2006年 01月 31日 ( 1 )

自 転 車

先日、雪の日に高齢者が自転車で転倒したのを見かけましたが、昨日もまた・・・・。狭いところを通り抜けようとしてよろけて止めてある自転車の列にガチャ~ン・・・・怪我はなかったようで幸いでしたが、家の方はとにかく自転車が多い。かつて訪ねて来た友人が「ここは中国?」とびっくりしたほど。しかも、相当の高齢者が我が道を行く・・・という感じで乗っていたり、若者がスノボー感覚だったり・・・。といって、私は偉そうにあれこれは言えないのですが・・・何しろ、自転車では話題に事欠かないくらいの失敗ばかり・・・・。

先ずは、小学生の頃、妹(4歳位)を乗せて小川沿いの田舎道で転倒、妹はスポ~ンと真冬で薄氷の張った小川へ・・・・。幸い人がいて助かったのですが、あまり丈夫でなかった妹は肺炎になってしまいました。(この妹は、ブランコの2人乗りでも落っことしてしまい、「私はお姉ちゃんに2度殺されそうになった」と、妹は今でも物騒なことを言ってます)

オートバイと正面衝突したこともありました。吹っ飛びましたね。投げ飛ばされたまま身動きも出来ず救急車で運ばれました。それでも全身打撲だけで済んで・・・・後でお医者さんが「頭を打たなくてよかったですね」と言ったのが妙に印象に残っています。私にルール違反はなく、オートバイは逃走、ちょっとした事件でした。

酔っ払って民家のブロック塀に強かぶつかったことも・・・・。酔っている時は痛いとも何とも感じない、朝起きて事の重大さを認識するのですが、切り傷、擦り傷、アザ・・・・そして、「えっ、大変、腕時計がない!」なんてことにもなるのです。慌てて事故現場へ探しに・・・・でも、後の祭り・・・・以来私は、決めてます、「腕時計は安物に限る」

雨上がり、畳んだ傘が前輪に絡んで転倒、勿論すぐ起き上がり帰ってきました。夕方の出来事です。少し痛い程度のことでしたが時間とともにもう物を持つことも出来なくなって・・・・・結局、救急病院へ・・・・右手首骨折でした。

たかが自転車、されど自転車・・・・・自分がオッチョコチョイでヘマばかりやっているから言うわけではないのですが、高齢者の自転車は危ないですね。それと、いつも気になるのは、子どもを乗せたママチャリ、あれも危ないですよ。皆さんは失敗なんて・・・・ないでしょうね?
c0051107_22323793.jpg

by suirenn2 | 2006-01-31 22:40 | Comments(8)