、カチ「火の用心!」、町会の人でしょうか、拍子木の音とともに夜回りの声・・・・外は、冷え込んできました。

★ テレビで、ライオンが象を襲う壮絶な映像を見て緊張しました。(NHKスペシャル、プラネットアース)、「猟が行われるのは月のない新月の夜」とか言っていました。「そうなの?」、「草が地球上の生物を生かしてくれる」、「なるほど!」・・・・頭の中でお喋りしながら何となく見ていました。自然や動物を扱った番組は好んで見る方です。

★ そして、今、「日本の名峰」を見ています。パソコンをやりながら、横目に・・・・。確か、前にも見た記憶がありますが、何回見てもいいですね。ライオン襲撃の映像も前に見た記憶があり、最近、再放送が多いように思いますが、迫力や訴える力がある番組は褪せないものですね。

フキタンポポ、何日か前はまだ蕾でした。
c0051107_22305539.jpg

今日は、きれいに咲いていました。
c0051107_22323529.jpg

マンションの庭ではもう水仙が・・・・。
c0051107_22342652.jpg

傍らでは木瓜がこの通り・・・・「咲いちゃうよ~」と言ってるみたい!
でも、今夜は冷え込んで「咲くのよそうかな~」
c0051107_22384082.jpg

by suirenn2 | 2006-12-28 22:44 | Comments(4)

台風一過のような・・・

昨夜は、寝ようと思ったら雷、ピカピカッ、ズド~ン・・・・寝るのが遅くなってしまいました。雷は嫌いなので、気になって寝てもいられません。

c0051107_22145465.jpg
そんな雷雨が嘘みたいに今朝は快晴、雪を被った富士山がきれいでした。(この、サウナの看板がなければいいのに・・・・)

暖かいというより暑いくらいで、朝着たセーターを着替えました。ソックスも脱いで素足にスリッパでした。
c0051107_22282522.jpg
「山東菜漬け」が届きました。去年買って美味しかったので、取り寄せてもらいました。白菜漬けよりさっぱりしているように思うのですが、私の味覚ですから当てにはなりませんが・・・。

柚子の香りがぷ~んとして・・・・七味唐辛子をかけて・・・ご飯がすすみます。もう食べ始めて、慌てて写真を撮りましたので、見映えがちょっと・・・。

ノロウィルスの影響で「牡蠣」が売れないそうです。いつも牡蠣を買うお魚屋さんでは仕入れを少なくしているとか・・・・。必ず牡蠣を買う私も最近は控えているので、「やはりノロウィルス、気になりますか」と聞かれてしまいました。ノロウィルスに汚染された牡蠣が出回っているとは思えないし、火を通せば大丈夫・・・・・それはわかっているのですが・・・・。「牡蠣」は災難ですね。

ヒメツルソバ
c0051107_2324752.jpg

パンジー
c0051107_234234.jpg

by suirenn2 | 2006-12-27 23:09 | Comments(12)

童 話 タ イ ム

雨降りで外には出たくなかったのですが、ちょっと用事があり出かけました。さっさと済ませて、ついでに銀行に寄り、両替やお年玉用に新券にも交換してきました。年末の銀行の混雑には閉口していたので早めに・・・・です。

本箱の整理でもしようと思いながら、気が変わって、整理どころか引っ張り出すことになってしまいました。雨の音を聞きながら、懐かしい童話の読書タイム・・・・しばし優雅な午後でした。年の瀬の雨もいいものです。年末商戦を当て込んでいたお店の人々には「涙雨」のようでしたが・・・。ここへきての悪天候は商売人さんにはお気の毒ですね。

c0051107_23365519.jpg

この辺り、12月としては観測史上最高の雨量だとか・・・・猛烈な雨が降っています。夜は何となくテレビを見て、PCの写真の整理をして・・・・何となく過ぎた一日でした。
by suirenn2 | 2006-12-27 00:00 | Comments(4)

ラストラン & 誤変換 など・・・

★ 昨日の「有馬記念」、ディープインパクトのラストランは感動的でした。ディープインパクトは小柄ながら、血統的にはエリート中のエリートです。かつてディープインパクトのように国民的な人気を得た馬に「ハイセーコー」や「オグリキャップ」がいますが、彼らは血統的には地味で、しかも地方競馬出身でした。地方から這い上がって、中央のエリートに挑戦する姿が感動をよんだのでしょう。それから較べると、今回のディープインパクト現象は、また違った日本人の一面が表れているように思います。

これは私の単純な感想ですが、強さも然ることながら、ディープインパクトの姿に「品性」を感じたのではないか・・・・と。社会の道徳観念が荒廃し、閉塞感にとらわれ価値観も失いつつある今の時代に、「美しく颯爽と生きたい」人々の思いが、一頭の馬へ夢を託すことになったのでしょう・・・・・。そういえば、今年の流行語には「品格」が選ばれていましたね。

★ 毎年のイベントのようですが、パソコンなどの「誤変換」、テレビで紹介されていました。ゴルフ場で「ラフにはまってしまって・・・・→裸婦にはまってしまって・・・」、「お客様用トイレ→お客彷徨うトイレ」、「もうそうするしか方法がない→妄想するしか方法がない」、「遅れてすいません、
回答案です→遅れてすいません、怪盗アンです」・・・・・確かこんな傑作・・・でした。

いっそ思いっきり豪快に「誤変換」で、大笑いしてみたいものですね。

ハナカンザシ
c0051107_23181974.jpg

c0051107_23191679.jpg

ノースポール
c0051107_23232761.jpg

by suirenn2 | 2006-12-25 23:26 | Comments(8)

クリスマスカード カムサハムニダ!

