<   2005年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

イ ン シ デ ン ト

「航空機の墜落など事故(アクシデント)に準じるトラブルで、運航の安全に影響を及ぼす
事態を『インシデント』といい、そのうち重大なものは2000年の改正航空法施行で国への
報告が義務付けられた。」 -重大インシデント 読売新聞ーc0051107_2217814.jpg

補修工事のため閉鎖中の滑走路に飛行機が着陸
したという。管制官の指示で。「信じられない!」。
担当の管制官18人全員が、滑走路閉鎖をうっかり
忘れていた・・・・。「まさか!」「18人全員?」「そん
なバカな!」とは私だけではないでしょう。

羽田空港には3本の滑走路があります。A滑走路、
C滑走路といわれる3000mのもの、B滑走路といわれる横風用の2500mのものです。
3本のうち1本が閉鎖となれば、使える滑走路が限られるわけで、神経をつかうと思うのです
が・・・・。パイロットは管制官の指示に従って離着陸する義務があるという。それでも、テレビ
のニュースによると、パイロットは「間違いないか?」ときいているらしい。滑走路閉鎖のことは
航空会社にも事前に知らされていて、パイロットの方は認識していたのでしょう。こんな場合、
あとひと言「補修工事で滑走路閉鎖じゃないの?」とか訊けないのですかね。

想像を絶するJR福知山線の事故、過密ダイヤがいわれています。昨日、城南島海浜公園で
次から次と降り立っていく飛行機を見ながら「飛行機も過密ダイヤだね」と言って、管制官の
気苦労は大変なものだろうと察していたのですが・・・・。
c0051107_2345139.jpg

by suirenn2 | 2005-04-30 23:49 | Comments(0)

城南島海浜公園

海風に吹かれながら青空の下、バーベキューで・・・・。キャンプ、オートキャンプもできる大き
な公園です。人口の海浜もあります。羽田空港へ着陸する飛行機がすぐ真上に見えます。
家族揃ってのんびりできる人気のスポット。楽しい一日でした。
c0051107_20412396.jpg
c0051107_20421813.jpg
c0051107_2043169.jpg
c0051107_2044745.jpg
c0051107_20445530.jpg
c0051107_20455938.jpg

by suirenn2 | 2005-04-29 20:50 | Comments(0)

入れない 捨てない 拡げない

6月から「特定外来生物被害防止法」が施行されるという。本来の生態地域から離れ、人間
生活や生態系に悪影響を及ぼす動植物などを規制する法律。違反した場合、最高で3年以
下の懲役または300万以下の罰金、というから厳しい法律です。面白がって珍しい動物など
ペットにするのは要注意!

新聞に出ていた「カミツキガメ」、飼育するには許可が必要になるそうで、ペット店に「引き取っ
てほしい」との問い合わせが多いとか。うまい具合に引き取ってもらえればよいけれど、捨て
られることも。・・・・・というわけで、「入れない、捨てない、拡げない」は環境省のメッセージ。
「カミツキガメ」はペットとして人気があり大量に出回ったそうですから、「危ない!危ない!」
川や沼で亀を捕まえるのは、これまた要注意!

荒川の河川敷で繁殖した「ウサギ」。堤防を守るため柵で囲った・・・・のですが、その後ペット
として貰われていき2匹になったので柵を取り除いたそうです。「可愛い」とペットにしたので
しょうが、大変な騒ぎになって・・・・考えさせられますね。

「特定外来生物・・・・法」は反対の声もあるようです。外来種の「クワガタ」など指定されるかも
しれないと・・・・。世界中の動物がペットになる時代、「外来種規制」、私は賛成です。
c0051107_1933133.jpg

by suirenn2 | 2005-04-28 19:37 | Comments(0)

いずれがアヤメかカキツバタ?

天皇が源頼政に菖蒲前を賜る時、頼政の心を試そうと美女をずらりと並べ、その中から菖蒲
前を選ぶように命じた。困った頼政は「五月雨に沼の石垣水越えて何れやあやめ引きぞ煩う」
と大声で歌を読み上げた。この歌にポッと菖蒲前が恥じらい頬を染め、その様子で頼政は、
居並ぶ美女の中から菖蒲前を探し当てた。これが「いずれがアヤメかカキツバタ」の由来と
か。でも、この話では、「アヤメ」と「カキツバタ」を見分けることは出来ません。c0051107_20451041.jpg

「カキツバタ」は、昔、この花の汁を衣に塗りつけて
染めたことから「書付花」といわれ、それが花の名前
になった。でも、これでも「アヤメ」との区別は判りま
せん。実際のところ違いは何なのでしょう。見分ける
決め手は?花びらの下のところにあるシマシマは
関係あるのでしょうか。

さらに「ハナショウブ」がありますね。「いずれがアヤメかカキツバタかハナショウブ?」。私は
植物に疎いので、いよいよお手上げです。咲いている場所が違うような気がしますが、これは
ヒントになっているのかどうか・・・。湿地や水の中で咲いているのと、庭先など乾いた土地で
咲いているのとがありますね。あるいは、葉の長さや形?

