<   2005年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

童 謡

♪ 赤い鳥 小鳥 なぜなぜ 赤い 赤い実を たべた ♪
c0051107_20394437.jpg
c0051107_20411864.jpg
c0051107_20423569.jpg

♪ 白い鳥 小鳥 なぜなぜ 白い 白い実を たべた ♪
c0051107_20452544.jpg

白い実なんて・・・・これだけよ~。北原白秋先生は、何をイメージされたのかしら?

♪ 青い鳥 小鳥 なぜなぜ 青い 青い実を たべた ♪
c0051107_20533311.jpg
c0051107_20555559.jpg
  
by suirenn2 | 2005-11-29 20:59 | Comments(6)

こ と ば

「ぶっちゃけオレって、全然勉強してなくなくない。オレ的には~、もっと遊んでもよくないって思うんだけど~」日本語です。「・・・てゆ~か、あれって~、マジでヤバうまじゃない。この前ゲロうまとかいって~・・・・」、これも日本語です。わかりますか?

「最近よく耳にする言葉で、思わず眉をひそめてしまうような言葉づかいはありませんか」というある新聞社のアンケート調査があったそうです。それによると、1位は「○○でよろしかったでしょうか」・・・飲食店などで注文確認の時に使われる言葉、過去形の言い方はおかしいのではないか・・・・と。2位は「○○円からお預かりします」・・・・「から」をつけるのは理解できない・・・・と。

5位「私的には」、6位「ゲロうま」、9位「うざい」、10位「目上の人に対する“ご苦労さま”」12位「否定を伴わない“全然○○”」、14位「きもい」、15位「てゆーか」、16位「やばい」、18位「ぶっちゃけ」、19位「ビミョー」などあります。

16位の「やばい」は、本来は「危険」とか「まずい」の意味で使われていたのが、今は「かっこいい」「素晴らしい」「最高」などの褒め言葉になっているそうです。(知らなかったね!)・・・。否定の言葉を伴って使う「全然」も、肯定的な意味に変化しているとか。

私としては、眉をひそめるほどのことはないけれど、正しい言葉遣いがわからないままに使っているとしたら問題かな~と。若い時代の一過性で済めばいいのですが・・・・。目上の人に対する「ご苦労さま」は、ぶっちゃけビミョ~に、気になるところです。皆さんの、ご感想はいかが?
c0051107_22504912.jpg
c0051107_22513770.jpg

by suirenn2 | 2005-11-28 22:53 | Comments(6)

帰 り 道

外出からの帰り一駅前で電車を降りてぶらぶら歩きながら戻ってきました。20分くらいで着くところをたっぷり1時間かけて・・・・。

川沿いの船着場、大きな災害の時川も重要な交通路になる・・・ということで作られたようです。
c0051107_2119647.jpg
c0051107_21192329.jpg
c0051107_21202177.jpg
c0051107_2121316.jpg
c0051107_21214865.jpg

どじょう屋さんの店先に樽に入ったドジョウが・・・・・。絵にはならないね~。
c0051107_21241415.jpg

竹はまっすぐ・・・・とは限らない・・・・。
c0051107_21271794.jpg
c0051107_21325476.jpg

風もなく暖かい帰り道でした。
by suirenn2 | 2005-11-27 21:38 | Comments(6)

秋 

午後からは雲がかかって陽射しが弱まっていました。2時間ほどの散歩、暦の上ではまだ秋、晩秋ですか・・・・。この間まで青かったイチョウがすっかり色づいていました。紅葉は色合いがいまひとつぱっとしませんが、ま~、街中ではこんなものでしょうか。
c0051107_21443817.jpg
c0051107_2145325.jpg
c0051107_21461685.jpg

何の花でしょう?小さい花が道端にびっしり・・・・・。
c0051107_21493226.jpg

これも名前がわかりません。狭い空き地にポツンと・・・・。
c0051107_21515142.jpg

お寺さんの池では・・・・これこそ錦秋ですね。
c0051107_2158846.jpg
c0051107_221858.jpg

by suirenn2 | 2005-11-26 22:06 | Comments(6)

百人一首の思い出

「さびしさに宿をたち出でてながむればいづくも同じ秋の夕暮」・・・・百人一首のこの歌、プチひまわりさんが子どもの頃好きだったカルタの札とか・・・・。中学時代、小倉百人一首を暗記させられたのを思い出しました。一週間で全部覚えなさい・・・・と。完全に出来た人はいなかったのですが、ほぼ出来た人が一人いました。当時の中学生は家でカルタとりの経験があり、かなりの歌を知っていました。でも、一週間で百首すべて覚えるのは無理でしたね。

