2012年 02月 28日 ( 1 )

般若心経を暗誦・・・・

c0051107_8561385.jpg

「観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度一切苦厄・・・・・・・・」
「カンジーザイボーサーギョウジンハンニャハラミタジーショウケンゴウンカイクウド・・・」
「般若心経」です。正式な題名は「摩訶般若波羅蜜多心経」。
文字数にして本文266文字、仏教の経典の中でも極めて短いお経ですが、
この僅か266文字に仏教の真髄が凝縮され、仏の教えのエッセンスのようなお経なのだそうです。
お経などまったく興味がなくても「般若心経」の名前だけは誰でも知ってますよね。

この「般若心経」を覚えたい、暗誦したい・・・・・以前から何となくそんな思いがありました。
初めて耳にしたのは高校生の頃で、その頃からそんな気持ちがあったような・・・・・?
ともかく、一念発起、2月早々から始めて、完全に暗礁できるまでに2週間ほどかかりました。
普通に喋る日本語ではない、暗記力も衰えている、たった266字を覚えるのもシンドイこと!

「般若心経」の中には、「空」の字が7回、「無」の字が18回、「不」の字が9回出てきます。
それで「ないないづくしのお経」とも言われているそうですが、「空」「無」「不」といっても
それぞれ意味は深いことで、私などに簡単にわかる筈もありません。
また、お経には三つの功徳があると言われ、お経を写す「写経」、持つことの「持経」、
唱えることの「誦経」、つまり、書いても持っても唱えても功徳があるそうですが、
これも私などにはよくわかりません。

ただ、2週間もかけてせっかく覚えたのですから、「忘れないように」繰り返す。
パソコンなどでもそうですが、普通何かを覚えて、でも、忘れてしまったにしても、
「ま~、仕様がないわね~」くらいで済んでしまう。ところが、このお経だけは不思議なことに、
忘れてしまうなんて「勿体ない」と、何故か心底そう思えてくるのですね。
だから、繰り返し唱えることになる。忘れてしまったら勿体ないと思える・・・・・・
何と不思議なことでしょう。何とも説明のつかない「力」のようなものを感じ始めているところです。
c0051107_1292824.jpg

c0051107_12213271.jpg

c0051107_12214991.jpg

c0051107_12221281.jpg

c0051107_1223057.jpg

c0051107_12274688.jpg

c0051107_12241892.jpg

c0051107_12243815.jpg

c0051107_12284615.jpg

c0051107_1229782.jpg

by suirenn2 | 2012-02-28 12:29 | Comments(8)