2011年 08月 31日 ( 1 )

すいか

今年初めて、そして、これが最後になるでしょうか、昨日、スイカを食べました。
何となく食べたい気分で、スーパーで切り分けて売っているのを買ってきて・・・・・
そんなに大きくもなかったのですが、満腹になるくらい食べ応えがありました。
c0051107_11113616.jpg

安土桃山の頃、飛喜百翁という人が千利休を招いた折、西瓜に砂糖をかけて出した。
今ほど西瓜が甘くなく、一方、砂糖が貴重だった時代のこと、財力とセンスのよさを
ひけらかすところがあったのだろうか。利休は砂糖のついてないところだけを食べて、
帰ってから門人にこう言った。「百翁はもてなしというものを知らない。西瓜には西瓜の
旨味があるのに、茶人らしからぬ振る舞いだ」  ー ある本より -

スイカには塩、私も塩をかけていただきますが、甘味を引き出すために少量の塩をつけるという
逆説的な食べ方を発見したのは、この利休の時代よりもっと後のことのようです。

子どもの頃、スイカは夏のおやつでした。
種をプイと口から吹き飛ばしながらムシャムシャとぱくついたものです。
今ではこんな食べ方は「お行儀が悪い」というこのになるのでしょうか。
c0051107_11465395.jpg

c0051107_11481997.jpg

c0051107_11492748.jpg

c0051107_11501263.jpg

c0051107_11505913.jpg

c0051107_11535269.jpg

c0051107_11553259.jpg

c0051107_11554972.jpg

c0051107_11562267.jpg

「わ~、いる、いる!」
c0051107_1205428.jpg

c0051107_1211511.jpg

by suirenn2 | 2011-08-31 12:02 | Comments(4)