2005年 03月 04日 ( 1 )

朝の雪、雪だるまが作れるくらいもう少し振ってほしかった・・・。豪雪で苦労なさっている
地域の方には申し訳ないけれど、たまに降る雪、ワクワクします。

写真家の水越武氏が「厳しくも美しい雪景色5選」を紹介しています。

1 奥穂高岳 強い雪風が視界を奪い、不注意に雪庇に立てば、谷底に転ちる危険がある。
         常に緊張を人間に求めてくる厳しい自然と、ぎりぎりのところで人間が触れ合
         える場所

2 屋久島宮之浦岳 日本最南端の雪。2000メートルに届かない山が、真冬には想像も
         つかない雪景色を見せる。だが、南風が吹くと数日で雪は消える。冬と春の
         景色が行き来するおもしろさ

3 八甲田山厳冬期の樹氷 太陽の光によって、赤く染まったり黄色くなったり紫に輝いた
         りと、さまざまな雪の色を楽しめる

4 朝日連峰大鳥池そばのブナ林 5月中旬ごろ、残雪が残るブナ林が一斉に芽吹く。
         芽吹いたばかりの柔らかな緑と雪の白さとのコントラストが美しい

5 知床半島羅臼側の海岸 知床の断崖絶壁に雪が吹きつけ、海岸線には、波が砕けて
         白い泡になった「波の花」が漂う

山が好きな方なら想像できるのでしょうね。私の目に浮かぶのは「知床」。旅したのは夏
でしたが、雪の「知床」、想像できます。もう一度、行ってみたい!流氷や雪景色を見て
みたい! でも、そうは言っても「寒いからねぇ・・・」
c0051107_2315898.jpg

by suirenn2 | 2005-03-04 23:15 | Comments(4)