カルタとりの要領も夢中になって覚えたものです。上の句を読み始めたらすぐ下の句がうかぶように・・・・。先ずは「む」「す」「め」「ふ」「さ」「ほ」「せ」ですね。この字で始まる札は一枚しかないので、この一枚札から覚えるのです。「む」は「むらさめの・・・・」で「きりたちのぼる」、「す」は
「すみのえの・・・」で「ゆめのかよひじ」、「め」は「めぐりあひて・・・・」で「くもがくれにし」・・・・というように。宝塚スターの「天津乙女」「霧立のぼる」・・・こういうのは覚えやすいのですね。

今は「上の句」「下の句」のことはすっかり忘れています。ただ、歌はかなり覚えています。暗記できる力がある若い時代、覚えさせられたことがよかったのでしょう。頭が柔軟な時に、無理にでも覚えなければならないことが、いっぱいある・・・・・学生時代、もっと真面目に勉強しておけばよかった・・・・。今日は韓国語の講座の日、つくづくそんなことを思います。
c0051107_23185484.jpg

by suirenn2 | 2005-11-25 23:23 | Comments(4)

ぴ ーこ ち ゃ ん

友人のご主人はウグイスを飼っていたことがあるそうです。いまほど規制が厳しいときではなく、小鳥やさんに薦められて・・・・。ウグイスも初めからホーホケキョときれな声で鳴くのではないようですね。根気よく鳴き声のCDを聴かせて、鳴かせることに成功したとのことでした。

ローラーカナリアの話が新聞に載っていました。ローラーカナリアの愛好家は、ひなが生まれてしばらくすると、「教師鳥」をそばにおいて訓練する・・・・と。美しい鳴き声は訓練の結果なのですね。自然の中でも、親鳥を真似ることで覚えていくのでしょう。

我が家のセキセイインコ・・・・・私も、最初のうちは教えていました。セキセイインコは喋る・・・と
聞いていましたから。でも、根気よく教えるのは無理というもので、・・・・。

ところが、最近喋るのです。「ぴーこちゃん、ぴーこちゃん・・・」と言っているのです。大きな声ではなく、つまり、さえずりではないのですが、独り言のようにくぐもった声で言ってます。私が「ぴーこちゃん」と呼んでいるのを覚えたのでしょう。いまからでも、もっと他の言葉を教えれば覚えるでしょうか?
c0051107_2354457.jpg

by suirenn2 | 2005-11-24 23:06 | Comments(8)

行 列 の 日

もう10年以上前になるでしょうか、家から近いお宅に、ある日、神様がご降臨なさったそうです。そして、何かお告げがあったとかで、新しい宗教が誕生しました。その宗教団体が、いまでは大きくなり、毎年、勤労感謝の日に「○○行列」としてパレードをするのです。今日も100人くらいの楽団を先頭に、山車が何台もでました。「草薙の剣」「因幡の白うさぎ」・・・・何だか意味はわかりませんが、午後のいっとき、外の通りは賑やかな行列でした。

近くに神様ご降臨・・・・・これはかっこうの話の種でした。まわりの口の悪い連中から私は勧められたのです・・・・・新興宗教の教祖みたいなのが似合うから始めたらどうだ・・・・と。その気になって、いい気になってやっていたら、今頃、「すいれん様」?

やはり、家の近くに、安売りで繁盛している八百屋さんがあります。今日はその八百屋さんの「びっくり市」とかで、これがまた凄い行列・・・・10メートルくらいも並んでいたでしょうか。レジが1台なので長い行列になったのでしょが、それにしても、皆さん忍耐強く並んで待っていらっしゃる・・・・まさに「びっくり市」でした。

白菜、大根、ほうれん草などごく普通の野菜をショッピング籠いっぱいに買ったとしてどれくらいの金額になるでしょうか。それが半値になるとして・・・・・? 私が主婦だったら「失格」ということになるのかな・・・・・根気よく並んで待ってられないもの・・・・。
c0051107_23151034.jpg
c0051107_23155710.jpg

by suirenn2 | 2005-11-23 23:25 | Comments(6)

ボ ー イ フ レ ン ド

私には若いボーイフレンドが何人かいます。若いといっても30~40代なのですか・・・・。超ヤングのボーイフレンドもいます。小学生の孫達です。女の子の孫達はガールフレンドでしょうか。

【みずさん】・・・・私のパソコンの先生でもある彼は、嘗て職場で一緒だったことがあり、もう長いおつきあいです。今は独立してご自分で仕事をしています。パソコンは独学で、それで何でも出来るのですから、頭がいいのですね。パソコンに限らず頭のいい人です。でも、そんなことは感じさせないで、時々パソコン指南に来てくれる優しい心の持ち主です。

