2005年 05月 31日 ( 1 )

く わ ば ら ・・・く わ ば ら

花火のようだと言う。ピカッと光るとぞくぞくするという。確かオーストラリアの何処かの都市
で、雷の名所のようなところ、雷鳴が聞こえると皆テラスやベランダに出てビールでも飲みな
がらしばし「雷ショー」を楽しむ・・・・雷が大好きな友人もまったく同じなのです。信じられな
い!私は嫌い、雷は大嫌いです。蚊帳があれば潜ってますね。

雷の多い年は松茸が豊作といわれるように、あの猛烈な放電現象は農作物にも何かしらの
影響があるとか。落雷が多いところは作物がよく育つのだそうです。魚にも応用されているの
ですね。何千ボルトというマイナス電気をあてて、養殖魚を大きくする研究がなされているそ
うです。

金属を身につけていると危ない、というのは関係ないようです。大きな木の下に避難すると
いうのも間違いですね。子供の頃の常識でしたが。それより、家の中でも電気製品には気を
つけた方がよいというのが、今の常識のようです。

これからは雷シーズン、「くわばら、くわばら」。農家の井戸に落ちた雷神さま、農夫に井戸の
蓋をされてしまい天へ帰れない。それで「自分は桑の木が嫌いだから、桑原桑原、と唱えれ
ば二度と落ちない」・・・・そうなのですって。
c0051107_19561332.jpg


  

    
by suirenn2 | 2005-05-31 20:00 | Comments(0)