<   2005年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

我が心のオルガン

c0051107_20212746.jpg
イ・ビョンホン主演の韓国映画。60年代の山村を
舞台にした素朴な、いかにも懐かしい感じの物語。

17才で遅い小学生となったひとりの少女ホンヨン
が、山里に赴任してきた師範学校出の教師に一目
惚れして恋心を・・・・。少女の初恋の物語です。

ゴムなわで遊ぶ子ども達、アルミの弁当箱、身体検査の光景、村中総出の運動会、鶏持参
の遠足、LPレコード・・・・。記憶の底にひっそりとしずんでいる思い出が蘇ってきます。私自身の小学校生活とも重なって。ハラハラ、ドキドキするのでもなく、むしろ淡々と少女の一途な想
いが綴られて、快い感動があります。時々はこういう映画、気持ちがすっきりしていいものです。

少女の想いは先生には伝わらない。先生は、同じ時期に赴任してきた年上の女性教師に恋
している・・・・二つの恋物語でもあるのです。先生「カン・スハ」を演じるイ・ビョンホンは、もち
ろん素晴らしい! スマートさも格好よさもないところが、またいいのですね。

お奨めです。「世知辛い世の中、この映画を観た人々が子どもの頃を思い出せれば、映画を
観たあとくらいそんな余裕を感じることができればいいなぁと思っています」・・・・イ・ビョンホン
が言ってます。


c0051107_22203125.jpg

by suirenn2 | 2005-03-30 22:37 | Comments(0)

犬 猫 の 年 齢

犬は生後1年で、人間の年齢でいうと12~18才位まで成長するとききましたが、本当なの
でしょうか。飼ったことがないのでわかりません。成長の度合いが速いのですね。体格も、
知能もそうなのでしょうか。

1年で、人間でいうと4才づつ歳をとっていくともききましたが、たとえば、人間でいうところの
「中年」とか「老年」とか、そういう特徴はみられるのですか。体力的には生き物ですから衰え
ていくとして、中年相応の落ち着きがあるとか、若い犬よりは「おとな」だとか・・・・。

小型犬は早くおとなになり、その後ゆっくり歳をとる、大型犬はゆっくりおとなになり、その後
は小型犬より歳をとるのがはやい・・・・・とか。それは、また、どうして?

猫は1年で、人間でいうともう成人なのだそうですね。3年で33才、5年で45才、10年で
70才、15年で90才。「あの野良猫、もしかしたら、私と同年輩?」なんて、野良猫でも
そんなふうに見たら愉快なはなしです。

犬は犬、猫は猫なのであって、人間の歳に換算しても仕方ないけれど、人間の年齢の範疇
でしか理解出来そうにない私の頭。

「うちの子は、いつまでたっても子どもで・・・・」、そうおっしゃる近所の奥さん。こんど、ワン
ちゃんのお歳、きいてみましょう。
c0051107_23534230.jpg

by suirenn2 | 2005-03-28 23:55 | Comments(2)

1 8 年・・・・

冷蔵庫が冷えなくなってしまったので、扉をバターン、バターン! そうしたら動き始めたの
ですが、一応みてもらうため修理を頼みました。翌日、業者の方がみえた時には普通に動
いている。「扉、バターン、バターン」が効き目があったらしいのです。

9時間おきくらいに「霜取り」をして、終わればまた稼動する、その繰り返しで冷蔵庫は機能
している。それが、霜取りが終わってもセンサーが感知しないで霜取り状態のまま・・・・
原因はそのようであったらしいのです。「バターン」の刺激が、うまい具合にセンサーに作用
したのではないか・・・・。要するに、センサーとそれに付随するもう一つの部品を交換すれば
よい。

ところが・・・です、それらの部品がもうない! 18年前の製品(冷蔵庫)なので、細かい部品
は、もはや調達不可能。そうなんですって。もったいない話ですが、まぁ、18年も使ったの
だから「ご苦労さま」なのか。いまのところ動いています。さて、だましだまし使うか、買い換え
るか・・・思案中。皆さんなら、どうします?

