2017年 07月 09日 ( 1 )

演歌のこと

読売新聞(7日夕刊)の記事でした。
c0051107_9405544.jpg

この方のお気持ち、書かれていることがよくわかって印象にのこったのです。

実は私はこの方と違って演歌は好きでした。
ところが、まだ若い頃、「知性がない、品がない、泥臭い」といった言葉に
晒されたことがあり、すっかり気圧されてしまい、以来「演歌が好き」とは
言わないようになってしまった。若さゆえの「気取り」もあったでしょうか。
「演歌が好き、演歌はいい」とそれこそ自他ともに認めるほどになったのは
もう40を過ぎてからのことでした。

そして、ブログを開設した早々には書いてもいるのです。
ここにその時の一文が載っています。

昨夜のテレビ(BS-TBS)の歌番組はよかった!
c0051107_10534114.jpg

何といっても「船村演歌」です。歌がうまいというだけでは深い味わい、余韻、
余情といったものまで歌いきれない。その点、五木ひろしさんはうまいですね。
元々歌のうまい歌手でしたが、年齢を重ねてきて歌に情感が滲み出るように
なってきたと感じます。

6時30分から9時まで、ちょうど夕食時でもありました。
箸を休めて見入ってしまったりで、ダラダラしたはしたない食事に
なってしまいました。
c0051107_11542418.gif

c0051107_11583866.jpg

c0051107_1159644.jpg

花開く前、初々しい感じ・・・
c0051107_1215450.jpg

by suirenn2 | 2017-07-09 12:04 | Comments(4)