【ゆーぴん】・・・・・友人の息子であり、職場での同僚から上司でもあり、やはり長いつきあいです。「夜中に具合が悪いような時はいつでも連絡して・・・・」と、顔を合わせる度に言ってくれます。私が何度か具合が悪くなったのを知っているものですから・・・・。時には仕事の話を聴き、時には「おっす!」と大声で手を振り、今でもそんな関係です。

【とだっち】・・・・やはり、職場で一緒だった彼には・・・・ゴキブリ退治をしてもらったのが忘れられません。外から何かブーンと飛んできてレースのカーテンに・・・・。ゴキブリでした。レースに引っかかってモゾモゾしている。「とだっち、すぐ来て!ゴキブリがいる!」・・・・・勿論、彼はすぐ来て退治してくれました。「とだっち、すぐ来て!DVDプレイヤーを買ってきたけど配線がわからない」・・・・・と、まぁ、こんな感じのつきあいです。

他にも【しまちゃん】【まっすん】・・・・そして、娘婿の【さるくん】【こーちゃん】・・・・・とても書ききれません。いずれまたの機会に・・・・。
c0051107_23304052.jpg
c0051107_23313864.jpg

by suirenn2 | 2005-11-21 23:33 | Comments(10)

行 く 秋 に ・・・・

心あてに折らばや折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花   凡河内躬恒 

「凡河内躬恒」は「おおしこうちのみつね」と読むのですと・・・・。三十六歌仙のひとりですね。
あて推量で、もし折るならば折ってみようか・・・・まっ白な初霜が一面に降りて、どれが霜だか花だかわからなくなっている白菊の花を・・・・そんな意味の歌です。いくら霜がまっ白に降りたからといって、花まで見分けがつかなくなるなんてあり得ません。大袈裟な表現ですが、当時としてはこのような誇張も優れた技法であったようです。菊の花を扱った歌では、やはりこれが一番でしょうか。

今年は菊の花をずいぶん撮りました。そんなに興味のある花でもなかったのですが、デジカメであれこれ撮っているうちに、どの花も風情があっていいものだな~と思うようになりました。
「春蘭秋菊」という言葉があるようです。私は、「春は桜」「秋は菊」がいいかな・・・・。桜と菊で一杯・・・・花札の手役です。

          ー 行く秋の心づくしの菊日和 -  すいれん   お粗末でした。
c0051107_2324897.jpg
c0051107_23252532.jpg
c0051107_23262384.jpg
       
by suirenn2 | 2005-11-20 23:33 | Comments(2)

学 芸 会 な ど ・・・・・

c0051107_21115538.jpg
この間「ふれあい給食」のあった孫の小学校、今度は
「学芸会」です。なんと招待状が届きました。

【このあいだはきてくださってありがとうがざいます。
そのごおげんきですか。わたしたちのえんそうかいは
いかがでしたか。きゅうしょくは、いかがでしたか。
もうすぐ学げいかいです。わたしたちは「七くにやまの
おにたいじ」です。わたしのやくは、さんぞくです。ぜひ
みにきてくださいね】・・・・とこんなメッセージが4枚、中には、「腰や膝は痛くありませんか」というのもあって(笑)、小学一年生にしてはよく書けた文章です。・・・・というわけで、学芸会を見せてもらいました。みんな一生懸命にやっていました。

学芸会は、やらない学校もあります。今の教育では全員参加が基本ですから、学級数が多い学校では出来ないようです。選ばれた生徒が劇をやる・・・・わけにはいかないのでしょう。写真はフラッシュ禁止なので残念ながら撮れませんでした。c0051107_22161739.jpg

見てください、ひどいものでしょ・・・・何か置き場所がないかとダンボールの空き箱を二つガムテープでとめて・・・・。普段は寝室に置いてあるのですが、韓国語の勉強でCDを聴くので、とりあえず・・・・。家具の類はもう買わないことに決めているのです。ずいぶん処分してさっぱりしたところですから・・・・。それにCDも、mp3かiPODに整理しようと思っているので、こんなラジカセも使わなくなるでしょう。ミニコンポもあるのですが、いちいちCDをかけるのも面倒になってきました。c0051107_2241975.jpg

ほ~ら、これでどうですか?たまたまデパートの通販の
空き箱があったので利用した・・・・これで充分ですよ。
テーブルの上では何となく邪魔になり、コードも躓きそうで
気になりますから・・・・。というより、多分、躓くのですね。
足元の安全には細心の注意が必要になりました。

c0051107_23164780.jpg

by suirenn2 | 2005-11-18 23:18 | Comments(6)