「僕、まだ8才、僕が生まれるずっと前からあったんだね」と、孫が言いました。言われてみる
と、キッチンの片隅の一台の冷蔵庫、歴史を刻んでいたのですね。「もう、疲れたよ」と言って
いるのか「まだまだ、頑張るよ」と言っているのか・・・・。
c0051107_21395666.jpg

by suirenn2 | 2005-03-27 21:47 | Comments(2)

姿 勢 美 人

「姿勢美人」、いい言葉です。顔の方は直しようがないけれど、姿勢は直せるし、直さなけれ
ば・・・・と思っています。背中を丸め、アゴを出して、チョコチョコ歩く。いかにも年老いた感じ
の歩き方。椅子に座るのでも、「ドッコイショ」と言いはしないけれど、でれーっとして適当に
座っている。

☆ 頭のてっぺんに風船がついていて、上にひっぱられるような感じで背中を伸ばし、アゴ
   をひく。肩の力を抜き、まっすぐ前を見る。
☆ 歩く時は、膝を伸ばし、腰から前へ移動するような気持ちで。
☆ 椅子には深く腰掛ける。アゴをひき、背筋を伸ばし、両足をしっかり床につけ、太もも、
   ひざは開かない。

「姿勢をよくしたい、と思ったときがスタートです。・・・・・常に、姿勢を意識することです。鏡
やショーウィンドーなどに映る姿をよく見て客観的にチェックし、くずれていたら直す・・・・」
                       ー フィットネスコミュニティ主宰 山岡有美さん -

散歩のとき、「風船」「アゴ」「背中」と、唱えながら挑戦中。モデルさん気分。多摩川の土手
を颯爽と歩く、気持ちいいですね。・・・と言ってもまだ一週間足らずですが。

座るとき「太もも、ひざを開かない」、これが、簡単ではないですね。出来るかな?
c0051107_226448.jpg

by suirenn2 | 2005-03-24 22:10 | Comments(0)

チュ ー リ ッ プ

いまでは、色とりどり、多種多様の花があるので、特別目をひくこともないけれど、花の女王
様・・・そんな感じの時代もありましたね。友達の誕生日のお祝いに、お金を出し合ってささや
かな花束にしてプレゼント。中学の時の思い出です。チューリップ、西洋の香りのする高貴な
花でした。

オランダでは先物取引の投機の花となり、天国と地獄、人間の運命に深く関わった花。
珍しい品種の投機で莫大な財産を得た人、破産した人、チューリップ恐慌だったとか。品種
改良で、色や形、いろいろ作りやすい花のようです。市販されているものでも300種もある
といいますから。

友人のマンションのベランダ。木製の素敵な箱にチューリップがずら~りと・・・。球根から
育てて、蕾をつけるまでになっていました。チューリップが大好きなご主人が、木箱から
土からすべて自分でやって育てていると聞いて「えっ、ご主人、チューリップ好きなの?」

「あの男のひと、ちょっとチューリップね」 「そうね、ハナの下が長い・・・」

思い出しておかしくなってしまいました。いえいえ、友人のご主人とは関係ありません。
c0051107_23365059.jpg

by suirenn2 | 2005-03-23 23:39 | Comments(1)

c0051107_20555198.jpg
「なんで実がならないんだ?」、梅を見ながら思った
ことがあるのですが、梅には「花梅」と「実梅」がある
のですね。「実梅」について少し学習しました。

* 梅の実は最初から丸いのではなく、育ち始めの
   頃は先がとんがっている

* 「生理落下」、実がつき過ぎると樹がエネルギーを大量消費して自身を痛めてしまうので
   バランスを保つため、樹自ら実を落とす

* 「梅雨」は梅の実が育つ恵みの雨  http://www.minabe.net/

c0051107_2295015.jpg
梅干を毎日1~2粒、梅肉エキスも時々・・・
お世話になりながら無知で恥ずかしい。
学んでみれば感動はあるものです。

「花見」といえばいまは桜ですが、奈良~平安
時代は梅の方が好まれていたとか。「万葉集」で
梅を詠んだ歌が118首、桜を読んだ歌40首、だ
そうです。

「梅」、まさに「花」も「実」もある偉大な、素晴らしい樹木。

ところで・・・・「梅酒」に漬けたあとのあの梅、何かよい利用法はないでしょうか。友人が
もう何年も毎年漬けていて、「捨てるしかないのかしら」と。

良い利用法、教えてください。c0051107_2255066.jpg









    
by suirenn2 | 2005-03-22 22:57 | Comments(0)

孫 の 日 ?

c0051107_213689.jpg
結婚記念日で両親はショッピングやお食事、
それで、午後から孫をお預かり。セキセイ
インコのピー子ちゃんとは初顔合わせ。子供
と鳥は相性がいいのですね。

お兄ちゃんは、親しげにやさしく、妹の方は
おっかなびっくりの様子で青菜をあげながら
暫く離れない。ピー子ちゃんも一所懸命お相手
をして見事なホステス!