韓国語の先生からクリスマスカードをいただきました。韓国ではキリスト教の信者さんが多いようです。先生も、明日のイブには教会へ礼拝にいらっしゃるとか・・・・。「메리 크리스마스!=メリークリスマス!」は万国共通のようです。

c0051107_228238.jpg

韓国では年賀状の習慣がないので、クリスマスカードに新年の挨拶を書き添えることが普通だそうです。「明けましておめでとう」の日本の言い方、どうして「おめでとう」というのか先生には不思議なようでした。韓国では「明けましておめでとう」は「セヘ ポク マニ ペドセヨ=福がいっぱいきますように」となります。それが定番の新年の挨拶ですから、日本語を直訳すればよいというものでもないのですね。

昨日で忘年会も終了しました。今日は風もなく穏やかな日和、家中のガラスや鏡を拭きました。それでも、高いところの額縁や時計は残ってしまいました。電気のシェードやカバーもまだ残っています。あとは、お天気次第、気分次第ですね。

まだホトトギスがきれいに咲いていました。
c0051107_22592945.jpg

レーズンラベンダー
c0051107_2312299.jpg

ニオイスミレ
c0051107_2334429.jpg

by suirenn2 | 2006-12-23 23:08 | Comments(14)

柚 子

明日は冬至、「柚子湯」ですね。お風呂用に幾つか買ってきました。スーパーに出たての頃、やはり幾つか買って、それは皮を削いで料理用に冷凍にしました。

京都の西の方に水尾というところがあり、そこは柚子の里として有名なのだそうです。本によれば・・・・藤原氏の政治的策略にもてあそばれるのを厭った清和天皇が愛した里で、遺言でその地の水尾山に埋葬されたとか・・・・。里の先祖は、清和天皇に仕え、亡骸とともにその地に移り住んだそうです。そんな歴史を持つところが「柚子の里」、何かロマンがありますね。この里の人々は柚子を「ゆう」と呼ぶそうです。何とも素敵な呼び名ですね。

知らないことでしたが、柚子は、初夏の頃の花はお吸い物などの香りづけに、その後の青い硬い実は摩り下ろして素麺や冷奴に・・・・と使われるそうです。砂糖煮、柚子味噌・・・・香り豊かな柑橘類は他にもありますけれど、私は「断然、柚子!」、思い入れがあります。

最近、韓国のお土産に、柚子茶をいただくことが多くなりました。

c0051107_23334617.jpg

お花やさんではハボタンがいっぱい並んでいます。見た目には地味ですが、ほんのりいい色をしていますね。
c0051107_23425682.jpg
c0051107_23435423.jpg
c0051107_23451524.jpg

by suirenn2 | 2006-12-21 23:46 | Comments(10)

雪のこと・・・・など

人工雪を盛大に噴射している光景をテレビで見たことがあります。「あんなにいっぱい、どうして雪が作れるの?」、不思議でした。あれは、「雪」というより「氷」の変化したもののようですね。作り方は、水を霧状に噴射して凍らせるものと、氷を砕くものと二通りあるようです。最近は、氷を砕く方が主流とか・・・・・何十トンもの氷を「造雪機」で砕いて噴射するようです。

私はスキーが出来ないのでわからないのですが、さらさらした粉雪「パウダースノー」は、スキーをなさる方には歓迎されるのでしょうか?パウダースノーを目当てに、北海道のニセコ地区に、豪州からのスキー客が大勢やって来る・・・・と新聞にありました。

豪雪地帯の北陸でも降るのは水分の多い「ぼたん雪」、よほどの寒冷地でないとパウダースノーにはめぐり合えないようですね。日本では、東北北部と北海道・・・それも、最近の温暖化で、やがて、北海道でも「ぼたん雪」になるかも知れないということです。

雪の話などまったく不釣合いな見事な紅葉・・・・・間もなく、今年も暮れるというのに、錦秋です。今日、撮ったもの、季節は「どうなってんの?」

顔見知りの知的障害者のおばさんがいます。お目にかかると開口一番の挨拶が、夏なら「今は冬かね?」、冬なら「今は夏かね?」・・・・もしかしたら、おばさんは天才なのかも・・・・。

c0051107_233946100.jpg
c0051107_23405759.jpg
c0051107_23415137.jpg

by suirenn2 | 2006-12-21 00:00 | Comments(8)

指紋採取 & 忘年会

今日は、パソコン教室でした。その前に「指紋採取」・・・「えっ、何事?」と思われるかもしれませんね。「指紋技術の調査研究を目的とした性能評価試験」というのを或る団体がやっていて、研究用にでしょうか大勢の人の指紋が必要とか、それに協力したというわけです。これからのセキュリティーシステムでは指紋が重要になってくるでしょうか。

私は1度警察に指紋を採られたことがあります。油紙みたいな紙の上に手を置くとじわっと指紋が浮かび上がってきます。手に油の感じが残り、感触のよいものではありません。会社で金銭的な事故があり、警察へ届け出た時のことでした。金庫の鍵を持っている者は先ず対照になったのですね。

講習の後は忘年会でした。教室の近くのお店でお仲間と飲んで食べてお喋りして・・・・楽しいひとときでした。ただパソコンの勉強をしているだけでは面白くない、皆さんとのお喋りがあり、ティータイムや飲み会があり・・・・・それでやっていられうようなものです。いえいえ、勿論、勉強も有益なことですが・・・・。

c0051107_052342.jpg


誰かさんに似てるかな~?

c0051107_0454621.jpg
c0051107_0462142.jpg

by suirenn2 | 2006-12-20 00:54 | Comments(12)