<   2005年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

梅 み そ

c0051107_20343832.jpg
「房つきトマト」、見たところ美味しそうだった
ので買ってみたのですが、普通でした。
小粒で実がしまっているので、トマトがそん
なに好きではない私には手頃です。

甘くてフルーティなものより、甘酸っぱい、
青くさいトマトが好きです。でも、なかなか
そんなトマトにあたりません。

「梅みそ」を作りました。消化機能を高め、リンパ球をふやし、免疫力をつける薬効食品。
活性酸素を取り除く働きもあるとか。何となく疲れやすいような季節には、疲労回復や血圧
調整によいそうです。作り方はいたって簡単。

【材料】 梅ぼし 350g  みそ 350g  カツオブシ 100g
     (この分量では多いので、私は、250g、250g、70~80gにしました)

① 梅干は一晩ぬるま湯につけて、塩抜きする。
② 翌日ザルに上げて、半日くらい陰干しして乾かす。
③ 梅干の種をとり、みそ、カツオブシと一緒にすり鉢でまぜる。
④ 蓋つきの密閉容器に入れて冷蔵庫で保存。

熱い御飯、生野菜、浅漬けなどに・・・。毎日、適当に食べ続けることがいいのですね。
キャベツ、にんじん、シイタケ、もやし、ピーマン、ブロッコリー、にら・・・・など野菜何でも・・・
蒸すか軽く炒めて、「梅みそ」を大根おろしでのばして、たっぷりかけて・・・・。美味しいです
よ。効き目のほどはまだわかりませんが、とにかく食べ続けてみましょう。
c0051107_21493490.jpg

by suirenn2 | 2005-06-29 21:52 | Comments(4)

桔 梗

c0051107_23211574.jpg

bellaさんのブログで綺麗な桔梗の花を見せてもらいました。
古くは「朝顔」の呼び名もあったようですね。
英語では「バルーン・フラワー」というそうです。
蕾からきているのでしょう。c0051107_23313058.jpg

 「桔梗の花 咲くとき ぽんと言ひそうな」
             加賀 千代女

「ぽん」と音がするのでしょうか?

暑い一日でした。午後の一番暑い頃、
街中を歩いていて、ふわーっとした
感じで、歩いている感覚がないような・・・。
風船みたいでした。



 
by suirenn2 | 2005-06-28 23:53 | Comments(1)

そ う め ん

これからは「そうめん」ですね。午後、友人と喫茶店でコーヒーをのみながら、「素麺」か「冷
麦」か、になりました。もともとうどん好きの友人は、「そうめんは物足りない気がする」と。太さ
がちょっと違うだけのようでも、確かに冷麦の方が咬み応えはありそうです。そうめんは、細く
延ばして、切れないように油を使っているので、のどごしがよい・・・・。食べて、物足りなさは
あるかも知れません。

「変わりそうめんつゆ」    市販のそうめんつゆを使って
*〔カレー味〕
 めんつゆと水を同量鍋に入れ、そこにカレールー1片を入れて火にかけ、ルーが溶けたら
 片栗粉で少しとろみをつけ冷蔵庫で冷やす。
*〔エスニック味〕
 めんつゆ+酢。薬味に刻み唐辛子、大葉、ミョウガの千切りをたっぷりと。
*〔中華風ピリ辛味〕
 めんつゆに豆板醤を加える。揚げニンニクスライス、白髪ネギを薬味に。
*〔ごまだれつゆ〕
 しゃぶしゃぶ用のごまだれをストレートでも、めんつゆで割ってもOK。
*〔坦々そうめん〕
 豚ひき肉と5mm角に切った茄子をサラダ油とゴマ油で炒めて、豆板醤で味をつけ、そうめ
 の上にのせ、めんつゆを少量かけて混ぜる。甜麺醤を使えば甘めの味になる。

私はさっぱりと、ショウガ、ミョウガ、ネギ、大葉の薬味でいただくのが好きですが。
c0051107_2119389.jpg

by suirenn2 | 2005-06-27 21:22 | Comments(2)

乙 女 の 味

「夕食はビールが御飯がわり・・・」と友人のkさん。ビールとおかずで、御飯は食べないとか。
米も麦も同じようなもの、いうことらしい。確かに、原材料の殆どを占めるのは「大麦」、ビール
用に粒が大きく、皮を薄く改良した「二条大麦」。この大麦が発酵したのが「麦芽」ですね。

細かく砕いた麦芽と湯、煮た米を混ぜると、麦芽の酵素の働きで「麦汁」が出来る。この麦汁
に「ホップ」を加えると、あの香りや苦味が出てくるわけです。この後、麦汁を冷やして酵母を
加えて発酵し、「熱処理」で酵母を取り除き、0度じっくり熟成させたものがビール。熱処理を
しないだけの違いなのに「生ビール」は格別の味、不思議なものです。

