2011年 08月 29日 ( 1 )

動物の値段

「名画を鑑賞しながら、その値段に思いをはせ、ため息をつくことはあったが、
動物園で、生き物の値段を想像したことはなかった。が、どんな動物にも値段がある。
・・・・・(中略) 角川文庫・夏の文庫フェアの1冊は、爬虫類輸入会社を営む動物商が、
値段の実態、からくりを説明する奇書で、動物の生態もよくわかる。・・・・・」

読売新聞にこんな本の紹介があって興味をそそられ、早速買って読んでみました。
ズバリ、題名は「動物の値段」、白輪剛史著、角川文庫、590円。

動物園や水族館の動物達、確かに値段がある、そうなのですね。
日本に生息しない動物を外国から買う、そのための様々な制約、
輸送はどうするのか、飼育の方法や餌代は・・・・・動物世界の舞台裏が書かれていて
楽しく面白く読める1冊です。

例えば、キリン・・・・・・どうやって輸送するの?
飛行機や船を使うわけですが、あの長い首は専用檻に中で縮めてもらうんですって・・・・。
例えば、カバ・・・・・・・・超特殊敏感肌なので、輸送中に皮膚がカラカラに乾いて割れてしまう、
それで、全身にワセリンやクリームを塗って乾燥から守らなければならない・・・・。
併せて、自然環境、動物保護、絶滅の危機、密漁といったことも考えさせられて、ほんと、面白い!

ご覧ください、どうです?動物の値段、想像がつきますか?
c0051107_11132931.jpg

c0051107_11162161.jpg

東御苑散策・・・・
ここでも辛夷が実をつけていました。
c0051107_11224536.jpg

c0051107_112332.jpg

c0051107_11232684.jpg

こんなに実をつけている木もあります。
c0051107_11242131.jpg

c0051107_11374795.jpg

c0051107_1144731.jpg

c0051107_11381186.jpg

c0051107_11382849.jpg

c0051107_11465022.jpg

c0051107_11501342.jpg

by suirenn2 | 2011-08-29 11:51 | Comments(2)