どなたか教えてください。
c0051107_21263272.jpg

by suirenn2 | 2005-04-27 21:36 | Comments(0)

日 々 是 好 日

禅の言葉だそうです。日柄がいいとか悪いとか、晴れがいい、雨はいやだとか、自分中心の
考えは捨てて、環境の中に美なるもの真なるものを見出しなさい、というわけです。「晴れた
日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す」。それは判りますけれど、所詮凡人の私は、気分は
天候次第、「本日は晴天なり」がいいとなってしまいます。

*茶聖千利休の孫宗旦が静寂な茶室を建てたので、庵名をつけてもらうために、かねてから
師と仰いでいた大徳寺の清巌和尚を招きます。ところが急用ができたので宗旦は、不在する
ことを詫び、明日お目にかかりたい旨の手紙を弟子に託して外出します。やがて宗旦が帰っ
てみると、留守中に訪ねた清巌の、これまた置手紙があります。見ると僅か8文字で「懈怠
比丘 不期明日」とあるだけ。「懈怠の比丘・・・・怠け者の坊さん・・・・の私には、明日がわか
らない」と。これを読んで宗旦はすぐに大徳寺に清巌を訪ね、謝罪の心をこめて「今日は今日
といいてその日を暮らしぬる 明日の命はとにもかくにも」と詠じます。この縁に因んで、庵を
「今日庵」と命名されたのです。現在、京都裏千家にある二畳の茶室です。- 禅話百選 ー
c0051107_23223546.jpg
c0051107_23234373.jpg


昨日の映画の後遺症で、まだ頭の芯がぼおーっとしてます。こんな時に禅話はミスマッチと
思いきや、感性に響くのですね。生活の雑念が吹っ飛んで、美なるものに心が満たされてい
るから・・・・。でも、これ、禅じゃないなぁ。
c0051107_23251430.jpg














 
by suirenn2 | 2005-04-26 23:29 | Comments(5)

イ・ビョンホン 男の色気

c0051107_2015888.jpg
映画「甘い人生」をみてきました。

*イ・ビョンホン主演で、しかもこのタイトル。どうせま
た純愛、ラブコメのたぐいだろうと高をくくっていたが
甘いのは筆者だった。ヤクザの世界に生きるエリート
青年の悲劇。冒頭のアクションシーンから、まず度肝
を抜かれる。構図、色彩、すべてのシーンが美しく、
画面を眺めているだけでも退屈しない。
 
裏社会を牛耳るボスの信頼を得て、高級ホテルの総
支配人にまでなったソヌ(イ)。しかし、その完璧だっ
た人生は、ボスの愛人の浮気を見てみぬふりをした
ことをきっかけに、破滅に向かう。

なぜこうなった・・・・。中盤、自分をおとしめた相手に
報復するため、銃に弾を込めるソヌ。そのつぶやきは
静かに深く胸に迫る。

問答無用の暴力シーンの連続は、むしろ男性向きとも言えるが、キラー・スマイルを封印
したイ・ビョンホンの色気は、女性ファンの期待も裏切らない。 ー読売新聞 田中誠氏ー

私は言葉を失っています。映画の幻影と、悲惨な電車事故の現実に。

c0051107_2155755.jpg

by suirenn2 | 2005-04-25 21:15 | Comments(0)

あ じ さ い

別名 Hydrangea otakusa 「オタクサ」。江戸時代、長崎に着任したオランダの医師シー
ボルトが、愛する女性「おたきさん」にちなんで名づけた話は有名です。おたきさん「楠本滝」
は遊郭あがりのシーボルトの妾だったようで、植物学者牧野富太郎が「清廉な花に妾の名を
つけて汚した」と激怒したとか・・・・。

花言葉「七変化」「移り気」「変節」にあるように花の色が変わることから、昔は庭木などで鑑
賞するのは疎まれ、厠の目隠しで隅っこに陰気な扱いだったようです。日本原産の「ガクアジサイ」がヨーロッパに渡り、品種改良されて西洋アジサイとなり、逆輸入で園芸種として広まっ
たのですね。「アナベル」「ラ・マルネ」「ブルースカイ」「ブルーダイアモンド」「七段花」「墨田の
花火」「城ヶ崎」「くれない山」・・・・多彩な花の名前。「集真藍」、青い花が集まって咲くの意
味が花の名の由来だそうです。

土壌によって花の色が変わることもよく知られています。酸性は青、アルカリ性は赤、窒素が
少ないと藤色、カリウムが多いと青など・・・土壌の改良には、ピートモスやミョウバンを使う
とよいそうです。鎌倉名月院、石の参道のアジサイは見事ですね。
c0051107_199235.jpg

by suirenn2 | 2005-04-24 19:19 | Comments(0)