お兄ちゃん、縄跳びが自慢。最近メキメキ上達
中とか。前でクロスして飛ぶのに挑戦。アウト。c0051107_21385913.jpg
妹はお兄ちゃんの真似をするけど、まだ無理。
「電車ごっこしよう!」

近くの「99ショップ」へお菓子を買いに・・・。
あれにしようか、これにしようか迷う子と、さっさ
と欲しいものを選ぶ子と、子供には二通りありま
ね。子供菓子、なにがなんだか、わかりません。

夕食は、ハム・玉子チャーハン、マグロの照り焼き
さといもの煮物、スパゲッティサラダ、ほうれん草の
おひたし、豆腐と若布の味噌汁・・・・二人ともよく
食べたこと。「ママに、よそのお家で出されたものは
残さず食べなさい、と言われている」なんて・・・・。
よろしい! ◎・・・です。
c0051107_22133410.jpg

by suirenn2 | 2005-03-21 22:16 | Comments(4)

コーラ & ジャスミンティ

c0051107_22175312.jpg
60~?才の今日まで「コーラ」はたった一度飲んだ
だけ。私にとっては、アルバムの中の古い写真の
ようにセピアな飲み物。初めて飲んだ時のショックを
いまでも忘れることができません。

昭和30年代、代々木公園のあたりに「ワシントン
ハイツ」というアメリカ人の居留地があった頃。
アメリカンスクールで同年代の友達カーラさんのお宅へ時々遊びに行きました。そこは
日本の中の「アメリカ」、中学生だった私のカルチャーショックは、いまでも言い表せない程。
ラムネ、サイダー、オレンジジュースくらいしか知らない「味覚」「視覚」に、「黒くて薬のような
味がする」・・・飲み物は強烈でした。「ペプシコーラ」でした。

カーラさんの紹介で友達になった中国人、安麗さんのお宅でいただいたのが「ジャスミン
ティ」。日本語が堪能なお父様が「お茶をいれましょう」と・・・。「いい香りでしょう」と言われて
私は何とこたえたのか?

「コーラ」「ジャスミンティ」とも、その時「美味しい」と感じた・・・のではなかったと思います。
私のまわりにそんな味がなかった、「未知との遭遇」の「何、これ?」が先ずは正直な感想
だった。「何、これ?」と反応する味覚だった・・・ともいえるでしょう。

「コーラでいい」「ウーロン茶でいい」・・・孫達が思い思いに言っているのを聞く時、不思議な
気がします。
c0051107_032464.jpg

by suirenn2 | 2005-03-21 00:06 | Comments(0)

飛 蚊 症 ?

c0051107_2037264.jpg
時々、目の前を点のようなものが飛んでいることが
あります。多分、「飛蚊症」。診てもらわなければ、と
は思うのですが、目医者さん、混んでいるのでつい
億劫で。

「眼球内部の硝子体に濁りが生じておこる」とありま
した。中年以降によくみられるようですが、一種の
老化現象でしょうか。まわりに何人か「ああ、何か飛んでる・・・」、そういう人います。眼科
の知識は一般に乏しいので、案外、無頓着。良いことではありませんが。「飛蚊症」の
場合でも、「網膜剥離」にいたることもあるようですから・・・・「やっぱり、目医者に行かないと
ダメか・・・」

目の病気で恐いのは「緑内障」ですね。40歳以上の発症率は17人に1人、とか。ほとんど
自覚症状がないまま、ひそかに進行して、気がついた時には相当進んでいる場合が多い。
視力が低下したり、視野が欠けたりしても、年齢的に「老眼」と勝手に思い込み、発見が遅れ
るそうです。失われた視力はもう元には戻らない、早期発見、早期治療が失明を免れるただ
一つの方法・・・とは、ほんと、恐い病気です。

「目医者、行きます!」
c0051107_2245426.jpg

by suirenn2 | 2005-03-18 22:08 | Comments(0)

彼 岸 入 り

「彼岸入り」の日に雨が降ると、その年は豊作という言い伝えがあるとか。今朝の雨は、今年
の豊作に・・・なるでしょうか。農村の生活では、種まきをする季節の大事な変わり目。都会
では、コンビニの店頭に「牡丹餅」が並んだりしますが、「お墓参り」が一番の行事でしょうか。

「R]のつかない月は牡蠣は食べない。いまよく知られている英語流の言い方、日本では
「彼岸から彼岸まで」と言っていたそうです。わかりやすいですね。いまの時代、そのつも
で気をつけている人がいるのか、どうか・・・。季節と食べ物の関係、「関係ない」で。

「お墓参りにも行けないわ」。東京に住んでいて、亡きご両親が九州に眠っている友達。
いくら交通の便がよくなったとはいえ、田舎へ帰るのは一大事とか。私は田舎がないので
羨ましいと思っていましたが、そんな単純なことでもないらしい。

「暑さ寒さも彼岸まで」・・・・異常気象がいわれる時代では、ことわざもあてにならない。
そのうちに、なくなってしまうかもしれませんね。
c0051107_2221572.jpg

by suirenn2 | 2005-03-17 22:06 | Comments(0)