2017年 09月 03日 ( 1 )

繰り言です

毎年のように思うこと、そして毎年のように書いていることかもしれませんが、
「8月」と「9月」、数字がたった一つ替わるだけで不思議なほどの気分一新。

「長月」、日毎に夜が長くなる「夜長月」です。
「秋の日は鶴瓶落とし」といいますが、秋を迎えると急に夜が長くなったような
気がします。反対に夕暮れが早く、ちょっと慌てたりすることもあります。

この夏は完全に夏バテ、体調を崩し、検査など多々あって讃嘆たるものでした。
健康に自信があったというわけでもないのですが、医者通いや検査などには
無縁に過ごしてきたせいか、その種のことが精神的に応えて滅入ってしまう。
実に意気地がないものと自分自身に呆れ果て、さらに気持ちが落ち込むような
状態の繰り返し。「さ~、立ち上がらなけば」と、思い始めてきたところです。
すみません、愚痴っぽい話になってしまいました。

ここ何日かお風呂上りにベランダへ出て涼んでいます。
月がきれいですね。名月といわれるほどの月ではない。
昨夜など雲一つない夜空に煌々と輝いて心身ともに染み入るように美しく
みえました。そういえば「月待ち」の風習があるとか・・・・
c0051107_10465346.jpg

遠く東の空をみれば、羽田空港へ着陸する飛行機の灯りがみえる。
ぽつんと点じた灯りがみるみるうちに明るさを増し、下降してしていく。
9時~10時台はラッシュ時のようで、次から次へと灯りが連なっています。
すっかり見慣れていて何ほどでもないことが、こんなにも新鮮かと驚いたのでした。

いま思うことは、こうしてブログに向かえることが「まだマシかな~」と、
自分には気休め、気持ちの慰めになっていること。
ただ、写真が在庫切れになってしまったのが残念。

8月末ころの夕空、うっすら赤みがかった武茂がきれいにみえたので・・・・
c0051107_1049724.jpg

by suirenn2 | 2017-09-03 10:54 | Comments(8)