「大化の改新」は中大兄皇子と中臣鎌足が「藤棚」の下で作戦をねった、そして、その成功に
より鎌足は「藤原姓」を賜り、摂関家藤原氏の繁栄を築いた。この藤原氏に仕えていた流れと
して佐藤、伊藤、加藤など「藤」の名前がある・・・・とか。「まったく関係ない」という説もあり、
真偽のほどは判りませんが、「藤棚の下」が日本史の舞台だったとはいいですね。

藤は花が垂れることから「下降」のイメージがあり、「不治」にも通じるので屋敷には植えなか
った、また反対に、松を男に藤の花を女にたとえ、男女睦まじく子孫繁栄につながるとして好
まれた、二つの言い伝えがあります。いずれにしても、今よりはるかに身近な植物だったの
ですね。豆果は凶作の時の大事な食糧でもあった・・・・。蕎麦と同じように、いざと言う時の
生活に密着したものだったのです。


花はアク抜きをすれば天ぷらなどにして食べられるそうです。「藤の花の天ぷら」、でも、きい
たことないなぁ。藤の名勝地にでも行けば食べられるのでしょうか。

藤といえば「下リ藤」「上り藤」「藤巴」など家紋を連想・・・・。繁殖力が強く、花が美しいので
好まれ、150種類もの「藤紋」があるとか。もともとは房の下がったのが本来の形だったの
が、ここでも家の勢力が下がるのを嫌って、「上り藤」が生まれたとの説があるようです。
藤はただ咲いているだけなのに・・・・。人間世界はややこしい!
c0051107_22345222.jpg

by suirenn2 | 2005-04-23 23:01 | Comments(0)

ビール 発泡酒 第三のビール

「第三のビール」が人気なのだという。昨年、ビール系飲料の5%だった販売比率が、今年
は10%~15%に伸びるのではないかと・・・・・。サッポロの「ドラフトワン」の人気が他社にも
波及して、キリンも「のどごし〈生〉」を発売、アサヒも間もなく「新生」を。サントリーの「スーパ
ーブルー」とあわせて大手ビール4社の「第三のビール」が出揃うわけです。

「ビール」と「発泡酒」の違いは何かといえば、使っている原料と麦芽使用率ですね。ビールは
麦芽の使用率が3分の2以上でなければならないのに対して、発泡酒は3分の2未満でもよ
い、副原料もビールの米やトウモロコシに限られているのに対し、発泡酒は、ビールに使えな
い物も許可されている。「発泡酒」はいわば「第二のビール」のようなものですね。

「第三のビール」は、麦芽を使っていないわけですから、実はビールではなく「ビール風」アル
コール飲料。結局、税金の問題や、消費者の好みの多様化などで生まれたのでしょう。発砲
酒の税率が引き上げられ「安いビール」のイメージがなくなりましたから・・・。税金が高いので
すよ、ビールと発泡酒で酒税の72%、2003年度税収、1兆2063億円とか・・・・。350ml
缶で、ビール77円、発泡酒46円、第三のビール24円が税金です。

これからビールが美味しい季節、ビールを美味しく飲むための「3原則」は、①冷やしすぎない
こと。10度C位が一番おいしいように、日本のビールは二酸化炭素の量を調整してボトリング
してあるとか。②泡とビールは2対8で。細かい泡が覆っているその下のビールを飲みます。
③つぎたしはしない。・・・・・さて、さて、先ずはビールで・・・・飲むうちに、そのうちに、「何でも
いいよ」と発泡酒でも第三のビールでも「飲めればいい!」、のん兵衛はそんなものですね。
c0051107_2244409.jpg

by suirenn2 | 2005-04-22 22:51 | Comments(4)

綿

粗大ゴミが有料になる直前、慌てて古い布団を出した、という人が何人かいました。私も
押入れに入ったままの古布団を出した覚えがあります。当時のことですから、綿入りの
布団だったでしょう。綿を打ち直して再利用するなど考えられない時代になりました。

ところが、「天然植物繊維、綿を見直す動きが出始めている」と新聞に・・・・。「綿の布団を
打ち直して長く使うという、昔ながらの習慣が再評価されている」のだそうです。資源の有効
利用、粗大ゴミに出しては確かにもったいない話ですが・・・・。

母が布団を作っていたのを覚えています。私が中学生の頃、綿は打ち直して使うものでした。
今はベッドに羽毛布団。来客用の敷き布団は綿ですが、打ち直して使うかどうか?布団や
さんに頼むより、新しいのを買った方が・・・・そうなってしまいそうです。「綿の布団は、・・・・
体から出る水分を吸収する機能や保温性に優れているとされる。敷き布団では3年、掛け
布団では5年ごとに打ち直し、新たな綿を足せば、以前と同じ状態に戻るという」・・・・・
よくわかるのですがね。
c0051107_22583466.jpg

by suirenn2 | 2005-04-21 23:01 | Comments(2)