2015年 04月 27日 ( 1 )

タマゾン川・・・・・?

昨日のNHK「ダーウィンが来た!」で多摩川が紹介されていました。
ひと頃は生活排水で泡だらけだった川が、いまではアユが1000万匹も遡上するほどに
浄化しているという。まさに「清流の女王」アユ、そのアユの日本有数の豊かな川なのだそうです。

私にとっては学生時代から馴染んだ川、いまも生活に彩りをも添えてくれる川です。
かつて「死の川」とも言われていたことを想えば、こんなに喜ばしいことはありません。

けれども、喜んでばかりもいられないようで・・・・・
かなりの外来魚が棲みついているらしい。
ブラックバスの仲間のコクチバス、ワニみたいなアリゲーターガー、ヘビかと思うようなスネークヘッド等々、見たことも聞いたこともない魚が映し出されていました。
まるで「アマゾン川」みたい、それで、「タマ川」が何と「タマゾン川」ですって!

川の増水などでいまのところまだ「アマゾン川」になってしまうことはなさそうですが、
水温が上昇しているので、将来的には危ぶまれる傾向ではあるそうです。
家庭で湯を使うことが多くなって水温が上がっているようです。

身近な川だけに私には興味深いことばかり、面白い番組でした。
考えさせられることもありますが、とりあえずは多摩川を見直したというか、
改めて「いい川だな~」と感じ入ったというわけです。
c0051107_1142174.jpg

「チゴユリ」がお目当てで東御苑へ行ってきました。
咲いてました、「稚児百合」、文字通り小さな子どもに由来する名前です。
c0051107_1147820.jpg

「ホウチャクソウ=宝鐸草」は寺院などの宝鐸(風鐸)に似ていることからの名前、
かなり凝った風雅な名前ですね。
c0051107_11532734.jpg

「ボタン」はちょうど見頃といった感じ・・・・
重々しそうでもなく、軽そうでもなく、咲き具合に品があるような?
c0051107_1159641.jpg

チゴユリもそうでしたが、「ツリバナ」の小さな、小さな花を撮るのは息が詰まるようでした。
c0051107_122513.jpg

by suirenn2 | 2015-04-27 12:03 | Comments(4)