2010年 04月 28日 ( 1 )

映画 懐かしい思い出です

途中からでしたがついつい最後まで見てしまいました。
アメリカ映画ベスト100・10周年版~AFⅠ選出」というBSの番組でした。
有名な監督や俳優達のコメントもまじえてアメリカ映画のベスト100を紹介・・・・・
懐かしい作品が次から次と出てきて、思わず見入ってしまったというわけです。

ベスト1は「市民ケーン」でした。続いて「ゴッドファーザー」「カサブランカ」「レイジングブル」
「雨に唄えば」「風と共に去りぬ」「アラビアのロレンス」「シンドラーのリスト」「めまい」
「オズの魔法使い」・・・・・これがベスト10でした。
「市民ケーン」のベスト1は「ガッテン、ガッテン」、同感というか納得です。
あの映画を初めて見た時の緊張や衝撃がまざまざと甦ってきました。

意外だったのは「第三の男」や「ローマの休日」「プラトーン」などがなかったこと・・・・
途中からだったので念のためネットであたってみたら、「プラトーン」はありましたが、
「第三の男」や「ローマの休日」は選ばれていない・・・・・・
特に「第三の男」はベスト10にも相応しい名作と思うのですが、どうでしょう?

夢中になって外国映画を見ていた時代がありました。
テレビでの再放映もビデオで撮ったりして・・・・・・
精神形成といってはちょっと大袈裟かもしれませんが、映画から影響を受けて
それが今でも心の在りようになっている気がします。
「映画っていいですね~」、ホント、ホント、その通りと思いますが、今ではもう
映画館へ出かけるのも稀なことになってしまいました。

昨日の散歩で撮ったものです。
c0051107_11284734.jpg

c0051107_112981.jpg

c0051107_11292624.jpg

c0051107_1130290.jpg

c0051107_11302221.jpg

c0051107_11304325.jpg

c0051107_1131343.jpg

c0051107_11313123.jpg

c0051107_11321967.jpg

by suirenn2 | 2010-04-28 11:36 | Comments(6)