麦芽と並んで大事なのが「ホップ」。桑科の植物とか。古代から胃腸薬、鎮静、抗菌、催眠
などに使われていた薬草のようです。株によって「雄」「雌」があり、ビールに使われるのは、
「雌株」に咲く「雌花」。それも未受精の「乙女花」。この乙女花が分泌する花粉のような粉が
香り、苦味、さらには美しく澄んだ色合い、泡立ち、泡持ちを良くする・・・・・。大びん1本に
そんな乙女花のホップ(乾燥させたもの)が10~12個使われているそうです。

「おーい、ビール!」なんて言わないで、殿方よ、こころして味わって・・・・・・。
c0051107_23152980.jpg

by suirenn2 | 2005-06-26 23:22 | Comments(2)

団 扇

お風呂上りに団扇が欠かせません。3本あります。1本は京都のお土産でいただいたもの。
あと2本は、コンビニでもらったもの。重宝しています。外では扇子です。

「扇」という漢字は、もともとは「うちわ」を指していました。折りたたみの「おうぎ」が出来て、
「扇」の字が当てられ、うちわは「団い扇」になったようです。扇いで涼む道具というより、初め
は、日除けや虫除けに使われていたのですね。材料も、木の葉、鳥の羽、絹布など。竹と紙
の今のようなものは、日本では江戸時代からだそうです。

子どもの頃、油紙を張った団扇がありました。水に濡らして使うと水滴を弾いて・・・・・。今でも
あるでしょうか。
c0051107_0103842.jpg


「オール・イン」を見ているうちに、日付が変わってしまいました。
by suirenn2 | 2005-06-26 00:14 | Comments(0)

脳 力 ア ッ プ !

「何か新しく始めてもすぐ挫折する」「最近ときめくことがない」「会話にアレ、ソレが多くなった」
「毎週同じ料理を作っているかもしれない」・・・・こんなことってありませんか?日常的な物忘
れや行動力を取り戻すには、脳のトレーニングがよいそうです。

①お金を使いすぎると出てくる体の一部は、なあに?  ②口のようにものを言える体の一部
は、なあに?  ③企業再建で最初に解雇される動物はなにとなに?  ④試合に負けて退
く人が痛いところは、どこ?  ⑤とまると木が枯れてしまう鳥は、なあに?  ⑥同時に聞い
ているのに離れ離れで、一生くっつくことのできないものは、なあに?  ⑦二本道を行くと
後ろに一本道ができ、一本道を行くと後ろに二本道ができるものは、なあに?  ⑧右目で見
ると左に、左目で見ると右に見えるものは、なあに?  ⑨携帯電話のメールでダイエットする
には、どうすればいいのかな?  ⑩家の中では威張っているくせに、ペーパーをくっつけると
ヒラヒラと飛んでいってしまう人は、だあれ?    ー 雑誌 「ゆうゆう」より -
〔答え〕 ①足 ②目(目は口ほどにものを言う ③リスとトラ(リストラで・・・) ④歯(歯痛い=
敗退) ⑤カラス(枯らす) ⑥左右の耳 ⑦ファスナー ⑧鼻 ⑨送信する(痩身する)
⑩亭主(ペーパーをくっつけると「テイシュペーパー」


「なぞなぞ」です。「漢字ドリル」や「計算ドリル」など脳力アップの本もたくさん出ています。同
じことを繰り返してマンネリになると脳力はダウンするようなので、新しいことにチャレンジした
方がよいそうです。それも、ストレスがたまるような大きな目標ではなく、達成感が持てるも
の・・・。「楽しかった!」「面白かった!」と思えるような、毎日のちょっとしたトレーニング・・・。
その「ちょっとした」刺激が、若い頃の脳には戻らないけれど、今のレベルを維持してくれる。
そういうことのようです。・・・・忍び寄る老化現象、ボケないうちに、いまのうち・・・・。
c0051107_22292618.jpg

by suirenn2 | 2005-06-24 22:30 | Comments(2)

日 常 雑 感

★ひと頃よりは少なくなりましたが、「水入りのペットボトル」、家の周りに並べている光景を
 見かけます。散歩の途中、あるお宅のを数えたら32本・・・・見事にピカピカ光っていました。
 あれは猫よけとか、猫は光るものがきらいなので、太陽に反射して光るペットボトルには近
 づかない。効き目があるのでしょうか。

★猫とカラスが木の上で喧嘩をしていました。同じ枝の上、猫が少しずつ距離をつめていき、
 低い鳴き声で威嚇するのですが、カラスは平然としています。やがて、猫は襲い掛かりまし
 た。・・・・・が、ヒョイとカラスに突かれて呆気ない幕切れ。カラスの方が強いのですね。

★我が家のセキセイインコ「ピー子ちゃん」、地震にショック!このところ、何回か地震があり
 ました。私はさっさと一人とりあえず扉口へ避難するのですが、部屋に戻ってみると、「ピー
 子ちゃん」、固まっています。「いまのは何?」といった顔で、籠の隅っこにはりついて。それ
 から暫くの間ピクリとも動きません。(それにしても、もし何かがあった時、私は籠をあけて
 小鳥を逃がしてあげらるでしょうか・・・・)

★愛宕神社のほうずき市とか。来月には浅草寺の境内でも・・・・。熟した赤い実を丁寧に揉
 んでそおーっと抜き取り、口の中でころがして鳴らしたものです。微かな苦味が懐かしい!
c0051107_23402551.jpg
 
 
 
by suirenn2 | 2005-06-23 23:43 | Comments(4)

爪 も み

梅雨時で気持ちも湿りがちな時期、体調維持に「爪もみ」はいかがですか。現代人の抱える
病気の大半が、ストレスによる交感神経の緊張から引き起こされている、そんな研究結果も
あるとか。免疫力を高め、ストレスを解消・・・・「爪もみ」が効くそうです。

爪の生えぎわを押しもみして刺激する「爪もみ」は、交感神経に傾いた自律神経の働きを、
副交感神経優位に導き、リンパ球を増やして、免疫力を回復させる効果がある。爪の生えぎ
わは神経が密集していて、刺激が伝わりやすく、自律神経にも素早く反応するそうです。

*爪の生えぎわの両角を、反対側の手の親指と人差し指で両側からつまみ、そのまま押し
 もみする。ただし〔薬指〕は除外。
*両手の親指、人差し指、中指、小指を10秒ずつ刺激する。自分が治したい症状の指は、
 20秒ずつ刺激する。
*刺激の強さは「少し痛いな」と感じる程度。
*症状別に、〔親指〕は肺などの呼吸器、〔人差し指〕は胃腸などの消化器、〔中指〕は耳の
 症状、〔小指〕は心臓や腎臓などの循環器に対応する。

1日2~3度、せいぜい2分位、根気よく続けると体調の改善につながるとか。足の指も薬指
にあたる〔第4指〕を除いて実施すると、特に下半身の症状に効果があるそうです。

ここ数日体調を崩しダウンしてしまいました。思いついた「爪もみ」、効果はまだまだですが。
c0051107_21405349.jpg

by suirenn2 | 2005-06-22 21:42 | Comments(0)

千 の 風 に な っ て

友人夫妻の歌のミニコンサート。ご主人はジャズ、奥様はシャンソン、同じ先生について習っ
ています。歌をやっている中高年の方は多いですね。今日の会も盛況でした。その中で、と
ても感動した歌がありました。すでに、知る人ぞ知る・・・・歌のようですが、私は初めて聴く
歌でした。あの9・11で亡くなった遺族の方が、グランドゼロでの追悼式の時に詠んだ詩が
もとになっているとか。「千の風・・・・」、「訳詩」「作曲」 新井 満

私のお墓の前で 泣かないでください          
そこに私はいません 眠ってなんかいませんc0051107_2236291.jpg

千の風に                        
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいませんc0051107_2246283.jpg

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っていますc0051107_2249666.jpg

あの大きな空を
吹き渡っています

 

 
by suirenn2 | 2005-06-19 22:55 | Comments(6)

テープなどに録音した自分の声、「えっ、私って、こんな声?」と思ったことはありませんか。
普段、自分自身で聴いている声とずいぶん違いますね。でも、テープから流れる声の方が、
社会に通用している謂わば身分証のようなもの。厭でも認めないわけにはいきません。

普段きいている音(声)は、空気の振動によって、耳から(外耳から中耳)鼓膜に達して聞こえ
る空気伝導。それに対して、自分の声というのは、頭蓋骨の方を介して耳の骨を振るわせて
自分に伝わっているのですね。骨伝導、というのだそうです。音の性質が、まったく異なるわ
けです。違って聞こえて当たり前・・・・。

二人とも元アナウンサーという友人夫妻。頼まれて商店街の宣伝放送をやっているのです
が、「自分の声を聴くのは勉強になる」と。自分の喋り方をチェックするには、やはり、録音して
聴くのがよいのでしょう。二人とも「声」がいいのでね。それだけでも羨ましい限りなのに、訓
練を怠ってはいないようです。
c0051107_22351410.jpg

魅力的な声の持ち主といえば、クラーク・ゲーブルがそう言われていました。でも、なんと
いってもイ・ビョンホン、彼の声は最高!
by suirenn2 | 2005-06-15 22:50 | Comments(2)